December 03, 2016

出張の足跡・長崎七不思議

出張帰りとはいえ、もう少しゆっくり過ごしたい長崎の町。
しかし、ぼやぼやしていると電車の時間が来てしまうので、そろそろ引き揚げなければなりません。
続きはまた次回、自分の足で巡ることにしましょう。

IMGP9417


















いつか船旅もしてみたいものですね、時間があれば。

IMGP9418


















さて、その帰り道で目にしたのがこちら、鉄製の真ん丸な玉。
一瞬、たこ焼きのオブジェかと思ってしまいましたが、どうやらそうでもないようです。
じゃあ何だろうと思い、解説のパネルを見てみると「大波止の鉄玉」と書いてありました。

IMGP9422


















さらに詳しくパネルを読んでみると、まず製作時期、作者、製造目的ともに詳細が不明。
大砲の玉のようにも見えますが、調査の結果どうやらそうでもないらしい、とのことです。
という訳で、長崎七不思議のひとつに数えられ、「玉はあれども大砲なし」と言われています。

IMGP5404


















ところで、地域によってはまだカメムシの発生が猛威を奮っているところもあるかと思います。
そんな時は広範囲に散布できるサイベーレ0.5SCカメムシ用キンチョール乳剤などがお勧めです。
ただし、施工面積の計算を誤ると量が足りず、途中で「噴霧器あれども薬液はなし」という事態に陥ります。


殺虫剤をご利用の際は用法・用量をご確認の上、少し余裕を持ってお買い求めいただければと思います。


前田


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 02, 2016

出張の足跡・長崎港

週の初めから始まった1泊2日の長崎研修会。
午前中の2コマ2時間を担当させていただき、無事(?)終了。
午後は今まで見るチャンスが無かった齋藤所長の授業を受講者の皆様と一緒に受けることができました。

IMGP9400


















さて、その帰り道ですが、30分だけ寄り道をさせていただきました。
向かったのはすぐ近くにある長崎港、軒を連ねる店舗や桟橋から何とも言えない異国情緒が溢れております。
セミナーの緊張が解けたことと相まって、景色を眺めるだけで心が躍ります。

IMGP9401


















それと、ここに来てまず最初に目を奪われるのが長崎港ターミナルに係留されている帆船です。
これは遊覧船「観光丸」であり、60分かけて長崎港を案内してくれるそうです。
なお、調べてみると長崎海軍伝習所の復元帆船であるとのこと。

IMGP9414


















ふと視線を対岸に向けると、海上自衛隊の艦艇が接岸していました。
恐らくあたご型イージス護衛艦と思います。
思えば少し北にいけば佐世保港がありますので、ちょっと出張してきているのでしょうか。

IMGP9388


















このように色々な船が停泊しており、ちょっとエキゾチックな雰囲気を醸し出す長崎港。
そうです、かつてここは鎖国時代にも唯一海外へ門戸を開いていた出島があったのです。
その後も我が国の重要港湾として様々な人や物、そして文化を受け入れてきました。

IMG_3657




















それと同時に日本から海外へ出ていき、その存在が知られるようになったものも多くあります。
特に博物学者であったシーボルトが多数の日本産動植物標本を持ち帰ったことは有名です。
このシュレーゲルアオガエルもそういった経緯で持ち帰られ、その後の研究で学名を与えられた一種です。

IMGP9412


















少し歩けばあちこちに先人たちの足跡が見つかる町、それがここ長崎です。
いつかゆっくり時間をかけて歩きたいものです。

前田













海外でも優れた実績を残しています。鳥類忌避剤バードフリー



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 01, 2016

出張の足跡・イルミネーション

2年前は菅野チーフの代打でしたが今回は先発スタメン、緊張感が漂う研修会参加です。
電車の中で講演資料をチェックすること5時間、真っ暗な長崎駅に到着しました。

IMGP9341


















私を博多駅から運んでくれた特急かもめとここでお別れ。
駅のホームを包み込む闇と白色のコントラストがいい感じです。

IMGP9349


















そして改札を出ると、2年前と同様にクリスマスのイルミネーションの輝きが眩しいです。
今日は愛用の一眼レフカメラを連れてきてますので、思い通りの色合いで写真撮影ができます。

IMGP9368


















駅前の歩道橋の眼下には路面電車が走り、何とも言えないノスタルジックな気分になります。

IMGP9363


















ところで長崎には夜景スポットが数多くあると聞きます。
本日は回る時間がありませんが、いつかゆっくり写真を撮りに行きたいものです。

P1020073




















また、長崎市ではお盆の時期に精霊(しょうりょう)流しという行事が行われます。
ちょうどこの時期に出現するのがショウリョウバッタです。
名前の由来はここにあるとの説もあります。


前田










綺麗な夜景だなと思って近寄っていった虫から順番に捕獲されていきます。
室内の飛翔性昆虫の捕獲・モニタリング調査にムシポンポケット



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 30, 2016

出張の足跡・ドクターイエロー

齋藤所長に声をかけていただき、公私合わせて人生で4回目の長崎訪問となりました。
その3回が本年度に集中しており、今年は何かと長崎に縁のある1年でした。

IMGP9339


















担当の時間帯は午前中、始発では間に合わないので前泊させていただくことにしました。
そして夕方、新大阪を出発する時に見かけたのはドクターイエロー。
見れば幸せになれるとのことなので、明日のセミナーがうまくいってくれればと願うばかりです。

P1000034




















ところで、生き物の中にも幸運を呼ぶと言われるものや縁起がいいと言われるものがいます。
例を挙げるとトンボなどは勝ち運を呼ぶとして戦国時代にも旗や甲冑のデザインとなりました。

IMGP3910


















あと、意外なことにムカデなんかも同様に勝ち運の象徴とされることがあります。
持ち前の獰猛さにあやかろうということなのかもしれません。

IMG_3147




















そんなことを考えているうちに、腹ペコのまま終点の長崎駅に到着しました。
さて、長崎のグルメと言えばちゃんぽんに皿うどん、どちらがどう違うのか未だによく分かりません。
食べ比べ出来たらいいのですが一度に食べられるのは片方だけ、ということで今日はちゃんぽんにしました。


そして翌朝、ホテルの朝食になんと皿うどんが出るという幸運に恵まれました。
もうこのあたりで早くもドクターイエローの運を使い切ってしまったのかもしれません。
セミナーは自力で何とか頑張るしかなさそうです。


前田












もはや勝ち運どころか家にいたら悲惨の域に達しつつあるムカデの防除にサイベーレ0.5SC
ムカデの他にヤスデやゲジにも良く効きます。


tojiyan at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 27, 2016

珍百景・ハチ

某日発見した巨大なハチのオブジェ。

IMGP9232


















難波や日本橋にお越しの際はぜひ探してみて下さい。


前田


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 26, 2016

鼻詰まりに効く?

今月初旬は寒かったり、そうでなかったりという日が繰り返されてきました。
しかし、いよいよ本格的に冷え込むようになり、通勤の際にはもう防寒具が欠かせません。
電車やバスを待つ間、ポケットに入れたホッカイロを握りしめている方も多いのではないでしょうか。

IMGP7780



















ところで、このホッカイロによく似た袋、うっかりポケットに入れると大変なことになります。
その正体はネズミの追い出しに大活躍する忌避剤JJローデントです。
ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、ニンニクのような猛烈なにおいを放ちます。

IMGP7779



















そのため、セミナーで展示するサンプルも普段はジップロック2枚とタッパーの3重で保管されています。
そしてうっかり蓋を開けると、一瞬ネズミもお手上げのにおいが鼻に突き刺さります。
これが鼻詰まりを起こしている時であれば、鼻水が飛び出して一瞬だけ鼻が通るようになります。


ただ、そんな効果もあるというだけで、鼻詰まりはお医者さんが出してくれる専用のお薬で治療しましょう。
そして同様に、ネズミ駆除にはネズミ用の、ゴキブリ駆除にはゴキブリ用の薬剤を利用する必要があります。
お薬も殺虫剤もご使用の際は用法・用量を守り、正しくお使い下さい。


前田



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 25, 2016

コカマキリ

柿の収穫を終えて帰途に。

IMGP9306


















せっかくなので、タマネギも少々いただいて帰りましょう。

IMGP9309


















そして、荷物をまとめておいた籠を一目見ただけの兄が発見、コカマキリ。
私に虫のことを教え、そして自身はとうの昔に別の道へ進んだ兄。
それでも、未だその目は衰えず。


前田












人力で探すよりも効率的で確実!工場内に侵入・発生した昆虫のモニタリングにムシポン捕虫器
新しいモデルが追加になりました!



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 24, 2016

ツマグロヒョウモン

畑の中を飛び回る柿色の蝶。

IMGP9278


















ツマグロヒョウモンです。

IMGP9268


















豹紋の通り、オレンジに黒くて小さな斑紋がたくさんちりばめられている様が豹を思わせます。

IMGP9276


















また、端黒の名の通り、雌は翼端に白と黒の大きな模様を持つことも大きな特徴です。
元々は南の島でしか見かけない珍品だったそうですが、いまや当たり前のように見られます。
それだけ昔と環境が色々変わってきているということでしょうか。


前田











白い紙に描かれた黒いハエのイラストが特徴的。
ハエの大量捕獲に虫とりカレンダーシート



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 23, 2016

ハチじゃない

お花畑を飛び回る黒い虫。

IMGP9295


















こんな時期にミツバチ?と思ってしまいますが、よく見るとハエの仲間です。
決め手は翅が2枚しかないこと。

IMGP9297


















拡大してもう一度。
こうして見ると、ハエの仲間ということがよく分かります。
なお、ハエとは言え人に対して特に悪さをすることはないようです。


前田










花ではなく生ゴミに集まるショウジョウバエ対策に業務用コバエがホイホイ



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 22, 2016

ハスモンヨトウ

農作業の合間にカメラを片手に畑の中を歩いてみましょう。

IMGP92571


















すると仏花用に植えられている花にハスモンヨトウ。

IMGP9259


















1匹見つけると、目が慣れてくるのか次々と見つかります。

IMGP9266


















近くのアスパラガスの中にも。
「殺さないだけでも感謝されたし」と、まとめて近くの谷底へ投棄。


前田










バラやキクの害虫退治にガーデントップ



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)