December 26, 2007

備えあれば憂いなし

ちょうど一年前、、、それは12月の日曜日に起こりました。

朝起きて1階に降りてきたら、家中がなんだか騒がしい...(?o?)

妹に聞いてみると、祖母がノロウイルスらしきものに感染していて、昨日の夜中から嘔吐でずっと苦しんでいたそうな・・・。

高齢者ということもあって、すぐ救急病院へ連れて行くことに。

診察の結果は、(ノロウイルスなどによる)感染性胃腸炎。

点滴を受けたりしたので容体もマシになり数時間後には帰宅することができました。
大事に至らなくて本当によかったです。ε
=( ´∀`;)

しかし、ほっとしたのも束の間。


帰宅後は感染源となる祖母の部屋の嘔吐物を処理したり、部屋や廊下中を塩素系消毒剤で消毒するなど、その日は本当にバタバタした一日でした。(;´Д`)

 

それにしても、実際、家族の誰かが感染し 急きょ汚物処理することになったとき、

家にはマスクや手袋がないのでコンビニへ駆けつけたり、

塩素系漂白剤はその都度、バケツに入れて希釈し処理したりと、、、

保護用具はないし、作業に手間がかかったりとホント大変だなぁと実感。(○´Д`○)フゥ〜

しかも、ノロウイルスはヒトからヒトへの感染力が非常に強力で、家族の一人が感染すると、
他の誰かも感染する可能性がきわめて大。

実際にうちの家では、初めに妹がどっかで感染してきて、数日後に祖母が感染・発症。
で、処理作業をした私もその後(恐らく)感染。(症状が軽かったのでよく分かりませんが・・・。便秘が解消した程度)

 ※症状は人によって異なり、吐き気、嘔吐、下痢などそれぞれです。

なので、

(あまり頻繁に起こることではないかもしれないけど) やはり流行し始めの時期には対策品を一家に1式備えておくのもいいかもしれません。(マスク・ビニール手袋・眼鏡(ゴーグル)・塩素系消毒剤など)

今年はまだ、私の周囲では あまり流行っているような感じはしませんが、

今日、読売新聞(YOMIURI ONLINE 2007/12/26)で、
「ノロウイルスなどの病原体による感染性胃腸炎が今冬も流行していることが、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。・・・・」という記事がありました。例年よりは多いらしいです。↓

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20071226-OYT8T00427.htm

 

そろそろ準備しておいた方がいいかも??

,そうそう、弊社 環境機器では、各種菌類を除菌する塩素系の除菌剤を取り扱っています。

これは既に希釈済みのものなので、緊急の時もそのままスプレーして使うだけ。

トイレ・部屋のドアノブへの処理や、食器類を除菌する時など 水で薄めず使えるので、これ1本あるとすごい便利ですよ。

私はもう先週、買いました♪  (戸島)

クレベリンS100

塩素系除菌剤(スプレータイプ)
クレベリンS100



tojiyan at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 14, 2007

アレルゲンを除去

弊社では、ゴキブリの他に貯蔵食品の害虫となるコクゾウムシも飼育、

というよりは、玄米にわいてしまったものを置いているだけなんですが・・・

 

それ(コクゾウ)を少し取り出そうと思い、先日 玄米の入っている袋を開けたところ、、、

 

粉のようなものがジッパー部分からバサバサっと落ちたので

早速、顕微鏡で観察してみました。

 

 

そしたら、すごい!コナダニがいっぱい! 笑
コナダニ 写真

コナダニ写真2







コナダニ類は0.3mm程度の微小なダニで、

一般家庭では、主に貯蔵してある食品や室内塵などから発生します。

小さすぎて肉眼では見つけにくいのですが、

ここまで大発生すると、まるで動く粉のよう (◎o◎)

・・・さすがに気持悪いですね。

 

一般に、室内にはコナダニ類の他に、ヒョウヒダニ類なども普通に見られます。

ヒョウヒダニ類は室内に落ちているフケや食品くず、昆虫の死骸、花粉などをエサとしていて、

通気が良くない湿気の高い部屋や、あまり お掃除をしていない部屋では

写真のようにヒョウヒダニ類が大発生してしまうことがあります。

 

しかし、このヒョウヒダニ類、

大発生してしまうと “気持悪い”ということだけでなく、

このダニ類の糞や死骸がアレルギーを引き起こす原因(アレルゲン)の一つと言われていて、

人によっては、喘息や皮膚炎などのアレルギー症状を発症する場合があります。

 

やはり、ダニ類(ヒョウヒダニ)やその他のハウスダストに対しては、日頃の掃除や換気などが大切なんですが、

もし、カーペットや畳、寝具とかでアレルゲンが気になる という方には、

アレルセーブMAX』!がおすすめです。

これは、ダニ類の糞や死骸、花粉やペットの毛、フケなどの
アレルゲンのアレルゲン性を減少させ、体内に取り込まれてもアレルゲンとして作用しなくなる
という
効果をもつアレルゲン除去剤
気になるお部屋で、このアレルセーブMAXをシュシュッとスプレーしてください。

ちなみに、このスプレー、、、

ダニは殺虫しないので、まずはダニの駆除や掃除を行なってから使ってくださいね。

 

 

きっと、、、
弊社の飼育室には虫やダニの死骸、その他諸々たくさんのアレルゲンが存在するんだろうなぁ…

弊社でも一度使ってみたいと思うのですが、

アレルセーブMAXに頼る前に掃除・・・大掃除をしないといけませんね (*´〜`ゞ

<戸島>



tojiyan at 15:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

December 03, 2007

FAOPMA台湾大会 参加報告(その3)

12月に突入しましたが,

FAOPMA台湾大会 参加報告 その3(最終回)です。


大会2日目,3日目もセミナーが朝から夕方までみっちり行なわれました。

 

 ・媒介蚊対策

 ・マレーシアにおける都市害虫アリの採餌、摂食行動に関する研究

 ・ゴキブリとベイトアバージョンについて

 ・シロアリ探知機の紹介 

・・・などなど ホント毎日盛りだくさんの内容でした。

 

しかし、2日目からは通訳がなかったので、

大会要旨とスライド、そして電子辞書を引きながら、なんとか頑張って講演を聴いて(?) いました。

 

が、英語が聞き取れないので、ときどき睡魔が・・・´〜`)oO

休憩時間,社長から・・・
「大丈夫? よく寝てたけど」 ・・・( ̄□ ̄;)ミラレテタッ

  ※社長は離れた所に座っている。

 

ということで、講演内容については、あとは要旨を訳し直さないといけません。

内容がまとまったら、また別の機会に紹介いたします。

 

ところで、営業担当の西尾さんは?・・・というと、

「市街調査,外回りだ」と言って、たまに会場から姿が見えなくなっていました。

 

いろいろ周囲を調査してきたみたいですよ。 
大学通り
ベイトステーション

会場近くの台湾の大学。
敷地内にネズミの
ベイトステーションが。



施工車


近くの公園に施工車。




さて、次回のFAOPMAPの開催国はというと、

日本です!! 東京国際フォーラムにて開催です。

来年は日本ペストコントロール協会の創立40周年とも重なっているので、

きっと盛大な大会になるんだろうなぁ〜

 

 【FAOPMA2008 日本大会】
 日程:2008年11月4日〜6日

 場所:東京国際フォーラム


(最後、、、余談)

☆*゚ ゚*☆*゚ 台湾の思い出 ☆*゚゜゚*☆*゚
社長にいろいろ連れていってもらいました。

小龍包

世界10大レストランに選ばれた小龍包のお店
価格は安いのに、
めっちゃおいしぃ〜


さくさくマンゴーアイス

マンゴーたっぷり。

めっちゃおいしいぃ



市場
台湾観光夜市 散策
スイカジュース めっちゃうまいぃ



tojiyan at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出張・学会レポート 

November 29, 2007

FAOPMA台湾大会 参加報告(その2)

FAOPMA台湾大会 参加報告 その2です。

(“その2”なので、前回の“その1”からどうぞ...↓1個下)

 

今日は前回のつづき・・・1日目に行なわれたヒアリの講演内容を簡単にレポート

 

<ヒアリについて>

ヒアリはアルゼンチンやブラジルなど南米に生息しているアリ。

人や物資の移動とともに各国に分布域を広げ、外来種として問題となっているアリです。

まず1930年代初めにアメリカへ侵入し、現在アメリカの南東部を中心に分布。

そして最近では台湾やオーストラリア、香港、中国などで生息が確認されました。


日本への侵入も懸念されており、

もし日本に侵入した場合、本州中部以南に分布、定着すると予測されています。


“ふぅ〜ん、アリの侵入かぁ〜”
と そんなのんきに思っていられませんよぉ!(○`ε´○)

 

このアリ、非常に攻撃性が強くて、

在来のアリを駆逐して生態系のバランスを崩す といった問題だけでなく、

刺咬されると赤く腫れて痛み、人によってはヒアリの毒にアレルギー反応を示すので・・・アナフィラキシーショックを起こすこともあるそうです。(((( ;゚д゚)))

 

<ヒアリによる被害>

 ・攻撃性が強く、刺咬されると激しく痛み、赤く水疱状に腫れる。

 ・昆虫の他、爬虫類や小型の哺乳類も襲い捕食。子牛やヒナなどが襲われ家畜に影響。

 ・芽や種子をかじって、農作物の収穫量に影響。

 ・日当たりの良い場所を好み、庭や農地など人の生活場所周辺に巣を作ることが多く、

 毎年アメリカでは、ヒアリ生息地に住んでいる人の3割〜6割が刺咬被害にあっている。

 ・エサ採集のため、屋内に大量のヒアリが侵入してくることがある。病院や老人ホームなどで
 患者や寝たきりの老人が何百箇所もかまれるといったこともある。

そして、

 ・多女王多巣性種が存在。つまり、コロニーにいる大量の女王を駆除しないと繁殖しつづけるので、
 完全に駆除するのが難しい。

 

という感じに、非常に私たちの生活にも影響し、危害を加える恐ろしいアリです。

 

現在日本でも,
同じく南米原産のアリ...「アルゼンチンアリ」が広島県,山口県を中心に分布。
兵庫県や愛知県などでも生息が確認されています。


そして、なんと!大阪でも今年8月に生息が確認された(大淀化工蝓砲箸諒鷙陲ありました。

 

一度、外部から侵入した動植物を完全になくすのは非常に難しく、

どちらかといえば、

このように徐々に生息域を拡大させていっている状態・・・。


ヒアリが侵入したら、ホント恐ろしいぃ〜 (><)

<戸島>


tojiyan at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出張・学会レポート 

November 27, 2007

FAOPMA台湾大会 参加報告(その1)

社長の報告にもありますようFAOPMA大会に参加しに台湾へ行ってきました〜。


FAOPMAはイメージとしては、NPMAのアジア版(?)

害虫駆除業界の著名な先生方を招いた講演会とプラス展示会が行なわれます。

過去にはインドやオーストラリア、韓国などでも開催され、

毎年アジア・オセアニアのどこかの国で行なわれてます。


で、今年は台湾大会でして、営業担当の西尾さん&私が連れて行ってもらいました〜。


いぇ〜い, 初台湾・初FAO参加です

 

今年の台湾大会は、例年に比べて規模は小さかったらしく、

実際、展示ブース数や参加人数は少なく(200名強),
会場も日本ペストロジー学会くらいの規模でした。
展示会場(FAO2007)


(展示会場)



大会は3日間にわたって行なわれ、

講演会では日本から、平尾先生(環境生物コンサルティングラボ)や、

富士フレーバーの篠田先生が発表されました。  (もちろん英語!)

 

1日目は、今 台湾で問題になっているヒアリに関する講演があり、

その日は通訳付きだったので、スライドを見ながら話を聞くことができました。

ちょっとここで講演内容をレポート!  と言いたいところですが、
長くなるので今日はここまで。m(_ _)m

続きは次回・・・  <戸島>

講演会場(FAO2007)



(講演風景)



tojiyan at 16:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)出張・学会レポート 

November 12, 2007

レッツ同定

先週の水曜,セミナーで東京へ行ってきました。

毎月の東京セミナーも残すところ、あと1回! (今年もあと1ヶ月半!)

来月は12月5日(水)に行ないます

 

さて,今回はというと,

飛来侵入昆虫の同定セミナーでした。

みなさん,熱心に聴いて下さり本当にありがとうございます。

 

同定作業は,初め慣れないと 難しい〜っていうイメージかもしれませんが,

見分けるポイントとかをちょっと覚えて 何度か作業を繰り返せば,
結構すぐに眼も慣れてきて,パッと見ても分かるようになってくると思います。

ひとつ・・・ 方法(?)としては,

似ているなぁ〜と自分が思う虫を並べて 顕微鏡でじっくり見ると,

よく分かる というか,覚えやすいですよ

(ちなみに,虫は形(状態)がキレイなものを!)

 

たとえば,今年,問い合わせが何度かあったコクヌストモドキ。

 ・・・室内(一般のご家庭)で虫がたくさん発生していて,それがキクイムシかどうか見てほしい。ということで,
持ってこられることがありました。

 

コクヌストモドキ と ヒラタキクイムシ、、、

一見,似ているようですが,実際見比べてみるとちょっと違う・・・。

 

コクヌストモドキ・ヒラタキクイムシ

・触角の形状 や,

・背面の細毛の有無 など
 (この写真じゃ,ちょっと分かりにくいですが)



慣れない間は採取した虫を社内に保管しておいて

いざという時に見比べて確かめるのもいいかもしれません。

それでも,“ちょっと・・・??”という場合は,ぜひ環境機器にお問い合わせください

 

それにしても,写真のヒラタキクイムシ・・・ ちっちゃ!

 

ヒラタキクイムシは乾材の害虫として有名ですが,

その大きさは,幼虫期の栄養条件(エサとなる木材)によって個体差が著しいそうです。

そのため,資料には「成虫の体長は2〜7mm 」と サイズの幅が広い。

 

ちなみにこのヒラタキクイムシはどこで採取したかというと,

なんと弊社の事務所に飾ってある「福笹かざり」の枡から発見!

 

つまり、、、この福笹かざりの枡はちょっと栄養が少なかったんですね〜。
ヒラタキクイムシ生息場所









 おぉ こんなにも木屑と成虫がいっぱい。

発生1発生2







羽化後,キクイムシの成虫は材から脱出し → 交尾 → そして材に産卵をし,

また翌年の5〜6月頃に成虫ができます。

 

てことは・・・社内で手軽にキクイムシの生態観察ができるんですね〜。(´∀`*)ワ〜


(あっ...,でも,福笹かざりって...,お正月にまた返さないとあかんのやったぁ〜o(´へ`)oシュン )

 <戸島>


tojiyan at 15:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

November 01, 2007

第23回 日本ペストロジー学会大会

先週,長野で開催された『第23回 ペストロジー学会大会』に参加してきました.

この学会には毎年,展示やら学会発表やらで参加しています.
学会って情報収集も大切ですが,やはり交流・出会いの場であるなぁ〜といつも感じています.
戸島さん今回も多くの若手技術者の方と交流がもてました.
来年また(もちろんそれ以外でも)お会いできることを楽しみにしています♪
次回の開催地は,当社の本拠地大阪です.
なんとうちの社長が大会長だぁぁぁ

←昨年に続き発表中の戸島先生


 

イナゴさて,学会の醍醐味の一つでもある懇親会ではペストロジー学会だけあって,長野名産の虫料理が出ました
イナゴハチノコカイコの蛹と普段なら滅多に食べられない(食べない)珍しい珍味に舌鼓
イナゴは美味しかったのですが,幼虫類はなかなか癖があり1匹で大満足でした…

 ↑寄り添うイナゴの佃煮.生前いた野原をイメージしてみました

他にも蕎麦や蕎麦焼酎の蕎麦湯割り,馬刺しなど長野名物も堪能できた2日間でした. (川端)



tojiyan at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出張・学会レポート 

October 19, 2007

NPMA参加!

こんにちわ〜。菅野です。随分とご無沙汰をしてしまいました。

弊社のレベルアップセミナーにご参加いただきまして誠に有難うございました!今後もよろしくお願いいたします!

さて、現在、私はアメリカで行われているNPMAという展示会&勉強会に参加しています。日本にもペストロジー学会や日本環境動物昆虫学会がありますが、大きな展示会が併設されているのはあまり見た事がありません。

NPMAの展示会場はとても大きく、1日(オープン時間は約4時間)では全ての商品をじっくり見て回れないぐらいです!NPMA展示会場その分、様々な商品があって中々エキサイティングです。

ただーし、アメリカのフロリダ州オーランド(ミッキーの生息地です)で行われているのですが、日本との時差は13時間という事で、昼と夜が逆転してしまいます・・・。展示会場でつたない英語を話しながら、商品をみている時は興奮状態でいいのですが、気が緩むとフラフラとします。時差ぼけですね〜。

と・こ・ろ・で!

NPMAで驚くのは色々なパフォーマンスがみられるという事です。展示会場以外でもゴキブリの着ぐるみ、大道芸人のような人達がウロウロしています。日本の展示会ではあまり見られないですね。

NPMA川上君

 

一緒に参加している川上君も着ぐるみと記念撮影。

ゴキブリの持つ看板にアメリカンジョークが・・・。

 

残り、2日で終わってしまうので、必死で情報収集中〜よーし今日も頑張ってきます!

 

 



tojiyan at 17:24|PermalinkComments(1)TrackBack(0)出張・学会レポート 

October 16, 2007

勉強の秋

(遅くなりましたが・・・)
先週で弊社主催の秋季レベルアップセミナーが終了しました!
参加していただいた方、本当にありがとうございます
来年も是非、環境機器のセミナーをどうぞよろしくお願いします。 
2007セミナー風景







弊社のセミナーは終わってしまいましたが、
学会などイベントは結構まだまだ続きます! 

(今から参加はちょっと難しいというのもありますが)
当日,現地で申し込みできるものもあるので、ちょっと気になるというのがあれば、
参加してみてはいかかでしょうか.

もちろん弊社のスタッフも誰かは参加しておりますので,
またその参加報告もブログでアップしていきたいと思います 

 ■NPMAオーランド大会 
  2007年10月17日〜20日
  https://www.npmapestworld.org/Events/ 

 ■
62回日本衛生動物学会西日本支部大会
  
2007年10月20日(土)・21日(日) ピアザ淡海 (大津市)
  
http://www.jsmez.gr.jp/westreg/07-08/announcement_wr07.doc
   (日本衛生動物学会HP

   ※21日に辻先生が「タバコシバンムシ成虫に対するUVライトトラップの捕獲効果」を発表予定 

 ■第23回日本ペストロジー学会 長野大会
  2007年
10月25日(木)・26日(金) ホテル国際21(長野市県町576)
  
http://www.kokusai21.jp/ 
  ※環境機器も発表&展示します

 ■
50回 (社)日本しろあり対策協会全国大会
  2007年
11月9日(金)  盛岡グランドホテル
  
http://www.m-grand.jp/index.html
  ※こちらでも展示します


 ■FAOPMA2007 台湾大会
  2007年11月14日〜16日
  
http://www.faopma2007.org.tw/


あ、環境機器HPのセミナー情報も更新したので、
時間がある時にでも見に来てください。 →セミナー報告

東京の小セミナーは11月、12月も開催しますので、よろしくお願いします
    ・11月7日(水) 昆虫の同定ポイント
    ・12月5日(水) TCOに忍び寄る超難関〜基礎断熱工法とアメリカカンザイシロアリ〜
      会場はともに「日本教育会館」です。


 (戸島)



tojiyan at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 05, 2007

牛タン

牛タン,牛タン,牛タンタン♪

今週は仙台セミナーだったので東京営業所の似非宮城県民川上君に牛タンを食べに連れて行ってもらいました.
店の名前は『利久』.最近ではここが一番だとか.
関西で食べる牛タンは2mmくらいの極薄だけど,こっちの牛タンは分厚くて食べ応えも十分!!
美味かったなぁ〜
また仙台へ行っても牛タンを食べよっと.
しかし,なんで仙台は牛タンが有名なんだろう!?ウィキペディアによると米軍説が有望のようです.
ちなみに仙台の牛タンの多くはアメリカ産.BSEが流行った時期には仙台市から牛タンが消えたとか…
今はどこ産なんだろう!? AUSかな??
この事実を知った時,潮干狩りのシジミが撒かれていると知った時と同じ衝撃を受けました.
牛タン1牛タン2

 

 

 

←牛タンに喰らいつく川上くん.オーダー時,「塩で.」っとなんだか通ぶって注文していたけど店員に「塩しかありません.」っと言われていました.やっぱり似非だ.

 

さて,前回のブログで紹介した「ロハスフェスタ」.残念ながら雨で延期となりました.
次回は10月8日(月・祝)です.なんだか雨っぽいなぁ  (川端)



tojiyan at 19:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)