■おしらせ
■2019年PCO・TCO基礎セミナー6月開催!
■お役立ち間違いなしのメールマガジン不定期配信中!ご登録はこちらから(環境機器HP内リンク)

April 26, 2019

みたことあるけどよく分からないハエたち

捕虫紙を見ていると、「こいつよく見るけど何バエかわからんわあ」
という気持ちになることありませんか?

例えばこれ
P4230243
この春先から増えてくる「オドリバエ」です。

特徴は
P4230248
口が尖っている、触角が「丸書いてチョン」タイプ

P4230247
種によっては、前脚が不思議な形に発達しているものも多いです。
まさしくサイコガン。それはまぎれもなくヤツ(オドリバエ)さ

オドリバエは捕食性のハエのため、獲物を逃さないように前脚が進化しているのですね。
捕まえた虫にクチバシを突き刺して中身を食べます。
シロアリモドキは肥大化した手から糸を出しますが、サイコガンというよりはスパイダーマン。


もうひとつ、よりマニアックなハエ。
P4230250
イエバエ?トゲハネバエ??いいえ、おそらくシマバエと思われます。(違ったらご指摘ください)
ショウジョウバエにそっくりなものから、イエバエのようなものまで形態の幅が広いため、
一概に”こういうのがシマバエですよー”と言えない憎いハエ。

kawatake
大きな特徴に「単眼後刺毛が収斂する」ことです。なんのこっちゃ!
図1
ハエは大きな複眼と、額にいくつか単眼を持ちます(持たないものもいる)。
単眼の後ろ側、胴体につながる頭のくびれの縁にあたる部分から1対の毛が生えていますが、
多くのハエは毛の先が互いに離れています。
一方シマバエではこの毛が互いに近づき、クロスすることもあります。
図は顔を正面から見たイメージです。

シマバエ脚
もうひとつ、似た姿のヒロクチバエとの区別のために「脛節の背面亜端刺毛」を確認します。
気が遠くなりそうな文字列ですが、脛部分の先っちょに目立つ毛がありますか?という意味です。
今回は後脚にそれっぽいのがあったので、シマバエ科に落ちました。


結局、この虫がどこから侵入したのか、屋内で発生するのかを知るのが重要になるのですが、
それを調べるためにはどうしても虫の名前を調べる必要があります。

弊社でも主要な飛翔性昆虫の同定セミナーを不定期に実施致しますので、
興味ございましたらご連絡ください。


川竹

tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0) 同定知識 

April 24, 2019

コロダスター動画&連休のお知らせ

忘れた頃にやってくる(自分でもちょっと忘れてた)、YouTubeの動画投稿情報です。


みなさんは粉の殺虫剤を施工する際、どうしていますか?
袋をガサガサ振って、スコップなどで少しずつ、2リットルペットボトルを斜めに切って、
ジョウロを使ってエトセトラ。
各社工夫されているようですが、それでもなかなかキレイに散布できないのが現状。

そんな困りごとを解決するのが「コロダスター」です!
カップに粉剤を入れて、犬の散歩のようにコロダスターを引っ張っていくと真っ直ぐな施工跡が。
グラウンドで使った白線引きを思い出します。

虫対策には侵入防止が欠かせません。ぜひお試しください!
シャットアウト&コロダスターセット


さて、多くの人が待ち焦がれているであろう、ゴールデンウィーク
虫退治ドットコムも下記の通りお休みをいただきます。何卒よろしくお願いいたします。
誠に勝手ながら、4/27(土)〜5/6(月)はGW休業期間とさせていただきます。 ★5月7日から順次、出荷を行いますが物流量の増加により、通常より配送が遅延する場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
ちなみに僕はゴールデンウィークも仕事です泣
この前訪れたあの国のレポート第2段をお伝えしようと思いますので、お楽しみに!

川竹

tojiyan at 09:50|PermalinkComments(0)

April 18, 2019

春のマラソン@掛川

春だ、マラソンだ!
先日開催された「第14回掛川新茶マラソン」に参加してきました。

掛川駅に集合して、つま恋リゾート彩の郷へ向かいます。
その前に駅前ブラブラ。

IMG_20190413_124017
青い空と掛川城。石川さんと石垣を歩くタカラダニを追いかけていたら、集団からはぐれました。

IMG_20190413_115613
 
IMG_20190413_115618
特上うな重にみんなニコニコ!鰻が2枚もある、どうやって食べれば良いのだ…と迷うほど。
大変美味しい鰻でした。

 IMG_20190413_153836
つま恋リゾートに到着、みんなで勉強会です。アルコールも嗜みつつ笑

IMG_20190413_174601
夕食までリゾートブラブラ。花を愉しみ虫を愉しみ。 

IMG_20190413_183247
夕食はバイキング!明日のことは気にするな、今日を生きろ!大いに飲み食いしました。

それでも明日はやってくる。マラソン大会本番です。
Image from iOS (13)
Semcoさんチーム、頑張りますっ

IMG_20190414_092929
こちらスタート5分前。ニギニギです。

Image from iOS (10)
橋本さん

Image from iOS (11)
石川さん

Image from iOS (3)
初マラソン、比留川さん(なんと完走!)

Image from iOS (4)
三浦さん

Image from iOS (5)
櫻井さん(後ろの人は?)

Image from iOS (6)
西尾リーダー

Image from iOS (7)
川端さん

Image from iOS (8)
小林さん(どこに立ってるの?)

Image from iOS (9)
片山社長

IMG_3295
中野さん。スピード感のある良い写真!

IMG_20190414_113152
藤井さんは走りすぎで故障してしまったらしく、今回は応援係。早く治してくださいませ。

Image from iOS (12)
藤井さん、釣りをしながら応援。フグをエイドに出してはいけません!

IMG_20190414_133105
掛川マラソンはフルーツエイドが有名。私の心を掴んだ良いメロン

IMG_20190414_124957
モグモグタイム

IMG_20190414_144415
そして無事に完走!みなさんおめでとうございます!完走できなかった人もおめでとうございます!!
うーしんどい。

Image from iOS (14)
雨天の心配もありましたが、春めいた良いお天気に恵まれました。
いつまでも健康でいきましょう!
 

ハーフ川竹 

tojiyan at 12:24|PermalinkComments(0) マラソン部日記 

April 08, 2019

クロバネ?タマバエ?どっち?

春といえば、そうハエの季節ですね。
ちなみに夏も秋も冬もハエの季節です。

先日オフィスの窓際にてコバエを見つけました。
体長2.5mmほど。

P4040014
みなさん、何バエかお分かりでしょうか。インスタばえ?
多分アレだろうなとは思うけれど、ちゃんと見てみましょう。

P4040025
顔です。触角は数珠状ですね。頭はボールのように丸く、ほとんどが複眼で覆われています。
いったいどんな世界が見えていたのでしょう。


P4040021
翅脈観察。薄くてわかりにくいので、、

wing

お絵かきしました。脈の観察はハエを同定する上で避けては通れないもの。
逆に言えば、(科レベルなら)翅があればだいたいわかる!(強気)
翅脈には名前が付いていて、一番外側はC脈、次いでR脈、M脈・・・という呼び名です。
ちょっと前の資料では肘脈とか臀脈・・・なんて呼ばれ方もあります。
上の図ですが、なんとなくで名前をつけているので当てにしないでください。。
(一応、有名な書籍である”Manual of Nearactic Diptera”を参考にしています。)
ここまでやるのは余程のマニアなので、あくまでも参考程度に。

この翅脈を見ると、M1とM2が”Yの字”になっています。
ここがYなら、、「クロバネキノコバエ!
と条件反射で思ってしまいがちですが、
クロバネキノコバエの翅脈はこちら
IMGP9759

IMGP9765
どこが違うねん、と言われそうですが、

kurobane-wing

青のY字はタマバエにもありました。
一方で黄色のH字も特徴的です。
クロバネキノコバエはこのH字の下、赤いラインで示した部分がキレイに一直線になっているという
特徴があります。

tamabae-wing
今回のハエのH字、見事にひしゃげています。言われないとわからないようなH字ですね。
このハエはクロバネキノコバエではなく、「タマバエ」という結論になりました。


300px-Cecidomyiinae_wing_veins.svg
参考に、別のタマバエの翅脈です。
タマバエにはM脈(Y字のやつ)のあるタイプと無いタイプがあり、無いタイプの方がザ・タマバエ
という感じでわかりやすいです。
300px-Lestremiini_wing_veins.svg
これもタマバエ。M脈あるタイプです。
この翅からはクロバネキノコバエで見た”H字”がわかりません。
脈をたどればちゃんとあるのですが、ひしゃげてしまっています。

専門用語マシマシになってしまいましたが、とにかくY字があっても油断するべからず。
ちゃんとH字もあるか観察しよう!という結論です。

もちろん他にも
- 単眼があるか:ザ・タマバエ翅脈は単眼ない。M脈あるタマバエ翅脈には単眼有る
- 足先の節の長さはどうか
- 脚のトゲがあるか
といった情報を組み合わせて同定する必要があります。


M脈の無いザ・タマバエは植物体に虫こぶを作って寄生生活をします。
一方M脈のあるクロバネキノコバエ似のタマバエは、幼虫が土中の菌類や腐敗植物質を食べます。
生態までクロバネキノコバエに似ているのですね。
(”屋内害虫の同定法 (2)双翅目の科の検索表” 田中2000より)←めちゃ役に立ちます。
グーグルで調べるとダウンロードできますので、ぜひ。


川竹

tojiyan at 08:45|PermalinkComments(0) 同定知識 

April 05, 2019

天然成分で安心な殺虫剤

お花見のシーズンに桜ではなく除虫菊の話をし始める男が書くブログ。

IMG_3508




















弊社の本社がある大阪府でもあちこちで桜の花が咲き乱れる季節になりました。
この花が散った後にどんな毛虫が問題になるのか、ふとそんなことも頭をよぎります。
そしてこれからの季節は様々な虫が家の中・外を問わず出現し、お問い合わせも増えてきます。

CIMG4129




















家の中に出る虫としては外から飛んで来るコバエ類や食品から発生する貯穀害虫が挙げられます。
また、床下や庭からやって来るトビムシ、畳の裏などから発生するチャタテムシも考えられます。
どれも殺虫剤がよく効きますが、屋内に気兼ねなく撒ける殺虫剤は何か、選択に迷うことがあります。

P4030012





















そんな時にお勧めなのが「キッチン虫スプレー」という商品です。
有効成分はジョチュウギクエキス(除虫菊抽出物)という天然成分を利用しております。
これは家庭用蚊取り線香にも用いられており、屋内でも安心してお使いいただけます。

図4

















しかし安全・安心と言えば、害虫にもきちんと効くのか少し不安に感じる方もおられると思います。
そこで弊社で各種害虫に対する効力試験を実施してみました。
まずはショウジョウバエ、コクヌストモドキ、チャタテムシ、トビムシを対象としました。

IMGP8416




















試験に利用した容器はこんなもの。
茶こしの中にショウジョウバエやコクヌストモドキを封入しています。
チャタテムシやトビムシはさらに目の細かい不織布で覆って実施。

IMGP8417




















試験の様子はこちら。
30センチほど離れた場所から3秒間噴霧しています。
なお、一番最初のプロトタイプを利用したため缶にまだラベルが貼られていません。

図3













そして結果はこちら。
概ね噴霧とともに仰天、10分以内にノックダウンし、やがて死亡しました。
トビムシは少し時間がかかりましたが、20分もあれば行動不能に陥ります。

図130jpg
















さらにノシメマダラメイガとクモ類を用いて試験をした結果がこちら。
クモ類は大型のものになると少し時間がかかりますが、これも20分ほどで動かなくなります。

図2















後日、現場でクサギカメムシを大量に捕獲できたため追加試験をした結果。
体が大きくて耐久力のありそうなクサギカメムシにもよく効きます。

図1











なお、キッキン虫スプレーは溶媒にアルコールを利用しているため速乾性です。
写真の右は通常のエアゾール、左はキッキン虫スプレーを噴霧した後を示しています。
油染みやべたつき、それに伴う汚れの付着などがないことも魅力の一つです。


噴霧直後に少しすっぱいにおいがしますが、すぐに気にならなくなります。
屋内へ手軽に利用できる殺虫剤をお探しの方がおられましたら是非一度ご検討下さい。

前田



tojiyan at 06:00|PermalinkComments(0) 商品(その他ムシ) 

April 02, 2019

春、虫蠢く季節

4月に入り、桜も次第に見頃になってきました。
と思えば雨が降ったり寒くなったり。桜もツボミに戻ってしまうのでは?

さて、現実逃避に2階にあるベランダに出たところ、立派なコケが生えていました。

P4020022
もう数週間でタカラダニが出る季節です。
ゴールデンウィーク前後に大発生する赤いダニ、目立つので異物混入として要注意な虫です。
タカラダニは建屋の屋上に定着していることが知られており、花粉や小さな虫の死骸を食べて
暮らしているようです。

壁の部材間にできた隙間やひび割れに産卵します。コケには産卵しないそうですが、
幼虫はもう居るだろうと思いレッツ観察!

P4020017

P4020018
コケ拡大。
小さなツボミのようなものが集合しています。

P4020011
いました、赤いダニ

P4020015
ティッシュの上へ。脚が3対でまだ幼虫です。タカラダニでしょう。
(成長すると脚が増えるのです!)

P4020021
水に浮かべると観察しやすいです。
靴下を履いたような足先がチャーミングですね。

タカラダニは扉・窓・シャッターなどの出入り口から、また屋上からも侵入してくる厄介な
相手です。上記のような出入り口や屋上にサイベーレなどの残効性のある液剤を。
隙間を物理的に埋めていくことも効果的です。

おまけ。コケから出てきた線虫?にょろにょろ



☆お知らせ☆
次の元号「令和」が発表され、日本が新しい時代へと切り替わる雰囲気が感じられます。
そんな中「虫退治ドットコム」も装いを新たにリニューアル致しました!
無題
担当者紹介ページ」はまだリニューアルされていない様子。
弊社スタッフの若かりし時代の顔が見られるのは虫退治ドットコムだけ!
今後共なにとぞ、よろしくお願い致します!


tojiyan at 17:13|PermalinkComments(0) 虫ムシ日記 

March 28, 2019

マウスストップ実験動画

マウスストップの動画を新たにアップしました!
前にプロモーションビデオ的な動画をアップしていましたが、今回のは一般パテ剤との突破比較試験
の様子をまとめたものです。
個人的に面白い絵面だなと思ってます。





プロモーションビデオ

硬いからこそ齧られてしまう。なら柔らかければいいじゃない!という逆転の発想です。
ぜひお試しください!


無題
この動画はaviutlというソフトを使って自分で作りました。
無料なのに細かい設定もできる優秀なソフトです。
(最初の設定やプラグインを入れたりなど、準備が面倒ですが)
商品、サービス、会社案内など、なにかをアピールするのにやはり動画は強力です。
みなさんも動画作成、チャレンジしてみては如何でしょうか。


川竹


tojiyan at 18:47|PermalinkComments(0) 商品(ネズミ、ほか動物) 

March 20, 2019

昆虫自販機きたー!

気候も春めいてきて、動植物が出現を「そろそろか?」と伺っているようです。

各地で開催しましたレベルアップセミナーも盛況で終えることが出来ました。
みなさん矢口先生の「トコジラミしおり」はGETできましたか?

さて、最近社長が会社紹介のたびに、カブトムシを食べる川竹を紹介しているようで
「環境機器=ゲテモノ食いの集まり」に見られてしまう!というお叱りの声を頂いてしまいました。
大変申し訳無いな、と思いつつ・・・今回も虫食レポートです!!!


■虫食その1
IMG_20190306_154543
3月はじめの展示会FOODEX JAPANに出展していた「コオロギラーメン」!
こんなに広い食の展示会なら、ひとつくらいこういうのがあるだろう、と探していたらやっぱり!
試食もしていたのでトライ。若干エビ殻出汁の風味のある煮干し系、と思いました。
このコオロギラーメン、各地で養殖したコオロギをブレンドしているそうで、
コオロギ養殖場が複数箇所あるのか・・・というのがまずオドロキでした。


■虫食その2
IMG_20190311_204757
また出た、サソリ串あげ!
この3月に入社した比留川さんの研修、と言う名の歓迎会、と言う名の罰ゲームでサソリやコオロギを
食べに行きました。
殻をバリバリ噛み砕いて食べますが、なかなか噛み切れない。防御力の高い食べ物です。
味は結構複雑なので説明しづらいのです。ぜひご自分の舌で確かめてみてください!!

IMG_20190311_205628
比留川さん、サソリパワーで東京営業部でも頑張ってくださいっ


■虫食その3

IMG_20190317_130256
珍しい自販機があるという噂を聞きつけ、昆虫食調査班(独り)は堺市へ出向きました。
浅香駅から歩くこと15分ほど。スーパーマーケットの駐車場内、接骨院に隣接してありました!

IMG_20190317_115831
「昆虫食自販機」!!熊本に第1号が出来たと聞いていたのですが、いつの間にか大阪に
進出していたとは。

IMG_20190317_115900
製品ラインナップ。バッタ、コオロギ、サゴワーム(ゾウムシ)、コオロギプロテイン。
(う、高いぞ・・・と思いながら)サゴワームとコオロギプロテインを購入。
コオロギプロテインはチョコと抹茶がありました。抹茶の色は商品によって、カイコの糞から
抽出した成分を使っているらしいですね。これもそうかな?

IMG_20190317_120544
お買い上げ。プラケースにオモリと一緒に入っています。

IMG_20190317_115845
製品が軽いと”ガシャコンっ”と落ちてこないのでオモリを入れてるんですね、なるほど。


IMG_20190318_204227
サゴワームの中身。カブトムシと同じシリーズですね。タイ産。
あれ?見た目はドライプルーンのような、ちょっと想像と違うぞ・・・
サゴヤシの油を蓄えているのか、全体的に脂っこいです。
半分に割ると脂が白く冷え固まっている。
味は・・・カブトムシより美味しかったです汗
社長は一切手を付けませんでした笑

製品そのままで食べると臭みがすごいので、オリーブオイルで炒めてみました。
環境機器じるしのオリーブオイル、めちゃ美味しいんですよ!(虫食レポで宣伝することじゃない)
熱が通ると臭みが軽減され、食感もサクサクとしてだいぶ食べやすくなりました。
しかしもうちょっと美味しくなると良いなあ・・・。今度は自前で採ってこねば。


以上虫食レポでした。





クライオナイト動画を2本アップロードしました。
低温の炭酸ガスで氷殺!ドライアイスは時間が経つと昇華しますので、施工跡もきれいです。
ぜひお試しください。

川竹

tojiyan at 17:40|PermalinkComments(0) 虫ムシ日記 

March 15, 2019

標本針を投げると円周率になる

今日は3月14日、そう円周率の日ですね!!!!
というブログを書いていたら日付が変わって3.15になってしまいましたが。

円周率とは3.141592...と無限に小数点以下が続く数です(無理数という分類に入ります)。
どんなサイズの円であろうと、直径と周の長さには一定の比率で変わらないことが
古くから分かっており、その割合が円周率と呼ばれています。
ギリシャ文字で書くとπ(パイ)です。

円周率は円だけでなく、波、電気をはじめ、アインシュタインの一般相対性理論、量子力学など
世界のあらゆる場所で潜んでいる不思議な数です。

ひとつ面白い実験がありまして、
IMG_20190315_092209
針と針の長さよりも広い間隔の平行線を書いた紙を用意します。

IMG_20190315_092241
紙めがけて針をポイポイポイっと投げます。
針が平行線と交わる確率は「(2 × (針の長さ)) ÷ (π × 平行線の間隔)」である!
これをビュフォンの針と言います。
今13本投げて9本交わっているので、9÷13≒0.69
針の長さなどで求められる計算上の確率は約0.50。うーん、13回の試行では全然足りないようです。
逆に、針を大量に投げることで未知の数πを推定することもできます。
あまり精度は良くないと言われていますが、こんなところにも円周率は隠れているのですね。

IMG_20190315_092250
みんな大好き志賀昆虫針。僕は0番と3番をよく使います。


川竹




tojiyan at 09:46|PermalinkComments(0) 虫ムシ日記 

蚊の開幕はいつか?

ホワイトデーという現実から目を背けるように、白球の行方を追う男が綴るブログ。

IMGP6686




















いよいよプロ野球のオープン戦が始まりました。
先日、近場で観戦してきましたが、球場の雰囲気や鋭い打球音など現地ならではの興奮があります。
そして今月末からは待ちに待ったペナントレースが始まります。
チケットの予約、応援グッズの準備など遠征の支度を着々と済ませている方も多いでしょう。

【害虫駆除もシーズンイン】
コアシナガバチ3


















そんな中、もう一つ頭から離れないことは害虫のシーズンイン、つまり発生が始まる時季です。
春になると様々な害虫が発生するため、「何がいつ頃出現するか?」と予測することが大事です。
また、それに合わせて薬剤の準備や使用期限の確認、機材の点検・整備も忘れてはなりません。
シロアリの点検であれば、お客様の家への訪問予約といった打ち合わせもあるでしょう。

IMGP6743




















ところで話は逸れますが、野球を現地で観戦していると時々応援席に飛んでくるファールボール。
最初は何とも思いませんが、それが近くに落ちだすと「次は自分の所か?」と妙な危機感がわきます。
そして周りの人が刺されだしてから「あっ、もう出てきたのか!」と実感がわく害虫もいます。
今回はそんな蚊について「いつ頃から出始めるのか?」や「対策は何か?」を中心に書いていきます。

【身近な種を解説】
PC100039





















なお、蚊の仲間は日本に15属127種が報告されるなど意外と種数が多いです。
それらを網羅することは困難なため、身近に見られる種類に絞り込もうと思います。
本日のチョイスは縦縞ではないヒトスジシマカと赤ヘルではないアカイエカの2種です。
余談ですが、アカイエカにそっくりなチカイエカは冬季も発生・吸血被害をもたらす厄介な相手です。

【ヒトスジシマカ】
IMGP8620


















先に結論を書けば、本種の成虫が出現するのはゴールデンウィーク前後でしょう。
冬季は卵で乗り切り、4月頃の雨を孵化の合図として幼虫(ボウフラ)が発生します。
つまり、もうすぐ幼虫対策を講じなければならない時季ではないでしょうか?
雨水枡のほか、少し水と落ち葉などが溜まった程度の場所からも発生しますので要注意です。

【アカイエカ】
007



















アカイエカは雌成虫のみが越冬し、地域にもよりますが暖かくなる4月頃には成虫が見られそうです。
なお、ヒトスジシマカは屋外を好み昼行性、アカイエカは屋内を好み夜間に多いと言われております。
しかし子供の頃の記憶では、夜寝ている時もヒトスジシマカが刺しにきていた気がしなくもないです。
単に地域や環境の違いなのか、子供時代の記憶があやふやなだけなのか、未だにはっきりしません。

【対策について】
CIMG6691





















幼虫(ボウフラ)の対策には水域への薬剤散布(IGR剤)などが挙げられます。
雨水枡などには、水底に沈んで有効成分をゆっくり放出するスミラブ粒剤がお勧めです。
対象が「蚊」なので法律上は医薬品や医薬部外品の登録がある殺虫剤を使用しなければなりません。
私も入社当時は混乱しましたが、同じIGR剤でも不快害虫用殺虫剤は使えない点に注意が必要です。

P1161019




















成虫対策として飛来する場所(壁面など)にベルミトール水性乳剤アクアを散布する方法があります。
植栽など薬剤散布が躊躇われる場所では蚊専用トラップBGセンチネル2で捕殺してもよいでしょう。
当ブログにもよく登場しておりますが、ヒトスジシマカ、アカイエカに確かな捕獲実績があります。
おまけに誘引ルアーの効果は半年間、4月に設置してもシーズン終了間際の10月まで持ちこたえます。

【特設ページあります】
図1














さて、そんなBGセンチネル2ですが、去年の末に特設ページが完成しました。
インターネットの検索で「BGセンチネル2」と入力すれば比較的上位に表示されます。
あるいは以下のURLから直接入っていただくこともできます。
https://bg-sentinel.jp/index.html

図2














ページに入ってから、そのまま下にスクロールすると上の写真のような画面が現れます。
ここにはBGセンチネル2の仕組みや特長などが書かれています。
もう少し詳しく商品情報を知りたいという時にご活用下さい。

図3














それと見落としてしまわないように気をつけたいのが右上にあるタブたちです。
緑の丸と矢印で目立たせた「捕獲実験」というタブをクリックすると試験データのページに飛びます。
せっかくなので見に行ってみましょう。

図4















ここにヒトスジシマカとアカイエカに対する捕獲データが記載されております。
他の蚊専用トラップとの比較などもございますので参考にしていただければと思います。

【データ追加しました】
図5















お客様に同行させていただいて実施しているチカイエカに対する捕獲効力試験
これまでに3回実施し、多い時で300匹以上、少ない時でも190匹もの捕獲に成功しました。
そのデータも追加いたしましたので、是非ご覧下さい。

【必見!日本初のイベント開催!】
図6




















最後にですが、今年は「ぶ〜ん蚊祭」という蚊に関する本格的なイベントが開催されます。
既に会場が決定しており、日本科学未来館7階(東京都江東区青海2-3-6)とのことです。
日程は6月29日(土)と30日(日)の2日間、時間は10:00〜17:00を予定しているそうです。
当ブログでも続報が入り次第ご紹介しますので、気になる方は是非予定を空けてお待ちください!

前田



tojiyan at 06:00|PermalinkComments(0) 商品(その他ムシ)