December 2010

December 31, 2010

冬はねずみ

年末年始は大阪も随分寒くなりました。暖かいコタツからなかなか出れませんね

冬は体温を維持するため、ほかの季節に比べてエネルギーの消費が増加するとのことその消費が増加した分、食事量も自然と増えるんですね。年末年始もよく食べました

 

私の自宅で飼っているペットのモルモットも、冬になると餌置場に行く回数が増えます。
気づけばず~っと餌を食べているし、誰かが椅子に座れば、足元にきては野菜や果物をおねだりしてきます。

101219_1512~02
カワイイので、ついついあげてしまいますね




 

厚生省の調べによると、月別のネズミの苦情件数は10~11月頃から上昇し、最も寒くなる2月には、その件数はピークになるという結果が報告されています(H7~H11の総計結果)。

4~9月間に比べて、冬のネズミ苦情件数は2倍以上になるとのこと。


これは、屋外にいたネズミが寒くなってくると暖かい家屋に移動するため考えられています。

 

きっと、寒さをしのぐため屋内へ避難してきたんだけど、その上、自然と増加する食欲も相まって、屋内を出歩いたり採餌活動が活発になるのでしょうか?うちのペットを見ていてふと思いました。(戸島)

 

引用:安心して住めるネズミのいな家 谷川力、講談社α新書

 

屋内のネズミを捕獲するなら「ねずみ粘着シート」がおすすめ。



tojiyan at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 20, 2010

大掃除で発見

めっきり寒くなりました
空は曇りがちで全体的に薄暗く、鬱陶しい毎日です
が、商店街の人たちの表情はみな明るいのが、この年末。

そうです、もうすぐクリスマスがやってきます殺伐とした私の家には飾り付けなぞ何もありませんが、それでも町のイルミネーションを見ているだけで雰囲気が伝わってきて、脳裏には子供の頃にプレゼントを楽しみに眠るあの感覚がハイスピードで甦ってきます。ただ、前夜と当日に関しては、今の私にはあまり関係が無いようですなので、今日はクリスマスをスルーして、その先にある年末の一大イベントでの1コマを。

下宿生活をしている中で、最後に降りかかる一大厄介が大掃除今まで実家で生活した私は、家族と手分けして車、風呂場、ベランダ…などと、やっておればよかったのですが、今年は全てが自己責任、まさしく掃除のフルコースです。とはいえ、毎日疲れて帰ってくる私を迎えてくれる大事な家仕事から帰って、時間のある時に少しずつ少しずつきれいに…

と、蛍光灯のカバーを外した時のこと。
電気カバーの中








そこには無数の虫たちの亡骸が…
ヨコバイチョウバエ アップ








左.ウンカ・ヨコバイなどのカメムシ類。右.チョウバエ。他にも肉眼では分からない微妙な昆虫も続々。

屋内発生させたことは知る限り無いので、屋外からの飛来侵入でしょうか?害虫とはいえ、一抹の哀愁が漂います。とりあえず、軽く手だけ合わして、後はゴミ箱へ。年末の掃除には色々な発見がありますが、何はなくともとりあえず、タンスやクローゼットの奥でカラカラになった虫とこんにちわ、だけは避けたいものです。                    (前田)


虫が寄せつけにくい蛍光灯、ワンランプ

tojiyan at 20:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 18, 2010

何気なきこと何気なし

今年もあっと言うまでもう1年が過ぎ去ろうとしております.
早く感じるのは歳のせいなのか,充実しているからなのか・・・

そんな今年も終わろうとしている師走時に,魚の世界では超ビックニュースが飛び込んできました.
ご存知の方も多いと思いますが,70年前に絶滅したとされる秋田県田沢湖にしか生息していなかった“クニマス”が山梨県西湖でなんと再発見
しかも地元ではこの幻の魚“クニマス”を体色の黒い変種だと思い込み,長年“クロマス”と呼んでいたとのこと
当たり前にいると絶滅種だったなんで誰も気付かないものなんですね

このことは私達の仕事の中でもきっとよくあること
世間では珍しいとされているチャイロスズメバチを何気なく駆除している方,シロアリと一緒にいる好白蟻性昆虫をただの変な虫(無視)とされている方.勿体無いなぁ

SinoJap



過去のエントリーで紹介した好白蟻性ハネカクシ.
大学の先生に同定して頂いたところなんと本州初記録でした




そう言えば海外でも,絶滅したと考えられているミフウズラが市場で売られてたり(フィリピン),
新種のトカゲがベトナム料理店で人気だったり(ベトナム)

生き物に限らず,いろいろな面で当たり前のことを当たり前と思わず生きて行きたいと思います.(川端)


ノロウイルスが流行しています.嘔吐物・汚物の処理は慎重に
Geroレスキュー(嘔吐物処理セット)

tojiyan at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 13, 2010

いざフルマラソンへ!

頭上は晴れ晴れとした青空
翼端の先には綿をちぎったような白い雲
眼下には、これまた青い海

その海にかすかに見える波が、寄せては返すのを見て、「あぁ、陸地が近いんだ。もうすぐ着陸かな」と思ったころ、飛行機がフラップを利かせたのでしょうか、グーンと速度が落ち、一瞬前のめりになる感覚、しばらくしてドシンッ!と鈍い振動があって無事、着陸。環境機器マラソン部、沖縄到着です!時は12月4日、那覇マラソン前日、浮き浮きとした気持ちとフルマラソンに臨む、そわそわとした不安が半々といったところでしょうか。

到着してから、まずお昼に中華をいただくことに。次々出る料理に舌鼓マラソン前日にこんなに食べてしまっていいのだろうかという気持ちなど、微塵もありません。ごちそうさまでしたその後はマラソンの装備を揃えにマラソン会場へ乗り込む人、観光を楽しむ人、早くもお土産を買いに行く人、各自思い思いに那覇の町へ
それにしても首里城の美しかったこと写真を撮りだめてしまいました。
首里城
そして夜は恒例の(とはいえ、私は初参加)懇親会です。飲めや踊れやの大騒ぎで、明日の決戦=マラソンに備えます。
IMGP9872brog

上は踊り明かす我らがリーダー(左)と、怪我をおして見事走り抜いたベテランランナー(右)
R0012133
そして、ちゃっかり店員さんと一緒に写真におさめていただき、ご満悦の私。これで明日、走っている最中に何かがあっても、もう未練などありません

さて、いよいよマラソン本番会場は大勢の人たちでごった返しています。先輩方とも次々とはぐれてしまい、最後には一人、スタートラインに。そして、始まりを告げるピストルの音とともにランナーの集団はゆるゆる進み始めました。走っても走っても一向に出口の見えない長いなが〜いマラソン。先は見えているのに延々と終わらないマラソン。疲れてゆく体、どんどん追い越していく人たち。なんとなく悲壮感が漂ったり漂わなかったり…
先は見えているのに
そんな中でも、しつこく目に映るのは虫たちの姿。アゲハらしきチョウチョやキチョウがハタハタと気持ちよさそうに飛んでいます。大阪はすっかり寒くなり、ハエすら見かけないのに、ここ沖縄では虫たちはみな元気です。その虫たちから元気をもらって…とはいかず、最後の30kmからはとぼとぼ歩き、スタートから約6時間、しかし、無事完走。これもひとえに声援を送ってくださる沖縄の人たち、バナナから飲み物、黒糖と色々な食べ物を配ってくださる沖縄の人たちのおかげだなぁ、と感謝の気持ちでいっぱいです。沖縄の皆さん、ありがとうございました






tojiyan at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 03, 2010

フルマラソン参加してきます

もう12月ですね。

害虫の発生も少なくなり、社内もだいぶ落ち着いてきました。

さらに社内行事も続き、気分はもう年末モードです(´∀`)

とはいえ、来年の仕込みに集中できる時期でもあるので、あまり浮かれすぎないよう注意しなくては・・・


先日は高槻の山奥にある森林観光センターでシイタケ狩り&バーベキュー。
社員&家族参加で行ってきました。シイタケ狩り・バーベキュー

 








そして先週末には社内全体会議があり、翌日はホテルで食事会。うまかった
12月食事会





 

そしてあさって12月4日(日)は、恒例の参加行事となりましたマラソン大会(今年も那覇マラソンに参加)!

土曜から沖縄に入って、夜は宴会です


う〜ん、マラソン1ヶ月前からおいしい誘惑に負けて食べまくりです。
マラソン、走れるかな

(戸島)

ねずみ退治にはネズミ捕り「グルットプロN


tojiyan at 18:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)