March 29, 2017

ご飯の消費量

断続的に叩き付けるような雨、猛烈に吹き付ける風、体の芯まで冷え切りカメラを持つ手にも震えが走ります。
この震えさえあれば、どんな汚れもブラシで洗い落とせるのにと訳の分からないことが脳裏をかすめます。
そんな時、遠くの方から香ばしいフレーバーが漂ってきました。

IMGP0986

















軒を連ねるテント、たなびく湯気、立ち並ぶ人の列、寒さと期待で心が震えます。
呼び込みの方の「OCよ!」という言葉が何なのか最初分かりませんでしたがよく聞くと「おいしいよ!」でした。
逆に私の話す英語も同様なのでしょう、発音は苦手ですが何とか頑張って改善しないとなぁ・・・。

IMGP0989

















しかし、言葉は半分くらいしか通じなくとも熱意は十分に伝わってきます。
何よりも陽気でノリがいい、こっちまで楽しく元気になってきます。
みんな本当にNICE GUYでした!

IMGP0993

















そして屋台を覗くと流石アメリカ、どれもこれもサイズがBIGでデリシャスです!
その辺の建物の下で雨をしのぎながらいただきました。
普段私が夕食で使用している細切れ肉に換算して一体何パック分あるのか思わず考え込んでしまいます。

IMGP0992

















ところで、例年であればステージの上でいろんなショーが催されるらしいのですが今年は生憎の雨。
出し物は少なかったのですが、目を凝らすとあちらこちらに面白いものをウォッチできました。
また来年、晴れることを期待して本日のところは帰ることにしましょう、運営の皆様ありがとうございました!

IMGP1270

















さて話は少し飛びますが、海軍の基地があるためこの近くには軍港クルージングを取り扱うお店があります。
そこのガイドさんの話し方がテンポよくて面白く、セミナーの喋り方の参考になったなど印象に残っています。
そしてその方のお話しを引用させていただくと、空母艦内で1日に消費される牛肉の量はなんと牛3頭分!

写真_コウモリ2 - コピー




















ではここで質問、家の中に住み着いて問題になるアブラコウモリですが、1日の食事量はどのくらいでしょうか?
先日弊社セミナーで講師をお願いさせていただいた先生方のお話によると、答えは2〜3グラムだそうです。
少ないと思うなかれ、彼らの体重は6グラムほどなのでなんと体重の約半分、蚊のサイズの虫約400匹分です!


体重60キロの方なら二日で米一俵分、胃袋が何個あっても足りません。
ではここで質問、アメコミのヒーローバットマンが定食屋さんでご飯の量を聞かれた時、何と答えたでしょう?
「並盛ですか?それとも大盛りでしょうか?」「コウモリで頼む!」


・・・ココ、笑うところですよ、笑うところ。


前田












コウモリに頼らず蚊をどうにかしたいという方はこちら。蚊に効くカトリスプロ用


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 28, 2017

海外旅行in日本国内?

週初めは東京で開催される学会に、情報収集要員として参加させていただけることになりました。
さらに前日は日曜日、実費で宿泊すれば関東地方を回れる貴重なチャンスでもあります。
そう思うと気持ちが余計に昂るのですが、じゃあ今回の旅はどんな工夫をしようかな・・・。

IMGP0970

















そうだ、(日本国内で)海外旅行へ行こう。
という訳で、パスポートを胸ポケットにしまって旅に出かけました。
予報通り、雨と風が吹き荒れる中、電車は三浦半島を目指して南下していきます。

IMGP0966

















さて、辿り着いたのはここ、普通なら絶対に立ち入ることができない横須賀の米軍基地。
そうです、この日は日米親善スプリングフェスタという催物があり、基地の一部が一般公開されていたのです。
弊社の某情報員より詳細を教えていただき、カメラ一丁を担いで飛び込んできました。

IMGP0958


















なお、朝一から並ばないといけないという情報を事前に仕入れていたため、少し出発を遅らせてみました。
9時から入場できるので、11時頃なら混雑が解消されているだろうと突入を試みたところ・・・。
会場のはるか手前からすごい行列・・・長い、長い、リュウグウノツカイなんかよりもずっと・・・。

IMGP0977

















並ぶこと1時間半、受付で持ち物チェックを済ませてもらい、ようやく基地内へ。
ところどころに迷彩服を着た海軍さんがいますが、物々しい雰囲気はあまり感じられません。
基地といっても兵隊さんの家族が住むところやお店などもあるため、なんか団地に来たような気分です。

IMGP0968

















とはいえ、そこには新鮮さがいっぱい、入ってすぐのところに展示してあったのはアメリカのハシゴ車。
なんか映画のワンシーンを思い浮かべませんか?

IMGP0974

















続いてボーリング場。
これは来場者の心にドストライク、中へ入っていく人もたくさんおられました。

IMGP0979

















こちらは映画館。
会場のあちこちに本日の上映スケジュールが貼りだしてありましたので、見に行った方も多かったのでは?

IMGP0975

















フードコートだってちゃんとありますよ。
ただし、中はとんでもなく混雑、おまけに全てがビックサイス。
ちょっと入るのに躊躇してしまいました。

IMGP0985

















そしてアメリカの標準装備、マクドナルド!
ところで、アメリカ人にマクドナルドといっても通じません。
では、どう発音すればよいのでしょうか?それは忘れました。

IMGP1000

















人ごみを避けて海の見えるエリアへと移動すると、こんなものが。
バレーボールのコートでしょうか?
砂浜ではないのでビーチバレーではないですね。

IMGP1008

















そのコートの反対側にはこれ、流石アメリカと感心してしまったラグビーかアメフトのグランド。
本日は選手の姿がありませんでしたが、きっとここで日夜エキサイティングな試合が繰り広げられるのでしょう。

IMGP0990

















さて、そんな基地内ですが雨空を見上げると目につく無数の黒い点・・・カラスとトンビです。
きっと軒を連ねる屋台から放たれた香ばしい香りに誘われてやってきたのでしょう。
そして隙あらば餌をかすめ取ろうということなのかもしれません。

IMGP0982

















そんなことが日頃からあるのかないのか、敷地の一角にはこんな看板も。
有害鳥獣の問題は、日本もアメリカも同じみたいですね。
餌やっちゃ駄目ですよ、餌。

IMGP1303

















横須賀駅前にある日本語のポスターで、もう一度。


前田














海外での実績も十分あります。鳥類忌避剤バードフリー


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 27, 2017

始動!イエバエ

朝の会社の階段にて。

P3240049



















足元から視線を感じます。

P3240050



















よく見ると、レーズン豆のようなものがついてます。

P3240054



















お前か!イエバエ類でした。
背中の黒い筋模様とオレンジ色の小盾板を見る限り、オオイエバエと思います。

P3240055



















寒くて動けないのか、レンズを相当近づけても逃げません。
つまり、叩くなら今がチャンス、ということか。


前田













階段の縁みたいな角っこに停まるハエの習性にうまくマッチしています。
イエバエ類の捕獲にカモ井の粘着式ハエ取り 吊るすだけ


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 26, 2017

ユスリカとお花の布団

さくらんぼの花がきれいに咲いています。

IMGP0708


















その花びらに何か影が映り込んでいるような・・・?

IMGP0738 - コピー


















お前か!
ユスリカの仲間でした。
咲き誇るお花に包まれてお休み中です。

IMGP0736 - コピー


















こうやって昼間は草むらや木々の中で休憩し、そして夕方頃から活動を開始するのでしょう。
その際、窓から漏れた照明や外灯の光に引き寄せられて、建物の外壁に付着することも多いです。
そこで窓辺や照明周りの外壁に薬剤を施工しておけば、屋内へ侵入する個体数を低減できるでしょう。


前田










外壁の施工にもお勧め、サイベーレ0.5SC
ユスリカなどのコバエ以外の不快害虫にも効果的です。


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 25, 2017

さすらい京都・帰途

大して下調べもしないまま、ママチャリで敢行した京都の旅。
二年坂から人の流れに押されて、訳も行き先も分からないまま歩を進めました。
やがて、途中にあった看板を見て納得、この先に清水寺があるとのことでしたので見に行ってきました。

IMGP0656


















残念ながら舞台の周りは補修工事中。
しかし、これはこれで今しか見れない光景です。

IMGP0677


















そろそろ雲行きが怪しいので帰ろうと思ったところ、八坂の塔があったので撮影。
場所によっては京都タワーとのツーショットも何とか可能です。

IMGP0693


















途中でお土産を買ってないことに気づき、空模様を心配しながら河原町方面へ。
迷路のような通りが物凄くノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

IMGP0700


















しんと静まりかえった伝統的建築物保存地区の石堀小路。
厳かな佇まい、奥に続きがあることを仄めかす曲がり角、なんかこう冒険心がこみ上げてきませんか?
こうして帰りがどんどん遅くなります。

IMGP0598


















さて、時刻は17時前、ようやく帰途に就きました。
変速機のギアを目一杯上げているにも関わらず、緩く長い坂道で足が上がりません。
もはや「回れ回れー」の世界です。

IMGP8762


















そう考えると、1日に何十キロも飛ぶオオスズメバチは驚異的な運動量です。
彼らであれば、今日の道のりをあと1往復はできるのではないでしょうか。
バームでも飲んでおけばよかったかな、と思います。

IMGP0771


















お月さまが顔を見せた頃に無事帰宅、顎に肉だんごをくわえて帰るスズメバチよろしくお土産を片手に実家へ。
さぁ、次も運動と観光とおいしいものを求めて(自転車で)どこへ行こうかな・・・。


前田














餌を探しているハチが引っかかりがちなトラップです。甘い香りで誘引するカダン ハチ激取れ
毎年スズメバチやアシナガバチでお困りの方はそろそろ準備しておいてもいいと思います。


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 24, 2017

さすらい京都・二年坂

自転車でさまようことしばし、高台寺の近くにようやく駐輪所を見つけ、休憩することができました。
この先は計画を立てていませんでしたので、次の作戦を考えないといけません。
とりあえず眺めの良い場所からあたりを見渡してみました。

IMGP0618


















すると、どうでしょう?
浴衣姿の方がたくさんいらっしゃる石畳が美しい風情溢れる小路が伸びているではありませんか!
絵になる風景を見つけたので、早速飛びこんで行きました。

IMGP0622


















お土産屋さん、似顔絵屋さんなど色んなお店が軒を連ねており、みどころいっぱい。
あとで調べてみたところ、夜のライトアップもきれいなんだとか。
自転車以外の手段で夜に訪れるのもいいかもしれません。

IMGP0690


















さて、いい加減水筒のお茶だけでは限界なので、とりあえず固形物を、と。
カメラのボタンに指をかけながら口は動かしたまま、他に何かないかキョロキョロしながら歩き続けました。
そんな時、目に飛び込んできたのは飲食店の看板ではなく二年坂の文字。

IMGP0689


















どうやら、この坂でうっかり転んでしまうと2年以内に死んでしまう、との言い伝えがある場所とのこと。
ちょうど下りに差し掛かっていますので、他に気をとられて転倒しよう注意しないといけませんね。
一人で転ぶだけならまだしも、他の人を巻き添えにしてしまったら大迷惑です。

IMGP8452





















ところで2年以内ではないですが、殺鼠剤にも数日間食べ続けさせてから効果が出るタイプのものがあります。
エンドックスなどが該当し、少し時間がかかる代わりに徐々に効くため悟られにくいなどの利点があります。
また、使用の際は他に餌となるものを片付けて殺鼠剤に集中させやすい環境を整えることも大事です。

IMGP8249




















もちろん、普段からよく通るところへ転んでしまったらアウト!な粘着板を設置するのも有効です。


前田



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 23, 2017

さすらい京都・狛猪

突如始まったママチャリツーリング、そろそろ休憩をしたいのですが駐輪所が見当たりません。
きょろきょろしながら低速でふらふら走り回っていたら、面白いものを見つけました。

IMGP0617


















たぶん建仁寺だと思います、自転車が停められないので今日は外から見るだけ。
また次回、中を見学しようと思います。

IMGP0616


















さて、その門の両側ですが、何かの動物を模った狛犬的なものがいます。

IMGP0615


















反対側はこちら、体形と口元から出た牙から判断すると、これは・・・イノシシ?


旅先で見つけた、ちょっと面白い光景。


前田












狛猪ではなく、困ったイノシシ対策に鳥獣忌避剤JJボア


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 22, 2017

さすらい京都・親心

錆ついた車輪は甲高い声を上げながら桂川を越えて東へ。

IMGP0607


















自転車を停める場所が見当たらず、東寺はそのまま通過。

IMGP0612


















路線伝いに移動すれば大幅に道を間違える心配がありません。
JRに沿って走り、鴨川を越えて目指すは東大路へ。

IMGP0613


















さて、今回の目的地はココ、京名物幽霊子育て飴のお店。
その昔、幽霊が飴を売っていた・・・という訳ではありません。
概要だけを言えば、亡くなったお母さんが我が子のために飴を買いに来たという伝説にちなむものです。

IMG_3300




















詳しく書くと少し長いですが、お店のホームページや京都の観光雑誌を読めば経緯が分かると思います。
私なら腰を抜かすこと必至ですが、あまり怪談じみた要素のない暖かい話だなと思います。
それはきっと優しい人だったのでしょうね。

アゲハモドキの産卵2




















幼虫が食べられる餌を探し出し、産卵する母蝶。
いつの世も我が子を想う心は人も虫も皆一緒。


前田



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 21, 2017

さすらいジャパン・京都編

何となく休日の旅に単調さを感じ始めた今日この頃。
もう少し工夫やハードルがあってもいいかなと思います。

IMGP0597


















そうだ、(自転車で)京都行こう。
という訳で、乗り続けて9年のママチャリにまたがって片道2時間、24キロの旅にでました。

IMGP0601


















山を越えて谷を越えて川を越えてゆくんだ〜。
自宅を出て1時間半くらい、桂川の手前まで来た頃にはほどよく汗ばんできました。

IMGP0604

















桂川に目を遣ると、水面に浮かんでいたのはキンクロハジロ。
冬の使者というイメージがありますが、この時期でもまだ見られるようです。


モンシロチョウ2



















一瞬で通り過ぎてしまったので写真を撮ることはできませんでしたが堤防沿いにはモンシロチョウが。
いよいよ春に見られる昆虫が活動を開始したようです。
これから撮影できる虫もお問い合わせのある害虫も増えてきそうです。


季節の変化を肌で感じられるママチャリツーリングもなかなかいいもんだと思います。
ところで、一向に目的地に近づいている気配が感じられないのは気のせいでしょうか?


前田










いろんな害虫に効きますので、心強い一本です。不快害虫用殺虫剤サイベーレ0.5SC
お得な噴霧器とのセットもあります。



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 20, 2017

始動!ミツバチ

さくらんぼの花が咲き始めました。

IMGP0711


















桜の開花もあと少し。
お花見の計画を立てて楽しみにしておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

IMGP0759


















そして今年初めて目にしたセイヨウミツバチの働きバチ。
冬は巣に貯蓄した蜜だけで食いつながないといけないので、貯蓄が尽きかかっていてもおかしくないでしょう。
誰よりも働けるようになる季節を待ち焦がれていたのではないでしょうか?


前田











甘い蜜の香りで誘引・捕殺します。カダン ハチ激取れ
アシナガバチ・スズメバチが出始めるゴールデンウィーク前から設置し始めましょう。


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)