■おしらせ
■お役立ち間違いなしのメールマガジン不定期配信中!ご登録はこちらから(環境機器HP内リンク)

February 14, 2021

窓辺を守り、虫を防ぐ - 冬もサイベーレエアゾール -

この度の震災に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに
救護・復旧作業に従事されている皆様のご安全をお祈りいたします。


お久しぶりです、旧担当者の前田・・・もう少し、登板を控えた方がいいかな。
今日は「コロナ禍の換気」と「冬でも外にいる虫」について書きたいと思います。
最後までお付き合いいただけたら、嬉しいです。


【冬でも外には虫がいる】

Image from iOS2





















1月は行って2月になりました。でも、眠い目をこすりながら自宅の扉を開けると、
外の空気はまだまだ冷たい。
そして会社に着いて席につけば、足元を撫でる冷たい空気。視線を風上へ向けると、
少し開けられている窓。
これも新型コロナウイルスの感染防止対策のため。まあ、いいさ。


Image from iOS (3)





















ところで、部屋の窓を開けている時に思うこと。それは、外から虫が飛んで
来やすくならないかということ。
「虫が家の中に入ってきて気持ち悪い」という声もあるけれど、それ以上に
飲食店や工場では「異物混入しないか」が心配の種。
でも、こんなに寒い季節。外に虫なんているのかな・・・?そう思いながら
お昼にいつものスーパーへと足を運んだ12月の中旬。駐車場の壁に何かいる。


Image from iOS (4)





















そこには翅を広げて休む、ヤマトシジミか何かの蝶。
季節外れの遭遇に、少しびっくり。


Image from iOS (2)





















そして年が変わって今年の1月中旬。
昼食後の習慣になりつつある、開発棟のゴミ捨ての時。
ゴミ置き場の壁で休んでいる何かを発見。誰だい?


Image from iOS (5)





















その正体は、クサカゲロウらしき虫。
うん、冬に見かけるのは初めてかな。


Image from iOS (1)





















さらに先日、2月上旬。現場へ向かう途中に見かけたテングチョウ。
成虫で越冬するから、この時季に出会うのは別に珍しくはないよ。
でも、言いたいことは「冬でも外に虫がいる」ということ。


【お店の中にも侵入していた】

P2100648





















さて、これは先日回収してきた捕虫紙。とある八百屋さんのお店の中に、
去年の12月から今年の2月まで設置させていただいていたもの。
いつも新鮮な果物とか野菜とか、お店の方手作りの美味しそうな漬物が
並んでいるせいか、春から秋はショウジョウバエ科の捕獲が多いけれど、
今の時季はどうだろう・・・?


P2100650





















そんな調査をして分かったこと。それはヌカカ科やユスリカ科、タマバエ科など
「野外で発生しやすい種」が上位を占めていたということ。
これは「冬の間も外で発生する虫」が「お店の中に侵入し続けていたこと」とも
言えるのかな・・・。


P2090581





















そう思いながら休憩のため、コーヒーメーカーが置いてあるキッチンへ。
マグカップを片手にふと窓辺に目を遣ると、網戸の上に見慣れた黒い点。
・・・ここにもユスリカ、か。


実は冬も虫たちは意外と外で活動していて、そして何かの拍子に屋内へ
侵入してしまう恐れがあったこと。
それと換気が推奨されているから、今年の冬は虫たちの侵入リスクが
例年よりも高いこと、そんなことが言えるかもしれない。
「仕方ないよ」と割り切れればいいけど、そうも言ってられない人も
いると思うから・・・何か対策を考えよう。


【窓辺を守り、虫を防ぐ】

Image from iOS





















「虫が窓から入ってくる」とはいっても「窓を開けるのは少しだけ」なのと
「網戸がされていること」は僕らにとって好都合かもしれない。
何故なら虫たちにとって「窓を素通りする」のは難しく、「一度窓ガラスや
網戸に着陸」し、「サッシの隙間など」を通る必要があるから。
じゃあ侵入経路となるサッシ周り、着陸地点となる窓ガラスや網戸の上に
殺虫剤を散布して迎え撃つなんて対策はどうだろう?
・・・いい商品があるんだ、窓ガラス用殺虫剤「サイベーレエアゾール」


P2260265





















これは「虫よけ」のような「虫を近寄せにくくするもの」ではないけれど、
「噴霧した場所に飛んできた虫をすぐに駆除する」という効果がある。
今回のような「待ち伏せて駆除する」作戦にはぴったりかな。
それだけでなく、窓ガラスを曇らせないから美観を損ねることがないし、
速乾性なのでガラスやサッシにベタベタと気持ち悪いものが残らないのも
大きな魅力だと思う。


換気に伴う虫の問題に困っている方がおられましたら、その対策の一つに
サイベーレエアゾールを加えていただけたら幸いです。



少しお喋りが過ぎてしまったかもしれませんが・・・また次回、どこかで
お会いできたら嬉しいです。


前田



tojiyan at 18:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 商品情報 

February 03, 2021

勝ち残れペストビジョン!

日本経済新聞社主催の「スタ★アトピッチJapan 2021」に環境機器が出場します!
AIなどを活用した虫とネズミのモニタリングシステム「ペストビジョン」のご説明を弊社代表の片山からさせていただきます。
どんどん風呂敷が広がる・・・

詳しくは下記よりアクセスしてくださいませ(ご登録にはNIKKEIアカウントの取得が必要になります)


川竹

tojiyan at 18:20|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 02, 2021

チリも積もれば虫がいる

大阪では再び緊急事態宣言が出まして、より一層の自粛が要請されております。
温泉地にでも行きたいなーと思いながらも、近くの野山に虫をとりに行って遊んだりしています。
こんな状況下でこそ「地元で虫捕り」もいいと思うですよね!
P2014778
 これは先日とってきたキノコバエ。Mycetophilla属でしょうか、かっこいいですね!

さて、テレワークな日々が続きまして家にいることが多くなったせいか、掃除欲が上がってきています。
顔を上げれば太陽の黒点のように、照明カバーにゴミが溜まっているのに気づきました。
たまに前田さんがアップしている照明カバー内に溜まった虫たち、我が家ではどうなっているのか、見てみました。

P2024781
3年ほど手をつけていない照明カバー。おーいるいる

P2024783
小さなヨコバイ

P2024784
P2024785
ユスリカたち

P2024787
羽アリとユスリカと・・・脱皮殻?

 P2024789
チョウバエ。嫌われ者ですが、こうやってみるとすごくゴージャスな虫なんですよね

P2024790
タマバエ

P2024791
カスミカメっぽいの

P2024794
見辛いですが、ハエトリグモの脱皮殻にひっつくユスリカたち。クモの糸でくっついたのかな?

P2024795
 ユスリカ&ウンカ

P2024798
ヒメトビケラ。家の前は土手でして、ヒメトビケラもたくさん飛んでいます。

P2024800
 シミ!?どうやって入ったんだろう

P2024796
 カツオブシムシの幼虫。最初の方の脱皮殻はこいつかもしれません。
そんなこんなで、全部で40頭ほどの虫が死んでいました。ほとんどユスリカでしたが、シミやカツオブシムシといった屋内で定着するような虫も見られました。
一般家庭では照明カバーから虫が大量に出るなんてことは考えにくいですが、死骸や埃があると様々なダニなども発生したりするので清掃が必要ですね。

コロナの今こそ清掃見直しましょー!

玄関周りや窓周りに噴霧すれば虫の侵入が軽減できます、サイベーレエアゾールお試しください。
 

ヒメマルカツオブシムシ用のフェロモントラップもあります。衣服や食品を加害しますので、要チェックな虫ですね!


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
P1130004
前回はこちら。縦長の子は「ガガンボ」です。普通のガガンボとは少し雰囲気が違いますが、おそらくヒメガガンボ科かなと思います。脚が長いことが最大の特徴ですが、触角が目立ちにくいことなども特徴と思います。
ガガンボの右隣はオドリバエ、下はウンカだと思います。

P1130005
今回はこちら。真ん中の目立つ虫です。擦れていてちょっと自信ないのですが、多分アレでしょう。 


川竹 

tojiyan at 19:05|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 22, 2021

黙々と食べましょう

コロナ禍が始まってから「ひとりOO」が見直されてきた気がします。
特に飲食を伴うおしゃべりでリスクが高まることが分かってきており、一人で黙々と食べるの最強じゃん?という感じになってきてます。(なってきてます?)

2年くらい前に大阪の鶴橋で「一人焼肉」をしたときには、だいぶレベルが上ったなと感じました。
ネットで目にする「一人行動難易度ランキング」みたいなのを見ると、ひとり水族館、ひとり映画館なんかが比較的上位に来ているようですが、この辺はヨユーです^皿^
「ひとり遊園地」はまだ経験無いですので、誰か一緒に「ひとり遊園地」行きましょう!


外出自粛に伴い、イエネズミ類のご相談が多くなってきました。
粘着で捕獲するところから始めてみましょう!

一口に粘着トラップと言っても水濡れに丈夫な耐水タイプなんかもあります。
皆様よき引きこもりライフを!

■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回はこちら
P1130001
 ロケットのような、宇宙人のような?姿、こちらヨコバイです。ベニヒメヨコバイでしょうか?あまり詳しくないので断定できませんが、キレイな紅色です。

P1130004
今回はこちら。縦に長い子ですがなんでしょう?ちなみにその右となりにいる子は年明けあたりの記事で紹介したハエですがわかりますか?

川竹

tojiyan at 10:43|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 13, 2021

春の”2”草 → ”1”草

Semco農園は冬もやっております!
DSC_0515
小川で育てていたワサビ、初回の苗はシカに食べられたのか根がつかなかったのか、ほぼ全滅(泣)
散っていった先代を教訓とし、新たな苗を亀甲網で囲みました。これで獣害は大丈夫でしょう。

DSCPDC_0001_BURST20210109121037316

IMG_20210109_114131
せっかく寒い中畑に行ったので、バーベキュー鍋で温まりました。
下の写真は早々に収穫したダイコンと雑草・・・もとい、ナズナです。
図らずも春の七草のうちの2つ(ダイコン=すずしろ)をいただくことができました。ナズナは独特な苦味があり、ダイコンはたいへん甘く美味しかったです。
しかしこの日の気温は氷点下。川は凍り、洗った野菜もたちまち凍ってシャーベットに!霜柱を見たのなんて何年ぶりだろう。
霜柱・・・今聞くと鬼滅っぽい。

***訂正(2021年1月13日18時47分)
雑草はナズナではなく「ミチタネツケバナ」という草とのこと。ウィキペディアで見ると「雑草」って書いてあって笑う・・・ミチタネツケバナは春の七草には入っていないので、タイトルも変更しときました。とほほ。
同じアブラナ科だし大丈夫だ、おいしゅうございました。
***

IMG_20210109_131154
途中で社長も駆けつけて、でかい肉を持ってきてくれました。でかい肉美味しかったです!


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■ 
前回はこちら
図1
こちらは皆さんご存知の蚊です。蚊の中の「コガタアカイエカ」です。
蚊(カ科)の特徴として、口器がストローのように長く伸びている、翅脈に沿って鱗片が見られる。というのがあります。
イエカ類でよく見られるのはアカイエカ、チカイエカ、コガタアカイエカが主な種と思います・アカイエカとチカイエカは複眼の数などを観察する必要があり識別の難易度が高いのですが、コガタアカイエカは図のようにストローに白い帯が見られるのですぐに分かると思います。
今度見かけたらぜひ観察してみてください。

P1130002
今回のクイズはこちら。紅白のめでたそうな虫ですね。隣のウンカと比べると小さい部類の虫になります。
P1130001
少し拡大。さてなんでしょう?

川竹

tojiyan at 11:56|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 05, 2021

天の牛

改めて、本年も「虫捕りたちのつぶやき」をよろしくお願い致します。

元旦の記事では、丑年にちなんで「カタツムリ(蝸牛)」の絵を出しましたが、よく考えればカミキリムシ(天牛)もアリでした。
IMGP7786
牛柄と呼ぶにはちょっとつらいゴマダラカミキリ。

■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
PC250046
今回のクイズはこちら。馴染み深い昆虫です。

川竹

tojiyan at 17:16|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 01, 2021

2021年もよろしくお願いいたします

2021年1月1日 本年もよろしくお願いいたします。
2021年賀

今年は丑(うし)年です。牛と虫といえば・・・かたつむり(蝸牛)!と思い絵を作ってましたが、途中からよくわからなくなりました💦
カタツムリもよく見ると可愛い顔をしていますし、通った跡もどことなくきらびやかな感じがしませんか?
「んなわけあるか!さっさと駆除したいんじゃい!」
という方には「ナメトール」をお試しください!ナメクジ・カタツムリに効果があります。


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
PC230281
昨年ラストの虫はこちら。
真ん中の色鮮やかな虫は「キジラミ」です。セミを小さくしたような感じで、色はいろんなのがおります。小さいながらしっかりとした形態をしているので個人的にも好きな虫です。

(次回のクイズは仕込み中につきお休みです)

川竹

tojiyan at 00:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 28, 2020

我が家の昆虫相・2020年版

旧担当者の前田、久しぶりに登板するよ。
今日は年末のご挨拶も兼ねてお話を一つ届けれたらと思います。
最後までお付き合いいただけたら嬉しいです。

Image from iOS (7)





















某日、まだ誰もいない会社、机に荷物を置いてから屋上に続く階段へ。
扉を開けると吹き込んできた強烈な冷気。履き替えた外靴の底も、冷たい。
コートの襟を立てて、じゃりじゃりと足音を立てながら屋上の端へ。
午前7時前、白んでいく空、鮮やかな日の出。今日も、一日が始まるね。

来年は、家とか身近な場所で初日の出を拝む。うん、それでいいかな。


Image from iOS (9)





















さて、どこに行く訳でもない年末。どうせなら部屋の掃除とか、どうだろう?
カーテンの洗濯とか、窓ガラスのふき取りとか、やることはたくさん。

Image from iOS (10)





















そして天井にある照明に目を向けると・・・カバーに浮かぶ、黒い点々。
言わずと知れた、照明の光に集まってきて、そして死んだ虫たちの亡骸。
今年はどんな虫が捕まっているのだろう?


【今年の顔触れ】
PC218967





















興味のおもむくまま回収した死骸を会社の顕微鏡で観察した結果。
まずはユスリカ科が10匹ほど。

PC218976





















それとタマバエ科が2匹。

PC218979





















あとはクロバネキノコバエ科が1匹。

PC218971





















一見ユスリカ科に紛らわしいヌカカ科も1匹。

PC218980





















コバエ類以外では、アブラムシが1匹。

PC218974





















さらにヨコバイやウンカの仲間が1匹。

PC218982





















そこに訳の分からないカメムシ類が1匹。

PC218978





















もふもふとしたトビケラ類の姿もありました。

PC218981





















かなり小さいアザミウマ目も逃さず見つけました。

PC218972





















最後は羽アリ。
腹柄節が1節だけなので、少なくともキイロシリアゲアリの雄ではなさそう。

・・・家の中で湧く虫はいなかった。うん、それで十分だ。


【侵入を防止するには】
IMGP0712





















このように意外と締め切っているつもりでも家の中へ入って来る虫たち。
今年はコロナの影響で換気が励行されているから、お店や事務所では
もっと色々な虫が入ってきたはず。
さらに冬になってもユスリカ科といった一部の虫は活動を続けるから、
この時季も油断は全然できない・・・こんな時、どうすればいいだろう?

P2260265





















ここで注目したいのは窓の周り。当然窓を開けっ放しにしていると、
虫たちが直接建物の中に入ってしまう。
でも、網戸をしていれば直接スルーしてしまうなんてことはないし、
虫たちにとっては網戸や窓ガラスに一度くっついて、その後サッシの
隙間から入っていくしか手段がないはず。

そこに有効なのが窓ガラスやサッシ、網戸へサイベーレエアゾール
散布しておくこと。
虫よけのような効果は無いけれど、これを散布した場所に触れた虫は
短時間で体が痺れて動けなくなり、その後死亡してしまう。
いわば待ち伏せ、かな。

P3190047



















アルコールベースなので散布した後はべたつかないし、殺虫剤独特の
薬剤臭も無い。
さらにガラス面を曇らせることも無いから、窓周りの掃除をした後の
仕上げになんてどうだろう?


窓の周りの掃除をしている時に、虫の死骸ばかり出てきて嫌な思いを
している方は、一度お試しください。


− では、皆様もよいお年を −


前田



tojiyan at 19:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 23, 2020

もう年末

あっという間に「もういくつ寝るとお正月」ですね。
忘年会も大規模には開かれず寂しいですが、今は耐え忍ぶとき。
一人山に入って虫を追いかけます┗(^o^)┓三

年末年始は下記の通りショップのおやすみをいただきます。
ご入用のものがございましたらお早めにご注文をお願いいたします。
-----
誠に勝手ながら『12/26(土)〜1/5(火)』まで年末年始休業とさせていただきます。★休業前の出荷受付は【12月25(金) 14時まで】にご注文確定できた分となります。(12月25日 14:01以降に頂戴したご注文は休業明け1/6(水)から発送となります。何卒ご了承くださいませ。)
-----

■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
PA270007
前回はこちら。頭の形がお正月らしく、「羽根突き」で使う玉のような不思議な形をしています。
こちら「オドリバエ科」のハエです。
オドリバエ科は捕食性で、オスがプロポーズとしてメスに獲物をプレゼントする「婚姻贈呈」が有名です。捕食性なので脚がやや立派でトゲトゲが目立つ種も多いです。口器はクチバシのように尖っています。オドリバエにも大きいものから小さいものまで多様な種がおり、集め甲斐のある虫です。

PC230281
今回はこちら。真ん中の茹で蟹みたいなやつです。さてなんでしょー?カニ鍋たべたい。

川竹

tojiyan at 15:03|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 14, 2020

摂津峡トレイル

先週、NAHAマラソンのかわりに妙見山のトレイルランに参加する予定だったのですが、大阪では赤信号が点灯したため代わりに参加予定だったメンバーで摂津峡へ走りに行きました!

IMG_20201205_105108

こんなところ走るの???とひーひー言いながら進んで行って展望台にたどり着きました。

iOS の画像

天気も良くて景色もとてもきれいでした〜!もうここで私はへとへとだったのですがまだまだ進みます!(ここはまだ1/3地点です)

その後も何度か待ってもらいながら山道を登ったり下ったりして最後は紅葉がきれいな道を通ってゴールです!
DSC_0053_2

最後のほうは景色も見る余裕もなく、こんなきれいな道通ったっけ?と写真を見て思ってました、、、

なかなかハードなデビュー戦でしたが伸びしろのある新人ということで(自分で言うな)これからも頑張って走りたいと思います!


桝井



tojiyan at 12:05|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック