September 25, 2016

桜の葉の上に?

公園に植えられている桜の木。

IMGP8687


















何かいないかな・・・。

IMGP8683


















いた!
蛾のようですが、奇抜すぎて名前が分かりません。


前田











建物外壁に飛来する蛾の対策にガ ハイパージェット



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 24, 2016

秋の野山に!!

秋の山は栗拾い、キノコ狩り、紅葉狩りと楽しいことがいっぱいです。
しかし、それと同時に危険もいっぱいなので、常に周りの状況に神経を尖らせる必要があります。

IMGP8762


















特にスズメバチは未来を託す新女王バチを育てるため、秋になると餌集めに奔走します。
その中でも集団で狩りをするオオスズメバチはミツバチや他のスズメバチ類の巣を襲い、幼虫を餌にします。
そしてそれを知ってか、他のスズメバチも極度の警戒態勢を敷き、非常に神経質になりはじめます。

IMGP4287


















さらに厄介なのは、彼らの巣が茂みや地中、橋の下など非常に分かりにくいところにあることです。
そうと知らずに、彼らの巣の近くでドカドカ歩きながらガサガサと栗拾いをしてみましょう。
鬼の形相をしたスズメバチが次々と飛び出してきます。

IMGP8531


















こちらに悪気はないので「話し合いたし」と言いたいところですが。

IMGP8532


















残念ながら、どんな言葉もサインも彼らには通用しません。


となれば、もはや速やかに逃げるのみ、ぼやぼやしていると文字通りハチの巣にされます。
そう考えると、秋の野山は茂みなど身動きがとりにくい場所は極力避けた方がいいと思います。
また、護身用にハチ用スプレーを携行するのも手堅いです。


前田










小さいので携行・取り回しがしやすいハチノックS
大量に噴霧できる訳ではありませんが、咄嗟の防御に威力を発揮。



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 23, 2016

路肩に?

道路の路肩に目を遣ると・・・。

IMGP8724


















あんた、木の枝じゃないな。

IMGP8727


















トゲナナフシでした。
なお、英語でナナフシはスティックインセクト。
なんて捻りのない・・・。


前田








粘着糊のついたスティックで、植木鉢にプスプス刺して使います。
クロバネキノコバエの捕殺にハエとり棒(園芸用)



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 22, 2016

イタドリに?

何の変哲もないイタドリ。

IMGP8732


















その茎の上に何かが3匹くらいくっついています。

IMGP8733


















アオバハゴロモでした。

IMGP8736


















指に乗せてもう一枚。


前田












庭木の消毒にトレボンMC



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 21, 2016

葛の葉に?

秋の七草のひとつ、葛。
下の写真の葉っぱの部分が葛です、白い花はイタドリ。

IMGP8738


















その葉の上に何かいる・・・。

IMGP8739


















セスジツユムシでした。

IMGP8741


















フラッシュを焚いて、もう一枚。


前田







葛から大量に発生したマルカメムシが、ベランダや家の壁に殺到してきた・・・!
そんな時はコレ、サイベーレ0.5SC




tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 20, 2016

栗の木に?

ところどころ枯れ葉になった栗の木。

IMGP8706


















やがて周りの葉も枯れて散って、もうすぐ1年が終わります。
今年はなんか長かったな・・・。

IMGP8707


















・・・と、おや?
えらく厚みのある枯れ葉だなぁ。

IMGP8709


















フラッシュを焚いて撮影してみると・・・何かいる!

IMGP8719


















誰や君・・・。
たぶんキイロスズメの幼虫でしょう。


前田









高い木の上にいる毛虫対策にアースガーデン ケムシコロリ



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 19, 2016

山の幸

夜になると涼しい風が吹く季節になりました。

IMGP8705


















野山には秋の味覚が勢ぞろい。
スーパーで買ってきた秋刀魚の塩焼きと、山で拾った栗で栗ごはん・・・究極の贅沢です。
しかし、まかり間違っても私有地への立ち入りは厳禁!いがぐりをぶつけられる以上に痛い目に遭います。

IMGP8743


















あと、ハートマークの葉っぱがペアになってついている蔓植物はヤマノイモ(ジネンジョ)の可能性が大です。
今のうちに蔓にリボンなどでしるしを付けておけば、冬にそれを頼りにしてヤマノイモ掘りが楽しめます。
なお、葉っぱがペアではなく、片側ずつ互い違いについているものには十分注意しましょう。
オニドロコという苦味があって毒のある種類になります。

IMGP8746


















オニドコロとの区別点にもなるヤマノイモのムカゴ。
ムカゴご飯にしてもおいしいそうですが、私はやったことがありません。
今度試してみることにしましょう。


なお、この時期になるとキノコや木の実の誤同定による食中毒事故が毎年のように報告されています。
同定に自信の無いもの、ちょっと怪しいと思うものは絶対に手を出さないようにしましょう!


前田











食中毒事故の後始末に重宝します。嘔吐物最速処理セット
簡易マニュアル付きなので落ち着いて対処できると思います。



tojiyan at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 18, 2016

新兵器到着:エコライダー

このたび、天然成分を利用した防虫スプレー「エコライダー」の取り扱いを始めました。
今年の春から色々と試験を担当しておりましたので、その結果をここで御紹介したいと思います。

IMGP5876原液の色



















まずは見た目ですが、乳白色の液体でちょっとにおいがあります。
個人的にはマスクと簡単な手袋をすることがお勧めです。
ニューデリカユース手袋で十分です。

CIMG1790トビイロシワアリ




















次に効果ですが、アリに直接かけてみると10分も経たないうちに死亡しました。

CIMG1935



















続いて今はシーズンオフですが、タカラダニにも即効的な効果がありました。
こういう液体を吹き付けるタイプの薬剤で、タカラダニが5分程度で死ぬというのはちょっと意外。
珍しい商品だなと感じます。

IMGP3910


















ただ、ムカデのようにバカでかい生き物には少し分が悪いようです。
彼らを相手にするのならサイベーレ0.5SCがお勧めです。

IMGP6180



















それと特筆すべきは高い忌避効力です。
試しにエコライダーを処理した画用紙と処理していない画用紙を試験容器に入れ、アリを放してみました。
そして1時間後に観察すると、ほとんどのアリが処理していない画用紙の方へ移動していました。
(写真の画用紙の裏に、アリがみっしりとついています)

IMGP6524



















また、弊社の建物外周に調査用トラップを置き、処理区と未処理区で捕獲数を比べてみました。
その結果、処理していないエリアに比べ、処理したエリアの方が捕獲数が少ないという結果になりました。

IMGP6590



















少しにおいがありますが、そのまま手軽に噴霧することが可能。
小さい昆虫は素早く殺虫、さらに処理した場所への昆虫の接近を低減。
(特にタカラダニに即効性があるのは面白い)
以上が試験担当者としての率直な感想です。


前田



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 17, 2016

グルットプロR3の本領

ネズミの現場で天井裏に粘着板を敷き詰める時、少しもどかしいのがコレ。

IMGP7103



















粘着板の幅が広すぎて、野縁(銀色のレールみたいなの)に乗っかってしまうこと。
私がネズミだったら、こんなガタガタの置き方をした粘着板には近寄らないです。
(そう言いつつ先日は子ネズミが捕獲されており、そしてそれを回収しようとした私も捕獲されてしまいました)

IMGP7230



















そこで活用したいのが、縁の台紙を切り離せるグルットプロR3です。
手前にセットされているのがソレですが、ご覧の通り縁を外せばきれ〜いにセットすることができます。
こんな感じで全面にきっちり配置できると、清々しい気分で帰途につけます。


100枚入りのケース販売もしておりますので、大量に敷き詰める必要がある現場にもどうぞ。


前田



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 16, 2016

何のトゲ?

突然ですが、これはなんでしょう?

CIMG2998





















細かいトゲがたくさん並んでいます。
何かの歯?

CIMG2999





















正解は、歯ではなく、ハエの翅(羽)でした。
一見つるんとしているように見えるハエの翅ですが、種にとってはこのようなトゲが並んでいます。
そしてそれらが同定の際に貴重な手掛かりになります。


前田











角切りのゼリーでショウジョウバエを協力に誘引・キャッチします。業務用コバエがホイホイ



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)