February 2013

February 25, 2013

開幕まであと少し

プロ野球はオープン戦が始まり、そしてWBCもあと少しで開幕です。
帰宅後の楽しみがようやく一つ帰ってきました。

IMG_1729

















弊社のレベルアップセミナーも、あと2週間ほどで開幕です。

IMG_1717













今週もセミナー内容の充実のため、日曜日にいろいろと調査を行ってきました。

IMG_1716













そんなことで、クモづくしの週末でした。詳しくはセミナーにて
(菅野チーフが)ご紹介いたします。

まだ若干席もございます。お申し込みはこちら

前田


クモ対策にスーパークモジェットプラス!!



tojiyan at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 18, 2013

そいつは家の中にいる

このところ寒い日が続きます。そんなこんなでコンビニのあったかい豚まんを
求めてうろつくことが多くなってきました。

三寒四温といいましょうか、こうして少しずつ春が近づいてくるんじゃなかろうかと
思いつつ、頭をよぎるのは・・・。

IMGP2602

















たまに家の中にいることがあります、カメムシが。もうすぐ越冬を終えて
モゾモゾ出てくるころだと思います。去年の秋口にカメムシが多かったなぁと
いうことなら、カメムシに対する備えがあってもいいかもしれませんね。


前田


カメムシ対策にカメムシ・クモスプレー!他にも色々な薬剤がありますが、
エアゾールをお使いの時は、暖房などの火気にご注意を!!

tojiyan at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

February 14, 2013

回れば増える?

正月は、地元にある日本最古のため池(と、言われている)狭山池の周りを走ってきました。

その時に見た不思議な光景がこちら。

IMGP2563

ハシビロガモが6羽、ぐるぐる円を描きながら泳いでいます。

IMGP2565

池を一周して戻ってくると、気のせいか、だんだん数が増えてきてる気がします。

IMGP2564

桟橋の上から覗いてみると、クチバシを水中に突っ込んで、パクパクと
動かしています。餌でも探しているのでしょうか?

IMGP2577

こころなしか、水面にハシビロガモの渦ができている気がします。

IMGP2580

軽くランニングをして池を一周。すると、どうでしょう?さらに増えています。

IMGP2579

気になるのでもう一周して戻ってきました。渦が2つになろうとしています。


結局、うやむやにして帰宅してしまいましたが、あれは一体何だったのでしょう・・・?
まさか、私の走るタイムを示していたのではないでしょうが。


前田


ベランダに、家の周りにカラスやハトが増えてきた!糞を落とされるなどの被害に
お困りでしたら、バードフリーがお勧めです。



tojiyan at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

February 07, 2013

採取活動

弊社ではゴキブリや貯穀害虫などいろんな虫が飼育されています。
しかし、虫の中には飼うのがなかなか難しいものも多く、どうしても
採取するしかない時もあります。

IMGP2689

そんなこんなで、休日にサンプル集めと称して、自宅から自転車で
30分ほどのところにある摂津峡や、その周辺の公園まで羽を伸ばす
ことも。

IMGP2695

個人的な活動なので、調査はすぐに横道に逸れます。さっそくオオムラサキの
越冬幼虫を発見!

IMGP2708

余計なことをしていると、どんどん日が昇り、そして傾いていきます。気温も
みるみる下がっていきます。こうなると、ようやく真剣に探し出すのですが・・・

IMGP2710

木の皮に化けていた蛾を発見!面白いものを見つけましたが、急いでいる手前
あまり感動が沸きません。ふと振り返ると、川の水面には夕日が映っています。
タイムリミツトがじわじわ迫ってきます。

IMGP2699

そしてクヌギの木の落ち葉だまりでようやく発見。

IMGP2704

クモ。近くで見ている子供連れの目も気にせずガサゴソ、そして必要数を確保。


さて、この結果は弊社の菅野チーフより弊社主催レベルアップセミナーにて発表予定です。
セミナーはただいま御申し込み受付中です。他にも様々な内容で開催いたしますので
もし興味がございましたら是非参加いただければと思います。

御申し込みはこちらから


前田

tojiyan at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 04, 2013

冬の家屋害虫

この時期になると問い合わせが多くなる昆虫がいます。

どうも家の中に入ってくる、あるいは建物の外壁に群がるなどの苦情が多いようです。
さらに小さい虫とのことです。

そこで家の外周または屋内で見られ、かつ小さい虫で候補を挙げてみました。

IMGP0779

まずはクロゴキブリの1齢幼虫。ここまで大きくはないそうです。

ヒラタチャタテ

ヒラタチャタテ。こんなに長細くはないそうです。

ハダニ

ではハダニの仲間でどうでしょう。似てはいるが何となく違う、とのこと。

オオワラジカイガラムシ

結局、正解はこちら。オオワラジカイガラムシでした。カイガラムシと言えば、
ミカンなどの害虫として有名なものがいますが、本種はクリやカシ、ケヤキ、
モチノキなどの樹木に発生し、別に農業害虫として問題になることはありません。


しかし、冬期になると、卵から孵化したばかりの幼虫がトコトコと歩き回り、
時々外壁にへばりついたり、干してあった洗濯物にくっついていたり、
屋内に集団でやってくるなど、不快害虫として問題となります。


被害は冬期に限られますので、屋内を徘徊していて気持ちが悪い、という場合は
掃除機で吸い取るなどしてください。ただし、体が柔らかく、潰すと赤い体液が
出ますので、絨毯や衣類に付着させないようご注意いただければと思います。


前田


徘徊性不快害虫対策にサイベーレ0.5SC

tojiyan at 17:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記