■おしらせ
6月開催「PCO・TCO基礎セミナー」
@大阪、福岡、東京、名古屋(予定)

June 18, 2018

地震

◆◇◆
この度本社の高槻市をはじめ北大阪方面で強い地震がありました。
その影響により商品の出荷が一部できない状況になっています。
翌日以降随時出荷できるように手配しておりますが、
お客様にはご不便をおかけしてしまい申し訳ございません。
◆◇◆

ぼーっとした頭を覚まして、さあ出勤だ。
という矢先、ガガガガ!と大きな音と共に高槻市を地震が襲いました
結果的にモノがたくさん倒れた程度の被害でしたが、初めて体験する大きな揺れに
「うおおおお!」と独りで唸ってしまいました。
しばらくして火災報知器が鳴ったため、通帳やら大事な物やらペットのインコやらを連れて
マンションの外へ。
最上階で警報&スプリンクラーが作動しているようですが、煙も出ていないようでおそらく誤作動。
安全を確認した上で、出勤。

道すがら緊急車両が行き交い、ヘリコプターも飛んでいる。
餃子のあの店も壁面が崩れていて危ない。

会社の方でも物が倒れたりガラスが割れたりする被害があったようで、慌ただしい状況でした。
幸い全員無事でしたが、電車に閉じ込められていた人もいたようで大変な様子。

Image from iOS
電車から降りて駅まで歩く人々

DSC_1537
コンビニも当然品薄。


本当は「大阪ヒアリ侵入」ネタで記事を書こうと思っていましたが、突然の災害に驚くばかりです。
近隣の皆様のご無事を願っております。

災害は前触れもなく突然やってきます。備えあればうれしいな。


明日は博多で基礎セミナー初講師です。こんなタイミングで地震やめてー!


川竹


tojiyan at 13:39|PermalinkComments(0) 虫ムシ日記 

June 11, 2018

ペストビジョンonテレビジョン

この日曜日は小雨が降っていたので、ヒトリカラオケ5時間を敢行していた川竹です。
まだ歌い足りませんね^皿^

先週の金曜日、開発中のペストビジョンがTV放映されました。
テレビ朝日のスーパーJチャンネルの害獣駆除特集にて、
防除研究所の梅木社長づてにご紹介いただきました!
残念ながら関西では放映されず、関東圏のみの放送だったようです。


もうひとつペストビジョンの宣伝。
弊社講演予定のAWSサミット、すでに参加申し込みは終了していますが、
会場に行かずとも講演を観ることが出来る「ライブストリーミング配信」の案内がきました。
事前に申し込む方が良いようです。お申込みはこちらから。
16:00〜16:40
「AI/ML を活用し、害虫・ネズミと戦う IoT ソリューション 
 〜害虫駆除業界のゲームチェンジャー〜」
環境機器株式会社 片山 淳一郎
を是非チェックしてください!
 
カメラPIC
開発中のモノですが、ネズミカメラくん。
あなたの代わりに現場で目を光らせてネズミの出現を報告いたしますっ!

2018年6月19日追記
地震の影響により、予定されていたAWSサミットが中止になりました。
片山の講演も残念ながら無くなりました。
また発表の予定など出来ましたらアナウンスさせていただきます。

tojiyan at 10:55|PermalinkComments(0) 商品情報 

June 06, 2018

カブトムシかじり虫

先日お客様との会議の途中で食用カブトムシの話になりました(なぜ!?)

タレントのイモトがカブトムシをバリバリたべて「虫の中で一番くさい!」と言っていましたが、
果たして実際はどうなのか。百聞は一見にしかず、さらに一食にしかず。
通販のちからでどこからでも色んなものが買える今日このごろ。
ならば実際にやってみよう!ということで、Amazonでポチりました。

ここからは虫食いレビューになりますので、苦手な方はご注意ください。





Image uploaded from iOS
来ました。原材料「カブトムシ、塩」以上。ちゃんと賞味期限も書いてあります。
なぜか全部メスですね。

iOS からアップロードされた画像
塩でどうしたものかは分かりませんが、封を開けるとすでにくさい・・・
(二重包装されているにもかかわらず!)

Image uploaded from iOS (1)
食べました。
・・・くっさい。簡単に言うと土臭い。どことなく甲殻類の風味もありますが、ただただくさい。
以前ゲンゴロウを食べたこともあるのですが、そっちは程よい香りで美味しく頂けました。
カブトムシはテンションの下がる味、食べた社員は口々にくさい、まずい、とゲンナリ。
テレビのリアクションはあながち大げさなものでは無かったようです。
次はもう少し美味しい虫を食べたいですね。



読者の大半が引き返したであろうタイミングで宣伝です。
この度弊社はAWSサミット大阪で講演させていただきます。
(現在すでに参加申し込みは終了しているようです。)
AWSとはAmazon Web Servicesのことで、通販のAmazonがてがけるウェブクラウドサービスの事例やテクニックなどをお披露目する講演会です。
現在Pest-Visionという、捕虫器やネズミを24時間監視して、虫の増加やネズミの出現を自動で知らせてくれるサービスを開発中です。
このサービスのAIなどでAWSを利用しています。
これによって虫の同定作業やネズミの定期点検にかかる時間を節約でき、空いた時間でよりレベルの高い施工や報告書を提供できたり、他の業務に時間を充てることもできます。
今後の開発に乞うご期待!

tojiyan at 16:43|PermalinkComments(0) 虫ムシ日記 

May 31, 2018

ヒメマキムシのカビ毒

たまにはアカデミックなお話を?

先日こんな論文を見つけました。

食菌性昆虫ヒメマキムシ(Latridiidae)から分離されたカビとその潜在的マイコトキシン産生能

論文は英語で書かれていますが、抄録は日本語なので内容もバッチリですね。
(本文も読もうね、という天の声が・・・)

要約すると、現場のヒメマキムシに付着していたカビを調べたところ、
アオカビ類が9割、コウジカビ類とクロカビ類が1割を占めていました。
検出されたアオカビ類とコウジカビ類からはカビ毒が検出されました。とのこと。

ヒメマキムシは食菌性の微小な甲虫です。論文のPDFを見ていただくとカワイイ写真が載っています。
生息環境はエサとなるカビが豊富な環境なので、当然体表にカビが付着します。

ヒメマキムシの移動能力はさほど高くありませんが、それでもカビを運びさらにカビ毒を拡散させる
危険性のある昆虫だとわかります。
イエバエなどのハエも、研究の結果大腸菌群の運び屋であることもわかっているため、
虫を防除することはこれらの汚染源の侵入・拡散を防ぐことにもつながるのですね。

うーん、たまには論文もチェックせねば。


コワイのはカビだけではない!ウィルスや細菌の対策にも、クレベリンS100

川竹

tojiyan at 19:00|PermalinkComments(0) 虫ムシ日記 

May 21, 2018

調子の悪い噴霧器くん

先日噴霧器に不具合があるということで、弊社噴霧器のプロのひとり田之江さんに
調査をお願いしました。

IMG_20180518_101547
水を噴射してみると、ブバババババと歯切れが悪い様子。

IMG_20180518_101559
タンクを倒すと通常通りの噴射になりました。

IMG_20180518_101458
もう目星がついたようで、タンクにつながるチューブを外してみると

IMG_20180518_101702
ココ!
白い部品に亀裂が入っていました。
本来は液体だけを吸い上げるのですが、この亀裂から空気も一緒に取り込んでしまうために
空気混じりのブバババ噴射になってしまっていたようです。
なるほど勉強になりました!

弊社では出荷前に噴霧器の動作確認を行っておりますが、
極稀にこのようなパーツ不備が発生しご迷惑をおかけしてしまうおそれがあります。
故障かな?と思ったら一度弊社までご相談ください。


ついでによくお問い合わせでいただく問題が、
「噴霧器のハンドル部分から空気が漏れてシューシュー音がする。圧力が貯まらない!」というもの。
IMG_20180521_105223

IMG_20180521_105412
ハンドルの下の黒いキャップと黄色の本体の間に隙間が出来てしまうと、
圧力が隙間から逃げてしまいます。

ハンドル部分をもう一度しっかりと締め直していただければ、空気漏れは止まります。


長年使用していると各パーツに劣化が生じたり、ノズルが詰まったりする可能性もございます。
使用後はタンク内の水洗い、ノズルに残った薬剤を水噴霧によって洗い出す、
ノズル先端を分解して洗って目詰まりを予防。
こういった日々のお手入れで、是非末永くご愛用いただければ幸いでございます。


液体から粉まで、噴霧器シリーズ

川竹

tojiyan at 11:26|PermalinkComments(0) 商品(噴霧器など) 

May 14, 2018

MUSHIのMusic

先週音楽の話題を書いたので、引き続き音楽の話し。

僕は大学院でミバエの求愛行動について研究していました。
実&ハエでミバエ、英語で言うとフルーツフライです。
研究対象種はインドネシアのマンゴーやスターフルーツを加害する重要な種で、
研究の合間に僕も毎日マンゴーなどのフルーツを食べていました。ああまた食べたい!

ミバエの中にはオスが翅を手旗信号のように動かしてメスにアピールする種がいたり、
翅を震わせて歌をうたう?種もいます。僕の研究対象はどうも手旗信号をしない種のようでした。

ちなみに彼らの歌はこんな感じ。

図3
図2
図1
蚊が耳元を通ったときの音を想像していただいて、
プップップップ
ブーーーーーーーー
プププププププププププ
など状況に応じてリズムを変えて歌います。おもしろい。
ミバエを飼っていると、どうも限られたオスが他のオスよりモテる(交尾が成功する)ようで。
きっと歌の上手なオスはモテるのでしょう。
果たして人間は・・・?


イエバエなど大きなハエの捕獲に効果てきめん!「フライマグネット

川竹

tojiyan at 11:11|PermalinkComments(0) 虫ムシ日記 

May 07, 2018

音楽はいいぞ

弊社はカレンダー通りのゴールデンウィークを頂いておりました。
連休のうちの2日間、2つのコンサートに行きました。

FB_IMG_1525656403259
5月4日(金)は東日本大震災のチャリティーコンサート。
なんと、同じ開発部の田之江さんがトランペットを演奏しました!
楽器ができるのはカッコよくて羨ましいです。
第一部は石巻の子どもたちの合唱がありました。
ちょうど僕が座っていた座席が合唱隊の親御さん席の真ん前で、後ろからすすり泣く声が聞こえました。
震災から今日までたいへん苦労されたんだろうなあ、と思うとこっちまで目頭が熱く・・・
第二部はクラシックの有名所4曲。テンポのいい激しい曲が続いたからか、演奏者の顔が険しかったです^^;


IMG_20180505_152724
翌日土曜日はアニソンオペラコンサート
このブログのレジェンド、川端さんのご親戚が出演されるとのことで行ってきました。
曲目がマニアックすぎる!(褒め言葉)
ほとんどの曲でコスプレがあり、寸劇もありと、楽しい時間を過ごしました。
個人的に「宝島」の男声合唱と「天才ドロンボー」の歌とコスチュームがメチャ良かったです!
名探偵ホームズの曲は名曲of名曲なので、ご存じない方は一度聴いてみてください。

20180505_165055
最後はドラゴンボールのキャラクターたちが「カバトットのサンバ」を歌っておわり。
いや普通鉄腕アトムとかでしょ、またニッチな(笑)


昆虫も音を使ってコミュニケーションをとる種が多くいます。
スズムシやコオロギなどのバッタ系から、蚊やハエも羽音を利用しています。
振動まで含めるとアブラムシやカミキリムシなど甲虫類、シロアリなどなど、多岐に亘ります。
求愛行動にリズムのある音を聴く虫たちは、それを心地よいと思うのでしょうか。
一度訊いてみたいものです。

きれいな音で鳴く虫も家に入ってくるのは勘弁!「サイベーレ」で侵入防止!

川竹

tojiyan at 11:55|PermalinkComments(0)

May 01, 2018

騙し騙されガガンボ

連休は実家の名古屋に帰省してのんびりしていました。
虫屋さんなので「キセイ」って打つと「寄生」が一番に出ます。


さて、「こんな虫がいたよー」と教えてもらった下の子。みなさん何の虫かわかりますか?
IMG_20180501_101733

まず翅が2枚、平均棍(翅の下側にある、先端が膨らんだ小さな棒)が2本なので、ハエ(双翅目)の仲間です。
双翅目は触角の節がたくさんあるか、少ないかでグループが分かれるのですが、いわゆるハエっぽいか、蚊っぽいかの違いです。この子は糸状の触角なので長角亜目(蚊っぽいグループ)です。
あとは翅の脈に中室があったり、異様に脚が長かったりする点などなど・・から
ガガンボ科
です。
ガガンボは大きく目立つ種も多く、この写真の子は脚を伸ばすと手のひらサイズ以上になります。
時に「吸血するのでは!?」と恐れられたりしますが、血は吸いません。
何も食べないか、水や花の蜜をエサにしているようです。

ヒトへの被害はほぼありませんが、強いて言えば体が非常に脆いために折れた足先などが異物として製品に混入してしまう危険性があげられます。
ガガンボの標本づくりは難しく、慎重に作っていてもすぐに脚がポロポロと取れてしまいます。脚が長いので標本箱のスペースも取りますし、あまり気乗りのしない虫です。

現場レベルでは足の長い蚊っぽい虫を見たら「ガガンボですね」でおわりですが、ガガンボっぽい虫には実は様々な「科」が含まれるので、安易に「ガガンボ科」と言えないのがコワイところ。
僕も詳しくないので割愛しまくりますが、冬場によく見られる「ガガンボダマシ科」を紹介します。

ガガンボダマシ

捕虫紙に捕まったガガンボダマシ。見た目はTHEガガンボですね。

ガガンボダマシ翅
前翅を拡大。翅の脈は虫の分類を知るための情報が詰まっています。
ガガンボダマシとガガンボを分けるのは、赤い矢印の脈「臀脈でんみゃく」です。
脈にもそれぞれ名前が付いているのです!ひええ
この脈が写真のように折れ曲がっていたらガガンボダマシ、まっすぐ伸びるようであればガガンボ!
…と思っていただければ大丈夫です。

ちなみに「ガガンボモドキ」という虫も存在するので、たまにごっちゃになる時があります。
ガガンボモドキはハエではなくシリアゲムシの仲間。
遺伝的に遠い虫が同じ様な形になるのはとても興味深いですね!

今日から使える虫トリビア、飲み会の席などでぜひご披露ください。
(何言ってんだこいつ、という目で見られます)

川竹

tojiyan at 12:09|PermalinkComments(0) 虫ムシ日記 | 同定知識

April 24, 2018

扉の隙間、心の隙間?

とある試験のため、実験室にハエを飛ばして一晩放置していました。
部屋の扉には、外にハエが出ていかないようにシールを貼っていました。

P4240005
扉の隙間。床面から約1cmほどはあるでしょうか?

放牧していたハエはショウジョウバエで、体長2mmほど。
つまりショウジョウバエくんたちにとって自分たちの5倍ほどの大きさの隙間が空いているのです。
(体長は頭からお尻までなので、体の「厚み」で考えるとさらに隙間との差が大きくなります!)

人間サイズで言うと、8mの隙間が有りながら「扉閉まってるから入れないよね!」と言われるようなものです。

ドアの隙間に貼ったシールに捕まっていた虫たち。

P4240011
ショウジョウバエくん。目玉が赤く、同定もラクラクですね。


P4240009
タカラダニちゃん。脚先が丸い赤いダニならタカラダニです。
部屋は2階なのですが、見事に侵入していました。
おそらく屋上で発生した個体が窓越しに侵入したのでしょう。

侵入拡散防止として「ドアの開け閉めを少なくする」というのは基本ですが、それでも虫にとってはカンタンに侵入できてしまう隙間が生じてしまいます。

「あなたの扉の隙間、お埋めします・・・ドーーン!!」
ではありませんが、
扉の隙間埋めにはブラシやシールテープなどで対応(ホームセンターで色々売っていますね)。
それでも侵入してくる虫は捕虫器などで捕まえてしまいましょう!


大きいものから小さいものまで色々あります、捕虫器

昔ながらのハエ取りリボン、電源いらず簡単設置で捕獲力ばっちり「粘着式ハエ取り吊るすだけ

川竹

tojiyan at 10:32|PermalinkComments(0) 虫ムシ日記 

April 16, 2018

交信かく乱ってなに?

先週大阪、名古屋、東京にて開催致しました「フェロモンセミナー」、おかげさまで大盛況の中無事に終えることが出来ました!

Image uploaded from iOS (1)

私は3会場すべてにお供させていただきました。3日間とも通訳をしていただいた足立さん、お疲れ様でした!

今回のセミナー内容はフェロモンについて。
昆虫などが遠くの異性に対してアピールするときに出すのが「性フェロモン」です。

例えばノシメマダラメイガ用のフェロモンルアーをみると、粘着にフェロモンを放出する部品を取り付けて誘引されてきたオスのメイガを捕獲する。という仕組みになっています。
これがフェロモントラップ


さて、フェロモンを用いた別の防虫手法が取り入れられつつあります。
今回のメインテーマでもありました「交信かく乱」です。
交信かく乱…どういう意味?英語で言うとMating Disruption、「交尾を混乱させ失敗させる」ことを目的とします。

P3150108
例えばノシメマダラメイガ用の交信かく乱剤「サイデトラックIMM」。
IMMはIndianMealMothの頭文字です。
製品はゴム板状です。フェロモンが含浸されており、じんわりじんわりと空気中に放出されます。
フェロモントラップと異なり、粘着板が見当たりません。

交信かく乱剤は誘引されてきたオスを捕獲するものではなく、オスをメスのもとへ寄せないように邪魔をして交尾させないことを目的とした製品です。
製品を部屋のあちこちにつけることで、本来メスが放出したフェロモンを打ち消し位置を特定させない効果をもちます。
香水が漂う東京ドームの真ん中で目隠しをされて、同じ種類の香水をつけたお姉さんを探せ!と言われるような感じでしょうか(?)
さらにメイガはメスの位置どころか製品の位置もわからなくなるので、粘着板は不要とのことです。

「それでもいつかメスを見つけて交尾しちゃうんでしょ?」
交尾が予定より遅れたメイガの産卵数や次世代が生まれてくる確率が下がるという結果がわかってきました。交尾を遅らせることが次世代個体数の低減をもたらすのです。

「人が感じるにおいは?」
設置された空間に居ても特別くさいと感じることはありません。

「どういうところで使えるの?」
小麦粉や米を使うような食品工場をはじめ、スーパーマーケットや小売店など幅広いフィールドでお使いいただけます。

「殺虫剤とは違うの?」
交信かく乱剤では直接虫を殺すことはありません。化学物質は分解しやすいものが多いため環境を汚染せず、クリーンな施工方法としてご提案いただけます。

その他気になる点は弊社までお気軽にお問い合わせください。

今後こういった新しい手法の商品も取り入れていきますので、要チェック!でお願いします。

川竹

虫退治ドットコムではメイガ、シバンムシ用のフェロモントラップを各種揃えております!

過去記事もぜひご参考ください。
ブラックアウト!フェロモンを用いたメイガ対策
まとめてロックオン!新型フェロモントラップ


tojiyan at 16:38|PermalinkComments(0) 虫ムシ日記