December 2015

December 30, 2015

赤の他人

誰もいない日曜日、事務所と研究棟を結ぶ階段に出てみると、壁に黒いクモがいました。

IMGP4552





















一瞬、セアカゴケグモかと疑ってしまいますが、全くの別物です。

IMGP3318

















セアカゴケグモの場合、お腹に赤いラインがありますので、これで簡単に見分けることができます。
また、この時期は寒くて行動も鈍いと思います。
庭の掃除の際に見つかっても慌てず騒がず、靴で踏み潰してしまえばカタがつきます。


前田










隙間などに逃げ込まれた時はスプレー剤などを噴霧して駆除しましょう。
セアカゴケグモなどのクモ類駆除にクモの巣消滅ジェット


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 29, 2015

年末年始の休業日

今年も残すところ、あとわずかになりました。
弊社では12月30日(水)から来年1月4日(月)までお休みをいただいております。
(虫退治ドットコムは12月29日(火)から1月5日(火)まで)

IMGP0245



















それでは、よいお年をお迎えくださいませ。


弊社スタッフ一同


tojiyan at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 28, 2015

年末のお掃除・我が家の昆虫相編

こまめに進めていく年末の大掃除。
恒例行事になっている、天井照明の掃除に取りかかりましょう。

IMGP5173


















カバーの裏から黒い点々がたくさん写っていましたので、何となくコバエ類の死骸があることは分かります。
これらは掃除機で吸い取ってしまうのが手っ取り早いので、まずはカバーを外しましょう。

IMGP5175


















すると、カバーの端から1本の糸がピューと伸び、そして切れました。
・・・クモの巣が張っている。


IMGP5174


















カバーの中身をチェックすると、肉眼で見ても色々な虫がいることが分かりました。
何やら今年は種類が多そう・・・。

IMGP4509



















まずチョウバエ科の一種。
紫外線にやられて真っ白です。

IMGP4512



















同じく脱色してしまったアブラムシ。

IMGP4517


















そんなに日が経ってないと思われるキイロショウジョウバエ。

IMGP4520



















一瞬シロアリの羽アリかと思いましたが、たぶん脱色されたハネカクシ科の一種でしょう。

IMGP4524


















これもそんなに古くなさそうなタマバエ科の死骸。

IMGP4528



















同定不可能な甲虫類。
カビから発生するような仲間の一種かな?

IMGP4530



















頭部がありませんが、サイズや腹部の模様からヒメマルカツオブシムシの成虫でしょう。

IMGP4539


















カメムシの一種。
細かい種類の同定は面倒なので端折ります。

IMGP4546



















おなじみの飛来性昆虫、ユスリカ科の一種。

IMGP4540



















そして、先ほどの巣の主と思われるクモ。
こんなに多種多様な昆虫がいたのですから、さぞ食生活は良かったことでしょう。


1年で10種、あまり開けっ放しにしていないはずの家でもこれだけ見つかります。
なので虫の侵入を許してはならない施設の場合、物理的な侵入防止対策以外の方法も併用しましょう。
照明に関しては、虫の好む紫外線の光をカットして飛来を抑える防虫ランプなどがあります。


前田











蛍光灯に取りつけて使用する防虫カバー「バンガード」!
紫外線カットによる防虫効果以外にも、万一ランプが落下した時の飛散防止機能もあります。




tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 27, 2015

年末のお掃除・窓枠編

ちょっとだけ気が早い年末大掃除。
見通しが良くなるように、窓ガラスと窓枠の掃除に取り掛かります。
汚れが少なくてまだ捨てるのが勿体ないクイックルワイパー(ウェット)と割り箸が掃除道具です。

IMGP5169


















窓ガラスを拭き終わった状態。
速乾性で拭きムラがつきにくい使い捨てのペーパー(アルコールか何かの)が個人的にはお勧めです。

IMGP5170


















その後、窓のサッシにクイックルワーパーを割り箸で突っ込み、丁寧に掃除。
汚れの大半は、おそらく屋外から入ってきた粉塵ではないかと思われます。
白いペーパーがみるみる黒く染まっていきます。

ヒメマキムシ






















ところで窓枠は結露しやすいためにカビが発生することもあります。
そして、それらのカビを好む昆虫もいますので注意が必要です。
ただ、人に対して刺す・咬むといった危害は加えません。


前田












室内の除菌・消臭・除カビにクレベリンS100

tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 26, 2015

年末のお掃除・ベランダ編

祝日に始まった年末の大掃除、エアコンの次はベランダです。
毛羽立って捨てられる直前の歯ブラシ、残りわずかの風呂用洗剤、ぼろ布と化したタオルが掃除道具です。

IMGP5172


















掃除するのは土埃やら粉塵やらがいつの間にか堆積している排水溝。
お隣さんのところに汚水や汚泥がはみ出さないよう注意しながら掃除を進めます。
素人なので完璧には仕上がりませんが、これくらいまで掃除すれば及第点でしょう。

チョウバエ (2)



















ところで、アパートのベランダでは稀かもしれませんが、汚泥から発生する昆虫もいます。
写真のチョウバエ、また珍しい例としてイトミミズなどが挙げられます。
作業中はちょっと気持ち悪くとも、年に一度は汚泥のかき出し作業をすることをお勧めします。


前田













丈夫なので掃除の時にも大活躍!ダイローブ223(耐油・耐溶剤手袋)


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 25, 2015

年末のお掃除・エアコン編

今年の天皇誕生日はあいにくの天気でしたが、これを機に自宅の大掃除をしました。

IMGP5166


















物は上から下へ落ちるのが自然の摂理ですので、とりあえず高所から順番に攻めていきましょう。
まずはエアコンの上の埃を払いのけ、次に中へとアプローチしましょう。
専門業者の方のようにピカピカにはできませんが、なるようにはなります。

IMGP5168


















奥の方にあるカビはどうにもなりませんが、フィルターはお手入れができるはず。
埃がたくさん詰まっているので掃除機で吸い出しましょう。

IMGP1785


















ところで、昆虫の中にはカビから発生が可能なものもいます。
一般家庭ではあまり聞きませんが、エアコン周りのカビからチャタテムシが出現することもあります。
このように害虫管理の観点からも年に一度は部屋の隅々まで清掃することが推奨されます。


前田








掃除の際にあると便利です。使い捨て手袋ニューデリカユース手袋 ノンパウダー


tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 24, 2015

ゴキブリの共食い

実験のため、飼育水槽から使用するゴキブリを選び出していた時のこと。

IMGP4432


















脱皮直後の幼虫を共食いしている雄成虫を発見。
きちんと餌は与えているので、不足はないとは思うのですが。
今与えている餌に飽き始めたのでしょうか?

そして、駆除に使用する毒餌も何年も同じものを使い続けると、飽きて食べないことがあります。
そんな時は、使用する毒餌を変えてみるのも一つの方法です。


・・・クリスマスの日にまで、こんな話題ですみません。


前田











試してみると、食べてから効果が出るのが早いことに驚いたベイト剤ミサイルジェルD



tojiyan at 03:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 21, 2015

ネズミの体毛

調査道具の手入れをしている時に見つけたクマネズミの体毛。
懐中電灯に粘着トラップの糊が付着し、そこへネズミの毛がくっついていた、という経緯です。
気になって他の道具も調べてみると、合計3本見つかりました。

CIMG1115


















もしかすると作業服にも知らず知らずのうちにひっつけて帰っているのかもしれません。
ただ、時にはネズミの糞だらけの狭い通路に突入し、靴が糞だらけにあることもあります。
こればっかりは、小学校の飼育小屋の、ウサギの糞のようなものだと割り切るより他にありません。


前田








ネズミが家の中に入って来ることが多くなる時期です。
年末の大掃除の際に気になる穴が見つかったら、きちんと塞いでおきましょう。
ネズミの侵入口の封鎖にチューレスねずばんパテ(1kg)

tojiyan at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 17, 2015

使用期限の目安

社内実験に追われる毎日です。
失敗(というより、予測通りの結果にならない)が続くと流石に自信を無くします。
ただ、こういう時は実験方法を疑うことも大事ですが、根本的なところも見直してみましょう。

IMGP4367

















そして失敗の理由と考えられるのがコレ、ラベルを確認すると数年が経過していた試薬。
基本的に薬剤の有効期限の保証はメーカーさんの製造日から2年となっています。
2年経った瞬間に効果がゼロになる訳ではありませんが、弊社としては早めの御利用を推奨しております。


さて、実験も仕切り直しです。


前田








施工してからの効果が長持ち。鳥類忌避剤バードフリー

tojiyan at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 16, 2015

実は飛べるんです

とある捕虫紙にかかっていた、見慣れない昆虫。

CIMG1105


















お尻の先に大きな角のようなものが2つ、これはハサミムシです。
床置きの粘着トラップにかかることが多く、徘徊するだけが能のように思われがちです。
ただ、漢字で革翅目と書く通り翅を持ち、飛翔することも可能です。


ただ、このように捕虫紙にかかっているのは、ちょっとレアな光景。


前田







屋内にちょこんと置いておくのに便利!捕虫器Luicsシリーズ!

tojiyan at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)