October 2014

October 31, 2014

海外出張・儚きゴキブリ編

月曜日の朝から始まったアメリカへの海外出張。
朝から晩まで講義や展示会が盛りだくさんですが、夜になると一息つくことができます。

CIMG0029


















なお、オーランドは航空地図で見ても分かる通り、池や沼がたくさんあります。
このディズニーランド周辺も水辺が多く、時にはワニ(アリゲーターと思います)を見かけることもあります。
これが夜になると、イルミネーションが水面に映えて抜群に綺麗なのです。

CIMG0040


















そして、そんな夜景に割り込んでくるのがこのゴキブリたち。
写真はコワモンゴキブリで、木の幹に張り付いていました。
これを野外で見たことは無く、もちろん写真も持ってないので、早速撮影にチャレンジ!

CIMG0042


















しかし、接写を試みた時に逃げられてしまいました。
まぁ明日また撮り直せばいいやと思い翌朝同じ場所を訪れると、可哀想なことに薄っぺらくなっておりました。
ダスビダーニャ・・・。


前田






ゴキブリが潜みそうな狭い隙間に薄っぺらいトラップをそっと差し込んでおきましょう。
ゴキブリの捕獲に調査用トラップ

tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出張・学会レポート 

October 30, 2014

海外出張・開戦編

グンモーニンッ!と道行く人たちに声をかけられるアメリカ出張初日の朝。
いよいよ今日から本格的にPestWorldの大会に参加です。

CIMG9988


















今回の出張では天気は終始快晴、朝の日差しがなかなか気持ちいいです。

CIMG9996


















お昼からはレセプションがあり、開会の挨拶とスピーチから始まります。

CIMG0004


















余興も豪快に行われました。
観衆の皆様からの拍手、指笛による反響もこれまた盛大。
まるで今大会の始まりを告げる号砲のようでもあります。

IMGP9137


















また、そのレセプションが行われているホールの下では各メーカー様の商品展示会も開かれていました。
会場は「この機会を逃すな!」というエネルギッシュなオーラで満ち溢れています。

IMGP9337


















ところで弊社では、これらの展示会で面白そうな商品がないか毎年チェックしています。
これまでも気になる商品を見つけてはサンプルを頂戴し、そして現場で様々なテストを行いました。
そして、特に結果が良かった物については実際に取り寄せて販売させていただいております。


今年も何かいいものを見つけ、また皆様にご紹介できないか、頑張って探してみようと思います。

前田





秋口もちょこちょこ出現するアリの対策にスマートアントジェル


tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出張・学会レポート 

October 29, 2014

海外出張・言葉の壁を越えて編

オーランドの空港からタクシーで移動すること30分、ようやくホテルに到着しました。
今回の宿泊先はここ!

写真 1


















ウォルト ディズニーワールド ドルフィン!
そうです、今回の大会はこのホテルのホールで開催されるのです。
片山社長から、ここなら会場からすぐだから楽だろう、と予約していただきました!
ありがとうございます!

IMG_1150


















せっかくなので、ホテルの周りを軽く散策してみましょう。
ロビーへと続く通りは薄紫色にライトアップされ、何とも幻想的です。

写真 3


















また、通りのいたるところでPestWorldの広告が貼られていました。
こちらもイルミネーションの色に染まり、とても綺麗でした。

CIMG9957


















そんなメルヘンチックな世界から私を一気に現実に引き戻したのはこの子。
通りを堂々と歩く1匹のワモンゴキブリ。
どうせ周りにいるのは似たような業界の人ばかりだろうと、人目もはばからず撮影。



・・・と、そんなことをしていると、やっぱり来ました、海外のおっちゃんが3人。
以下、会話のやり取り。

おっちゃんたち
「ヘイ兄ちゃん、何してんの?」

「ここにワモンゴキブリがいるんです。それで写真を撮ってるんです。」

おっちゃんたち
「おぉ、ホントだ!でもなんで?」


「僕は日本から来たんですけど、あっちじゃコイツが道端を歩いているってのは珍しいんですよ。
代わりに見かけるのはクロゴキブリばっかですし。」

おっちゃんたち
「じゃあ、好きなだけ持って帰りなよ!こっちにゃこんなの、いっぱいいるんだせ!!
そしてそれを駆除する俺たち業者もな!!」


「要らねぇッスよ!会社で実験用にたくさん飼ってんですから!」

※もちろん全て英語ですが、ノリはこんな感じ。



初対面の方々でしたが、一瞬のうちにゴキブリの話題でここまで盛り上がるとは思いませんでした。
害虫の前に、言葉の壁も文化の壁もないな、と感じた一コマでした。


前田






ゴキブリは地面や床だけでなく、壁面も移動してきます。
そのため、特に窓や換気口の周りへの薬剤処理も重要です。
広範囲の壁面への薬剤施工にはエクスミン乳剤ES+噴霧機GS006セットが便利です。

tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出張・学会レポート 

October 28, 2014

海外出張・遥か編

突然ですが、アメリカでは毎年PestWorldというイベントが開催されます。
簡単に説明すると、まず参加されるのは世界中のいろんな国のPCO関係の方です。
そして開催期間は数日ほどですが、この間PCO関係のセミナーがあったり商品の展示会があったりします。


つまり、とんでもなく規模が大きくて世界中の情報を収集できる、そんなPCOにとっての一大イベントなのです。


IMG_0811


















ところで、弊社では毎年誰かがこのPestWorldに参加させていただいています。
で、今年は誰が参加されるのかな〜、と能天気に構えていたところ・・・。


え、僕もですか!?



と言う訳で、片山社長と田之江さん、そして西尾リーダーの4人で参加してきました。


社内ではメンバーの組み合わせ上、とんでもない珍道中になるのでは、とヒソヒソ笑われていました。
そして現実はまさにその通りで、これから徐々に奇妙な冒険が始まるのです。

IMG_0812


















なお、PestWorldの開催地は毎年変わり、今年はフロリダ州のオーランドとのことです。
そして会場は、なんとディズニーランドの敷地の中です。
ミッキーでも見れるのかな〜と思いながら、空港で飛行機を乗り継ぐこと約13時間。






早々にしてピンチ到来です。
海外出張でも凄く頼りになる田之江さんと空港ではぐれてしまいました。







こうなると、西尾リーダーと力を合わせて片言の英語で突き進むしかありません。
ようやく状況が落ち着いてきたところで、西尾リーダーの提案でフードコートで一休みすることにしました。

CIMG9947


















アメリカの食べ物は何でもビックサイズですね。

CIMG9951


















と、そのフードコートのテーブルの上をコソコソ歩き回る虫がいましたので、捕えてみました。
そしてよく見てみるとノミバエでした。


海外に来て最初に目にしたのが、ノミバエとは・・・。
日本でもアメリカでも問題になる害虫はあんまり変わらないなと感じた初日でした。


前田





屋外の大型ハエ対策にフライマグネット



tojiyan at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)出張・学会レポート 

October 19, 2014

出所不詳

先日、床置きのトラップを検定しました。

IMGP9108


















ノミバエが多く捕獲されており、最初はトラップ設置区内に発生源があるように考えていました。

IMGP9109


















しかし、一緒に捕獲されていたクロゴキブリの死骸をよく観察すると、ノミバエの蛹が多数ありました。
その全部と言えるかは分かりませんが、ゴキブリの死骸から発生したものが捕獲されていたようです。


この場合、屋内に多いのか、たまたま1匹のノミバエの雌が飛来しただけなのか、判断に迷います。


前田





モニタリング調査に便利な床置きトラップはこちら

tojiyan at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 10, 2014

異物混入(紙の中編)

弊社のレベルアップセミナーがいよいよ始まりました。
本日は講演を先輩方にお願いさせていただき、私は社内で黙々と作業。
とはいえ、追加資料の印刷と梱包、また次の会場への送付手配など、時間勝負の作業が続きます。

まだ広島・大阪・名古屋・東京会場はお申し込みを受けつけております。
環境機器(株)秋期レベルアップセミナーのお申し込みはこちらから

IMGP9087


















さて、印刷用紙が無くなりましたので、補充しましょう。

IMGP9088


















と、黒いインクの痕のようなものを発見。
「なんだろう?」と、顕微鏡で覗いてみると・・・。

IMGP9091


















クロバネキノコバエ科の一種でした。
主に野外で発生する種類ですが、体が小さいため扉や窓の僅かな隙間からでも屋内に侵入します。
ただ、ショウジョウバエやノミバエのように、食品に誘引されて飛来する、ということはありません。



じゃあ、何故屋内に侵入するのかということですが、色々と原因が考えられます。
照明の光に誘引されて自分からやってきた、というのも勿論あります。
ただ、換気設備を稼働させている工場などでは、空気とともに吸引されるケースもあります。



小さいながらも、防除の際はなかなかの強敵となる昆虫であります。


前田







数は決して多くないものの、屋外からちょこちょこ飛来侵入してくるコバエを何とかしたい。
そんな時はライトトラップで捕獲するのも一つの手段です。
Luics(ルイクス)はデザイン性もよく、また外装の色も5種類から選べるおしゃれ仕様。
飲食店舗でも違和感なく使用できます。

虫を誘引する光が建物の外に漏れると余計に寄って来てしまい逆効果です。
窓ガラスなどから光が見えないよう注意しましょう。
出入り口の内側に設置し、入ってきたコバエを室内の奥へ行かせず捕獲する方法がベストです。


tojiyan at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)同定知識 

October 06, 2014

お手柄のクモ

会社の玄関横の外壁にとりついたハエトリグモ。

IMG_1393
















コクヌストモドキを捕食している最中。
久しぶりにクモの益虫らしいところを見た気がしました。


前田






クモに頼らずにコクヌストモドキを駆除したい。
そんな時は台所周りの食品の整理が一番です。
工場ではモニタリング調査にドームトラップ(コクヌストモドキ用)がお勧めです。



tojiyan at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

October 03, 2014

秋のセミナー始まります!

山の木々もうっすらと葉が黄色っぽくなってきました。
スーパーに行くと、秋の味覚がそろい踏みしています。
もうすっかり秋ですね。

IMGP5364
















野山にも探せば秋の味覚がたくさん落ちていますが、間違えないように注意が必要です。
よく似てますが、たぶん栗ではありません。

P1000526


















市販品とは似ても似つかぬ姿ですが、野生のエノキ茸。
もちろん食べられます。

IMG_4622


















ナッツをまぶしたチョコみたいで一見おいしそうなキノコですが、猛毒のテングタケ。
たぶんコレ1本でアウトです。


ところで、気温が下がると夏場のような食中毒は減るような気がします。
しかし、冬場にはノロウィルスなどが流行するため、油断はできません。


そして今回の弊社の秋のセミナーでは外部講師をお招きし、殺菌・消毒について講演していただきます。
需要はあるけどやり方が分からない、自信が無いという方は必見の内容ですよ!
御申し込みはこちらから


前田



tojiyan at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)弊社セミナー情報 

October 02, 2014

甘味処にて

大勢の高校生と外国人旅行者で鹿ヶ谷通りは大いに賑わっておりました。
お目当てのうどん屋さんは臨時休業で、私のテンションは大いに盛り下がっておりました。
まぁ機会はまたあるだろうということで、お昼もとらずに歩を進めます。

IMGP8509
















そして流れ着いたのは哲学の道。
小難しそうな名前とは打って変わって、景色が凄くきれいな散歩道です。

IMGP8515
















ここで目を引くのがこのネコがたくさん集まって来るスポット。
これには犬派の私も思わず1枚カシャッと撮影。

IMGP8523
















そのすぐ傍の木にはサルノコシカケらしきキノコが生えておりました。
ネコにサルになんと賑やかなことでしょう。

IMG_0072


















さて、写真を撮る際に構図などを考えていると、何かと頭が疲れます。
糖分補給の名目の元、やってきたのは本日のゴール地点と定めたクリームあんみつのお店。
七が三つで何と読むのか分かりませんでしたが、これは後に解決。


おっさんが一人で行く所ではないかもしれませんが、食欲には勝てません。
幸い人も少なく、ゆっくり味わってきました。
確実に5キロは歩いたであろう本日の消費カロリー、これにて帳消しです。


次回もまた歩かねばなりません・・・。


前田






ネコがたむろしている場所ではノミに気をつけましょう。
ノミ対策にスミスリン粉剤ES


tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記 

October 01, 2014

インクライン跡へ

だんだん日差しが強烈になってきました。
途中からは一般道を歩くことになり、干からびそうになりながら辿りついたのは蹴上駅。
何て読むのか分かりませんでしたが、どうやら「けあげ」が正解のようです。

IMGP8486
















煉瓦造りのアーチをくぐれば銀閣寺へと通じる道ですが、その前にちょっとだけ寄り道。

IMGP8499
















それはこちら、かつてのインクライン(傾斜鉄道)の跡。
2車線でレールは計4本。


IMGP8497
















載せて運んだのはなんと船。
琵琶湖の大規模な疎水工事により、大津から宇治川に至るまでの舟運ルートが開かれました。
しかし、水路の高低差(水路落差)の関係から、一部を陸路輸送にせざるを得なくなり、
その結果、作られたのがこの船ごと運ぶ鉄道という訳です。


全長500メートルを超える鉄道だったそうですが、現在残されているのはもうわずか。
ただ、脇には桜がたくさん植えられており、春にはお花見が楽しめそうです。

IMGP8502
















今はショウリョウバッタの天国のようですが、紅葉の頃にくるのもまた味があっていいかもしれません。


前田




tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記