■おしらせ
■お役立ち間違いなしのメールマガジン定期配信中!ご登録はこちらから(環境機器HP内リンク)

September 14, 2021

オレサマ シロアリ マルカジリ!

最近このブログに物足りなさを感じている読者さんがいらっしゃるのではないでしょうか?
足りないもの。そう、それは「昆・虫・食」!!

というわけで、久々の昆虫食レビューです。アップしていないだけで、コオロギコーヒー、コオロギラーメン、コオロギパン、蚕糞茶、蚕コーヒー・・・なんかは食べています。
今回は「アメリカカンザイシロアリ」を食べました!以下レビューです、苦手な方は「戻る」ボタンを!

















でははじめます。
とあるツテでアメリカカンザイシロアリを頂きました。
伊藤博士にほじくり出してもらったので、せっかくだからと一部食べてみることに。
シロアリはインドやタイ、アフリカなどいくつかの国や地域で食べられているようです。
木の端材をあげたらご飯になるって思うとすごく魅力的にみえますよね!よね!

食べられた子たち↓
IMG00122
ワーカーに混じってニンフぽいのや兵蟻もいる感じですね。

IMG00123_HDR
モノが小さいので炒めたり揚げたりしたら破裂してなくなってしまいそうで、ソースなどつけても調味料の味しかしなさそうだったので、熱湯にくぐらせて素材の味を楽しむことに。

20210914_164038
お湯に突っ込まれたシロアリ。数秒で動かなくなります。南無。


20210914_165003
1頭ずつちまちま食べても、味がまったくわからない。
最初のうちは頭部などの皮が残る感じがして少し不快。でも次第に気にならなくなる、人間の適応力は偉大です。
慣れてきたら何頭か一気にしゃぶしゃぶして食べてみます。そうすると、どことなく薫るナッツ感。以前食べたフェモラータオオモモブトハムシの幼虫の風味をぐっと弱くした感じです。

また、個体によってはニガリのような雑味を感じました。消化器官の内容物でしょうか?これはこれでアクセントがあって嫌いじゃないです。兵蟻は頭部が立派なので食感は良かったです。

ただ、収穫の労力にみあうだけの良さが若干薄く、もう少しメリットがないと普及しないだろうという感じ。

みなさんはシロアリ食べたことありますか?美味しい食べ方をぜひ教えて下さい!

■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
PA270003
前回はこちら
ぜひ触角に注目してください。目に対して触角が横に出ているこんな感じの虫は「ウンカ」です。カメムシ目に属する、稲の害虫という悪名も高いグループですね。

PC250052
ウンカと間違えられるヨコバイは、触角が目に対して真横ではなく前方に、毛がチョロンと生えている感じです。


P4210106
では続いてこちら。大きな網目模様の翅をしています。さてなんでしょう?

川竹

tojiyan at 17:46|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 03, 2021

会社説明会でした

何故かジョジョネタが続いたブログ。僕は7部のスティール・ボール・ランがすきです。

先日学生向けに会社説明会を行いました。こんなご時世なのでZOOMを使っての初挑戦。
雰囲気掴んでもらえたかな?

スクリーンショット 2021-09-03 163637
ムース施工(スマートフォーマー)を実演したり

スクリーンショット 2021-09-03 164142
飼育している虫を見せたり(タバコシバンムシ、ZOOM越しだとわからん!)

スクリーンショット 2021-09-03 164319
お仕事の説明をしたりしました。

鮒ずしを漬け込んで唐辛子も育てて虫も食べられる会社です。来たれ未来の同僚!
いよいよ何屋さんなのかわからなくなってきた

■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
P5261053
前回はこちら。
これはちょっと悩みますが、「ヌカカ科」で良いと思います。ぬかかかか・・
翅の縁真ん中くらいが太く目立つ種が多い気がします、あとどこか毛の存在感があってワイルドな雰囲気。吸血性と呼ばれていますが人に吸血するのは一部の種だと思います。

PA270003
お次はこちら。網目模様の大きな翅を持っています。さてなんでしょう?

川竹




tojiyan at 17:13|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 01, 2021

俺はクモをやめるぞ徐々にー!

みなさま、お久しぶりです。旧担当者の前田、少しお邪魔させてもらいます。
今日は写真がリアル過ぎるので、こちらのブログでご紹介したいなと思います。
最後までお付き合いいただけたら、嬉しいです。

P9130692

























さて、8月は去って9月になりました。コロナ禍で不自由な、閉塞の日々ではあるけれど
お月見とか、家の中で出来るささやかなイベントを楽しめたらなと思います。

そして窓を開けてお月様を眺めながら、お皿の上の串団子に手を伸ばそうとしたその時、
外から部屋の灯りを目指して、みたらし団子のような色をした羽虫が飛んで来るかも
しれません・・・やれやれかな。

20170914-2 (1)

























その正体はキイロシリアゲアリの羽アリ。弊社の所在地、大阪では毎年9月の初旬から
姿を現します。虫の種類を特定する「同定検査」の依頼も、この季節に集中。
先日、川竹君がブログに書いた通り、ヒアリに間違えられやすいアリの筆頭。

でも、人に致命的な一撃を加える訳ではないから、1匹2匹、ひょっこり部屋の中に
入ってきたくらいであれば、そのまま窓の外へ逃がしてやってあげてもいいかなと
思います。

P9010146

























そして場面は変わって、ある日の弊社事務所。現場から帰ってきて、装備品を駐車場に
広げ、水道のホースから水をぶっかけて丸洗い。

そんな中、僕の横をカサカサと通り過ぎていく、赤黒くてアリのような姿をした何か。
まさかヒアリではないと思うから、安直にまた、キイロシリアゲアリが出たのかなと
思ってしまうけれど・・・どうだろう?動きが軽快過ぎる。


P9010116






















何気なく素手で捕まえて、そのまま顕微鏡の中に投げ込んだところ、ついに現れた正体。
異様に大きな顎、あるはずがない8本の足、つまりアリに巧妙に擬態したアリグモ。
体の模様で判断すれば、ヤガタアリグモかな?環境省さんのホームページにも「ヒアリと
間違えられやすい生き物のナンバー2」と紹介されています。


P9010114






















気化冷凍法 冷凍庫で少し冷やし、動きが止まったところで撮影した1枚。凶悪な顔、
毒々しい体色とは裏腹に、人に危害を加えたりする生き物ではないから一安心。

P7190101

























ところで、アリに擬態する理由は諸説考えられるものの、外敵から身を守るための
擬態であると言われています。
一方で「アリを専門に捕食する生物から襲われやすい」、「同じハエトリグモの
仲間に属する他のクモに比べ、跳躍力に劣る(獲物を狩る成功率の低下)」などの
デメリットが生じるとの研究例もあり、スペックダウン、貧弱貧弱になってしまう
部分も、もしかしたらあるのかもしれません。


何にせよ、人の理解が及ぶには、まだ少し時間がかかるのかもしれないかな・・・。


前田




這い回るアリグモも、次々と飛んでくる羽アリも、サイベーレシリーズで対処可能です。
外壁にはサイベーレ0.5SC、窓ガラスとサッシにはサイベーレエアゾールが効果的。


tojiyan at 14:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 虫ムシ日記 

August 19, 2021

羽アリーヴェデルチ!(さよならだ)

熱くなったと思ったらものすごい雨が続いております。
一部の地域では被害も出ているようで心配です。

夜、帰路にてうごめく影を発見。
IMG00088
キイロシリアゲアリの羽アリですね、ちょっと時期早い?

ヒアリの騒動があってから、ヒアリに間違えられるアリナンバーワンのアリ。
おそらく間違えられて駆除された子たちも多いと思います。気の毒に。

キイロシリアゲアリは複数の女王アリが共同で巣をつくることで有名です。そういえばこの女王たちはみんな一生懸命働くのでしょうか?誰かがサボって他の女王に働かせたりしないのかな?

羽アリの大量出現は数日で終わるイベントですので、薬剤で駆除しても良いのですが、そのまま放置しておけばそのうち居なくなります。
それでも侵入したアリがその辺で死ぬのは美観を損ねてよくないということもあり、こんな商品はどうでしょう?


窓に置いて虫を回収してくれる「フライヘルウィンドウ」
詳しい仕組みは動画をみてください、頑張って作りましたので

キイロシリアゲアリが早く出たということは、結婚飛行イベントも早く終わるのでしょうか?それともその分長引く?ちょっと注意して見ておきたいですね。

■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回はこちら
P4120061
ひょろい脚で、翅脈はすこし特徴のある感じ。
こちらはシブキバエというオドリバエ科に属するハエです。
比較的自然の多い渓流沿いで見られるのですが、なぜか高槻の本社前で捕獲されました。
オドリバエ科も形態がいろいろで飽きないですねー!

P5261053
今回はこちら。見慣れないと判断難しいかもしれません。
その下にはユスリカがいい具合にステルス捕獲されていますね

川竹

tojiyan at 17:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 11, 2021

虫観客試合

東京オリンピックも閉会式を迎え、一旦一段落、というところでしょうか。
自分はスポーツにはまったく疎くて、オリンピックの試合も全然見てないのでわからないのです。
それでも知っている、今年のオリンピックでは虫が注目されたことを!

女子ホッケーの試合中継中にクロゴキブリらしき虫が写り込んで話題を呼び、また閉会式の五輪マークに蛾がとまっていたことが話題を呼んでいました。

「きたなーい」
「ゴキブリがでる会場ってどういうことなの...」
みたいな意見も見ましたが、クロゴキブリは野外にもよく生息するので、感覚としてはコオロギがたまたま歩いてた、くらいです汗

虫退治.COMではゴキブリ用の殺虫剤をもろもろ取り扱っております。
「ベルミトール水性乳剤アクア」はニオイも少なく取り扱いしやすいタイプとなっているのでおすすめです。


虫の応援じゃなくてヒトの応援せい!と言われそう、奮闘されたアスリートの皆様、お疲れさまでした。

■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■

P4210108
前回はこちら。緑〜黄色に輝くボディ、赤のアクセントがきれいな複眼。こちらはアシナガバエです。
アシナガバエ科には様々な形態をもつ種がいて一見わかりづらいのですが、このように小さくてメタリックで細長いのはアシナガバエだと思って良いかと思います。
アシナガバエ類はトビムシなど小さい昆虫を食べる、益虫的な側面もあります。
しかし写真のアシナガバエは交尾器がやたら長いことが印象的です。
カワラホソアシナガバエSciapus nervosusがこんな感じの交尾器をしているようですが、ハエの世界は奥深すぎるので断定は避けます。
P4120061
今回はこちら。これはチョーむずいと思います。なんでしょー

川竹

tojiyan at 10:37|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 26, 2021

ハチに刺されたら…

ついにオリンピックが始まりましたね!
ミーハーなのでテレビに張り付いて、普段は全然見ないスポーツ観戦をしてます。
1つのことに集中して取り組む人、何かを極めている人は本当にすごいなと感心してしまいます。

連休は実家に帰っていました!田舎は涼しくて空気もきれいな気がします。
朝から畑作業を手伝ってと言われ、お手伝いをしていたのですが、開始10分ぐらいで手にチクっと痛いような熱いような感覚が…
何だろうと立ち上がってみるとまわりにアシナガバチが飛んでいました。
作業していたところの真上にハチの巣があって、ハチを刺激して刺されてしまいました…。

こちらは刺された直後です(両手に1カ所ずつ刺されました)
左手は人差し指の付け根らへん、右手は親指が若干腫れているのが分かるかと思います。
iOS の画像 (1)

手の甲全体が腫れあがり、痒くて仕方なかったです。(↓これは刺されて5時間後くらい)
iOS の画像 (2)

この後もっと腫れてたのですが、すっかり写真撮るの忘れていました。

アシナガバチに刺されたのは2回目なのですが、前回よりも痛くてかゆかったような気がします。

キャンプやハイキングに出かける方はもちろん、家でガーデニングなどをされる方もハチには十分気を付けてください。
軒先などにも巣を作っていたりします。
iOS の画像 (4)

ハチに刺された際は毒液をできるだけ出し、流水で洗い、患部を冷やして経過を観察してください。
症状がひどい場合は病院で治療を受けることもお勧めです。

私は持っていなかったので手でできるだけ毒を絞りましたが、ポイズンリムーバーがあれば簡単に毒を吸引できます!


桝井

tojiyan at 15:34|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 21, 2021

お魚かもすぞ!

今年も始まりました、恒例の「鮒(フナ)ずしづくり」!
独特なニオイと味で人を選ぶ食材ですが、弊社製の鮒ずしはまろやかで美味しいんですよ!社員の常在菌の質が良いんでしょうかね??


P7140004
まずごはんを3升炊きます。30合分なので10合用と5合用炊飯器で2回ずつの炊飯。ごはんはおかず。

P7140007
次に鮒を洗ってぬめり・ウロコ取り。ベランダに魚臭さが広がります

P7140009

P7150015
フナを1晩乾燥させます。シャンデリアかな?

P7159625

P7159626
続いて鮒にお米を詰め込みます。エラの中に隙間ができないよう、ぎゅうぎゅうと・・・

P7159627

P7159629
ちょっと詰め込みすぎやしませんか?

P7159635
樽の中に、お米・鮒・お米・鮒・・・と層状に詰めていって、最後に漬物石で封印。
年末くらいにはできるでしょうか?楽しみですね!


P7140012
魚臭さによってきたキンバエ。鮒ずしのニオイやエキスはハエ類などを強く誘引します。

ニオイで大型バエを誘引できる「フライマグネット」があります。
結構ニオイが強いので、屋内では推奨できないこと、屋外でもハエが集まってほしくない場所に設置してみてください。なお自分は余ったフライマグネットの容器をペン立てに使っています^^


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回はこちら
P4120053
華奢なはコバエですが、こちらは「タマバエ科」です。このようにヒョロヒョロした感じの種が多いのと、翅脈からもわかります。
よく似たクロバネキノコバエとの見分け方は過去記事に書いてますので、よければ御覧ください。

今回はこちら
P4210108
ギンギラギンにさりげなくない虫。メタリックボディに長い脚が特徴。
さて、なんでしょう?

川竹

tojiyan at 09:50|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 09, 2021

妖怪・羽アリ吸い

夜、人通りのすくない道で灯りの前にラフな格好の男が立っていました、、
よく見ると、口に管のようなものを咥えていて、さらに管から灯りに集まる虫を吸い取っていたんです
ポリスメン「君ちょっといいかな?何してるのかな?」
私「あああ怪しいものじゃないですしおすし」
- BAD END- 

幸い職務質問を受けたことは無いのですが、そろそろあってもおかしくないと思う今日このごろ。
先日アリ探求家の島田拓さんが情熱大陸に出ていたときも「職質を受けることがある」と話していたように、虫捕りの様子は客観的に見るとけっこうヤバいです汗

特に「吸虫管」は虫とりウェポンの中でもかなり誤解を招くものだと思っています。。
最近は「虫調査中」的な腕章も買ってみました。
P7090004
うーん、焼け石に水かもしれない。。

吸われた虫がこちら
P7090009
オオハリアリでしょうか。ありんこの同定は苦手です。
ネットの情報だと7月でも結婚飛行が見られるようです。
P7090007
こちらはシリアゲアリの仲間。種まではわかりません。多分これがオスで、

P7090013
これがメス。

”シリアゲ”というワードから、シリアゲムシのようなまるでサソリのように腹部を突き出すイメージを持つのですが、そうではありません。尻(腹部)を上から持ち上げるようにくびれのコブ(腹柄節)が接続されている感じかな?と思ってます。

シリアゲ
アリ屋さんに怒られそうな模式図。腹柄節の付いている位置でなんとなーく判別できます。

上で紹介したハリアリ類は食品工場などで発生して問題になったりします。
トビムシを食べるらしく、工場内のトビムシ駆除をすると数が減ったという事例も多いです。

トビムシにはサイベーレ0.5SCがよく効きます。
ただし大量発生している環境では増えては減らして増えては減らして・・・と効果が実感しづらい現場もありますのでご注意。


羽アリにもサイベーレがすごく有効なのですが、羽アリが飛ぶのは基本的に1年のうち数日です。
夏にはハリアリやトビイロケアリなどが、秋にはキイロシリアゲアリなど・・・というように、種によって飛ぶタイミングが決まっています。
羽アリが大量に出てきてから対策しても、結局数日で終わってしまうので個人的にはあまり本腰を入れるのも労力がかかるだけかも、と思っています。
シーズン前に電灯や壁などに予防のため薬剤を散布しておく、といった計画が必要ですね。

というわけで、外で虫を吸って楽しんでいる人を見かけたらそっとしてあげてくださいませ。

■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回はこちら
P4120059
ピカピカのかっこいいハエ。実は「ミズアブ科」です。Beridinaeという亜科の1種だと思います。
ミズアブ科といえばアメリカミズアブが有名ですが、結構多様なハエが属するグループで海外の種も含めて見ていて楽しい分類群ですね!

今回はこちら
P4120053
ひょろひょろしたハエです。さてなんでしょう?

川竹

tojiyan at 11:26|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 24, 2021

だにキャン△

高槻の奥地に農園を借り、(意外と)継続して農業しています。
IMG00046

IMG00048
そら豆も可愛く成長しました!

農業もいいですが、せっかく街を離れたところに拠点を頂いたので、たまにはお泊りなんてどうでしょう?
IMG_20210611_172337
と、いうわけで今流行りの「ソロキャンプ」やってみました。
IMG00040
さくっと袋麺を食べて、昆虫採集散歩に勤しみました。
とったのはハエばかりですが。

IMG00045_HDR
夜はこんな感じ。火はたかずに、ランタンでテントを照らしてそこに飛んでくる虫を見ながら常備していた日本酒をちょっぴりいただきました。ホタルも飛んでいてイイ感じです☆

・・・で翌日は通常通り農作業をして下界に降りたのですが、しばらくなんとも言えない違和感が続きました。お尻の近くに何かある?トゲ??引っこ抜いてみよう、

madani
/コンニチワ\

なんということでしょう。マダニでした(泣)
幸い手で引っこ抜いた割には頭部もきちんと残っていました。お泊りしてから4日間ほど一緒に生活していたことになります。

長袖長ズボンではありましたが、やられる時はやられますね。みなさんもマダニにはご注意を。
吸われた時は手でとらずにお医者さんへGO!

■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回はこちら
P4210125
翅が重なって脈がみづらいですが、フチのH字が見えたらほぼ「クロバネキノコバエ」です。
たまにタマバエとも紛らわしいのですが、こちらの記事にまとめてますのでご確認ください。


今週はこちら
P4120059
急にマニアックになりました。きんきらボディに少し厳つさも感じる体の作り。
さてなんでしょう?

川竹

tojiyan at 13:55|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 07, 2021

でましたFOOMA JAPAN!

梅雨入りしたと思ったらすっかり夏の空気に。虫捕り真っ盛りシーズンですね!!
ちなみに弊社ではドラキュラがよく出てくるのでニンニクを大量生産して撃退を試みているところです。

Image from iOS (22)

Image from iOS (23)

IMG_20210601_192642


さてさて、先週はFOOMA JAPAN2021に出展していました。
IMG00025

IMG00026

愛知県のセントレア空港近くにある愛知県国際展示場です。
自分は名古屋出身なのですが、ここは初めて来ました。最近できたおニューな展示場なのですね!

IMG_20210531_131728
31日に会場入りしてブース設営して・・・

IMG_20210601_101947
はい完成!

IMG00029
これが展示の目玉。ペストビジョンシリーズのひとつで黄色い部分に捕まった虫をリアルタイムで監視しAIが虫の頭数を数えるシステムです。
社内では伊藤博士がアイデアを出したのでIto型と呼ばれています。IoT機器でIto型なので紛らわしいこともあり、お客さんに説明するときは単に「ペストビジョン」と呼んでいます汗
現在は販売に向けてデモ設置をはじめる段階です。
ブースに来ていただいたお客様、誠にありがとうございました!

fooma_presen
出展社セミナーもさせていただきました。講師を務めさせていただいたのですが、故郷に錦を飾ることが出来たでしょうか?いや、これからですね!がんばりますっ


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
P4120051
前回はこちら。これは余裕のよっちゃんですね、ユスリカ科です。
触角が写真のように房状になっているのはオスです。体の色はバリエーションがあるので、経験値を積むしか無いです。捕虫紙を見ているとまず一番多く捕獲されますので、そのうち嫌でも覚えられると思います^^

P4210125
今回はこちら。翅が閉じていて見づらいですが、慣れたらかんたん♪

川竹

tojiyan at 09:48|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 出張・学会レポート