October 25, 2006

虫の飼育

今週は川端さんがNPMAの大会参加で不在なので、

川端さんが大事に育てているシロアリくんのお世話を私が担当。

といっても、「3滴くらい水を入れといて。」とのことなので一瞬で終了。

 

普段、私はゴキブリ各種とチャタテムシの世話をしていますが、

屋内害虫として大量発生、防除が困難な彼らも、

小さな閉鎖空間で育てるとなると結構大変ですね。

 

週に2〜3回のエサと水やりに、(超たまにしかしないけど)掃除。

なので、お盆や年末の長期休暇はうれしい半面、会社の虫達をしばらく見ないとなると結構心配です。

 

しか〜し・・・今年の夏は大事なチャバネの数をかなり減らしてしまいました。

(辻先生にばれたら怒られる〜)

ちょっと仕事が忙しくて、うっかり数ヶ月に1回の掃除を

しなかったためにダニが湧き、プラス夏の暑さで?、

気が付けば・・・みんないない。(+□+)

チャタテの方もダニが湧いてしまい、全滅。

ちょっとへこみました。(¯−¯)

 

チャバネは直ぐに掃除して、今は仲間が増えてくれるのを毎日願うばかり。

チャタテは新しく飼い始めて、最近飼育のコツ?を覚えたので、

今は大盛況。よかったよかった(^з^)

 

(でもこの虫達、いつかは、社内試験のために役立ってくれる運命なんですけどね。。。)

 

シロアリ 

 

 

これは川端さんのシロアリ。

今日もこの中央の木ばっかり、かじっています。

 

 

 

 

川端さんはアメリカでブログを見てんのかなぁ?

ちゃんと私にお土産買ってきてくれるかねぇ(戸島)



tojiyan at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 18, 2006

セミナー in名古屋

昨日はレベルアップセミナーで名古屋に行ってきました〜。

大勢のお客さんに出席していただき、そしてたくさんの方と話す事ができ楽しく終える事ができました。

残す所、明日の大阪会場です。最後までしっかりがんばろうと思います。

 

今回、私は「昆虫の同定入門」と「商品紹介−サイベーレ‐」を発表させていただいたのですが、

終わってからお客さんに「勉強になった」とか「自分とこの新入社員にも研修してほしい」とか、

その他質問も色々していただき、本当に感謝です。

今回もセミナーアンケートより“参考になった部分”“ならなかった部分”など

皆さんの意見を聞いて、次回のセミナーに活かしたいと思います!

 

 

しかし、(ちょっと個人的な話になりますが・・・)

自分がセミナーとかで人前で話すなんてっ(><)

昔(学生時代)の自分からしたら本当に考えられないことです。

 

昨日のセミナーでもあるお客さんに、前より話すのが慣れてきたね・・・言われました。

ありがとうござますm(_ _)m

(去年、緊張全快だった私を覚えていたのですね・・・)

 

でも、ほんの少しだけど自分も成長したなぁとしみじみ思いました。

これも「(取り合えず)これやっといて」と言って、いろんな機会を

与えてくれる会社(社長)に感謝です。

私は本当に社会人としてはまだまだっ!なんですが、

私も川端さんと同じく、これからももっと成長していきたいと思います〜  <戸島>



tojiyan at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)弊社セミナー情報 

October 17, 2006

カメムシの季節

この季節になると

カメムシ

たちがよく問題となります.
特にこの時期に大量発生しているわけではなく,
分散していたものが越冬の為に密集するので目立ちますねー!!

カメムシはカメムシ目(半翅目)異翅亜目に属する昆虫の総称で(アメンボなどの水生昆虫を除く),
世界中で約25000種,日本では約800種以上が知られています (・_・;)エー
ご存知のようにカメムシの多くは危険を感じると悪臭のある分泌物を出しまが
これは決して単にクサいだけのオナラではなく,外敵に対する防御物質として,
あるいは一種の警戒フェロモンとして作用していると考えられています.
(しかし,可哀想な事に密閉容器に入れておくと自分の臭いで死んじゃいます・・・)
もちろんオナラではないので,お尻から出るものではありません.
では,どこから出るのか?
それは,幼虫期では腹部背面,成虫期には中・後脚間にある臭腺という器官から分泌されます.

本来,農業害虫として一般的ですが,最近では住宅開発・観光開発などにより
人間が草原や山林に進出するにつれて,不快害虫として被害が増えてきました.
特にこれからの季節,羽目板や屋根裏に越冬のために集団で集まるため,
家屋内に侵入し,悪臭を放つので問題になります.
また,越冬から覚めた個体が野外に出る時に再び問題となることが多いようでね.

ふと大学時代のことを思い出すと,この時期になるとよく見かけたのはマルカメムシです.
天気の良い晴れた日には,大学の壁面はマルカメムシで模様が付いているようでした.
というのも,大学の敷地内はこのカメムシの餌となるクズが異常なほど群生していたためです.懐かしいなぁ〜

マルカメムシ
マルカメムシ
体長5mm前後.
暗褐色で光沢があり背面には黒い黒点がある.
北海道を除く日本各地に分布.ヤマフジ、クズ、ハギなどマメ科植物に寄生.
名前の通り丸いカメムシちゃん♪


カメムシ対策としては,発生源をやっつけてしまうことが本当は良いのですが
なんせ発生場所の特定も難しく,発生エリアもだだっ広いので・・・無理です.
なので侵入させないようにする事がポイント!!
この時期は,家屋内の小さな隙間を見つけては侵入してくるので,
そのような箇所(窓枠・戸袋・床下の換気口など)にカメムシ用キンチョ−ル乳剤
などを処理しておくと侵入防止に繋がります.
また,物理的に侵入口を塞いでしまってもいいかもしれませんね.
もし,家屋内に侵入された場合は,そっと捕まえて外に逃がしてあげましょう.
※注)掃除機で吸い取ると危険です.悪臭が部屋中に充満します.

その他,カメムシ類には光沢のある綺麗な種や,ヘンテコな模様のある種も数多くいますので
集めてみても面白いかもしれませんね.
僕は個人的に人面模様のカメムシと胸にハートマークのあるエサキモンキツノカメムシが好きです ( ^з^) y -☆ <川端>


tojiyan at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 15, 2006

広島・福岡・鹿児島セミナー無事終了!!

3日間連続の広島・福岡・鹿児島セミナーが無事終了いたしました\(^θ^)/
お忙しい中、セミナーにご参加いただいた皆様、ありがとうございます!!
テーマも報告書の書き方や虫の同定ポイントなど結構直ぐに使える内容が多かったのではないでしょうか?

しかし、やっぱりセミナーはいいですね!?
今回もいろいろ現場の声が聞けて「何が問題なのか」
「どのようなことが求められているのか」といった事がわかった気がします。
この声を参考に今後のセミナー内容や開発に繋げて行きたいと思います(・_★)キラーン

また、嬉しいことも多々ありました。広島会場でお客様と話をしていた時のこと。
僕が月1回(一応…)発行している情報誌SEMCOmmunication(セムコ通信)の話になりました。
タカラダニが大量発生している現場があり、対策に困っていた時に
丁度、タカラダニの内容が掲載されている号を営業から受け取ったそうです。
その内容を参考に顧客に説明したらその通りに治まったそうで、非常に感謝して頂きました(ToT)
他にもセミナー終了後、帰り際に頂く言葉
     「参考になりました」 「面白かったよ」 「勉強してますね」
本当に本当にありがとうございます。モチベーションUPです!!

残るは名古屋(17日)、大阪(19日)会場だけです。
今からでも当日でも参加可能ですので、申し込みお待ちしておりまーす(・ε・)ノ おっー! <川端>

セミナー風景 広島 広島会場とスーパー営業マンの西尾どん

セミナー風景 福岡 福岡会場

セミナー風景 鹿児島 鹿児島会場と西郷どん

tojiyan at 23:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)弊社セミナー情報 

October 07, 2006

来週からのセミナーは

今週は東京(10月4日),仙台(10月5日)と東側のセミナーでした.
菅野さんや戸島さんが奮闘してくれたようで(もちろん社長も先生も各営業担当も)
自画自賛ながらなかなか上手くいったようです(^o^)//
ご参加頂いた皆様も満足していただけたでしょうか?

で,来週の10日からは広島,福岡,鹿児島と西側です.3日間のセミナー行脚です・・・
西は戸島さんに代わり僕(川端)の出番です.
セミナーにご参加いただく広島,福岡,鹿児島の皆様,
暑苦しい男だらけのセミナーになってしまいますがお許し下さい.
内容はバッチリきめますんで!!

毎年恒例の春と秋のセミナーは,準備が非常に大変ですがやっぱり楽しみですね.
普段電話やメール,営業マンの噂?でしか接する機会のない多くの方々に
直接お会いし,話ができるとこは非常に勉強にもなり刺激にもなります.
広島,福岡,鹿児島セミナーにご参加頂ける皆様,よろしくお願いいたしまーす\(^_^=^_^)/

と,今ブログを書いていたのですが
ふと卓上で飼育しているネバダオオシロアリの1匹が脱皮を始めました(°Д°; ウヒョ

ネバダオオシロアリ






シロアリの脱皮って飼育していない限りなかなか見れるもんじゃありませんよね!?
脱皮したてのシロアリはなんだか白くて細長くて笑っちゃいます.また一回り大きくなってくれました.
シロアリって脱皮する際,一緒に後腸も抜け落ちてしまうんです・・・痛そうっ 〈川端〉


tojiyan at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)弊社セミナー情報 

October 06, 2006

ゴキブリヤセバチ

ヤセバチちょっと写真が分かりにくいのですが、
とある飲食店さんから、時期になると毎年このハチがたくさん発生するということで、
先日、同定依頼を受けた虫です。

普段、私の仕事のひとつに“虫の同定”業務があるのですが、
日々いろいろな虫に出会う中で、
久しぶりに感動した虫でした!(≧≦)

初めパッと見い、おなかが切れてると思って見たら、めちゃくちゃ短い!
(なんかおもしろいぃぃ〜)

このハチ、「ゴキブリヤセバチ」は寄生蜂の一種なんですが、
寄主は名前のとおり、ゴキブリで、大型ゴキブリの卵鞘に産卵するそうです。
うちの会社でもクロゴキブリやワモンゴキブリを飼っているけど、
こんなハチわいた事ないなぁ〜・・・
と思っていたら、ある報告ではこのハチの寄生率は1.5%らしい。結構低い数字。

てことは・・・
このハチが“毎年ある時期になると大量発生してくる”
と言っていた飲食店さんは
相当なゴキブリたち(卵鞘)がいるんだろうなぁ・・・(+_+)

ゴキブリの天敵になるから、ゴキブリヤセバチはそこの飲食店さんの
ゴキブリ数を減らしてくれていたと思うけど、
でも、店内をこのハチがブンブン飛び回っていたら、それも困ったもの。

寄生率が低いからめったには起こらないと思いますが、
衛生面・不快面以外に、ゴキブリによって
こんな2次的な害虫問題も起こりうるので、
やっぱりゴキブリは駆除するべきですね☆


tojiyan at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 05, 2006

お待たせしました!菅野参上!です

どうも〜。初めまして!
環境機器の技術コンサル古株の菅野(カンノ)です。
川端君や戸島さんと一緒に防虫コンサルをしながら、せっせと虫の知識を増やし喜んでいる人間です。
川端君が何やら自分の呼び方は・・・なんてカキコしているので、私は「ボク」にしますか!

レベルアップセミナー2006TOKセミナー展示






<<<<<セミナー速報!!!>>>>>ちょっとニュースです!
昨日から始まった弊社のセミナー。東京会場は非常に盛況でたくさんの方にご参加いただきました!ありがとうございましたp(T^T)q
今回からセミナーの展示にも力を入れていて、皆さんに20分間の商品展示&質問時間を設けたのですが、
大量の質問を頂き、あっというまに終わってしまったという感じでした(^o^ヾ
戸島さんも「同定セミナー」「商品紹介」と90名ぐらいのお客さんを前に大奮闘!

アンケートには「参考になった」・「また参加したい」というご意見や、
なかには「もっと詳しく聞きたい」と非常に興味を持っていただいた、という事に感激しました。
今日は仙台。来週は広島・福岡・鹿児島と連続なので、みなさんに「本当に参考になった」といっていただけるように頑張ります!!

★★★自己紹介(あとがき?)★★★
出身は大阪の阿倍野。バリバリの大阪南の中心ですわ。ああ、いい感じ。ブログも時々大阪弁でやらせてもらいますわ。
小学校から奈良県に住み、虫取り・魚釣りをしまくってました。よく池にもよくはまりました・・・。
そのころからボクの進路は決まり、昆虫しか勉強せん!と生物にはまり込んでいったのです。
今は環境機器で防虫業者さんに食品工場で行なう防虫対策の提案や、昆虫に関する質問を回答したり、セミナー講師をしたりと様々なことをやってます。

基本的には昆虫・生物好きなので、工場でも珍しい昆虫がいればもって帰るか、その場で写真をとって喜んでます。
もちろん仕事はきっちりやりますよ!

簡単ですが自己紹介とニュースでしたぁ。


tojiyan at 09:07|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

September 27, 2006

川端参上!!

まいどです〜♪♪
技術コンサルタント一番下っ端の川端です.
戸島さんは→「うち」 川端は→「僕」でいきますので皆さん,誰が書いているのか読み分けて下さい.
菅野さんは・・・何だろう??

今回が僕の初投稿ということで自己紹介しまーす( ゚Д゚)ノ

★☆★☆★☆★☆ 自己紹介 ★☆★☆★☆★☆

●名前:川端 健人(カワバタ タケト)

●出身:生まれも育ちも滋賀,父親も母親も滋賀.生粋の近江っ子です.
滋賀といえば皆さんがイメージするように田舎です.
特に僕の暮らしていた地域は,田んぼと畑だけのドドド田舎です.
そのため,幼少期から虫や爬虫類,魚などを捕まえては遊んでいました.
買ってもらった昆虫図鑑はボロボロで,同じものを2冊買ってもらうくらい.
こんな環境で育ったせいか,無類の生き物好きになってしまいました.
小学生の時は隣のクラスでゴキブリが出ても呼ばれる始末・・・ |-_-)ノ ゴキブリ出タヨ!!
この頃からこの業界に入る素質があったんでしょうね.

●経歴:近畿大学農学部農学科→滋賀県立大学大学院環境動態学専攻
結局,虫好きが高じて昆虫の研究がしたいと想い昆虫学研究室へ入りました.
ここではテントウムシの研究をしていました.
それから滋賀県立大学大学院へ移り,今度は魚の研究へ.
もともと虫の研究をするつもりでしたが,滋賀では虫よりも外来魚問題がブームだったので
ブームに乗っかりブルーギルの生態を研究していました.
繁殖期の約3ヶ月間は,休みなく毎日琵琶湖に潜っては定点観測を行なっていました.寒かったなぁ〜

●環境機器入社:現在1年半.まだまだこれからです・・・
肩書きは営業開発部技術コンサルタント←カッコイイので気に入ってます.
社長曰く,営業も開発も技術もできる(なんでも!?)部署らしい・・・便利な名前
その他,実験,メルマガ・Semco通信の編集長(自称,部下無し),セミナー講師?などやってます.
あと,クライオナイトターマトラックの技術を担当しています.
特にクライオナイトは入社して一番最初に任された商品なので思い入れがありますね!!
結構高価な商品なので売れるか心配でしたが,
現在ではなんとか数十台納品させて頂いております(≧▽≦)感謝☆

●環境機器との出会い
大学院の専攻が環境系だったので社名に環境が付く会社を適当に就職課で探していました.
その中に『環境機器』があってHPで確認.なかなか面白そうと思い社長に直メールしました.
『環境機器』という社名はどこかで聞いたことがあるなぁと思い当時後輩現在先輩の戸島さんに確認すると
やっぱり働いてた!( ゜▽゜;)
で,会社説明に伺ったときに先輩の菅野さんもいてる!? 運命感じました.
それからはタイミングが良かったのか特にこれといった面接や試験もなく環境機器のメンバーとして
暖かく受け入れてもらうことが出来ました♪

ちなみに,僕が就職課で見た『環境機器』は全く別の会社でした・・・これまた運命です(*_*)

とまぁ〜長々とではありますが自己紹介させて頂きました.
まだまだ若輩者ではありますが今後とも宜しくお願い致します m(_ _)m

tojiyan at 21:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

September 20, 2006

タバコシバンムシ

ca95c544.jpgこんなにも捕れました〜☆


これは社内(実験部屋)で発生し、
逃げ出したタバコシバンムシたちを
フェロモントラップで捕獲した写真です。→商品名はドームトラップ


前々から会社ではタバコシバンムシをアイスカップくらいの容器で
こじんまりと飼っていたのですが、
ちょうど夏頃から、仕事中よく目に付くなぁ〜
と思っていたらすごい大発生してて、容器から逃げ出していました。(^_^)ホホホ

逃げ出した者たちの発生場所を探してみたら、
なんとゴキブリの飼育容器内でゴキブリたちと一緒に生活☆
生命力強いなぁ〜・・・

でもタバコシバンムシはかわいらしい虫だけど、他の女性陣が知ったら・・・(>◇<)
という事で
ちょうどその頃、手元にあったドームトラップを川端さんが部屋の隅に設置しておいてくれました。


そしたらこんなにも捕まっていて、自分たちもビックリ!(☆o☆)
さすがフェロモンパワー!

設置後はというと(季節的なものもあると思いますが)
外でウロウロしていたタバコたちをほとんど見なくなったので、
どうやら出てきた個体は結構捕獲したようです。

ちなみに、このドームトラップは性フェロモンだけでなく、
カイロモン(食餌誘引剤)も付属なので雄成虫だけじゃなく、雌成虫も捕獲します!

もし、タバコシバンムシの発生が気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか??
ドーム&タバコ

tojiyan at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 11, 2006

環境機器メインイベント

もうそろそろ環境機器主催のPCOレベルアップセミナーが始まります。
(なので、その準備もあってちょっと忙し〜日々です(><))

今日は、春と秋に行う環境機器恒例のレベルアップセミナーについて・・・
セミナーの内容は弊社のお客様である害虫駆除業者の方々の
専門知識がさらに向上していただくような内容を中心に
(毎回違う内容です!)
その他、商品(薬剤や資材)の社内実験結果の紹介、
さらには今後のPCO業界についてなど、
毎年いろ〜んな内容を盛り込んで行っているセミナーです。

で、

☆☆今年のセミナー内容☆☆ をカンタンに紹介すると・・

1、弊社社長 片山による「ビジネスセミナー」

PCO業界の最新トレンドを紹介!未来の方向性を大胆に予測します。(@o@)

2、弊社技術顧問 辻英明先生による「屋内害虫セミナー」

製品の異物混入にもなりやすいノシメマダラメイガとタバコシバンムシに関して、
今年、辻先生が実験で得た新知見と、それと共に新たな対策方法を紹介します。

3、弊社技術コンサルタント 菅野格朗による「報告書で差が付くペストコントロール」
これは、法人の顧客に提出するPCOの報告書についてで、
“どのようなものがより効果的か??”をテーマに紹介していきます。

その他、

4、「誰でもできる同定入門!」

これは毎年アンケートでもたくさん希望があった「昆虫の同定講座」です。
ついに今年実施します!
ムシポンとかプラズマとかの捕虫紙に付いている虫
(捕虫紙検定で優先種となるハエ目を中心に)
同定方法・同定ポイントを
初心者の方でも分かるように紹介していきたいと思います。

5、あと、「商品紹介」ということで、

今回は環境機器がおすすめ(特に私がイチ押し)のサイベーレ0.5SC(:シフルトリン0.5%のピレスロイド系フロアブル剤)を紹介します。
ただの商品紹介ではなくて、
“対象害虫であるアリに本当に効果があるのか?”や
“残効性ってどのくらいもつの?”って事など、
現場で実際に使われる方々が聞きたいような内容の
(社内実験ですが)調べた結果を紹介します。

・・・以上。今年はこの内容でお送りしますが、
参加費はといいますと・・・


無料です!

うちのセミナーは毎年、参加費無料ってこともあり、
毎年リピーターの方が多い!(感謝ですm(_ _)m)

もちろん、毎年、初めて参加される方も何割かはいます。

つまり、(ちょっとずつですが有り難いことに)年々、参加人数が
増えてきているので、今年は結構広い部屋を準備しました。

で、今年の開催都市はというと、

仙台・東京・名古屋・大阪・福岡・鹿児島>の
6会場で行います。
日程は10月4日東京からスタートです。

もし、このブログを見ていただき、もし、参加してみようかな・・・とか、
会場はどこやねん、という方があれば是非連絡ください。→環境機器

てことで、とりあえず、今日はおしまいです。


tojiyan at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)