■おしらせ
■お役立ち間違いなしのメールマガジン定期配信中!ご登録はこちらから(環境機器HP内リンク)

September 19, 2023

実質サクラの葉っぱじゃん

ここ最近の投稿を見返すと、このブログも丸くなったものだと思いまして、久しぶりにアレをやります!そう、「昆虫食」!
今回のターゲットはサクラケムシこと「モンクロシャチホコの幼虫」です。
THE・毛虫なので、苦手な方は回れ右して別の記事を御覧くださいませ〜
苦手な方のために、スペースを設けておきます。
本編はこちら↓























さて、ご準備はよろしいでしょうか。

サクラケムシは、このくらいの時期にサクラの葉を集団でモリモリ食べている毛虫です。
何も知らずに散歩していると目の前に毛虫が!!と、みんなの嫌われ者になっているあの毛虫
・・・実は美味しいと評判なのです!
実際ウェブ検索で[サクラケムシ]と検索すると、サジェストに「おいしい」「食べ方」などいい感じのワードが表示されます。

というわけで、サクラケムシを探しに行くべく、仕事終わりのスーツにヘッドライトをつけて、近所の桜並木へレッツラゴー!

いざ探してみると、意外といない。暗いからわかりづらいというのもありますが、それでも葉っぱが局所的に食べられていたり、地面にたくさんフンが落ちていたりするので案外わかりやすいです。

20230912_194305
見つけた!!
と思ったら、こちらはアメリカシロヒトリ。他人でした。アメリカシロヒトリは食べられるのかな・・・?

20230912_195341
こんなのもいました。クロゴキブリ。
一般家庭で出現するゴキブリといえばこれ。屋外での活動性も高く、案外公園や道端でも見ることができます。

20230912_194750
蚊にくわれながら、20分くらい探してやっと見つけました!サクラケムシの成る枝!
ちなみにモンクロシャチホコの毛には毒がありません。さわり心地はかなり良いですよ。

20230912_202723
サクラの葉っぱとともに採集しました。これから食われるとも知らず、のんきに葉っぱを食べております、へへへ・・・
葉っぱを入れたのは、しばらく活かしておくということと、フンを出させるという目的があったからです。フンもあとでお料理に使います。

IMG02016
数日後、会社で調理開始!といいつつ素材の味を尊重してシンプルに”茹で”でいただきます。
途中で全滅するリスクを考えて、数頭は冷凍保存していました。

IMG02021_HDR
茹でます!!!
茹でても変に丸まらず、真っ直ぐな状態を保ってくれます。


IMG02022
茹で上がりました!!!
腹側が赤っぽいのがわかります。ちなみに茹で汁も少し色がついてます。出汁がでてる?

さあ、いざ実食。
IMG02027
IMG02034
手が進まない人たち。
これまでサソリやカブトムシは(頑張って)食べられた社員でも、毛虫はめちゃくちゃきつかったようです。実際に1頭まるごと食べられたのは僕を除いて2人のみ。

まず気になるのが”毛”ですが、個人的にはまったく気になりません。特に茹でたては毛も張り付いているためかまるで問題ありません。
噛む前から香るサクラの上品な香りがとても良いです。
噛むとうっすら土臭い茹でエビ感の中に少しエグみがあるので、苦手な方は頭かお尻をちぎって内容物を絞り出すのが良いです。
実際、社員からは
「サクラケムシ、これまで食べた虫の中で一番上品な味がしました。見た目のグロテスクさは置いといて味だけで比べるとサクラケムシ>コオロギ>シロアリ>カブトムシかな」
という感想をもらいました。
ただし、サクラケムシの味は個体差がかなり大きく、実入りがしっかりしているかどうかが鍵です。慣れるとさわり心地ですぐわかります。
IMG02037
これはふにゃふにゃで、あまり美味しくない個体。

集めたフンは乾燥させたのち、お茶パックに入れて糞茶にしました。
IMG02032
糞茶、名前だけ見たら最悪な飲み物ですが、実際にカイコの糞などを利用したお茶が中国などで飲まれてきました。カイコなら、まさしく桑の葉茶になります。
そしてサクラケムシの糞茶は桜の香りをより香ばしくした感じがします。(何も知らなければ)ハーブティーそのものです!これはいける。


IMG02029
お口直し?のコオロギ。「博物館味」という、かなりチャレンジしたタイトル。
すっきりとしたハーブの味が軽やかで、食感もサクサク。これはアリ。


以上、久しぶりの昆虫食レポートでした。
サクラケムシよ、ありがとう。

■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
P5011054
前回はこちら。2ミリくらいの小さな虫です。
アングル的に全容がよくわかりませんが、全身が毛で覆われていることや翅の形などから「チョウバエ」だとわかります。

「コバエ用ムース」を発生源に散布しましょう!




P5300131
今回はこちら。変な口の形をしていますが、口を使って何かをする虫なのでしょうか?
さて、なんでしょう。

川竹

tojiyan at 17:32|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 虫ムシ日記 

September 01, 2023

若さ、若さってなんだ!

先日、会社で「学生向け一日お仕事体験」を実施いたしました。

IMG_2218

IMG_2217

いわゆるインターンシップなのですが、どうも数日間開催しないとインターンシップと呼称できないなどの決まりがあるみたいなので、こういう名前になっております。
ちなみに僕は学生時代にインターンシップに行ったことが無いので、ほかの企業さんはどんな感じなんだろう、と今更ながら気になっているところです。

今年も学生さんが何名か来てくれました、カチコチに緊張しているのを見るとフフフとなります(^^)

環境機器は優秀な人材を募集しております。
害虫駆除の知識を身に着けて先生になりたい人、ECサイト運営でバリバリやりたい人、虫駆除YouTuberになりたい人、知らない国の虫・ネズミ問題を無茶振りされたい人、マラソンをみんなで走りたい人、昆虫を食べたい人・・・
我こそはという方、ぜひご応募くださいませ

↓採用系の情報はこちらをご覧ください。


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回はこちら。

P4259823
太い後脚の太もも、目立たない触角、あまり見えませんが、比較的単純な翅の模様・・・
こちらは「ノミバエ科」です。
一般家庭から飲食店舗、工場まで問題になるハエです。
生ごみから出ることが多く、あまり水が多くない環境で発生するのがポイントでしょう。
「コバエ用ムース」はノミバエやチョウバエなどによく効果が出ます。発生源と思われる箇所を泡まるけにしましょう!

(XXまるけ、は地元の方言だと知りショックを受けました。)

今回はこちら
P5011054
”毛まるけ”の虫です。写真の虫の大きさは2ミリくらいと小さいのですが、大きい種もおりますよ。
さて、なんでしょうか?

川竹

tojiyan at 17:49|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 18, 2023

やってみよう、新たな取組

お盆休暇もあけて、みんな休みムードが抜けきっていない中(僕だけ?)
一風変わった取り組みがありました。

IMG01929
「ソリューション提案研修」というロールプレイング・提案コンペが実施されました。
具体的には、ネズミの問題で困っている架空の工場があり、その工場に対して3班がそれぞれ困りごとのヒアリングをかけ、提案書を作っていく、というものです。

ただし、ヒアリング時間が10分間という制限があったため、アイスブレイクと本題のバランスや、ヒアリング内容の絞り込み、作戦立てなどをテキパキと進めないと間に合わず、非常に大変でした。
また、3班のコンペという前提もあったのでどういった提案内容が顧客に刺さるか、他社を打ち負かすことができる/掻い潜ることができるのかを考えて提案資料作成を進めていきました。

スクリーンショット 2023-08-18 113213
とはいえ真面目一辺倒でもなく、架空の会社のモットーを考えたり、途中でメンバーが社員からアルバイトに降格したりなど、遊び要素も入れて楽しく研修できたかなと思います。


ちなみに、こんな取り組みもしています。趣味の集まりで非公式ではありますが、、
IMG01902_HDR
「ボードゲーム大会」
コロナ時に外出を控えざるを得なくなった状況で流行った「ボードゲーム」。
戦略を考えながらプレイする人もいれば、行き当たりばったりでプレイする人も(僕は後者)いて、社員の性格なんかも少し見えたかなという感じ。みんなでワイワイやると面白いですね。


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
P5011056
前回はこちら。
フサフサの触角と華奢な脚。翅脈も見えますが、特徴的な模様は無いです。
こちらは「ユスリカ科」です。
野外では非常にありふれた虫であるユスリカですが、サイズ・形態は非常に多様なので「これがユスリカの特徴だ!」という説明がなかなかできないところが悩みどころ。
特徴がないのが特徴です。
ちなみに、触角がフサフサしているのはオス。メスはフサフサがなく、短い角のような感じです。

P4259823
今回のクイズはこちら。
慣れれば頭だけ見てもわかる??
さて、なんでしょうか?

川竹



tojiyan at 11:47|PermalinkComments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 14, 2023

脚がたくさんあるアイツら!

入道雲がモクモク発達し、熱帯のようなスコールがたびたび起こる今日この頃。
梅雨時によく見かける虫にこんなのがおります。

IMG01698
こちらはヤスデです。写真の虫はヤケヤスデ科の1種でしょう。会社の玄関で見つけました。
子供のころ、畑をいじって出てきたヤスデを集め、ひたすら丸めて遊んでいたことを思い出します。
よくムカデと間違えられますが、ムカデとは脚の生え方で区別ができます。
ムカデヤスデ
ヤスデは体の節1つから足が2対生えます。
ムカデは1対生えます。

P6290469
ムカデはこちら。こう見ると、体感ヤスデの方が脚の数が多い感じがします。
ムカデは人を噛むこともありますが、ヤスデはそういった害はありません。
一部の種のヤスデ臭いにおいを出すので不快に感じることもあります。

IMGP3148
さらに、こちらは「ゲジ」です。
ゲジは身のこなしが素早く、小さい虫を追いかけて捕まえて食べます。ムカデと同じですね。
ゲジはムカデ以上におとなしい性格で、人をかみつくといった害も聞いたことがありません。
ゲジの脚はとれやすく、「トカゲのしっぽ切り」的な役割を果たすのかもしれません。

以上まとめると、
hikaku
こんな感じです。正直ヤスデは不快以外の害がないので放置してもよいかと思いますが、駆除したい場合は
「サイベーレ」家の周りにあるコンクリートブロックや鉢植えの陰を重点的に、広めに散布してください。


「クリーンショットB」
粒剤タイプ、落ち着いた色なので外観をあまり気にせず使えるかと思います。
クリーンショットB(通販ページ)

「シャットアウトSE」
粉剤タイプ。個人的には水分も奪うので、湿気が好きなヤスデには効果が高いと思います。ただし、粉が風で舞ったり痕残りがありますのでご注意を。


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回はこちら
P5011022
オレンジの体に赤い複眼。黒っぽい腹部の子のハエは「ショウジョウバエ」です。
野菜くずや発酵した食品が好きで、食品工場や飲食店で問題になりやすい虫です。
ショウジョウバエにはほかにも様々なカラーリングのものがおりますが、まずはこの配色を覚えて置いたら大丈夫でしょう。

やはりコバエがホイホイなどの誘引トラップは有効です。

なお、ノミバエなどほかのハエについては効果が出にくい可能性がありますのでご注意を。
発生している虫がどんな虫なのかをきちんと調べることは対策を考えるうえで重要です。


P5011056
今回はこちら。野外に出て一番初めに出会う虫ではないでしょうか。というくらい地味ですがありふれた虫です。さて、なんでしょうか。


川竹

tojiyan at 15:32|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 虫ムシ日記 

June 28, 2023

マイマイガの幼虫の顔はこわい

夏だ!虫捕りに行こまい!
我が故郷名古屋では、「〜しようよ」という誘いの意味で「〜まい」という方言を使います。

という雑な導入はさておき、本日会社で大きめの蛾が発見されました。

P6281092
こちらの茶色い蛾。前翅の長さ3僂曚鼻
こちらは「マイマイガ」で良いと思います。
ちなみに胸のあたりが擦れてハゲています。また髪の話してる。

P6281094

P6281096
こちらはチャームポイントの触角。櫛のような形をしています。
マイマイガはオスとメスで形が異なり、触角もオスは串ひげ状、メスは枝分かれがほとんどない形をしています。

P6281098
お顔。なかなかチャーミングですよね!

なお、幼虫はこちら。多分みなさん見たことがあるはず。
IMGP1340

IMGP1325
毒々しい色彩と虚ろな目(のように見える顔の模様)、正直あまり好みではなかったです。
いかにも毒のある風貌をしていますが、無毒なので触ることができます。毛が少し硬いので、ちくちくしますが。
ただし、孵化したばかりの幼虫には弱いながらも毒があるといわれています。知らない毛虫には触らないようにしましょう。

このぐらいの時期になると幼虫がそろそろ出始め、さらにもう少し経つと成虫が卵を産みます。

P1040754
卵はふわふわの綿に包まれます。
時にマイマイガの大群が一斉に産卵をして、周りがふわふわまみれになりニュースになることがあります。
私も卵掃除をしたことがありますが、デッキブラシでこすり落としてふわふわを回収するというような作業です。高い場所にも産卵することがあるので、作業は大変です・・・


様々な害虫に効果があるサイベーレ。マイマイガをはじめ虫がよく出る場所に散布してみてください。樹木への散布はNGです(農薬を使ってください)

■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
ネタを少し仕入れたので復活!

P5011022
今回のお題はこちら、真ん中にいるオレンジ色です。コバエ代表種といえばこれ??

さて、なんでしょう?

川竹


tojiyan at 15:08|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 虫ムシ日記 

May 29, 2023

れっつごー黒部名水マラソン!

その昔戦争の勝利を報告するためにマラトンからアテナイ(アテネ)まで40kmもの距離を走った兵士が、使命を果たしたあと亡くなってしまったということにちなんだ競技「マラソン」。
人が死ぬ距離をみんなで走るってヤバイよなあっていつも思います。

そう、環境機器、春のマラソン大会として今回は「黒部名水マラソン」に参加しました。
IMG01719_HDR
(影が無いから合成っぽく見える)

富山県黒部市で開催されるこのマラソンは、今回で40回目。
名水マラソンというだけあって、エイドでいただくお水が冷たくておいしい!
IMG01733
しかしこのマラソン大会、「気温が高い」ことでも有名らしく、28度を超える気温となりました。
僕も熱が抜けず、行く先々でのシャワーを浴びながら走ったり歩いたり歩いたりしました。
DSC_0518
DSC_0522
あっづう〜

IMG01735
名水シャワーと扇風機。すずし〜

IMG01726_HDR
ずっとシャワーをかけてくれた通りもありました


IMG_8823
片山社長も思わずコンビニに駆け込む!

DSC_0500
道中には、あのQちゃん(高橋尚子さん)も応援してくれました!

DSC_0501
遠くの山々は雪が見えます。雄大な景色に囲まれて緩やかなコースをひたすすめ!

DSC_0505
DSC_0508
DSC_0513
20kmを超えて少し過ぎたところ、みんなまだ元気?

1
2
足速いチームはみんなで写真を撮る余裕が感じられますね

DSC_0526
沿道の応援も気合が入っております

DSC_0534

30km台後半には海が見えます。
「もう少しで海がみえますよー!」と教えてもらってから、ちっとも海までたどり着かず。海にたどり着いたときには限界・・・

36kmほどでアイスクリームとラーメンが置いてあるエイドがあったのですが、同時に関門が閉まる直前、15!14!13!とカウントダウンが始まっていました。
泣く泣くラーメンは諦め、アイスクリームだけササッと手に持ち何とか関門突破。息を切らしながらアイスを食べました。ぜぇぜぇ。

IMG01739
そんなこんなで自分なりにはかなり頑張ったのですが、40.3kmの関門には間に合わず試合終了!あと2km!

IMG01742_HDR
大人しくドナドナされました。

IMG01743
帰りに金太郎温泉に入り、氷見うどんを食べました。うまい、疲れた体と心にしみる・・・

IMG01745
というわけで、結果的には僕以外の社員11人は全員完走!スゲーナスゴイデス
黒部、いいとこでしたね!

IMG01749
おまけ:上手に焼けました!痛い〜〜泣

川竹




tojiyan at 16:52|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック マラソン部日記 

May 09, 2023

はじめまして2023

今日はこの4月に入社してくれたフレッシュメン2人をご紹介いたします。

ーーーーー
はじめまして、今年から入社しました営業部の坂口(サカグチ)です。
好きな食べ物は肉と野菜、苦手な食べ物はシーフードです。
趣味は『サッカー・スポーツ観戦(サッカー・野球)など』です。旅行も好きで、今度は夏の『札幌・函館・新潟や小倉』なんかに行けたら良いなーと考えています。

さて、早いもので4月3日に入社してあっという間に1ヶ月が過ぎ『大型連休』がやってきました!
ちなみに私は、大型連休中に中学時代の友人と鍋を囲み、積りに積もった話に花を咲かせました。
男どもが集まって作った結果、綺麗さのカケラもない肉ばかりの鍋になりましたがとても美味しかったです。
大学時代には昆虫学を専攻しており、基本的に昆虫は好きな方なので、昆虫に詳しい営業を目指して日々精進しようと思っています。
応援よろしくお願いします!

ーーーーー
初めまして、4月から入社しました営業部の萩原(ハギハラ)です。
今は、虫の事や薬剤の事を覚えたり、先輩の営業に同行させていただいたりと、必死に色々なことを勉強させてもらっています。
毎日の密度が濃いので、1ヶ月があっという間でした。
虫は苦手ではなく、子供の頃はゴキブリも素手で触れていたのですが、環境機器の会社の中で飼っているゴキブリを見たときに気持ち悪くて触れなかったので、自分も大人になったんだな〜と感じました。
趣味は、サッカー・洋画鑑賞・海外ドラマ鑑賞です。マーベル作品が大好きです。最近は漫画にもハマっていて、今は毎週月曜日のワンピースの最新話を楽しみに毎日頑張っています。

まだまだ未熟ですが、一刻も早く会社に貢献できるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ーーーーー
以上、二人の自己紹介でした。
この時期は研修続きで大変そう〜〜と思いながら見守っていますが、愉快な営業マンに育ってくれることを期待しております。


ここで宣伝。6月6〜9日に開催されます「FOOMA JAPAN2023」に出展します。


ずっと力を入れているペストビジョンを中心に、虫退治.COMの紹介もあわせてスタッフが対応しております。
私もブースに立っています。「ビッグサイトで僕と握手!」
お時間ありましたらぜひお越しくださいませー。

川竹

tojiyan at 09:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 26, 2023

春だ!畑だ!山菜だ!

草木も生い茂り、美味しげな今日この頃。
われらが「Semco農園」も山の幸を収穫する時期になりました!

IMG_5038

IMG_5043

IMG_5048
畑を耕し、腹をすかせます。今回は芋とショウガを植えましたよ!


IMG_5018
コゴミ畑で収穫。ちょっと育ちすぎていますが、まだまだ食べごろのコゴミがたくさん!

IMG01649_HDR
天ぷらでいただきました。うめうめ

IMG_5051
でかい肉も食べます。新玉ねぎもホクホクでうま!

todo_extacy
今回は変わり種の肉も少しあり、こちらは「トド」を食べているSくん。エクスタシー・・・
魚の血合い肉のような感じでくせがあります。

IMG01656
以上、まだまだ楽しく畑もやっています!というご報告。

川竹



tojiyan at 19:25|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 21, 2023

憎いあんちくしょう!カツオブシムシ

春もうららな陽気、春眠暁を覚えずzzz

この時期は虫も活気づいてきまして、お家の中でも様々な虫を見る機会が出てくるかと思います。
例えばこちら。おそらく皆さん見たことがあるはず!
IMG01303
自室のきたなーい机の下。足元を温めてくれる電気ヒーターの片隅に「ゴマ粒のような何か」が。

IMGP9378
拡大するとこんな感じ。大きさは3ミリほど。毛むくじゃらですな。
この虫は「ヒメマルカツオブシムシ」という虫です。
動画もありますので見てみてください!

名前の通り鰹節などの乾燥食品を好んで食べます。
羊毛のような衣服の繊維を好むので、セーターなどを食べて穴をあけたりするのもこいつ!とほほ。。

IMGP1601

成虫はこんな感じ。ベースが黒で、白と赤茶色のウロコが複雑な模様を表現しています。このウロコは結構はがれやすいので、ほぼ真っ黒のヒメマルカツオブシムシも存在します。
成虫は花粉などを食べるので、やはり駆除するべきは幼虫ですね。


IMGP7700
こちらはヒメマルカツオブシムシの親戚、ヒメカツオブシムシ。名前が似ていますのでご注意。
ヒメマル〜に比べて、ヒメ〜はエビフライのような長い体をしています。

IMGP0113
成虫はこちら。ヒメマル〜に比べて地味な見た目をしています。胸部の形や触角の先端が太くなっているなどの特徴があります。


対策としては、まず「清掃」です。
食品庫、クローゼット、洋服引き出しなんかは埃も溜まりやすく発生源になりやすいです。
他には、脱衣所、玄関、そのほか各部屋のコーナー部分を中心にお掃除をしてみてください。

薬剤としては、
「ファーストキルN、T」
成虫にも幼虫にも効果があります。いま生息している虫ももちろん、どうしても埃が溜まりやすいようなところに、予防効果も期待して散布できます。
Nは通常噴霧。Tは全量噴霧、広い空間に薬剤を行き渡らせることができます。発生源がよくわからないときに有効です。



「ハイレシス」
ヒメマルカツオブシムシ専用”フェロモントラップです。
メスの匂いを発散し、オス成虫を捕獲できるトラップです。このトラップだけで根絶は難しいので、清掃と他の製品と組み合わせてお使いください。



川竹

tojiyan at 11:04|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 商品(その他ムシ) 

March 23, 2023

新たな命inトイレ

あっ!
という間に春の陽気です。桜も咲き始めましたね!
虫も一気に活動を始めました。

本日は大阪の天満にてレベルアップセミナーでスピーカーをしてきまして、へとへとになり帰ってきました、ゼェゼェ

トイレに入ると2ミリくらいの細長い物体が壁に。
これはもしや・・・!?

IMG01593
真ん中らへんのコーナー部分にいる虫です、おわかりいただけただろうか・・・
拡大して見てみましょう。

P3220313
はい、こちらは「シミ」という虫です。
比較的原始的な昆虫で、生涯羽をもちません。
体はウロコのようなもので覆われており、素早く動くため、英語ではsilver fish(シルバーフィッシュ)と呼ばれます。

乾燥した食品や本を綴じる糊を食べると言われていますが、多少生息していたところで目に見える害になることはないと思います。
駆除しようと思うと、意外と大変な虫です。調査用トラップを敷き詰めるくらいでしょうか。



他にも、お部屋で使いやすい殺虫剤がありますのでお試しください。





■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回はこちら


P4120055
翅に模様が見えます。
これは玄人向けの問題でしたが、「ヌカカ科の1種」です。
口が尖っており、翅の付け根にある脈が目立つような感じに見えるなどの特徴があります。

今回のクイズはネタ集め中なのでおやすみです(^^;)

川竹

tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック