■おしらせ
9月21日開催「関東エリアPCO・TCO基礎セミナー」
@埼玉

September 03, 2007

みんなそろって成長

クロゴキ成虫(07)去年はみんな赤かったけど、今年は真っ黒!


???


今年の夏、弊社のクロゴキブリの飼育ケースは、
写真のとおり、黒くてツヤのある成虫ばっかりです


一方、去年のこの時期はどうだったのか?というと、、、

ほとんどが幼虫で、その中で表側に出ていたのは中齢〜老熟の幼虫だったので、色が赤褐色。

なので、去年と今年、ケースの中の色がえらい違いました。

 ***クロゴキブリ***
クロゴキブリは、発育速度が遅く、ふ化した幼虫は年内に成虫へとなることができず、

1回または2回越冬してから成虫となります。


すなわち、

大きい幼虫(老熟〜中齢)は、その年 越冬し、翌年の初夏に羽化。

小さい幼虫(若齢幼虫)は、その年 冬を越した後、翌年さらにじっくり時間をかけて成長。

しかし、ここで成虫にはならず(冬前に成虫とはならず)、

もう一度(今回は老熟幼虫で)越冬し、そして、2年目の初夏にやっと成虫となります。

クロゴキブリ成虫は、数ヶ月もの間、産卵を繰り返すので、

いろんな発育ステージの幼虫が同時に存在することとなるのですが、

冬に発育をストップさせることによって、季節に合わせてステージを揃えようとしているのだそうです。

   (参考:辻,種池1990:環動昆,2(1):42-43)

なので、ちょうど2年前、知り合いの方から分譲してもらったクロゴキブリの成虫が卵を産み、

それが一斉に羽化したため、今年はこのように 見事に黒い成虫ばかりとなりました。(´∀`*)ワーイ

実際には、生息環境や気候変化によって、この通りきれいに揃うとは限らないと思いますが、

こういったちょっとした生態的特長を知っておくのも損はないのでは??


さて、このクロゴキやヤマトなどの大型ゴキブリに関する生態やその防除方法について
今年の秋セミナーでは、辻先生より詳しくお話をしていただきます。

レベルアップセミナーのラインナップはこちら↓↓ 

 ・IT技術とPCO経営戦略  (講師:環境機器 代表取締役 片山淳一郎) 

 ・飲食店における防虫管理 (講師:環境機器 技術コンサルタント 菅野格朗)
 ・飲食店に侵入!黒いゴキブリ対策 (講師:環境生物研究会 代表 辻英明
   
※広島・名古屋・東京・福岡・鹿児島のみ

 ・飲食店でのネズミ防除   (講師:イカリ消毒 技術研究所所長 谷川 力)
   
※名古屋・大阪・福岡会場のみ

 ・知っているようで知らない薬剤のホント (講師:阪神ターマイトラボ 代表 水谷隆明)
   
※広島・大阪・東京・仙台会場のみ

 ・レベルアップにつながる商品紹介  (講師:環境機器蝓ゝ蚕コンサルタント)

 

ただいま、受付中です。 ちなみに参加費は無料となっています。
興味を持っていただいた方は是非お申込みください。


●HPから申込 → コチラ (ページ下の方に申込欄があります。)
●TEL → 環境機器 072-681-1175 戸島まで (申込用紙をFAXいたします。)

よろしくお願いします。 (戸島)



tojiyan at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 23, 2007

野外試験は気晴らし

先日,試験の助っ人としてちょっとした山の中にある現場へ行ってきました.
普段は社内でパソコンと睨めっこしたり,外に出ても営業回りだったりと
ほぼインドアなわけですが,この日は自然に囲まれた野外だったので良い気分転換になりました.

作業をしていと,いるわいるわの昆虫たち
ムカデにオサムシ,ナナフシ,カマキリ,ミヤマクワガタ,ヤママユガ…
もちろんしっかり作業のお手伝いはしていましたが,
意識はチラホラあっちへこっちへいっちゃいました (;´Д`)スイマセン…

やっぱり虫たちとの戯れは楽しいですね♪ 菅野さんと同感です  (川端)

ナナフシ

 

←擬態しているナナフシもフェンスの上ではバレバレです.
 数千年後にはフェンスに擬態したナナフシが現れるかも!?

 

ヤママユガ


←本土では最大のヤママユガ
 チョウよりもエキゾチックな模様
 の多いガの方が好みです.



tojiyan at 18:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

August 12, 2007

驚きの現場指導

え〜、非常に久しぶりの登校・・・イエイエ投稿をする菅野です。ネット外で引きこもっておりました。

先日、九州の業者さんの所へ現場の何たるかを見せていただいてまいりました。びっくりの連続です。

九州の厨房にワモンゴキブリのローチスポットが大量に発見できるという事実にびっくり(((( ;゚д゚)))実際に厨房に入ったときには「チャバネゴキブリ」のニオイがキツイ・・・奴らが大量に潜んでいるハズだ!と思ったのですが、集団が見つからない・・。おかしいと思った瞬間ワモンゴキブリが飛び出してきましたヨ!!ニオイの正体はワモンゴキブリの糞!何しろ関西では厨房の中でワモンゴキブリが集団で見つかることは少ないもので驚きでしたね。ワモンゴキブリ成虫

 

←ワモンゴキブリ

しかし、もっと驚きだったのは社長さんの蝶好き!

「菅野くん、近くにいいスポットがあるから見に行くよ!」と誘われて山の山頂に行くと、数々の迷蝶たちが!メスアカムラサキ・アサギマダラ・ウスキシロチョウと飛んでいるではありませんか!!それ以外にもナガサキアゲハ・モンキアゲハ・カラスアゲハと大型の蝶類が・・・。必死で蝶の写真を撮ろうと追っていると

「菅野くん、メスアカムラサキが指先に止まってるよ」と社長さん指先のメスアカ1

そんなバカな!?迷蝶ですぞ!

「汗を吸っているんだね〜」と余裕(TДT)

指先メスアカ2

メスアカムラサキ

 

 

 

 

 

ああ、なんて素晴らしき蝶の世界だと余韻に浸りながら下山。学生の頃、昆虫の観察をしまくっていた頃を思い出しました。

従業員の皆さんとも夜の森へ昆虫採集・・30代の男達が汗びっしょりにして歓声をあげる異様な世界。警察に通報されてもおかしくないなぁと思いながらも熱中してしまいました。

やはり、「虫取り」やめられない、たまらなく魅力的な世界なんですよ!

(カンノ)



tojiyan at 13:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 09, 2007

ア,アリが…

いつも偉そうにセミナーでは「あーだ」の「こーだ」の言っている私ですが,
昨日アリ(ルリアリ?)による被害にあいました ('A`|||)ハズカシヤ

3日前に乾物や調味料一式を置いているラックにあったカツオ節が数匹のアリちゃんに加害されていたので,まず被害のあったカツオ節は処分し,ラックの脚周辺にエアゾールを撒いて上がってこれないように簡単に処理しました.次の日は何もなかったので安心していました.

アリ群がるが,昨日,帰宅してそのラックの横を通った瞬間,なんとなく気配を感じ砂糖をいれている容器をみると黒いものがザワザワ(((( ;゚д゚)))
大量のアリが・・・
焦ってはならないととりあえずスーツからTシャツに着替え臨戦態勢!!
アリの入った砂糖の容器を熱湯で殺虫して8割は駆除完了.
歩き回っているアリを1匹1匹やっつけながら,逃げていくアリをストーキング.
3日前にラックの脚には薬剤を処理していたので,そこからの侵入はなかったんですが,
ラックにかけていた紙袋が壁と繋がっていてそこからラック上へ到達したようでした.
←黒い粒粒がアリンコ.ざっと100匹ほど.

そのまま追いかけていくとクローゼットのドアの冊子の部分の僅かな隙間へ.
隙間を見ていると数匹出たり入ったりしていたのでここが侵入源であると確信しました

今回はあえてここにエアゾールは撒かず,以前ペストワールドでもらってきたサンプルのアリ用ベイト剤を設置.
薬を撒いてしまうと忌避してベイト剤を喰わなくなってしまいますもんね.
アリは社会性昆虫なので歩き回って見かけるものはほんの数%.その実体はかなりの個体数です.
巣ごと退治するには,やっぱり喰わせてやっつけるベイト剤がいいですよ.
虫退治.COMでも扱っているアンツバスター,なかなか好評です.
これから帰って結果を見るのが楽しみです♪ (川端)



tojiyan at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 02, 2007

におい気になっていますか?

クレベリンG
ご存知ですか?

これはクレベリンGという二酸化塩素を溶存した除菌・消臭剤です.




主成分の“二酸化塩素”は,
サルモネラや大腸菌,黄色ブドウ球菌などに対する除菌効果,また除カビ,消臭効果にも優れており,
塩素系の成分ですが,
次亜塩素酸Naほどの強い塩素臭はなく,また漂白作用もさほどキツくありません.
さらには,発ガン性物質のトリハロメタンも生成しにくく安全性が高いので
希釈して使用するタイプの「クレベリンL500」(1L/本)は,昨年の冬,大活躍でした.

で,この二酸化塩素を主成分とした据置タイプの除菌・消臭剤が写真のクレベリンG.

クレベリンG自体のニオイはというと、、、
直におもいっきり嗅いだ場合,塩素臭はしますが
キャップ部分を回せば 成分を放出する穴の大きさが調節できるので,
実際使用する分には,ニオイは特に気になりません.

賃貸物件の入れ替り時の消臭とか介護施設などでも結構利用されているようですよ( ´∀`)ノ


で,先日・・・(またまた登場☆キレイ好きな営業ウーマン) 中根さんに,
「はい これ,(撮影用に)サンプルもらったから,3階の部屋に置いといて.」

「あ,はい,分かりました.」 (・・・え,なんでなのかしらん?_?)

「3階の部屋 臭うから,コレ置いて 効くかどうか試してみて.」

(どぇ〜( ̄△ ̄;)!!


弊社事務所の3階には,端っこにゴキブリの飼育室があり,ただ簡単な“ついたて”で仕切られているだけなので,
この部屋へ フツウの人が入ると臭うらしい・・・のです.
しかし,私たち技術スタッフ3人は何がクサイのか分からないので,
はっきり言われるまで気付かなかったですが・・・.(TT)
 ・・・慣れるって怖いですね〜

ということで,3階の部屋にクレベリンGを置くことになりました.
さて効果はあるでしょうか.とっても期待です!
 (ただし,敏感ではない自分たちの鼻では効果の判定はできませんが・・・)

<戸島>



tojiyan at 20:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

July 25, 2007

セミヌード

セミ羽化

セミ幼虫

関西では梅雨もあけ,夏らしい陽気になりました.
通勤途中にあるイチョウの巨木にはクマゼミが朝から大合唱 (゚皿゚メ)
近所の方はおそらく騒音でゆっくり眠れないだろうな…!?

↑幼虫.普段は土の中なのでめったに見れない.
←暑いんで脱ぎました.羽化直後のセミは本当に妖艶

 

クマゼミは騒音だけではなく,最近ではインターネットへの被害が出ているようです (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
世界初のIT害虫ですね.
“被害っていったい何?”ってことですが,セミは通常,枯れ枝などに産卵管という硬い管を差し込んで卵を産み付けます.
しかし,セミが枯れ枝と間違って光ファイバー通信の家庭用ケーブルに産卵管を突き刺し,内部の光ファイバーが損傷を受けるといった被害が急増しているようです.
NTT西日本によれば北陸と山陰を除くほぼ全域で約1,000件の被害が報告されているとか(読売新聞,2006).
元々,セミによる被害は丸太や電柱,窓枠なども報告されていましたが,このような事例はインターネットの急激な普及という社会を反映した現代病のような気がします.

ちなみに今年はセミの当たり年らしい…
セミの発生量は例年の2倍だとの予報が発表されました.偶数年よりも奇数年の方が多いみたい.
今年の夏はにぎやかになりそうですね  (川端)

 



tojiyan at 19:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 18, 2007

夏の風物詩『蚊』

夏といえばのシーズン
社内にも時たま侵入して来ますが,なぜか戸島さんだけが刺されてはプリプリ怒っています

そんな蚊ですが,世界で約37属,約2500種が生息しており,日本でもおよそ12属,100種が知られています.
ヒトスジシマカほとんどの種が吸血性で,マラリア,フィラリア,黄熱,デング熱,脳炎などの
危険な伝染病を媒介することもあります.おそろしや〜
今年,タイなどの東南アジアでは今年デング熱が大流行しているみたいです.
日本でも大雨や台風の影響で蚊が産卵できる水溜りが増えているため,蚊の大量発生が起こるかもしれません.マラリアやデング熱は日本でも感染する恐れのある感染症です.

←デング熱ウイルスを媒介する恐れのあるヒトスジシマカ.一途な名前

蚊は血を吸うというイメージがありますが,ただ生きるだけなら吸血を必要とせず,砂糖水だけで生き続けることができるんですよ!
というのも,雌だけが産卵の為の栄養補給に人や動物を吸血します.
オニボウフラ吸血活動も実は夜間活動性と昼間活動性の2つに大きく分けられ,イエカ属・ヌマカ属・ハマダラカ属は主に夜間吸血性,ヤブカ属は主に昼間吸血性と属によって異なります.
こんな事書いても良く分からないですよね・・・ 結局は1日中刺されるってことです

←蚊の蛹.頭の呼吸管が角みたいなのでオニボウフラと呼ばれる

蚊といえば夏の季語?って思うくらい夏でサマーなやつですが,蚊の中にも1年中発生するやつがいます.
そいつは… チカイエカ
見た目はよく家にいるアカイエカにそっくりなんで区別は付きませんが,名の通りビルの地下の水溜りや水洗便所の浄化槽,地下鉄の線路際の溝などに発生します.
冬に蚊に刺されたって経験のある方は,こやつが犯人です.
しかも1回目の産卵には吸血が必要ないとか.駆除するには安全性の高いIGR剤『デミリン水和剤』がお薦めです.

妊婦の蚊を殺すのが可哀想だと思う人は血をあげて下さいね (川端)



tojiyan at 09:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

July 12, 2007

大きくなりました^^

出産の報告から約2ヶ月が経過いたしました.
あれからも毎日毎日卵は産み続けられ,もともと10匹程度だったものが最近では30数匹にまで個体数が増えました

ネバダ成長産み落とされた卵の数ほど幼虫が孵っていないところを見ると,やはり生存率って低いんだなぁ〜と感じました

とは言うものの元気に生まれてくれた若虫ちゃん達は脱皮を繰り返しながら元気にすくすく育っております.
もっと大きくなったら美味しい丸太と広いケース買ってやろっと♪ (川端)



tojiyan at 15:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 25, 2007

庭木の害虫駆除

今年はとりあえず5匹捕獲しました〜
オオスカシバ1オオスカシバ2



 



これは、会社のクチナシに付いていたオオスカシバの幼虫。

今年も気付いたらこんなにも大きく成長し(大きいので6cm前後)、クチナシの葉や花のつぼみもだいぶ食われていたので、いざ駆除へ。

初めは割り箸で摘まんで取ってやろうと引っ張ったけど、かなりガッチリ付いていて、
さらに無理やり引っ張ると、暴れて体から青い汁を出されてしまったので断念・・・( ´_ゝ`)ノ
結局、ハサミで葉の根元から切り落としました。。。

こういったいわゆるイモムシって、デカいとさすがに気持悪いですが特に危害も与えないので安心です。
なので、庭木などに発生した幼虫の駆除は(手が届いて範囲も広くない場合、)
剪定して幼虫を取り除くのが最も手っ取り早い駆除方法。

しかし、小さくてもチャドクガのような毒針毛をもった幼虫駆除、、、となると大変ですよね。

チャドクガは、チャ(茶)やツバキ、サザンカなどのツバキ科の植物に集団発生するガで、
体は多数の毒針毛で覆われています。
成虫は6〜7月と9〜10月の年に2回発生。第2回の幼虫は、8〜9月頃に再び現れます。

チャドクガの毒針毛が体に付くと、赤い発疹や激しいかゆみといった症状が出て、
しかもこの毒針毛は幼虫だけでなく、卵〜成虫の全ての段階で持っているので、
たとえ幼虫がいなくても、その脱皮殻が残っていたら、それに触れるだけでも炎症を起こします。

なんてキケンな害虫・・・
もし
チャドクガ幼虫を駆除することになった場合は、このスプレーがおすすめです。

このチャドクガ防除剤は殺虫成分は入ってないんですが、固着剤が徐々に固まって
幼虫の動きや毒針毛が抜けて飛ぶのを防ぎます。
なので、一旦このスプレーで固めてから駆除作業を行うのがおすすめです。

1本あると安全ですし、便利ですよ。ヽ(´∀`)ノ

もし誤って刺されてしまった場合は、決して擦ったりかいたりしないで
セロハンテープなどで刺さった毛を取り除くか、流水や泡立てた石鹸などで毛を洗い流し(決してこすらない)、皮膚科へ行って塗り薬をもらいましょう。
<戸島>



tojiyan at 14:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 12, 2007

ホタル狩り

昨夜,僕はホタル狩りに行ったわけで・・・

なんだか思い立ったようにふとホタルが見たくなり21時前頃に会社を抜け出し
ホタル狩りへ行きました.
以前,戸島さんが高槻は自然がいっぱいと書いているように,
なんと会社から車でたった5分も山に向かって走ればホタルのいる川があります.

ポイントへ到着すると思った以上の人が見に来ていました.
最初は橋の上から眺めていたのですが,数匹飛んでいるのしか見えず,もうちょっと奥へ.
これまた5分ほど歩けばもう真っ暗で川辺に下りる階段がありました.

ゲンジボタルそこには乱舞乱舞のゲンジボタルたちが  超綺麗でした.
ホタルって同じ種類でも地域によって点滅のスピードが違うんですよ!!
これを “ホタルの方言” って表現することも.何だか素敵ですね〜
この点滅スピードですが関東に比べ,関西の方が早いんです.
やっぱり関西出身,せっかちです.
デジカメではこれが限界.ぼんやり輝くゲンジボタル

久しぶりに見たホタルに感動しつつも,川の生き物も気になりもちろん探索.
いるわいるわに大興奮♪ サワガニ,オイカワ,カワムツ,ヨシノボリ,ドンコ,シマドジョウ・・・
45分ほどはしゃいで岐路につきました.

サワガニ

ドンコ

 



←←サワガニ
←寝込みを襲って素手で捕獲.ドンコ


さて,その帰り道,道上になんやら不思議な物体が??
世界最強のフラッシュライトで照らしてみるとななななんと巨大ナメクジ
踏まなくてよかったぁ… それもこれもこのライトのおかげです.

ナメクジナメクジと言えばこれからの梅雨のジメジメトした時期,ムカデなどとともに結構問題になります.
ナメクジは見た目の不快感や通った後のネバネバ粘液が嫌だという方は多いと思いますが,
それ以外にも『広東住血線虫』と呼ばれる寄生虫を持っている場合があり,ちょっと怖い生き物です.
誤って食べてしまうと,この寄生虫に感染してしまいます.感染すると幼虫が脳に集まり,激しい頭痛、発熱、吐き気などを起こし,好酸球性髄膜脳炎という嫌な病気を起こすそうです.

ナメクジに困った場合は,置くだけ簡単ナメクジキラーをどうぞ!! (川端)



tojiyan at 20:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)