August 2015

August 29, 2015

アオマツムシ

夜になると、街路樹の上でせわしく鳴いている虫がいます。

IMG_3578





















「リーーッ、リーーッ、リーーッ!!」という途切れることなく鳴き続ける声であれば、アオマツムシです。
緑色にしたゴキブリのような姿ですが、特に悪さはしません。
元々は日本にいない外来種ですが、徐々に秋の虫としての地位を確立しつつあります。


前田










庭に出るコオロギやダンゴムシ、ヤスデ対策にお庭の虫コロリ(顆粒タイプ)


tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 28, 2015

羽アリの季節

このところ、クロアリの羽アリに関するお問い合わせが多くなっています。
大量に出現した羽アリが窓ガラスや照明に群がる、あるいは家の中に殺到するというものです。

IMGP7632



















発生時期はアリの種類によってまちまちですが、発生そのものはどれも1週間ほどで勝手に治まります。
ただ、どうしても問題になる場合は殺虫剤の力を借りる必要があります。
窓ガラスに群がる羽アリの対処には窓ガラス用殺虫剤PGガードがお勧めです。


前田



tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 27, 2015

アシナガバチの雄

お盆前くらいから、顔が白っぽい雄のアシナガバチが出始めていると思います。

IMG_0483




















ハチの毒針は産卵管が変化したものであるため、雄バチは例外なく毒針を持たず、刺すことはありません。
ただ、遠くからだと他の働き蜂と見た目がそっくりで、区別がつきません。
なので、突っ込んできたハチが「雄か雌かどっちか分からん!」と言う時は、とりあえず避けてくださいね。


前田










飛んでるハチに遠くから確実に殺虫剤を当てたい時に便利なハチダウン
噴射ガスが霧状に広がるためハチに当てやすいのが特徴です。

tojiyan at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 26, 2015

道連れ

ある日、ネズミが粘着板に引っ掛かったまま死んでおりました。

IMGP3106一緒に捕獲されたニクバエ





















そうして死んだネズミにハエが産卵し、そこからウジが沸くケースもあります。
ただ、上の写真のように、ネズミの体についた粘着糊で捕獲されてしまうハエもいるみたいですね。


前田










天井裏のネズミ捕獲にグルットプロR3!!

tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 25, 2015

スズメバチの群れ

お尻の先が黒いことで、他種と簡単に見分けがつくヒメスズメバチの群れ。

ヒメスズメバチの群れ























オオスズメバチの場合、自分たちが占拠している餌場に近寄るだけでも威嚇行動に移行します。
しかし、比較的おとなしいヒメスズメバチの場合は大丈夫。
いたずらせず、そっと離れるようにしましょう。


前田








もしもハチに刺された場合の応急処置に利用します、インセクトポイズンリムーバー
ただし、あくまで応急処置ですので、できるだけ早くお医者さんに診てもらってください。

tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 24, 2015

スズメバチの引っ越し

何年か前にもご紹介しましたが、一部のスズメバチは巣の引っ越しを行うことがあります。

P1010352























特徴は、突然スズメバチがたむろし始める、そしてあっという間に大きな巣ができる、などです。
人間の引っ越しシーズンは春ですが、彼らのそれはちょうど夏の終わり、つまりこの時期です。


前田












巣をムース状の泡で包みこんで丸ごと駆除します。ハチの巣駆除ムース

tojiyan at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 22, 2015

クサカゲロウ

桜の木で偶然発見したクサカゲロウの幼虫。

IMGP3866クサカゲロウの幼虫



















右側はゴミ屑で巧妙に擬装された胴体、左側は大顎の突き出た頭部。
不用意に近づいたアブラムシの多くが、その餌食となる。


前田









クサカゲロウやテントウムシよりも即効的。
花につくアブラムシ対策にHJブルースカイ粒状

tojiyan at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 21, 2015

クルマバッタモドキ

似たようなものが多いですが、背中の白いX字が区別点となるクルマバッタモドキ。

IMGP3803




















カメラのレンズを近寄せても気にせず草を食い続けていたので、こちらも自由に撮影させてもらいました。
道草を食うとはまさにこのこと。


前田











庭に出るダンゴムシやコオロギ、ヤスデの駆除に、お庭の虫コロリ(顆粒タイプ)



tojiyan at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 20, 2015

へばるハト

木陰でぐったりしているハト。

IMGP3795




















近寄って、レンズを向けても逃げる気配はなし。
彼等も猛暑には、勝てない。


前田










忌避剤の前にもぐったり。
鳥類忌避剤バードフリー

tojiyan at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 19, 2015

自切

尻尾の根元と先端の色合いが微妙に異なるニホントカゲ。

IMGP3753




















根元の青が元々の色で、先端のピンク色の部分は再生した部位と思われます。
おそらく外敵に襲われ、自ら尻尾を切断して逃れたのでしょう。


前田











ヘビ対策にモグラ・ヘビ・ムカデZ


tojiyan at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)