■おしらせ
セミナー随時開催予定、ウェブサイトを要チェック!

May 12, 2008

ひょ,標本が…

先日実家に帰ったときのこと.
なんとなく胸騒ぎがして普段なら滅多に開けない押入れを開け,奥に閉まっておいた標本を確認

げげげっ・・・!! やっぱり喰われてる被害標本標本
←←ヒメヤママユガ,ヘビトンボ,オオゴキブリなどが餌食に.ゴメンナサイ

←なんだかすっきりしてしまった標本箱.大事なテントウムシは全て無事でした.嗜好性があるのかな?

 

大事な標本を食べた犯人はヒメマルカツオブシムシです.
ヒメマルカツオブシムシは世界的な衣類害虫で衣類に穴をあけられた経験のある方も多いのではないでしょうか?
衣類以外にも今回のように昆虫の標本や動物の剥製,乾物などを加害します.

成虫の体長は約3mm,厚みのある短楕円形の丸い虫で,全体的に灰黄色ですが鱗毛があるためマダラ模様に見えます.
幼虫は体表は短毛に覆われており,腹端からは刷毛状の毛の束(槍状毛)が出ています.この毛は,アリや寄生蜂に襲われた際,抜け落ちて敵に絡みつき敵を動けなくする役割があるそうです.

ヒメマルヒメマル幼虫ヒメマル蛹







↑左から成虫・幼虫・蛹

発生は1年に1回で幼虫越冬します.幼虫の間はずっと暗所に隠れながら餌を食べて成長します.
そして,3〜4月ごろに蛹化し,約20〜30日で成虫になります.羽化した成虫は絶食状態のまま約10日ほどそのまま暗所に潜んで交尾をし,産卵を繰り返します.雌成虫は,20〜100個の卵を産むと言われています.

カツオブシムシの興味深いところは,産卵を終えると突然走光性(光に向かう性質)が負から正へと逆転し,暗所から窓などの明るいところへ飛び立つことです.
そのため,この時期になると窓際や壁にポツリと佇んでいるヒメマルちゃんを見かけます.
が,ここで発見した成虫は,既に産卵を終えている可能性が非常に高いということですね.来年はもっと出るかも!?

屋外へ飛び立った成虫は,幼虫とは違い訪花昆虫として花粉や蜜を摂食します.
特にマーガレットやキク,コデマリなどの特に白色や黄色の花でよく見かけます.しかし,不思議なことは産卵を終えてからも餌を食べて約1ヶ月ほど暮らす生態.その後は産卵をしないそうです・・・
ユスリカやカゲロウなどの成虫では,餌を全く取らずに産卵を終えると死んでしまうし,多くの昆虫は産卵をするために餌を取って卵巣を成熟させ産卵しますが,ヒメマルカツオブシムシは絶食状態で産卵後,餌を摂取してただ生きるだけ.

子孫を残すという成虫の役目を果たしてからも余生を楽しむなんて,なんだか人間的なヤツです(川端)



tojiyan at 19:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

April 30, 2008

宮古島

ペンションGWにフライングして宮古島へ行ってきました
毎日島の人や他の旅行客,長期滞在者の方々と生三線をBGMに飲んで唄って楽しかったです
結局,泊まったペンションと海の往復だけの観光なしでしたが
何もないがある良い場所でゆっくりとした時間が過ごせました♪
ペンションあらぐすくの皆さん,ありがとうございました!!
また帰ります.
↑ペンションあらぐすく.Deepな宮古を楽しみたい方はお薦め

今回の旅の一番の目的は趣味でもあるスキンダイビングでしたが職業柄,やはり虫探しをしてしまいました.
とはいえ時期が少し早かったのか全然虫がいない…
ゴキブリは数種,シロアリは糞だけ見つけましたが,おぉ!!っという収穫はあまりありませんでした.
ただ,大型ハエ類は大量にいてこんなところでフライマグネットを設置したら凄いことになるんだろうなぁ~と一人想像してしまいました
島の人たちは都会とは違い,虫がいるのが当たり前のようでハエもアリも気にしないって感じで一緒に生活
きっと,ここでの一番の防虫資材はヤモリとクモなんだろうな…オオジョロウグモ   (川端)
イワサキクサゼミ
←←日本最大のクモ「オオジョロウグモ」

←日本最小のセミ「イワサキクサゼミ」





糞レイビシロアリ科の糞
←ペンション敷地内の朽木の切り株でレイビシロアリ科のシロアリの糞を発見.
←アメリカカンザイの糞(左)と比較.それよりも大きい.コウシュンシロアリ??



tojiyan at 20:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

April 18, 2008

スズメバチの巣

スズメバチの巣1


これ、パートさんが 自宅にある古い物置を片付けている時に
見つけたそうです。



“巣にまだハチがいるのでは?”と警戒していたそうですが、
スズメバチの巣は1年限り(もう空っぽ)なので“大丈夫です”ということで、
会社に
持ってきてもらいました♪

スズメバチの巣2すごいな〜,このマーブル模様

触った感じは、薄〜い木の皮が何枚も重なっている感じです。


ちなみに巣の材料は枯れた朽木など 樹木。
働きバチが各々、種類の異なった樹木から巣材を採集してくるので、

その色の違いで、このマーブル模様が形成されるそうです。

巣は空になっていますが、昨年から越冬していたスズメバチの女王蜂は、
4月後半〜5月頃に現れて巣作りを始めます。

初めは女王バチ1頭で小さな巣を作り、産卵。
ふ化した幼虫が働きバチに成長するまでの約1ヶ月間は女王バチ1頭で、
育児に,巣作り,餌集めなど
身の回り全てを行ないます。( ´∀`)エライナ〜

スズメバチというと“凶暴”というイメージばかりですが、

実は女王バチにとって、この時期はとても不安定で厳しい時なんですね

ちなみに、そろそろ越冬を終えて出てくる時期ですが、即 巣作り開始!かというと、

そうではなく、2〜4週間は樹液などをなめて、
まずは体力を回復させてから、そして巣を作り始めるそうです。

なので (ちょっとかわいそうな気もしますが)

樹液の香りがするこの誘引トラップなら、

これからの時期、女王バチを捕獲して巣作り防止になりかもしれませんね
(戸島)

参考:スズメバチの科学(海游舎) 小野正人著

参考HP:都市のスズメバチ 山内博美

スズメバチの巣3
とても気になったので、
中を開けてのぞいてみました。



tojiyan at 17:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

April 09, 2008

新入り

気付けば新入生,新入社員を迎える季節なんですね〜

当社は,特に新入社員採用とか今回なかったので 新鮮感なく過ごしていましたが、
4月初めのニュースや通勤電車内の周りの雰囲気で気付きました。

当社で、、、最近仲間に加わったといえば、これくらいかな。


うちの新入りです

サツマゴキブリ写真1
 



先日、弊社のお客さんが採集して いただいたサツマゴキブリ。




サツマゴキブリは朽木や石の下とかに生息する野外性のゴキブリで、臭くないし
(写真の個体もそうですが) 成虫は前翅・後翅が退化しているため、
あの黒光りした羽もなく、いかにも“ゴキブリ〜”って感じがしません。(自分だけ?)

 サツマゴキブリ写真2


(気温がちょっと低かったせいか分かりませんが)
←手の上に乗せても大人しく、かわいらしい新入りです( ´∀`)つ



(さすがに動きはゴキブリらしく素早くて,
ケースに敷いた土の中に潜るのも早い!)

(戸島)



tojiyan at 17:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

March 28, 2008

ちょっと珍しい?

春のレベルアップセミナーも無事終わり、ちょっと一段落( ´∀`)フ〜

 セミナーレポートを環境機器HPに更新しました!


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.

先日,お客さんから'見てほしい’とのことで虫を預かりました.
セロハンテープに付いていたので,崩れてちょっと見難いですが.
これ↓
クロバネキノコバエ写真1クロバネキノコバエ写真2






初め肉眼だけでは,
なんかの幼虫?,トビムシ?とか思いましたが,
顕微鏡で見たところ,ハエ(コバエ)の一種・・・「クロバネキノコバエ」の成虫、
羽のない(無翅)タイプでした.
(どの個体も翅が付いていなかった.)

ハエ・コバエって言えば,基本,羽の生えた虫を想像しますよね.
クロバネキノコバエ写真

←こんなの.


しかし、今回預かった虫↑は体に脚が付いているだけ.(・∀・)珍しいな〜



クロバネキノコバエはライトトラップの捕虫紙でいつも見ている虫なので
すぐ、“クロバネキノコバエ科”って分かりましたが
もし見慣れてなくて,こういう特殊(?) なものがくると、
ハエの仲間なのか、それとも他の虫なのか? 迷ってしまうかも・・・

なので,普段からいろいろ虫を見ておくのって大切ですね.


もし,これから虫(害虫)の見分け方について勉強しようかな〜
と思っている方がいらっしゃれば,
基礎からお話しする このセミナー(5月)、おすすめです。(残席、わずかですが…><

(戸島)



tojiyan at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 19, 2008

セミナーと虫の季節

今日はあいにくの全国的な雨ですが,昨日まで春って感じで非常に暖かい日が続いていました
とは言え,花粉症の方(僕も)にとっては辛い毎日を過ごされていると思います…

先週から毎年恒例の春季レベルアップセミナーを全国各地で開催しています.
先週は広島・鹿児島・福岡,今週は名古屋・東京・大阪です.

広島セミナーセミナーにご参加いただいた皆様,ありがとうございます.
今回の内容は如何だったでしょうか!?
特別講師 Dr.Lee Chow-Yang によるアリの話は非常に興味深い内容でした.
アリの防除と一言で言っても,種類や時期を考慮して実施しなければならないことがわかりました.

↑広島会場

桜島セミナーでは全国各地に行けるので仕事とは言え半分観光気分(怒られるかな
鹿児島では地の魚と鶏を,福岡ではモツ鍋を堪能しました 美味かったぁ♪

←桜島.少しガスっていて見えにくかったけど,噴火しなくて良かった

 

ネバダ羽アリ出張続きで飼っているネバダオオシロアリをほったらかしにしていたのですが,
帰ってから見てみると羽アリがちらほら.出そうな雰囲気だったので予想通りの羽アリ達.
ちょっと餌不足だったもんなぁ〜
まだまだ羽アリ予備軍が待機しているのでもっと増えそうです.今のところ1日2匹ペースで増加中!!

啓蟄も過ぎ,これから本格的に虫の季節.皆さん,準備は万全ですか!?
不安な方はこちらへどうぞ (川端)



tojiyan at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 11, 2008

売れ筋です

いやはや〜 ´〜`),,,長らく更新を怠っていました。すみません。

今日から弊社主催のセミナーが始まりました!

今週は広島、鹿児島、福岡の西日本ツアーです。

来週の東京や名古屋、大阪は今からでも受付OKなので、興味のある方、ぜひぜひお申し込みください。

 

さて、話は変わりますが、先月号の日経ビジネス2008年2月25日号)にこの商品に関する記事がありました。

 

売れ筋の商品 紹介コーナーで、弊社でも取り扱っているクレベリンGが掲載。

 

記事の一部を以下に抜粋します。

「(クレベリンGは)大々的な宣伝広告は行なっていない。 にもかかわらず口コミで認知が急速に広まった。

ある医薬品・健康食品の大手インターネット販売ショップでは、除菌剤コーナーの売上げランキングでトップを独走中(2月15日時点)。一部のドラッグストアでは品薄の状態が続いた。」 

そうです。 

 

そんなにすごいのか と思いますが、ホント,優れものみたいですよ

このクレベリンの主成分、、、二酸化塩素は、高い殺菌効果があると実証されていて、

細菌・カビを除菌し、各種ウイルスを不活性化させる働きがあります。(ニオイはかすかな塩素臭)

今まで、この二酸化塩素を発生させるには、大規模な装置が必要だったそうですが、

それを濃度低下させず安定して二酸化塩素(気体)を液体に溶存する技術をメーカーの大幸薬品が開発。


よってクレベリンGはオフィスや家庭など室内に “置くだけで” 丸ごと部屋の空気を除菌してくれるそうです。

 

インフルエンザやノロウイルスなどそろそろ落ちついてくるシーズンですが、
このクレベリンG,これからも要チェックな商品ですな

(戸島)



tojiyan at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 22, 2008

またアリの話

先日参加したフォーラムで、“アリ駆除でも種類ごとに対処法や殺虫剤の選択は重要だなぁ”と思いましたが、

その他では、この先生の講演内容でもそう感じました。 

先生とは、マレーシア科学大学のLee Chow-Yang教授。

Lee Chow-Yang教授は、主にゴキブリや白蟻、アリの生態や防除技術について研究をされていて、

アリに関しては、種ごとの餌の嗜好性や餌を採集する時間帯についてなど数多くの研究結果を発表。

去年のFAO台湾大会でも、「マレーシアにおけるアリの採餌行動」について講演されていました。

 

その時の資料によると、

(マレーシアの都市で問題となるアリ,10種類を対象に調査しているのですが、)
たとえば、イエヒメアリは糖質ベースの食物よりも、タンパク質性食物や脂質性食物をより好み、

アワテコヌカアリについては糖質食物を最も好む ・・・とか,

ベイトの 剤型に関する試験では、多くの種で 液体状のベイトが最も喫食率が高かった など

 

他にも研究結果が多数載っているのですが、ここでは詳しくはやめときます・・・。

 

というのも、Lee Chow-Yang教授には 来月3月の弊社主催のセミナーで、アリの講演をしていただくのです!
もちろん、これらの研究結果も交えて、マレーシアでのアリの防除事例についてなど
お話していただく予定です。

 

日本ではあまり聴くチャンスがないので、ぜひこの機会に 

(※場所は、広島・福岡・大阪会場です。 詳しくは 環境機器セミナー情報 ← まで)

(戸島)



tojiyan at 19:32|PermalinkComments(0)

February 15, 2008

TCO技術・営業セミナー終了

昨日,東京でTCO技術・営業セミナーを開催いたしました.(TCO:Termite Control Operator)
東京へ向かう車中,大阪の高槻は吹雪→故郷の滋賀は積雪→名古屋から晴天と天候が大きく変化していくことにびっくりしました
富士山とくに新幹線も遅れることなく,目的地の東京も天気が良く助かったぁ〜

しかも途中に見える富士山はサイコーでした.
さすが日本一の山だけありますな



セミナーは非破壊型シロアリ探査機ターマトラックを中心に
かなりニッチな内容であったにもかかわらず,50数名の方々にご参加頂きました.
ありがとうございます

今回は講師として当社の顧客でもある阪神ターマイトラボ水谷さん,キンキ・リビング・サポーツ蠅両昌泙気に講演して頂きました.お二人とも現役バリバリのTCOさんです.

TTDセミナー風景内容はというと,手前味噌(といっても人のフンドシです)になりますが,非常に参考になるものばかりでした.現場の生の声はやはり違いますね!!
自社のノウハウを惜しみなく出していただけるなんて心の広い方々です.本当に勉強になりました.



こういった素晴らしい方々が当社の顧客だということも非常に嬉しいです.
売り手⇔買い手 という単なる付き合いではなく,お客様にとってパートナーとしてwin-winの関係が築ける会社になって行きたいと思います. (川端)



tojiyan at 20:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

February 14, 2008

ペストコントロールフォーラム参加

先週の7(木)8(金)に、第42回ペストコントロールフォーラム(兵庫大会)が行なわれました。

ペストコントロールフォーラムとは・・・、
 全国のねずみ・衛生害虫駆除に携わる官・民・学会の関係者が一堂に会し、
 相互研鑽と情報交換を行なう場で、毎年開催されているフォーラム
だそうです。

なので、今回も厚生労働省や兵庫県の各役所、薬剤メーカー、研究機関などさまざまな方面の方々から
事例報告、取り組みについての講演がありました。

大会1日目の最後には、フマキラー(株)開発本部商品企画室 室長の杉山氏から、
話題の「アルゼンチンアリの現状と防除法について」の報告がありました。

その中で、アルゼンチンアリの生態的特徴についても、いくつか説明がありました。

 「アルゼンチンアリは基本的に雑食性であるため何でも食べるが、
中でも砂糖や花蜜などの甘味を好む。特にアブラムシやカイガラムシが分泌する甘露が好きで・・・(略)」

とのこと。

つまり、以前私がブログで記載した「聞くところによると、カツオダシ系のものを好むそうな・・」というのは

私の聞き間違いでして、

本当は、アルゼンチンアリは特に甘い物を好むそうです。

雑食性なので、もちろんカツオダシの入った煮物類などの食品にも群がり、

その他、生ゴミや果実、昆虫類の死体なども餌にするそうですが・・・。

しかし少し誤った記載をしてしまったので、訂正します。すみませんでした。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


さて、以前の話の続きではありませんが、
“じゃあ、甘党のアルゼンチンアリにはスイートアントジェル(甘いアリ用ベイト剤)は有効なのでは??”

となるかもしれません、

しかし、アルゼンチンアリの駆除はそう簡単にはいかないそうです。

確かに、甘いものを好むアルゼンチンアリにとっては、
きっとスイートアントジェルは魅力的な毒餌になるかもしれません

が、問題はその数。

アルゼンチンアリは1つの巣に対して多数の女王が存在し、産卵能力も高く、
その発生量は尋常じゃないそうです。

(大発生した時には、スイートアントジェル1箱の量では到底まかなえん!)

 

そこで、フマキラー(株)が開発したのが・・「アルゼンチンアリ巣ごと退治液剤


この殺虫剤は、有効成分がフィプロニルのアルゼンチン駆除用 液剤

今回の講演によると、
フィプロニルはアリに対して、遅効性 (・・・効果がゆっくり現れる)だそうです。

駆除の流れとしては、
アルゼンチンアリの行列や巣に直接散布 → 遅効性なので、働きアリはすぐに死なず巣に帰る
  → 帰った後、巣の中で仲間同士、グルーミング(なめ合い) →
液体をかけられたアリだけでなく、グルーミングをした他アリにも殺虫効果 → 巣ごと駆除

 

となるそうです。


“アリ駆除”といっても、種類によって対処法はさまざま。殺虫剤の選択もとても重要ですね。

今回フォーラムに参加して、またひとつ勉強になりました!


(戸島)



tojiyan at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出張・学会レポート