■おしらせ
■四国特別セミナー開催!11月26日
■お役立ち間違いなしのメールマガジン不定期配信中!ご登録はこちらから(環境機器HP内リンク)

November 18, 2019

きときととやま

11月14〜15日にペストロジー富山学会がありました。
富山といえば、そう!

IMG_20191114_192218

IMG_20191114_192133
ハンバーガーだ!!

IMG_20191113_234411
カレーライスだ!
20191115_132140
タコスだ!!!富山とはいったい。

もちろん富山ならではの料理もいただきました。
IMG_20191114_182546
大会の懇親会にて氷見の寒ブリ解体ショー!ウマウマ!

20191114_005535

IMG_20191114_005236
富山ブラックラーメン!初日の4次会にて、とき既に1時。眠いのも仕方ないねzzz


実は仕事もしていました。ブース展示をさせていただきまして、商品をずらりと並べご紹介。
商品が多すぎてレイアウト考えるだけで体力使いました、皆さんペストビジョンステーション型は
触っていただけましたか?
IMG_20191113_150343



IMG_20191114_165236
各講演も興味深い内容がたくさんありました。
五箇先生の密度濃いお話に圧倒されっぱなし。こちらはロックリバーへ遠乗りしそうなスライド。

PB140928
ブライアン先生による講義。同時通訳つきです、通訳しんどそう・・・

IMG_20191114_202837
14日の夜は若手談話会でワイワイ盛り上がりました!みなさん元気過ぎる。

あ、ちなみに僕も口頭発表をさせていただきました。
ハリアリが体内時計ではなく周りが明るいときに飛来するらしいということが、ペストビジョンを
使ったリアルタイムモニタリングで分かりました。という内容でした。
他の種の昆虫でも同じく観察してみたいですね。私、気になります!

川竹

tojiyan at 19:39|PermalinkComments(0) 出張・学会レポート 

November 11, 2019

スーパーラットマン

先日「ジョーカー」という映画を見に行きました。
あのバットマンの宿敵ジョーカーが「アーサーというただの人」から「ジョーカー」になってしまった
経緯を描いた映画でしたが、評判通りの重たいお話でした。
舞台の背景や主人公に何ら超常的な物は無く、誰しもジョーカーに成り得てしまうのだという恐ろしくも
考えさせられる内容でした。 

さて「ジョーカー」の冒頭でごみ回収組合がストライキを起こし
「街中がネズミだらけになっています!スーパーラットだらけです!」
というニュースが報じられていました。
スーパーラットってご存知ですか?スーパーマンのように核爆発に耐えたり、ビルも軽々持ち上げたり...はしませんが、毒餌に耐性を持ったネズミを広く呼称します。
置いた毒餌は減っているのに、ネズミは減らない。困ったな。というケースが度々報告されています。
IMG_1947

スーパーラット対策として、またスーパーラットを生み出さないようにするためにも、毒餌だけでなく
物理的な防除と組み合わせる必要があります。

日本で主に使用される「粘着板」、少しの工夫で捕獲効率がアップするかもしれません


また、現場に普段からあるものを粘着板にしてしまう「スパイダージェル」もオススメです
 
 
ネズミの侵入経路にを塞ぐのに、ただのパテでは突破されてしまうことが多いです。
ネズミの侵入防止に特化したマウスストップをお試しください。
 

ではどうやってネズミの侵入経路を見つけるのか。
ハイクカムなどのセンサーカメラで動画をチェック、行動が観察できます。
 

ネズミの侵入を逃さない、さらに高精度なモニタリングカメラ。ペストビジョンR型も要チェックです!
 



他にもネズミ商材たくさんございますので、ぜひご相談ください。

川竹 

tojiyan at 09:31|PermalinkComments(0) 商品(ネズミ、ほか動物) 

October 29, 2019

もふもふできない毛虫

久しぶりの更新になってしまいました。なんと入院したり体調悪かったりでドタバタしてました!
ほぼ回復しましたが、もう、まいっちんぐ!です。
一方、アメリカから帰ってきた前田さんは、ミッドウェーパワーを受けたからか毎日活き活きと
しています。タコス美味しそうだったなあ><

さて、現在各地を回ってレベルアップセミナーを開催させていただいてます。
今日は福岡セミナーです。僕もヘルプで会場に行きますので、九州の皆さま、
よろしくお願いいたします!


ここ最近問い合わせが増えてきたタケノホソクロバ(幼虫)
DSD 6044 (26048963655) cropped
WIKIMEDIAより 
 
オレンジ味のある体にもっさりとした盛り上がりのある黒い点が並び、細い毛が生えた毛虫です。
触れるとかぶれるため取り扱いに気をつけてください。
この毛虫は笹を食べることで知られていますが、餌場から移動して家屋の壁に集団で見られるため、
問い合わせが多くなっていると思われます。

その場にいる毛虫を駆除するには「ケムシがコロリ」や
 

庭木や樹木にいるヤツには「農薬」認定の薬剤を使ってください。
 

広域に毛虫が出現する場合は、サイベーレを散布して通りかかった毛虫を駆除(壁面や建屋周りに散布)


そのほか毛虫系に関しては「虫知識.com」にもまとめられています、参考にどうぞ!
 


川竹 

tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0) 商品(その他ムシ) 

October 22, 2019

海外出張記:世界の動向と弊社の現在地

みなさまお久しぶりです、前担当者の前田でございます。
今年の8月から虫退治本店ブログを新たに担当させていただいておりますが、
本日は特別にこちらへ戻って来させていただきました。
そんな今回は、先週実施された海外出張の様子をお届けしたいと思います。
道中のよもやま話ばかりですが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

【舞台はサンディエゴ】
PA170086 (640x480)



























さて、今回の海外出張の目的は毎年アメリカで開催されるPest Worldに参加することです。
このイベントでは世界各国から害虫駆除業者、防除資材商社、そして薬剤メーカーなどが
一挙に集まり、大規模な展示会やセミナー、シンポジウムが開かれます。
つまり、世界の駆除業界の動向や新商品の有無を探る上で大切な情報収集の場となります。

図1 (640x473)



























なお、開催都市は毎年異なり、今年はカリフォルニア州のサンディエゴが会場となりました。
大雑把に言えば西海岸でメキシコとの国境付近、具体的には上の地図の通りです。
アクセスについては私の場合、サンフランシスコ空港で一度乗り継ぐという方式でした。

IMG_1905 (640x480)



























そして今回は営業部より小林リーダー、開発部より前田の2名が派遣メンバーに選出されました。
サンフランシスコ空港で合流、サンディエゴ空港の外で現地の方に写真を撮っていただき
まずは社内へ無事到着したことを報告。
この後タクシーでホテルへ移動、荷物を降ろした後は情報収集を兼ねて散策へ出ることに。

IMG_1921 (640x480)



























散策の途中、小林リーダーの発案により立ち寄ったタコスのお店。
メニュー表には英単語がびっしり、おまけにオーダーのシステムもよく分かりません。
そこで「タコスを食べたいのですが種類が多くて選べません。お勧めはありますか?」と
店員さんへ質問し、指さしていただいたものを注文。
大変美味しく、また親切に対応して下さった店員さんの笑顔も忘れられませんでした。

IMG_1929 (640x480)



























夕方には片山社長夫婦、野藤さんとも合流、初日の食事会に連れて行っていただきました。
その途中に道路で見つけたのはワモンゴキブリの幼虫、カメラを構えたまま追いかけましたが
ピットの中へ逃げ込まれてしまいました。
その後も屋外で見かけるのはワモンゴキブリばかりで、クロゴキブリの姿はありませんでした。


【弊社の出張は朝練から】
Image from iOS (1) (640x480)



























ところで、弊社の独特な文化の1つとして上位に上げられるマラソン部。
滞在中も何かの合宿よろしく毎朝10キロ前後の朝練からスタートします。
日頃の練習不足が祟りながらも、からりと晴れた空の下、潮風に吹かれながら
海沿いを走ることは大変気持ちの良いものでした。

IMG_1936 (640x480)



























その道中で見られるのが道端に置かれたネズミ用のベイトステーション(毒餌を入れておく箱)。
ここアメリカでは珍しいものではなく、毒餌の配置・点検の日時や緊急連絡先が書かれたメモも
添えられているなど管理もしっかりされています。
勿論、全て海外に倣えば良いというものではありませんが、例えば日本でも畜舎・鶏舎の外周で
毒餌を配置する場合には大いに活用できると思います。
弊社でもベイトステーションは各種取り扱っておりますので、検討中の方は是非ご相談下さい。


【会場の展示内容は例年通り】
PA170085 (640x480)



























いよいよ本題に移ります、今回の出張における最大の目的、企業展示ブースの訪問です。
受付で入場券を受け取ったのち、片っ端からブースを回り、どんな商品があるかをチェック。
質問の受け答えは全て英語なので相当厳しい対応となりますが、同じ分野であることは救い。
質問の仕方を変えるなどして乗り切ります。

PA170203 (640x480)



























写真はブロック状に固められたネズミの毒餌で、恐らく毎年展示されていると思います。
このあたりは品揃えがさほど変わってないなぁというのが率直なところです。

PA170125 (640x480)



























こちらは害鳥対策に利用されるスパイクで、デザインにはメーカーごとの差異がありますが、
原理的には大きく変わりません。
他のブースに関しても毎年展示されているとの報告がある、または似たり寄ったりなものが
展示されていることが多く、不遜な言い方ながらも各メーカーともに次の一手を打つことに
苦労している様子が伺えました。


【害虫駆除業界にも迫るIotの波】
PA170124 (640x480)



























そんな中で目を引いたのが「モノをインターネットに繋ぐ」Iot技術を駆使した商品です。
例えば写真の圧殺式トラップの場合、罠が作動すればインターネットを経由して管理者へ
「罠が作動した=ネズミが捕殺された」という情報を知らせてくれます。
通信の仕組みが異なるものの同じような商品は他にも見られ、「点検の手間を省略」や
「即時対応が可能」という点で管理の効率化・精度向上に貢献するのは間違いないでしょう。
そしてこれらの展示は今後も世界の害虫駆除業界において、Iot技術を生かした商品開発が
ますます過熱・加速していくであろうことを確信させるものでした。


【弊社だって負けてはいない技術開発】
図3 (640x358)





















このような世界の技術進歩を目の当たりにし、大いにプレッシャーを感じた出張になりましたが、
しかし圧倒されてばかりでもありません。
弊社もまた同様に、Iot技術およびAIを駆使した害虫管理システム「ペストビジョン」について
これまで開発を進めてまいりました。
目下、捕虫紙に捕獲された飛翔昆虫の自動カウント・自動同定を行う「ペストビジョンS型」、
そしてカメラで撮影した映像をAIで解析し、ネズミの有無を完全自動かつ高速で判定する
「ペストビジョンR型」がロールアウトしています。
手前味噌で恐縮ですが、それでも弊社が自信を持って開発してきたこれら開発商品について
今後ともどうぞご期待いただければと思います、よろしくお願いいたします。


【昆虫食も最先端?】
PA180326 (640x480)



























なお、当ブログ担当者の川竹君も昆虫食については最先端を行っているのではと思います。
今回の会場で展示されていた食用コオロギ程度では足りず、機会を見つけては様々な食材に
チャレンジしております(多少閲覧注意ですが、例えば以下の記事など)。
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2019-10-03.html
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2019-08-06.html
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2019-03-20.html
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2018-11-13.html
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2018-08-10.html
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2018-07-12.html
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2018-06-06.html

彼の昆虫食に対する飽くなき探求心についてもまた、ご期待いただければ幸いです。


前田


tojiyan at 17:30|PermalinkComments(0) 出張・学会レポート 

October 03, 2019

虫食べたり飲んだり塗ったり

最近真面目な記事ばかりだったので、この辺でみなさんお待ちかねであろう、虫食べるやつをば。
一度こういうキャラが立ってしまうと、自分から動かずとも周りの方からネタをいただけるので
とても有り難いですね!笑泣

■ コオロギのトマトカレー
「枚方で売ってたよ」とお土産にもらったコオロギカレー

IMG_20190808_123359

IMG_20190808_123901
中身は変哲もないレトルトカレーですね、脚が見えている気がしますが。

IMG_20190808_123933
かき分けると、コオロギが!ぷりぷりとしたお腹の食感、少し歯ごたえのある脚。
若干これらの食感が喧嘩してましたが、カレーとしてはまあまあ美味しい。
レトルト感があったので、できたてはもっと美味しいんだろうなあ


■ コオロギOTSUMAMI
「咲くやこの花館で売ってたよー」とお土産に頂いたスナック
IMG_20191003_093602

IMG_20191003_093629
コオロギのスナックです。味は4種類あったとか。カナダ産コオロギですね、カナダではコオロギを
パウダー状に加工してプロテイン用途で販売しているというニュースを聞きました。

IMG_20191003_093729
中身です。一見何か分からない謎の塊が出てきますが、よく見るとコオロギの胴体です。
こちらはカレー味ですので、まずカレー粉の美味しさが口に広がります。その後に皆さんご存知の
乾燥コオロギのあの味が広がります。ビールやウィスキーなど、たしかに酒のツマミに良いかも。


■ タガメサイダー
わざわざこのためだけに、大阪アメリカ村にあるビレバンで購入してきました。
中身は無色透明の液体、プシュッと開けた瞬間青りんごの心地よいフレーバーが周囲をつつみます。

IMG_20191003_104530

IMG_20191003_104616
「タガメエキス(砂糖、塩漬けタガメ)」というパワーワード。
口当たりは爽やかで、まさしく青りんごのような感じ。あとから鼻に抜ける感じが、少し葉っぱの
えぐ味を感じるので好みが人によって分かれそう。
昆虫食で有名な「TAKEO」さんの実店舗ではさらに濃厚な「めっちゃタガメサイダー」が実食できる
ようです。これは気になりますね!


■ カタツムリの美容パック
「韓国のお土産、らしいよ」と恐る恐る渡されたモノ。おそらく女性事務員さんの間で回り回って
僕の元にたどり着いたのでしょう。。

IMG_20191001_152739
ハングルはさっぱりですが、大きく描かれたカタツムリと「Snail」がすごくアピールしてきます。
初めての美容パックがカタツムリになってしまいましたが、早速家に帰って実践しました。
まず洗顔をして中に入ったドロドロの顔面パックをピタリ・・・。

IMG_20191001_225935
Oh..閲覧注意です(遅い)

20分くらい付けたままにしてました。終わって顔を洗うと・・・おお!肌がぷるぷるになっている!
・・・気がする。
カタツムリのネバネバが良いのでしょうか、そのまま顔面を這わせるのはやめた方が良さそうです。


以上、最近仕入れた虫ネタでした。
IMG_20190912_085045
おまけ。今年も仕込まれた鮒寿し。楽しみです!

川竹

tojiyan at 11:13|PermalinkComments(0) 虫ムシ日記 

September 26, 2019

ペストビジョンの講演アップされました

AWSのペストビジョンについてのスピーチがアップされました。



「AI/ML を活用し、害虫・ネズミと戦うIoTソリューション 〜害虫駆除業界のゲームチェンジャー〜」

ペストビジョンはアマゾンウェブサービス(AWS)のサービスを利用して構成されています。
皆さんがお買い物される、あのアマゾンです。
僕もほとんど分かってないのですが、AWSは様々なクラウドベースのサービスを提供してくれています。
手組みパソコンをインターネット上に作っちゃうような感じでしょうか。違う??

AWSを利用することで、セキュリティ面や物理的な事故などにとっても強くなっています。
要するに、いつでも安全にお使いいただけます!ということです。

(うーん、システムの話はむずかしいっ!)

ペストビジョン紹介動画


川竹

tojiyan at 17:22|PermalinkComments(0) 商品情報 

September 24, 2019

フードセーフティジャパン2019でした

遅くなりましたが、東京ビッグサイト青海展示棟で開催されました
「フードセーフティジャパン2019」無事終了いたしました!

Image from iOS (8)

Image from iOS (10)

IMG_20190911_095514

IMG_20190911_102935
(フライヘルチームのインテリアが回を増す毎に増えていく!)

「ペストビジョン」と「フライヘル」をメインでご紹介させていただきました。
お忙しい中お越しいただきましてありがとうございました!



さてセミナー情報です。
年二回の「レベルアップセミナー」の日程と内容がホームページに掲載されました。



最新商品の情報を大公開いたします。今回は広島でも開催しますよ!
是非お時間みつけてお越しください!

川竹

tojiyan at 18:44|PermalinkComments(0) 出張・学会レポート | 弊社セミナー情報

September 13, 2019

ベッドバグ!

 朝起きると体がかゆい、壁に赤黒いポツポツとしたシミができている。もしかしてトコジラミ?

先日お客様からトコジラミの検体を頂きました。

P9130129
胸部に張り出したウチワと、腹部の付け根にある申し訳程度の翅の痕が特徴的です。

P9130129 (2)
顔拡大。全身を毛が覆っています。胸部のウチワが広く張り出し、毛が垂直ではなく後方に
ながれていれば、トコジラミCimex lectulariusの可能性が高いです。
最近ではネッタイトコジラミも出てきているようで、ネッタイの方はウチワがやや小さく
毛が垂直に伸びるのが特徴です。

P9130111
トコジラミの交尾は、オスがメスの脇腹に生殖器をブスリと刺すことで成立します。痛そう...

Traumatic_insemination_1_edit1
Wikimediaより

トコジラミは潜伏能力が高く、プロの目をもってしても中々探しきれないため厄介な虫です。
対処法としては、

薬剤散布:トコジラミは衛生害虫のため、対象種にトコジラミと書かれた薬剤のみ使用可能です。
薬剤はサフロチンMCがオススメ。MC=マイクロカプセルが薬剤の持続性を長持ちさせ、
しつこいトコジラミを確実に駆除していきます。

トラップ:設置場所にセンスが要るので、結果が出ないことも多いトラップ。できるだけ効果の高い
トラップを設置して確実な駆除を!


「BBトラップクリア」の紹介記事です。
トコジラミの生態や行動を考えて設計されています。

凍殺

「クライオナイト」で狭い隙間に潜り込んだトコジラミも凍らせてしまいましょう。
シミなど痕残りも少なく施工できます。


施工の後は、現場のトコジラミを持ち帰らないように最新の注意を払いましょう。
電車やその日のホテルなどにトコジラミを置いていくと、さらに被害を広げてしまうことになります。
トコジラミを気にして電車に乗りたくない!><


川竹

tojiyan at 16:30|PermalinkComments(0) 商品(その他ムシ) | 同定知識

September 04, 2019

展示会はじまります!

日曜日に新しく始まった仮面ライダーを見ていたら、なかやまきんに君(腹筋崩壊太郎)が
怪人になって人々を襲いはじめました。しかしこの怪人、なんと既に絶滅した昆虫の化石種
Kujiberotha teruyukiiをモチーフにしたそうです。なんてマニアックな...。
種小名の「テルユキイ」は香川照之氏に由来しているようです。
最後は(原点回帰で)バッタの力でライダーキックしてましたし、いよいよ昆虫ムーブメントきてますね!
今後はゼロワンといえば仮面ライダーか、キカイダーかで世代が割れそうです汗
テレビでは悪い虫怪人をキックでやっつけていましたが、現実では殺虫剤でやっつけましょう。


さて、この度展示会に出展いたします!
9月11〜13日に東京ビッグサイト青海展示棟にて開催されます「フードセーフティジャパン2019」に
ブース出展予定です。
ビッグサイトの本棟ではなくお隣の東京テレポート駅近くの青海展示棟です。お間違えの無いよう。



ブース番号はG1-22です。ペストビジョンやフライヘルを中心に、商品紹介をさせていただきます。
気になる方は、是非お時間みつけてブースまでお越しください!

去年のフードセーフティジャパン記事です


川竹

tojiyan at 10:44|PermalinkComments(0) 虫ムシ日記 

August 23, 2019

新たなるサイベーレ

お盆も過ぎて皆様いかがお過ごしでしょう。僕は実家に戻り地元の友だちと遊んだりして忙しい日々でした。

さて、この度本店と楽天ショップに新しく商品を追加致しました!



皆さん定番?サイベーレ。これまで希釈して散布する液剤タイプだったのを、新たにエアゾール
スプレーにしてみました!というものです。



サイベーレドライエアゾールについて、パッケージでお馴染みのユニコーンくんに紹介して
もらいましょう。

unicorn

ヒヒン!ユニコーンです。ご愛用頂いている「サイベーレ」がスプレーになりました!




01251053_5c4a6c351a232
サイベーレとは...
水で希釈して散布する、不快害虫用のピレスロイド系殺虫剤です。
ムカデ、ゲジ、カメムシ、アリなどなど、種類を選ばず幅広い虫種に効果のある「万能薬」です。
玄関周りや倉庫出入り口、壁面、外周でお使いいただけます。

unicorn

窓の周りや自動ドアなど、液剤で濡らすことができないような場所で
使って頂けるのが「サイベーレドライエアゾール」です!ヒヒン!


P3280006
窓ガラスへの噴射実験

P3190051
うーん、痕残りなくキレイですね。社内の窓数カ所で噴霧して、社員の皆さんに
どこで噴霧したかわかりましたか?と尋ねても誰も気づかず。

unicorn

窓へのベタつきや痕残りも気にせず使えますね!


Image from iOS
こちら画用紙にスプレーを吹き付けた様子。
左半分がゴキブリ用のエアゾールで、右半分が「サイベーレドライエアゾール」です。
左が黒く濡れているのに対して、右は元の画用紙のままです。
unicorn

アルコールベースのエアゾールなので、噴霧してもすぐに乾きます!


かたむけ
水平にしても噴射できます。
unicorn

不安定な姿勢や奥まった場所でも使いやすい!


hisyo
hisyo2

haikai
haikai2


unicorn

もちろん効果もバッチリです!ヒヒン!


unicorn

家の周りはサイベーレ、濡らしたくない窓や自動扉、奥まった戸袋の中などには
サイベーレドライエアゾールがおすすめです!ヒヒン!


商品画像_サイベーレエアゾール
当商品は現在のところ試験的に、数量限定で販売させていただいております。
使ってみたい!という方、お急ぎ下さいませ!


お盆の間にお台場にも行きましたが、実物大ユニコーンガンダム撮影するのを忘れていました。

川竹

tojiyan at 17:36|PermalinkComments(0) 商品(その他ムシ)