July 2014

July 31, 2014

遠征・お土産編

一人旅でも2日もあれば話題に事欠きません。
最終回の本日は忘れちゃいけないお土産についてです。

IMG_9995


















まずはコレ、下戸の私にも優しい世にも奇妙なもみじ饅頭のお酒。
牛乳で2倍に希釈します。

IMG_4196
























ちょっとマニアックな信号旗ハンカチと手鏡。

IMG_6434


















これを知っていたらかなりの歴史通かミリオタ、呉てぬぐい「洋館客室の虫たち」。
(私も説明文を見るまでは何なのかさっぱり分かりませんでした)

IMG_4504


















合計14種類の虫たちが隠れています。

P1000034


















例えばトンボ。

IMG_4931


















柄が途中で切れてしまってますが・・・

IMGP5643


















アゲハなど。
こうやって旅のたびに(一部だけ)実用的なアイテムが増えていきます。

IMG_2465


















ところで話題は逸れますが、蛾の仲間も擬態が上手ですね。

IMGP5393
















本気で探している時は見つからないのに、ボケ〜ッとしている時にはよく見つかる。
これまた不思議です。


前田


夜になると、ガラス面にへばりついて、あまりにも目立ち過ぎる蛾類。
新聞紙を丸めたので突っついて追い払うのもありですが、それはちょっとという時はコレ。
ガラス用殺虫剤PGガード





tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記 

July 30, 2014

遠征・食事の好み編

一人旅をする上で見逃せないのが御当地グルメ。
出発前夜、胸に抱く期待は食後のお腹よりも膨らみます。

IMG_5521IMG_9927













宮島ではアナゴ丼にアナゴまん。

IMG_0343













広島駅前では30分の待ち時間を我慢して、最近噂というお店の広島焼きを堪能。
さらに呉では肉じゃがにカレー、鯨のカツなど食べたい放題。
そうです、この日のために節制してきたのです。





IMGP8445


















ところで、私のような独り者と家族連れの方々とでは、店で注文するものが若干異なると思います。
というのも、小さなお子様がいらっしゃる家庭では、子供向けの料理もオーダーするからです。
アリの場合も同じで、巣に幼虫が多いのか成虫中心なのかで餌の好みが少し変わることもあります。


なんか最近ベイト(毒餌)の食いつきがよくないなぁという場合、種類を変えてみるのも一つの手です。


前田


アリ対策商品はこちら



tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記 

July 29, 2014

遠征・適正距離編

旅に出ると、場所によっては野生動物との出会いもあります。

IMGP6992
















可愛らしいものだと、つい撫でまわしたくもなるでしょう。

IMGP6988
















しかし、彼等はペット化されていない野生動物。
御機嫌を損ねると何をするか分かりません。

IMGP6986
















角やら牙やら爪やらの危険性もよく分かりません。
お互いに不幸なことにならないよう、適度な距離をとることが大事です。

IMGP7067
















それと、ダニなど色んな害虫が付着している可能性も少なからずあるので、
やはり基本的には眺めるだけに留めることをお勧めします。
どーしてもいう時は、動物園に行きましょう。


前田


お盆に山や川へキャンプに行く時は、ヤマビルファイターがお勧めです。


tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記 

July 28, 2014

遠征・海の日編

昨晩風呂に入った後の記憶がないまま目覚めた広島での朝。
朝から天気もよく、紅葉饅頭3個を口の中に放り込んで早朝の電車に飛び乗り、南東へと進みます。
本日は、海の日を呉で過ごすというちょっと通な一日です。

IMGP7398
















祝日ということで海自の艦艇も満艦飾、各種信号旗がはためいていました。
なお、この呉には音響測定艦など他では見られない艦艇が多数所属しており見応えがあります。

IMGP7470
















これはガンダムか何かのコックピット・・・ではなく、潜水艦の操舵室。
呉駅からすぐのところにある鉄のくじら館で見学ができます。
潜望鏡からの眺めを除けば、深度計と音だけが頼りの暗く緊迫した世界です。

写真_コウモリ2


















ところでコウモリも夜間に行動するものが多いです。
また、飛翔昆虫を餌にする種類は超音波を用いたエコローケーションで獲物を探知します。
彼等もまた音の世界で生きている生き物です。



なお、7月頃は一般家庭でよく見られるイエコウモリは子育ての時期を迎えます。
幼獣はまだ飛ぶことができず、親が付き添って世話をしています。
そのため、追い出し目的で忌避スプレーを噴霧しても追い出し効果が得られにくいこともあります。


しかし、これまで生息していなかった場所への侵入を予防することは可能です。
屋根の隙間や穴などにモグラ・コウモリ忌避剤モグラクリンなどの設置が効果的です。


前田


tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記 

July 27, 2014

遠征・影踏み編

宮島を出て、本日の宿泊先である広島駅周辺を目指す前にちょっとだけ寄り道。

IMGP7175
















私の親父が20代後半を過ごした地を辿ってみようということで西広島駅で途中下車。
たった一つのランドマークだけが頼り。
かつてここに同い年の父がいたと思うと何だが不思議でもあります。

IMGP7181
















いたずら心でメールを送ったところ、かつての勤務地があった場所を教えてくれたので散策。
そのおかげで結局ホテルまで6キロぐらい歩く羽目に。
着替えと撮影機材、お土産の入ったリュックが肩甲骨にズシリときます。

IMG_1267


















ところで、アリが行列をなして仲間の後を追いかけて行く場合は採餌目的であることが多いです。
そんな行列を見つけたら、その傍にベイト剤をちょこっと置くのも効果的です。
家のアリ駆除にジェラニモアントベイト


前田


tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記 

July 26, 2014

遠征・満潮編

本日16時に宮島は満潮を迎える。
・・・と、すれ違ったどこかの御一行の誰かが喋っていたのを信用して待つこと6時間。

IMGP7127
















望み通りの光景を見ることができて満足。
傾きつつある太陽の光が海面に反射してきらめく様子は何とも幻想的でした。
ここまで待った甲斐がありました。

IMGP7163
















観光客が少なくなってきたところで、ハトもシカもお休みモードに。



ところで、蚊の中には海沿いでも発生できるものもいます。
トウゴウヤブカなどがそうで、幼虫は海水中でも普通に生活が可能です。
海の近くであっても日焼け止めと虫よけはセットで持っておきたいですね。



IMGP7173
















さて、連絡船の時間が来たので宮島ともここでお別れです。
今度また来る日まで!


前田


時間が来たら自動的に殺虫剤を散布し始めてコバエ類を殺虫します。
ウルトラベープProセット・Tセット



tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記 

July 25, 2014

遠征・鳥と鳥居編

容赦なく照りつける日差し、家族連れでごった返す食堂。
ひとまずすぐ近くにある宮島水族館まで退避し、1時間くらいしてから外に出てみると・・・。

IMGP7030
















だんだん潮が満ちてきているところでした。

IMGP7024
















アオサギと鳥居とのツーショット。
また変わった参拝客もいるもんです。


前田


でも、家のベランダには来ないでください。
・・・という場合は鳥類忌避剤バードフリーの出番です。

tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記 

July 24, 2014

遠征・お昼前編

照りつける日差しが強烈になってきたお昼前の一コマ。

IMGP6846


















お前も何か食べたいのかい?


前田


tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記 

July 23, 2014

遠征・干潮編

いつか行ってみたいと思っていた宮島に上陸しました。
始発の新幹線で出た甲斐があったというものです。
出迎えてくれたシカたちとたわむれるのもほどほどにして、目的地を目指しましょう。

IMGP7092
















乗船前は少し曇っていましたが、到着してからしばらくすると晴れてきました。
天候にも恵まれています。

IMGP6866
















朝方ということで干潮。
有名な鳥居の下まで歩いて行けます。

IMGP6876
















至近距離からだと、木目まではっきり見ることができます。



ところで、海上の建物は木材害虫の被害と無縁と思われがちですが、実は海特有の木材害虫もいます。
これらは海虫類と呼ばれ、大雑把に見れば貝類とワラジムシのような節足動物類に分けることができます。
いずれも木材を穿孔するなどの被害を与えるため、油断ならない存在であります。


前田


シロアリ・ヒラタキクイムシ対策にエバーウッド ムースエアゾール
ムース状なので木材表面の穴から注入するなどの使い方もできます。
※噴霧した薬剤が河川などの水域に流入しないようご注意願います。

tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記 

July 22, 2014

遠征・上陸編

忙しい時期には嬉しい三連休です。

IMGP6801
















どこか遠くまで行きたくなりました。

IMGP6814
















という訳で、どんぶらこっこ、どんぶらこっこと流されて行きました。

IMGP6830
















そして上陸。
早速出迎えてくれたのはたくさんのシカたち。
誰かが落としたのであろうパンフレットをモシャモシャ食べながら・・・。



なんか体に悪そうな気がするのは私だけ?


前田


鳥や小動物対策にヒトデナシ


tojiyan at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記