■おしらせ
■お役立ち間違いなしのメールマガジン定期配信中!ご登録はこちらから(環境機器HP内リンク)

April 26, 2023

春だ!畑だ!山菜だ!

草木も生い茂り、美味しげな今日この頃。
われらが「Semco農園」も山の幸を収穫する時期になりました!

IMG_5038

IMG_5043

IMG_5048
畑を耕し、腹をすかせます。今回は芋とショウガを植えましたよ!


IMG_5018
コゴミ畑で収穫。ちょっと育ちすぎていますが、まだまだ食べごろのコゴミがたくさん!

IMG01649_HDR
天ぷらでいただきました。うめうめ

IMG_5051
でかい肉も食べます。新玉ねぎもホクホクでうま!

todo_extacy
今回は変わり種の肉も少しあり、こちらは「トド」を食べているSくん。エクスタシー・・・
魚の血合い肉のような感じでくせがあります。

IMG01656
以上、まだまだ楽しく畑もやっています!というご報告。

川竹



tojiyan at 19:25|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 21, 2023

憎いあんちくしょう!カツオブシムシ

春もうららな陽気、春眠暁を覚えずzzz

この時期は虫も活気づいてきまして、お家の中でも様々な虫を見る機会が出てくるかと思います。
例えばこちら。おそらく皆さん見たことがあるはず!
IMG01303
自室のきたなーい机の下。足元を温めてくれる電気ヒーターの片隅に「ゴマ粒のような何か」が。

IMGP9378
拡大するとこんな感じ。大きさは3ミリほど。毛むくじゃらですな。
この虫は「ヒメマルカツオブシムシ」という虫です。
動画もありますので見てみてください!

名前の通り鰹節などの乾燥食品を好んで食べます。
羊毛のような衣服の繊維を好むので、セーターなどを食べて穴をあけたりするのもこいつ!とほほ。。

IMGP1601

成虫はこんな感じ。ベースが黒で、白と赤茶色のウロコが複雑な模様を表現しています。このウロコは結構はがれやすいので、ほぼ真っ黒のヒメマルカツオブシムシも存在します。
成虫は花粉などを食べるので、やはり駆除するべきは幼虫ですね。


IMGP7700
こちらはヒメマルカツオブシムシの親戚、ヒメカツオブシムシ。名前が似ていますのでご注意。
ヒメマル〜に比べて、ヒメ〜はエビフライのような長い体をしています。

IMGP0113
成虫はこちら。ヒメマル〜に比べて地味な見た目をしています。胸部の形や触角の先端が太くなっているなどの特徴があります。


対策としては、まず「清掃」です。
食品庫、クローゼット、洋服引き出しなんかは埃も溜まりやすく発生源になりやすいです。
他には、脱衣所、玄関、そのほか各部屋のコーナー部分を中心にお掃除をしてみてください。

薬剤としては、
「ファーストキルN、T」
成虫にも幼虫にも効果があります。いま生息している虫ももちろん、どうしても埃が溜まりやすいようなところに、予防効果も期待して散布できます。
Nは通常噴霧。Tは全量噴霧、広い空間に薬剤を行き渡らせることができます。発生源がよくわからないときに有効です。



「ハイレシス」
ヒメマルカツオブシムシ専用”フェロモントラップです。
メスの匂いを発散し、オス成虫を捕獲できるトラップです。このトラップだけで根絶は難しいので、清掃と他の製品と組み合わせてお使いください。



川竹

tojiyan at 11:04|PermalinkComments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 商品(その他ムシ) 

March 23, 2023

新たな命inトイレ

あっ!
という間に春の陽気です。桜も咲き始めましたね!
虫も一気に活動を始めました。

本日は大阪の天満にてレベルアップセミナーでスピーカーをしてきまして、へとへとになり帰ってきました、ゼェゼェ

トイレに入ると2ミリくらいの細長い物体が壁に。
これはもしや・・・!?

IMG01593
真ん中らへんのコーナー部分にいる虫です、おわかりいただけただろうか・・・
拡大して見てみましょう。

P3220313
はい、こちらは「シミ」という虫です。
比較的原始的な昆虫で、生涯羽をもちません。
体はウロコのようなもので覆われており、素早く動くため、英語ではsilver fish(シルバーフィッシュ)と呼ばれます。

乾燥した食品や本を綴じる糊を食べると言われていますが、多少生息していたところで目に見える害になることはないと思います。
駆除しようと思うと、意外と大変な虫です。調査用トラップを敷き詰めるくらいでしょうか。



他にも、お部屋で使いやすい殺虫剤がありますのでお試しください。





■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回はこちら


P4120055
翅に模様が見えます。
これは玄人向けの問題でしたが、「ヌカカ科の1種」です。
口が尖っており、翅の付け根にある脈が目立つような感じに見えるなどの特徴があります。

今回のクイズはネタ集め中なのでおやすみです(^^;)

川竹

tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 15, 2023

ハエのわらべ

ここ大阪府高槻市は雪が降っても滅多に積もらない地域でございます。
とはいえ先日の全国的な大雪の日には高槻もまあまあの雪化粧。
IMG_7666
困ってる狛犬。

僕は関東出張の帰りだったのですが、新幹線が名古屋で足止めを食らってしまい結局そのまま名古屋でもう1泊して帰りました。やれやれだぜ。


さて、このブログをご愛読いただている屈強な読者さま方ならこんな写真には慣れっこだと思いますが・・・
P2130897
大きさ1cmほどのこの物体、何かわかりますか?
こちらはハエの幼虫、いわゆるウジ虫です。
普段じっくり見ることが無いと思いますが、左下が頭、右上がお尻です。
P2130901
頭拡大。顔らしい顔はありません、黒く見えるのは口鉤(こうこう)と呼ばれる鉤爪状の顎です、これで餌を掻き出したりしているんですね。

P2130899
お尻は複雑な形をしており、中でも後気門という1対の呼吸孔が目立ちます。
後気門の模様で大まかな種類がわかるのですが、こちらはおそらくクロバエ科の1種。

こちらのウジ虫、お客様から送られてきたのですが集合住宅のお部屋でたくさん見つかったそうです。
クロバエ科の幼虫は糞や死骸を食べて成長します。たくさん出ているということは死骸がある/あったのかもしれません。小動物が屋根裏や床下に侵入し、そのまま息絶えてしまうと、こうしたハエが発生してしまいます。
動物ならまだ良いのですが、隣の部屋で「孤独死」が・・・なんてことが無いように祈るばかりです。


万が一お部屋に大きなウジ虫がたくさん出てきた!というときは、まず発生源を探して清掃してください。
ウジ虫には薬が効くまで時間がかかることがありますので、可能な限り直接取り除いてください。
ウジが頻繁にでてしまうところにネズミ用粘着板などを敷いておくと足止めになるかと思います。

発生源が見つからないけどウジが止まらない!という時は、各地の防虫業者、ペストコントロール協会、保健所などにお問い合わせください。


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
だいぶ日にちが空いてしまいすみません。
前回はこちら。

PC151069
大きさ1ミリほどのちいさーーい虫。ここまで来ると昆虫なのかどうかも怪しいのですが、こちら「トビムシ」の1種です。
トビムシは羽の無い原始的な昆虫です。落ち葉などを分解するので、至る所で発見できます。
時折家の中に入り込んだり、鉢植えで増えたトビムシが溢れ出てしまったりして問題になることがあります。まずは簡単にスプレーできるサイベーレエアゾールをお試しください。


P4120055
本日はこちら。触角が4本あるようにみえるのは撮影方法のせいで、本当は2本だけです。
さて、なんでしょうか?


川竹



tojiyan at 09:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 01, 2023

地元・高槻を走るよ!

環境機器の本社がございます大阪府高槻市にて、ハーフマラソン大会がありました。
せっかくの地元大会ですので、僕を含めた4人で参加してきました!

IMG01362_HDR
自信満々マンから自信無いマンまで様々でした(僕はもちろん後者。。)
寒い寒いとは聞いていましたが、天候に恵まれて良い日和となりました!


IMG01366_HDR
朝の10時からスタート!
道が細いこともあり、結構な人数が団子になって走っていきます。気がついたら想定以上のペースに、、大丈夫かな。
「「頑張るときはいつも今」」がステレオで激励してくれました。

IMG01368
折り返し地点前後は淀川の堤防を走ります。川の向こうには枚方の街が見えます、景色を眺めながらのんびりと、少しずつ進んでいきます(正直キツカッタ)

地元の方々の応援に支えられつつ、時に頑張り時に休み、なんとか4人とも完走いたしました。
IMG01373_HDR
こちらは遅い組の2人。生きて帰ることができて良かったです(泣)
もうちょっと普段から運動せんとな、と思いました。明日からがんばろ。

制限時間ギリギリ川竹

tojiyan at 10:44|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック マラソン部日記 

January 01, 2023

ホップステップ2023!

明けまして、おめでとうございます!

昨年は大変お世話になりました。
本年もこのブログをはじめ、弊社環境機器を応援いただけますと励みになります!
2023年賀mushitori
2023年は卯年。ウサギっぽい虫はなんだろーーといろいろ考えた結果「トビモンオオエダシャクの幼虫」がノミネートされました。
頭の角がキュートですね!

川竹

tojiyan at 00:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 16, 2022

冬でも蚊!

ほげっとしていたらいつの間にか冬になっていました。
寒い日は無理をせず冬眠をする虫がたまに羨ましくもなります。。
が、そんな寒空の中にこんな虫がおりました!

PC021798
口から伸びる立派なストロー、こちらはイエカの1種です。脚が2本足りてないですが、だいぶお年を召したお方なのかもしれません。アカイエカは成虫越冬らしいので、ボロボロになりながらも越冬して命をつないでいるのでしょう。健気・・・

さて、蚊といえば黒くてシマシマのヒトスジシマカなどが有名だと思います、
ヒトスジシマカ
こんなやつ。

なので、赤っぽいイエカの知名度は低いようで、「何この虫!?」「謎の虫に刺された!蚊じゃないと思う!」などなどコメントがあがることも少なくない印象です。

PC021800
黒いシマシマのヒトスジシマカは、ヤブカ属の蚊で昼間に活発に行動します。
一方今回のイエカ(属)は夕方から活発に行動する蚊ですので、寝ている間に耳元をうるさく飛び回るのはアカイエカが多いと思われます。

よく見られるイエカには、アカイエカやチカイエカが挙げられます。この2種はヒジョーによく似ており、顕微鏡を使って調べることも大変です(複眼の数を数える必要があったはず、やりたくない!)

この2種、姿は酷似しているのですが、アカイエカは野外性が強い一方でチカイエカは屋内性の蚊です。ビル内の貯水槽など、外部から隔離された水源で大量発生することがあるため、冬でも建物の中で蚊がたくさん見つかる場合は「チカイエカ」が疑われます。

対策方法は虫知識.COMにまとめられていますので、ぜひ参考にしてみてください。
チカイエカの発生源にはBGセンチネル2も有効です、ニオイで蚊を誘引する専門トラップです!

■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■

トゲハネバエ特徴
前回の答え合わせ。冬場に多いトゲハネバエ科でした。触角のオレンジの円盤がキュートですね!

PC151069
今回はこちら。ずっとライトトラップの虫をやってきましたので、徘徊性昆虫もよく捕獲される床置きトラップを見てみましょう。
こちら1ミリほどの小さな虫です。さて、なんでしょうか?


川竹

tojiyan at 10:16|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 虫ムシ日記 

December 13, 2022

久しぶりのNAHAマラソン!

先日、3年ぶりに開催されたNAHAマラソンへ参加してきました!

IMG_6767
飛行機へいざ沖縄へ!あいにくの雨でモワッとした空気が私たちを出迎えてくれました。

IMG_7221
マラソン前日は営業会議&勉強会!
東京・九州営業メンバーも含めて集まるのは私が入社してから初めてだったので新鮮でした。

IMG_4138
その後はゼッケン交換などに行ってエナジーチャージ!

マラソン当日は前日の雨とは打って変わって晴天!マラソン日和ではなかった気がします。
会場へ行く前に集合写真をパシャリ
環境機器集合写真02全体
がんばるぞー!!

IMG_4216IMG_6802DSC_0038
IMG_4207IMG_3196IMG_3735 (1)
IMG_4214IMG_7269
写真一部ですが、みなさん楽しそうですね♪

IMG_3724
環境機器一位は藤井さんでした!練習全然されてないとおっしゃってましたがさすがです!!

IMG_1909
初那覇マラソン組の3人。私も入れてほしかったです…

私も初めての那覇マラソン
実際走ってみると想像してたよりもかなり暑くてへとへと…初めて足を攣ってもう何が何だかわからない…何度もリタイアを考えました。
しかし、沿道にはたくさんの応援してくださる方々、諦めるのは申し訳ない…。そして何よりリタイアの仕方が分からない!笑
バスに乗るというのは聞いていましたが、前に進むのに必死で周りをあまりみていなかったのか乗るバスがどこにあるのやら…
ということであとは時間との闘い。制限時間を最大限に使って何とかゴールできました!

初マラソン、ギリギリでしたが、ゴールできて満足です!次回は記録を伸ばせるように練習したいと思います!

p.s.暑くて袖をまくっていたら変な日焼けの型が付いてしまいました…
IMG_6820
皆さん日焼けにはご注意ください(T_T)

桝井


tojiyan at 18:56|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 25, 2022

頑張るときはいつも今

この度「Forbes Japan SMALL GIANTS」という、中小企業のプレゼン大会で環境機器が「特別賞」をいただきました!ありがとうございます!

虫オタクをどう活用するか、というところに焦点が当たったようで我々も「役立つ虫オタク」にならないとな!と思いました。


さて、このくらいの時期になると社内がざわ・・・ざわ・・・し始めます。
そう、冬のマラソン大会までもう少しなのです。

今年はここ数年ずっと中止になっていた「那覇マラソン」が復活するということで、気分新たに頑張るぞ!というメンバーも多いのではないでしょうか?
ユニフォームも新しくなりました。

DSC_0979
まらそなーず
DSC_0980
頑張るときはいつも今 西尾マラソン部長からの含蓄深いおことば。

DSCPDC_0001_BURST20221125152134095
袖には虫退治.COMと、

IMG01280
ペストビジョンがプリントされています。協賛企業みたいだ

今年の那覇はどんなストーリーがあるのか、楽しみですね!
ちなみに私は不参加です!!!


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■

P4140082
前回はこちら。
黒っぽい茶色のボディに、網目模様の翅。ショウジョウバエかな?と思ったあなた、惜しいです><
こちらはチャタテムシの1種で、おそらくブリッグスウスイロチャタテ(ウスイロチャタテ科)かな?と思いますが確証はなし。よく似たヒメチャタテ科は水をたくさん使う食材加工工場などでたくさん見つかります。ウスイロチャタテはやや野外性が強いはずです。
ヒメチャタテ科はたまに一般家庭でも発生することがあり、お問い合わせがあります。カビを食べる虫なので、結露などカビが発生する原因を無くす必要があります。
その上で、例えば「ファーストキルT」を試してみてください。



ファーストキルTは一度噴射スイッチを押すと全量が一気に噴射されるタイプの商品です。天井裏や床下などで使いやすいです(集合住宅の場合は近隣の部屋に薬剤が広がりますのでご注意ください)。
ピレスロイドと成長制御剤のダブル効果で、幼虫にも成虫にも効果がありますよ!

P4259845
今回の問題はこちら。
中くらいのハエです。この寒い時期に増えだすクレイジーなハエですが、さてなんでしょうか?


川竹



tojiyan at 16:58|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック マラソン部日記 | 虫ムシ日記

November 09, 2022

Pest World 2022@ボストン

ご無沙汰しております。昨年からブログ更新をすっかりサボっておりました…

先月、初海外出張でアメリカに行ってきました!
目的は、毎年アメリカで開催されるPest Worldへ参加するためです。
IMG_5318
今年はボストンでの開催で、成田空港からの直行便があり、片道13時間飛行機生活の末、無事たどり着きました。

環境機器の出張は朝のランニングからということで、チャールズリバー周辺を散策しました。
IMG_5335
ちょうど紅葉の季節だったので景色を楽しみながら走れました。
ホテル周辺には大学がたくさんあり、朝からランニングやボート練習に励む学生がたくさんいました。

夜ごはんではボストンで有名なロブスターを❤
IMG_5807


本題のPestWorld展示ホールです。
IMG_5584
初めての展示会なので広さに圧倒されながらブースを回りました。

コウモリの侵入対策商品で、煙突に取り付ける網など、日本ではなかなか見かけない商品もあり、回っていておもしろかったです。
他にも現場の図面をタブレットで簡単に書けるシステムやリアルタイムでネズミや虫の動向を知ることができるIot商品もたくさん出展されていました。
どの業界もIot化は進んでいますね。
IMG_1492
こちらはネズミトラップにセンサーを付けてトラップが作動するとお知らせが飛んでくる商品でした。現場に行かずに現場の状況を把握できるというのはやはり便利で良いなと思いました。
日本では粘着トラップの使用が多いため、そのまま活用するのは難しいかもしれませんが…

弊社も負けていません!ネズミ・飛翔昆虫をリアルタイムでモニタリングできるペストビジョン。国内の展示会などではご紹介しておりましたが、先日のFAOPMAで国際展示会デビューを果たしました。



FAOPMAの開会式で流れていたCMもありますので是非ご確認ください!(アメリカ帰りなので英語です)



桝井

tojiyan at 18:10|PermalinkComments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック