September 09, 2017

針のついた羽アリ

先日、検体をチェックしている際に羽アリを発見しました。

P9070635



















時期的にキイロシリアゲアリと予想しますが、何となく違う気もします。
特徴を確認してみることにしましょう。

P9070644



















キイロシリアゲアリであれば、胸部と腹部を繋ぐ腹柄が2つですが検体は1つしかありません。
そうなるとキイロシリアゲアリの可能性は消え、また余談ですがヒアリ類の可能性も無くなります。
あと疑うべきはオオハリアリです。

P9070638



















ハリアリという割に、お尻の先に針がついていないのは、これが雄アリであるため。
本種は雄が黄色、そして雌(ここでは新女王アリ)が黒色という性差が見られます。

P9070647



















同じ捕虫紙の少し下で見つかった新女王アリはこちら、体色は黒色です。
また、触角も雄が糸状なのに比べ、新女王アリは先端が太い形状の、いわゆるアリタイプの触角を持ちます。

P9070653



















また、お尻の先を確認すると、確かに針のようなものがのぞいております。
これで人を刺すこともありますが、偶然素肌で触れた時くらいに限定されます。


ただ、夜間に窓ガラスや窓の周り、外灯の周りへこれら羽アリが殺到することがあります。
その時にプスプス刺されたという話は聞いたことがありませんが、不安な場合は対策を取りましょう。
窓ガラスにはPGガードもしくは業務用虫コナーズ スプレータイプなどがお勧めです。
窓周りの壁や外灯周りの壁には即効性に優れ、薬剤のにおいもないサイベーレ0.5SCが適しています。


前田



tojiyan at 05:00|PermalinkComments(0)同定知識 

September 08, 2017

続・フライヘルの捕獲試験

みなさまから、その奇抜な見た目と確かな効果で好評をいただいておりますフライヘル。
夏の酷暑と周囲の冷ややかな視線にもめげず、お盆休みもなりふり構わず試験を続けました。
そしてそのフィールド試験の結果がまとまりましたので、ご報告させていただきたいと思います。

CIMG3941



















今回も主に野菜を取り扱っておられるお店の方にご協力いただき、試験を実施いたしました。
なお、過去の試験やフライヘルそのものの概要につきましては下記の記事をご覧いただければと思います。

・新商品・フライヘル
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2017-02-14.html
・クロバネキノコバエ対策withフライヘル
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2017-06-02.html
・速報!捕虫器フライヘルの実力
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2017-06-12.html
・日曜日のフライヘル
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2017-06-18.html


さて、どんな虫がどのくらい捕れたのでしょうか?下記の通りです。

P9070642



















今回、総捕獲数1位に輝いたのはこちら、ノミバエ科でした。
なんと358匹で全体の8割を占めておりました。

P9070644



















次は前回と同様に2位の座をキープ、チョウバエ科でした。

P9070654



















そして前回4位から3位、プロ野球ならBランクからAランクに躍り出たのはショウジョウバエ科でした。

P9070652



















他には少数ながらユスリカ科の姿もありました。

P9070658



















前回捕獲数で首位の座を勝ち取ったクロバネキノコバエ科は一気に4位まで後退。
5〜6月から一気に失速した形となりました。

P9070663



















他にはコバチ類の姿もありました。

P9070666



















メイガ類を含め、蛾類もある程度捕獲されるようです。

P9070649



















シバンムシ類もおそらく偶然とは思いますが捕獲されました。

P9070646



















そして「お前まで捕まってどうする!?」と言いたいクモの仲間。
普段は生ける捕虫器として活躍してくれますが、うっかりフライヘルにも捕獲されてしまうこともあります。

P9070636



















おまけ、今回の謎の虫枠です。
どうして捕まったのかはおろか、そもそもどこから湧いてきたと聞きたいハサミムシの仲間。
1匹だけの捕獲でした。

P9070637



















それと分かりにくいですがシミの仲間もこの通り。
状況からして、たぶん思いきってダイブしたのではないかと思います。


さて、このように色々な昆虫が捕まるフライヘル、ですが我々もつかまることがあります。
というのは試験中、お店に来られるお客様からも「なにこれ?」というご質問をいただくこともあります。
その都度説明をさせていただくのですが、「なるほどウチにも欲しいな」という有難いコメントをよく頂戴します。

葉っぱはおろか、開発したスタッフや試験を担当するスタッフの個性も尖ったフライヘル。
皆様にもぜひ、色々な現場でお試しいただきたいと思います!


前田



・・・数々の苦難を乗り越え、珍獣を見るような子供の視線に耐え、着々と試験現場も増えております。
続報にもどうぞご期待ください。


tojiyan at 05:00|PermalinkComments(0)商品情報 

September 07, 2017

スミラブ粒剤とスミラブS粒剤

殺虫剤は色々な種類がありまして、選択肢が多いというのは使う側にとってありがたいお話です。
しかし、見た目や名前が酷似しており、何が違うのか分からないというケースもちょくちょくあると思います。
今回はそんなスミラブ粒剤について簡単に解説したいと思います。

P9070633



















スミラブには「粒剤」と「S粒剤」があり、いずれも蚊の幼虫、つまりボウフラの防除に利用されます。
ボウフラの防除なので、使用方法は彼らが生息している水中への投下となります。
そして、有効成分がすぐに溶けて拡散するのがS粒剤、一気に溶けず徐々に放出するのが粒剤です。

「どっちがどっちだっけ?」というのはよくある話、なので語呂合わせで覚えていただければと思います。
すぐ溶ける」、「さっと溶ける」のSなので「すぐ溶ける粒剤」、「さっと溶ける粒剤」のS粒剤。
そうでなければ、ゆっくり溶ける普通の粒剤です。

正しい覚え方なのかはさておき、ご参考になれば幸いです。


前田



tojiyan at 16:00|PermalinkComments(0)商品情報 

September 06, 2017

奇妙なカマキリ

タイトルの割には大した記事ではございません。

IMG_3803


















夜、自宅の階段にて発見、翅を開いたままの何か。

IMG_3802


















カマキリのようですが、こんな翅を開きっ放しにするヤツっていたっけ?
体に何が起こっているのか確かめようと思い、捕獲しようとしたところ・・・飛ぶ飛ぶ、低空を自由自在に。
素早い、おまけにカマキリにしては恐ろしく旋回力がいい・・・高機動型カマキリ!?


たまたま元気の良すぎる個体と出会っただけと思いますが、ポーズも含め謎の残る出会いでした。


前田



tojiyan at 22:30|PermalinkComments(0)虫ムシ日記 

September 05, 2017

告知・ヒアリのセミナー

先週をもちまして弊社8月の基礎セミナーは全ての日程を終了いたしました。
お忙しい中ご来場いただきました皆様にこの場をお借りして篤く御礼申し上げます。

IMG-4543




















今回のセミナーでは、ヒアリの生態と防除について京都大学のヤンチンチエン先生に御講演をいただきました。
たくさんのお申込があり、やむなく参加人数や会場の調整をお願いさせていただいたお客様もおられました。
大変申し訳ありませんでした、またご協力いただき誠にありがとうございました。

図2


















また、セミナー前にはヤンチンチエン先生から標本をお借りし、写真を撮影させていただきました。
少し脱色して明るいオレンジ色になっておりますが、形態的な特徴はしっかり残されています。
セミナーで解説された特徴について簡単に復習してみましょう。

図3


















まず頭部ですが、触角は先端2節が太く棍棒状に発達しております。

図1


















ついで胸部の後方に目を遣ると、トゲらしき突起物はなくつるんとしています。

図4


















最後に胸部と腹部をつなぐ腹柄をチェック、1節ではなく2節あります。
現場でとっさの判断を迫られることもあるかもしれませんが、これらの特徴をおさえておくと良いと思います。


さて、ここで耳よりのニュースです!10月10日(火)にヒアリ特集のセミナーがございます!!
京都大学生存圏研究所様が主催される特別シンポジウムで、時間は13時から17時半までです。
講演内容はなんと4題、今回弊社セミナーで講師をしていただいたヤンチンチエン先生も講演をされます。

詳細は以下のURLをチェックしていただければと思います。
https://supervolans.wixsite.com/fireantkyoto2017

場所はキャンパスプラザ京都4階第2講義室、JR京都駅から徒歩3分とアクセスも良好!
そして参加費は無料、ですが先着申し込み順で定員は289名、定員になり次第締め切りとなります。
興味のある方、我こそはと思う方は是非ご参加ください!!


前田



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)出張・学会レポート | 同定知識

September 04, 2017

お知らせ:サイベーレ0.5SCの容器について

弊社営業担当者からご案内をさせていただいておりますのでご存知の方も多いと思います。
このたび、不快害虫用殺虫剤サイベーレ0.5SCの容器が変更となりました。

P9040558



















従来品(左)と新パッケージ(右)との比較。
容量は従来の1.8リットルから900ミリリットルになりましたが、2本セットの販売ですので実質変わりません。
(虫退治ドットコムでは1本からの御注文も承っております)


使用方法も効果も従来と変わりませんので、安心してご利用いただけます。
むしろ個人的には取り回し、持ち運びが便利になってますます良くなった気もします。
そして、これからの季節は特に下記の害虫の駆除にお勧めです。

IMGP4868

















■カメムシ類
これからの季節、玄関やベランダに飛来して扉や窓の隙間から侵入します。
10月頃から目立ち始めますので、その時期に合わせて散布していただくとよいでしょう。
屋外でも1ヶ月ほど効果が持続しますので、10月・11月に1回ずつが目安かなと思います。

IMGP4742




















■キイロシリアゲアリ
9月頃に羽アリが発生し、主に夜間に窓やその周りの壁面へ付着します。
また外灯など照明の周りの壁にも集まり、それらが時々屋内へ侵入することがあります。
そういった場所へサイベーレ0.5SCを散布すると、屋内侵入する個体数を減らすことができるでしょう。
(窓ガラスには窓ガラス用殺虫剤PGガードの散布が推奨されます)

IMG_2792




















■バッタ・コオロギの仲間
個人的には駆除しなくていいと思うのですが、工場では異物混入の原因にもなりますので対策が必要です。
犬走りなど建物の外周に現れ、また植木鉢やコンクリートブロックの下などに潜みます。
そういった場所へあらかじめ散布しておくと効果的です。


P9040561



















■具体例:照明の周り
弊社の渡り廊下にある照明です。
本日の様子を撮影してみました。

P9040562



















まず照明の下に何か虫が付着しています。

P9040563



















クサカゲロウでした。

P9040564



















そして、照明の上の天井。
散布がちょっと面倒な場所ですが、何かが付着しています。

P9040559



















たぶんオオホシカメムシです。

P9040565



















他にもいろんな虫が集まっていたらしく、クモの巣にはアブラムシやユスリカ、蛾類などが捕獲されています。


このような場所へどうぞご活用いただければと思います、ばっちり効果が出るはずです。


前田


tojiyan at 10:00|PermalinkComments(0)商品情報 

September 03, 2017

砂時計

某日、時間をやりくりして鳥取まで出かけました。

IMGP2429

















そのおかげで、たまに高槻駅や車庫で見かける訳の分からなかった車両の正体がようやく分かりました。
今回の旅で行き帰りにお世話になった特急「はくと」。
他の特急に比べると、先頭車両の形状が少し変わっているなと感じます。

IMGP2430

















ホームから改札へ抜けるまでのところには因幡の白兎に因んだウサギの看板。
疲労が祟ったのか、白兎ほどではありませんが、こちらも体のあちこちから赤黒いものがのぞいています。
一度きちんと休みを取って早いとこ塞いでおかなければなりません。

IMGP2578

















さて、今回の目的地はちょっと遠いので、駅前のレンタサイクルで自転車を借りてくことにしましょう。
手入れが行き届いており乗り心地は快適、回れ回れーっと変速機を最速にしてかっ飛ばしました。

IMGP2581

















橋長305メートルの鳥取大橋を越えて進路はやや東へ。
全体的に雲が多く、撮影にはやや不適ですが熱中症の恐れがないことはありがたいです。

IMGP2582

















カーブが続いたところで方向感覚が逆転し、道を間違える。
まぁこれも思い出のひとつです。

IMGP2587

















途中のコンビニで水分補給を行いながら地図をもう一度確認、つま先は地面を蹴ってペダルの上へ。
下り坂に差し掛かったところで変速機をガリガリッと2度鳴らして加速、同時に帽子の鍔が風を鋭く切り裂く音。
信号のところで左に曲がり、直後の上り坂を目いっぱい上がれば見えてきました、「鳥取砂丘」の看板。

IMGP2590

















大学一回生の今頃にクラブの合宿で遊びに来て以来十数年ぶり、私一人、帰ってきました。
砂時計の砂が流れるに流れて、とうとうここまで来たかと思うと、感傷でではなく面白可笑しくて震えます。
あの時の同級生の中で、未だ飽きもせず虫に関わる世界で生きてるのは私くらいなものでしょう。
そう思うと、こうしてお役目をいただいていることにもっと感謝しなければならないと反省の念も湧きます。

IMGP2598

















では、その思い出いっぱいの砂丘へ足を踏み入れてみましょう。
すると10メートルも歩かないうちに、橋本さんからいただいたマラソンシューズは早くも砂だらけ(すんません)。
後で道路に出てからズボンの裾をつかんで振ると、足首周りからも砂がばさばさと出てきました。
なんか映画「The Great Escape」のワンシーンみたい(トンネルの土を捨てるとこ)。
帰り際に「Good Luck」と言われ、思わず「Thank You」と返さないよう気をつけなければなりません。

IMGP2599

















そしてしばらく行くと目の前にそびえ立つ砂の壁が。
周りの皆さんが果敢にチャレンジされているのを見れば、やるしかありません。
手前から加速して猛烈に駆け上がりました。

IMGP2600

















一歩踏み出すたびに砂にめり込む足、崩れ落ちる砂の壁、靴に流れ込む砂。
蟻地獄にはまるのもこんな感じなのかな、と想像します。

IMGP2602

















それでも、てっぺんまではそう遠くない。
途中で10秒休憩、そしてまた駆け上がりました。

IMGP2603

















てっぺんからの景色がこちら、人がまるでゴマ粒のようなのです。
一応疲労感を上回る達成感はあります。

IMGP2604

















そこから沖を眺めると、鳥取港に午前中艦内を見学させていただいた護衛艦「いなづま」と「さみだれ」の姿。
一般公開が終わると呉に帰港するのか、それとも新たな任務に出られるのか、どうぞお気をつけて。


なお、一般公開で艦内見学をさせていただく時に私がほぼ毎回するのが艦内の防虫対策の質問。
クルーの方によって「業者の方にお任せですね」とか「煙を発するものを見たことがある」など様々。
今日は、「滅多に見ないけど食材など物資に付着したであろう虫なら見たことがある」との回答でした。
付け加えて「補給所で綿密に検査しているから滅多にありませんけどね」とも。
こういうやり取りは色々な声が聞けるので毎回楽しいのです。

IMGP2625

















ところで「おいおい、これは『虫取りの・・・』だろう!?砂丘の虫はどうした!?」という声も聞こえてきます。
そうです、一応探したのですが時間をやりくりした過密スケジュールのため、どうにもなりませんでした。
なんとなく砂漠のイメージもあるゴミムシダマシらしき虫を発見しましたが、残念ながら死骸でした。

IMGP2626

















ただ、帰り道で見つけたのがこちら、鳥の羽。
どうせキジとかそんなんだろうと思いつつ、念のため弊社の鳥人足立さんへ鑑定をお願いしました。
すると、同定に関するURLだけ送られてくるという分かりにくい優しさが返ってきました。


「薄情な」と呟きつつ調べてみると、もしかしたらハイタカなどの尾羽かもしれないとのこと。
「しまった、拾って帰ればよかった!」と後悔しつつ、まぁこれも鳥撮ということでよかったかなとも思います。


前田









最初は設置した周りに足跡や羽が落ちているかもしれませんが、そのうち来なくなります。
鳥に不快感を学習させて寄り付かなくさせる鳥類忌避剤バードフリー


tojiyan at 17:00|PermalinkComments(0)旅行記 

September 01, 2017

大切にしたい虫のこえ

ある日、帰宅すると自宅の前にマツムシが落ちていました。

P8310576



















鳴かない雌でしたが、童謡「虫のこえ」にも出てくるなど日本人にとって馴染みのある虫といえるでしょう。
現実にはチッチリリッという高い声で鳴くため、チンチロリンで覚えているといつまで経っても探せません。

P8310563



















地方によっては絶滅危惧種に指定がかかっているなど、個体数を減らしているようです。
古くから親しまれてきた虫の声、途絶えることのないよう大切にしたいですね。

IMG_3578




















なお、こちらは外来種のアオマツムシ。
9月に入れば街路樹の上で夜せわしく鳴いているのが聞こえてくると思います。

IMG_3585




















どこにでもいるような本種も、セミに比べると声がよく聞こえる割に認知度は高いと言えません。
外来種だからどうでもいいと言われればそれまでです。
しかし、もう少し季節の変化を知らせる虫の声に耳を傾けてもいいのでは、とも思います。


前田










そろそろカメムシの季節到来です。建物の外壁に群がるカメムシにはサイベーレ0.5SCがお勧めです。



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)虫ムシ日記 

August 31, 2017

干拓堤防道路の昆虫たち

先月、お客様からお声をかけていただき研修会の講師を担当させていただきました。
ちょっと大きな催しものだったので本当に私が講師でいいのか戸惑いと感謝の中、講演させていただきました。

IMG_0254



















会場は長崎、予定より交通費が300円オーバーするなと思いつつ、前日の晩は佐世保で1泊することに。
調子が悪くほとんど何も食べませんでしたが、せめて写真だけでも思い1枚おさめておきました。

IMGP2380

















翌朝は散歩するくらいの元気は出てきましたので、約1年ぶりに町の中を散策してみることに。
少しぐずついた天気でしたので、雨が降らないか心配しながら港沿いを行くとネコが1匹縮こまっていました。

IMGP2396

















海の方へ目を遣ると護衛艦が数隻接岸していましたので、望遠レンズでのぞいてみました。
本日の顔ぶれはひうち型1隻にむらさめ型が2隻、はたかぜ型1隻と見たことがなかったひゅうが型が1隻。

IMGP2421

















さて、出発の時間がやってまいりましたので、唸り声をあげて走るワンマン電車に揺られていざ出陣。
近くの駅で齋藤所長に拾っていただいて会場に入り、初日の講演は無事完了。
そして二日目は途中で諫早湾干拓堤防道路を通過、写真は潮受け堤防の水門です。

IMGP2403

















パーキングで休憩中、探索に行ってきていいよとのことで早速カメラ片手に飛び出しました。
写真は陸橋から撮ったもので右側が有明海、左側が堤防内で何となく水の色が違うのが分かります。
堤防内は何となく汚れたような茶色っぽい水、ユスリカの大量発生も見られるとのこと。

IMGP2409

















その影響か定かではありませんが、陸橋の手すりにはこれでもか、というほどのクモとクモの巣。
もしかしたら餌が豊富すぎるので、少々過密状態でも喧嘩しないのかもしれません。

IMGP2413

















陸橋の下を見ると、太陽電池で動く調査用トラップが置いてありました。
光で虫を誘引し、その下にあるファンで虫を吸い込み捕獲するタイプのものでしょう。

IMGP2414

















有明海側の階段を下ると、いたるところにフナムシが。
よく見ると背中に青金色の粉を散らしたような模様があるなど意外にも奇麗であることに気づきます。
が、集団で一斉に高速で這い回る姿を見れば、普通の方には不快害虫以外の何物でもないでしょう。

IMGP2419

















トイレの壁にはキリギリスの雌、こっちは男性用だぞ、と外の茂みに追い返しておきました。
これを見かけるともうすぐお盆だなぁとしみじみ思います・・・思っていました、あっという間にもう9月になります。

IMG_0260



















そんなこんなで、どんな環境でもしぶとく生活する生き物のパワーを実感した一日でした。
ところで研修会の方は、緊張で若干あがりながらも何とかお役目を果たすことができたかなと思います。
そして齋藤所長に教えていただき、地元新聞に目を通すと片隅に記事として載せていただいておりました。
これには流石にびっくり、また大変光栄にも思い、次の研修会も頑張ろうと思います。


前田











窓ガラスにぺたぺたくっついて、そのうち家の中へ入ってくるユスリカ対策にPGガード
ガラス面に噴霧しても曇ることがない優れモノです。


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)出張・学会レポート 

August 30, 2017

秋のクロゴキブリ対策

弊社で飼育しているクロゴキブリを見ていると、卵鞘を持つものが多くなってきました。

IMGP9161




















白っぽい色をしていますので、まだ産みたてなのでしょう。
なお、交尾・産卵を終えた成虫は多くが9月頃から徐々に死に始めます。
これから冬にかけて大きな成虫が家の中へ入ってきて、ぎょっとすることは減ってくると思います。

IMGP0780




















代わりに出てくるのは、かなり大きな幼虫に加え卵から孵ったばかりの幼虫でしょう。
的が小さいので、成虫に比べてなかなか目にする機会は少ないかもしれません。
なお、冬季は先述の大型の幼虫(成虫になる一歩手前)とこの若い幼虫で越冬します。

IMGP9094




















家の中に多いイメージのある本種ですが、屋外にもかなりの数が生息しています。
特にコンクリートブロックや三角コーンの下などは格好の潜み場所や越冬場所となります。
これらの場所へ殺虫剤を散布する、もしくは毒餌を設置しておくなどの方法が推奨されます。

IMGP9098




















なお、殺虫剤を噴霧する場合、写真のように落ち葉やゴミがたまっていると効果が芳しくないかもしれません。
これらの堆積物が盾となり、ゴキブリ本体や彼らの通り道に殺虫剤が届いていない可能性があるためです。
潜み場所をなくし、かつ殺虫剤と触れさせやすくするためにも清掃の役割は非常に高いのです。


前田








クロゴキブリがよく食べてくれます。クロゴキブリ対策に毒餌ゴキブリキャップ!!



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)虫ムシ日記