December 13, 2010

いざフルマラソンへ!

頭上は晴れ晴れとした青空
翼端の先には綿をちぎったような白い雲
眼下には、これまた青い海

その海にかすかに見える波が、寄せては返すのを見て、「あぁ、陸地が近いんだ。もうすぐ着陸かな」と思ったころ、飛行機がフラップを利かせたのでしょうか、グーンと速度が落ち、一瞬前のめりになる感覚、しばらくしてドシンッ!と鈍い振動があって無事、着陸。環境機器マラソン部、沖縄到着です!時は12月4日、那覇マラソン前日、浮き浮きとした気持ちとフルマラソンに臨む、そわそわとした不安が半々といったところでしょうか。

到着してから、まずお昼に中華をいただくことに。次々出る料理に舌鼓マラソン前日にこんなに食べてしまっていいのだろうかという気持ちなど、微塵もありません。ごちそうさまでしたその後はマラソンの装備を揃えにマラソン会場へ乗り込む人、観光を楽しむ人、早くもお土産を買いに行く人、各自思い思いに那覇の町へ
それにしても首里城の美しかったこと写真を撮りだめてしまいました。
首里城
そして夜は恒例の(とはいえ、私は初参加)懇親会です。飲めや踊れやの大騒ぎで、明日の決戦=マラソンに備えます。
IMGP9872brog

上は踊り明かす我らがリーダー(左)と、怪我をおして見事走り抜いたベテランランナー(右)
R0012133
そして、ちゃっかり店員さんと一緒に写真におさめていただき、ご満悦の私。これで明日、走っている最中に何かがあっても、もう未練などありません

さて、いよいよマラソン本番会場は大勢の人たちでごった返しています。先輩方とも次々とはぐれてしまい、最後には一人、スタートラインに。そして、始まりを告げるピストルの音とともにランナーの集団はゆるゆる進み始めました。走っても走っても一向に出口の見えない長いなが〜いマラソン。先は見えているのに延々と終わらないマラソン。疲れてゆく体、どんどん追い越していく人たち。なんとなく悲壮感が漂ったり漂わなかったり…
先は見えているのに
そんな中でも、しつこく目に映るのは虫たちの姿。アゲハらしきチョウチョやキチョウがハタハタと気持ちよさそうに飛んでいます。大阪はすっかり寒くなり、ハエすら見かけないのに、ここ沖縄では虫たちはみな元気です。その虫たちから元気をもらって…とはいかず、最後の30kmからはとぼとぼ歩き、スタートから約6時間、しかし、無事完走。これもひとえに声援を送ってくださる沖縄の人たち、バナナから飲み物、黒糖と色々な食べ物を配ってくださる沖縄の人たちのおかげだなぁ、と感謝の気持ちでいっぱいです。沖縄の皆さん、ありがとうございました






tojiyan at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マラソン部日記 

December 03, 2010

フルマラソン参加してきます

もう12月ですね。

害虫の発生も少なくなり、社内もだいぶ落ち着いてきました。

さらに社内行事も続き、気分はもう年末モードです(´∀`)

とはいえ、来年の仕込みに集中できる時期でもあるので、あまり浮かれすぎないよう注意しなくては・・・


先日は高槻の山奥にある森林観光センターでシイタケ狩り&バーベキュー。
社員&家族参加で行ってきました。シイタケ狩り・バーベキュー

 








そして先週末には社内全体会議があり、翌日はホテルで食事会。うまかった
12月食事会





 

そしてあさって12月4日(日)は、恒例の参加行事となりましたマラソン大会(今年も那覇マラソンに参加)!

土曜から沖縄に入って、夜は宴会です


う〜ん、マラソン1ヶ月前からおいしい誘惑に負けて食べまくりです。
マラソン、走れるかな

(戸島)

ねずみ退治にはネズミ捕り「グルットプロN


tojiyan at 18:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)マラソン部日記 

November 16, 2010

尖閣問題

尖閣諸島沖での中国漁船衝突に関するニュースばかりの昨今です.
この尖閣問題,中国との領有権をめぐる問題の影で起こっていた
そこに生息する生物に関する問題ついて少し触れたいと思います.

おそらく,この問題が起こらなければ自分はこの問題を知ることはなかったと思います

島嶼は海に囲まれているため,その島へ生物が到達する機会が限られます.
そのため,動物・植物ともにその島独自の固有種が多く存在します.
尖閣諸島も同じで,その島にだけ生息する固有な種が多数います
そんな彼らを守ろうと設立されたのが
センカクモグラを守る会 です


尖閣諸島魚釣島の固有種

脊椎動物
センカクモグラ

節足動物
センカクキラホシカミキリ/センカクズビロキマワリモドキ
ウオツリナガキマワリ/オキナワクロオオアリ
センカクサワガニ/等脚類の1種 Trichoniscus sp./等脚類の1種 Alloniscus sp.

軟体動物
タカラノミギセル/タカラホソマイマイ

植物
センカクアオイ/センカクオトギリ/センカクハマサジ
センカクツツジ/ムラサキチヂミザサ

引用文献
尖閣諸島魚釣島の生物相と野生化ヤギ問題 横畑泰志ほか(2009) (PDF:312KB


尖閣諸島の島の1つである魚釣島では1978年に放たれた雌雄各1頭のヤギ(外来種)によって
島はハゲ山になり,島の生態系が崩壊しつつあるようです

その島に生息する生物にとって領有権問題は関係ありません.
生物の多様性は国境を越えて守るべきものでしょう. (川端)


この時期に悩まされるカメムシ対策に
カメムシ・クモスプレー(1本400ml)
カメムシ用キンチョール乳剤(1L×20倍希釈)



tojiyan at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 11, 2010

刺客、襲来?

環境機器の前田です。誤字の多かった前回!の悔しさをバネに本日、2度目のブログチャレンジです!

 すっかり寒くなってきて、体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?下宿生活者は特に食生活が乱れると思わぬ病気にかかるものです。こんな時、皆様はどうされるでしょうか?私の場合でしたら最終手段はそう!週末に、実家へ栄養補給に帰ることです。そんなグータラ気分で帰った私を待っていたものとは…?


帰宅し、晩御飯の時間まで部屋でくつろぐことしばし、何か異変を感じました。壁に何かがとまっている…?
アシナガバチ

遠くからではありますが、なんとなく虫らしいぞ、ということは分かります。さらに近寄ってみてみると…?アシナガバチ(アップ)
 いました、アシナガバチです。確かに今年は庭にたくさん飛んでいたな、とは思ったのですが、何故かこの時期、それも室内に。そういえば、アシナガバチは冬が近づくと女王蜂が集団で越冬するとのこと。昔はよく物置や
屋根裏にそのような光景が見られたとか。冬を越すだけなので、巣を作るようなことはしません。ただ、納屋にしまいこんであった作業服や長靴の中で越冬していたケースもあったそうです。…吊ってあったジャケットの中、押し入れの中をチェック。大丈夫でした。もし知らずに着ようものなら、そして、もし一斉に刺されるようなことになれば、まさしくハチの巣にされてしまいます。


 なお、家族によると、数日前から気にはなっていたが特に動いたり飛び回る様子もなく、普段誰も寝ることのない部屋なので、ほったらかしにしていたとのこと。さらに、段々愛着もわいてきたことだから、一冬くらいの間、まあいいだろう、と寛容(呑気だろうか?)なコメント。しかし、やはりここは危険回避です。寒風吹きすさぶ庭に野ざらしというのは流石にかわいそうなので、物置と家の隙間などの適当な場所へ移動させようと思っていたのですが、翌日、何かと用事をこなしているうちに忽然と消えてしまいました。どうやら危険察知については彼ら(女王蜂ですので正しくは彼女ら、ですね)の方がずっと上手のようでした。

ハチ駆除にお薦め!!
スーパーハチジェットプラス



tojiyan at 20:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)虫ムシ日記 

November 07, 2010

イベントシーズンです

11月4・5日はペストロジー学会大会に参加するため愛媛県松山市に行ってきました!

大会1日目に開催されたシンポジウムでは、
タカラダニ(野外にいる赤色の
ダニ)の生態に関する調査結果の報告や、
一般講演では最近被害が増えつつあるトコジラミ、
またアリ類の防除に関する研究結果の発表などがあり、参考になる情報が多く得られました。

 

秋はイベントが多く、来週11月12日には「日本しろあり対策協会」の全国大会が高知県で、
その翌週にはFAOPMAというアジアのペストコントロール大会がフィリピンのマニラで開催されます。

 

ペストコントロール業界のイベントが比較的10〜11月に集中するので、
毎年このイベントシーズンなると今年一年もそろそろ終わりだなぁと感じてしまいます。

 

季節を感じさせてくれることと言えば、この業界は虫が相手になるので、
仕事を通して四季をしぜんと感じさせてくれます

ちょうど今は冬を越すためのカメムシが飛来してくるシーズンですね。
各地で臭いカメムシが大量に発生して問題になっているのではないでしょうか。


季節がさらに寒くなれば虫たちの活動は除々に見られなくなってくるのですが、
そんな中、寒い時期になると姿を現すハエがいます。そのハエというのは「トゲハネバエ」。


この蝿は体長5mmくらいの中型のハエで、成虫は晩秋から春にかけて活動が見られます。
よくトイレの窓などに止まっているのを見かけますよ。


なので、今の仕事、、、つまり社会人になってから私にとって冬を感じさせてくれるものの一つに、
トゲハネバエがあげられます

トイレに座りながら、ふと壁を見ると、、、「あ・・・トゲハネバエが止まってる。
もうトゲハネバエの季節か〜(冬になったんだなぁ〜)」としみじみしてしまうのは私だけでしょうか・・・(´∀`)

(戸島)



tojiyan at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 23, 2010

NPMA2010 in HAWAII

ブログさぼり魔の菅野です。現在、NPMA(全米ペストコントロール学会大会)に参加しています!明日(23日)で終わりですが、必死で情報収集中。IMGP1994
今年はハワイのコンベンションセンターと言うところで行われております(写真は入り口)。

ハワイで開催と言う事で、オープニングセレモニーではマッチョな人たちのフラダンスとエレキウクレレの激しい演奏がありました。ウクレレは穏やかに演奏するのでは!?と驚くほど情熱的な演奏でしたが、みなさんから盛大な拍手が。素晴らしい演奏でした!


NPMAでは「商品のIMGP2343展示会」と「セミナー」が開催されるのですが、今年はトコジラミ・ナンキンムシ・BEDBUGのオンパレード。トコジラミのセミナーは満員で、大変な熱気。展示会場でもトコジラミ商品が紹介されていて、アメリカはビジネス化に向けて着々と動いているな〜と感じます。

写真右側のカメラ目線は仕事中の東京の営業リーダー。めぼしいサンプルを見つけたらリーダーのカバンへ!重たくなっても愚痴一つ言わないリーダーに感謝!



おいおい!これは「虫採りたちの・・・」だろう!?ハワイに来たら熱IMGP2008帯雨林の昆虫を撮ったんだろう!!?との声が聞こえてきたので報告。実は様々な場所で昆虫写真をチャレンジ・・・をしたのですが肝心の虫がいない。
街の中はもちろん、公園にいってもチョウ一匹いない。何故だ!と思ったら、ハワイには在来のチョウ類が殆どいないそうです。
諦めて、道端の岩をゴロリ、ゴロリとひっくり返してみますが、ワラジムシやハサミムシばっかり。本格的に探さないと昆虫の写真はなーんも撮れませんでした・・・となりそうです。とりあえず、現地の強靭な肉体のチョウを載せときます。

tojiyan at 20:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)出張・学会レポート 

October 15, 2010

イグノーベル賞2010

今年もユニークな科学研究に与えられるイグノーベル賞が9月30日に発表されました
気に入ったものを何点か紹介

◆ラジコンヘリでクジラの鼻水を収集:工学賞
クジラが噴出す潮を調べることで,そのクジラの種類や年齢,健康状態がわかるらしい.
けど,クジラに触れずに潮を採集するのは非常に困難.
そこで考え出された方法がこの方法.
メキシコ国立工科大学の研究チーム

◆罵倒が鎮痛剤?:平和賞
氷水に一定の時間以上,手を浸す対照実験を行ったところ,罵倒し続ける被験者は,
何も言わない被験者よりも約50%長く痛みに耐えることができたらしい.
イギリス キール大学の研究チーム

◆水と油は混ざる:化学賞
記憶にも新しいメキシコ湾での原油流出事故から.
海には海流があり海水の密度分布も一様ではない.
その結果,原油が微細な粒子となって拡散し,プルームという層が海中に形成されるらしい.
水と油は混ざらないと言う古い定説を覆したもの.
メキシコ湾原油流出事故を起こしたイギリス石油会社BPとマサチューセッツ工科大学(MIT),
テキサスA&M大学,ハワイ大学の研究チーム

◆氷上では靴下を:物理学賞
靴やブーツの上から靴下を履くと氷上で転びにくくなることを証明したもの.
ニュージーランド オタゴ大学の研究チーム

他にも賞を取った面白い内容のものもあるので気になる方は是非チェックしてみて下さい (川端)



tojiyan at 12:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 04, 2010

はじめまして

はじめまして、環境機器の新入社員、前田と申します。
本年度の4月より入社、今回ブログ初デビューです。
どうぞ、よろしくお願いいたします

ところで相変わらず残暑の厳しい日が続きますね。カレンダーの上ではは9月にもなりましたが、夏のような暑苦しい日ばっかりで嫌になられている方も多いはず。しかし、虫たちの暦の読みというものはたいしたもので、夜になるとあちこちで秋の虫の歌声を聞くことができます。
周りが家ばっかりで虫なんかいないよ、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、場所もわざわざ山奥まで行く必要もなく、例えば帰りが遅くなった日の帰り道なんかはアオマツムシが街路樹の上で「リィーーーッ」と騒がしく鳴いているのを耳にしますし、庭や近所の公園で「ヒ・・ヒ・・ヒ・・ッ」と奇妙な音が聞こえるのはカネタタキの控えめな歌声であります。身近なところにも虫はいるものですね。
まだまだ厚い日が続くといわれていますが、皆さんも一度夜にそっと耳を澄ましてみてください。いろんな場所・場面で秋を感じることができますよ!!(前田)


tojiyan at 16:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

April 27, 2010

グリーンに棲む魔物!?

ショットご満悦

 

 

 

 

 

 

先週の土曜日にゴルフデビュー
天候にも恵まれ,人工とは言え自然の多いゴルフ場は土地柄も合わさって多くの虫たちが乱舞&テクテク
本当はゆっくりと虫を見たい気持ちもあったのですが,そんな余裕もなく自分のことだけでも精一杯だったので今回は打つほうに集中
一緒に回ってくださった皆様,ありがとうございました

さて,『グリーンには魔物が棲む』と言いますが,いました,魔物が!!
何か歩いているなぁ〜と思い近づいてみるとツチハンミョウです.

ツチハンミョウ一見,巨大なアリのようでトロトロと歩いているのですが(別名アリオヤジ),
彼らをなめては行けません.なぜなら迂闊に触ると関節から黄色い液状の毒を出すからです(まさに悪魔…

この毒にはカンタリジンが含まれており,皮膚の弱い人が触れると炎症を引き起こします.

成虫は草食性なのですが,幼虫はハナバチ類に寄生するそうです.
どおりでハナバチの巣があちらこちらにあった訳だ (川端)



tojiyan at 18:56|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

March 17, 2010

寒かった!

さぶいぃ〜(T△T)
篠山マラソン

3月の第一日曜に兵庫県篠山市で開催されたフルマラソンに参加してきました。口から出てくの言葉は「寒い」。こればっかりでした。

 

気温5℃で、しかも雨降り。ちょっと過酷でしたぁ(;´Д`)

篠山マラソンは時間制限の設定が比較的厳しく、エンジョイ派ジョガーにとっては少しハードルの高いマラソン大会でした。


スタート地点を出るのに(混みあっているから)開始してから10分以上かかるし、途中トイレにでも行けば、余裕でタイムアウト!になる感じです。

 

今回、私は18km地点で時間に合わず打ち切り、終了です。

とほほ・・・でしたが、寒さと雨の中だったので、実は内心ホッとしました。

ちゃっちゃっと着替えて、一人、みんなの帰りを待っていました。

篠山マラソン02





おととしから始めたフルマラソンは今回で4回目。

42kmは確かにしんどいですが、プラスになることも多かったです。
運動不足は解消できたし、代謝もよくなった。

社内で盛り上がるイベントにもなったし

自分の限界をすぐに設定しまう消極的な癖にも向き合わさせられました


なんですが・・・、冬のマラソンはちょっとツライので、やっぱり年1回くらいのペースがいいですな。

(戸島)


tojiyan at 19:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)