January 2016

January 21, 2016

ギンメッキゴミグモ

会社の網戸に何かがついていました。

CIMG1453


















白いゴミのようで、肉眼では正体が分かりません。
こんな時は、ピンセットでつまんで顕微鏡机へ送るに限ります。
早速捕獲して観察してみることにしました。

CIMG1455


















そしてその正体はこちら、アルミホイルを貼ったような銀色の腹部が特徴的なギンメッキゴミグモです。
思わず二度見してしまうような名前ですが、これが正式な種名です。

CIMG1461


















余談ですが昨日TUTAYAに行った際、今月のラインナップが掲載された冊子を貰って帰りました。
真ん中らへんに今月の運勢占いがあったので見てみると、私の今月のラッキーカラーはシルバーとのこと。
つまり、しばらくこの子を連れて歩け、ということなんですかね・・・。


前田










窓のクモの巣対策にお勧め。窓ガラス用殺虫剤PGガード

tojiyan at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

January 14, 2016

ニセセマルヒョウホンムシ

倉庫を整理していたら、半年前のモニタリングトラップが出てきました。
実験データ収集のためのものだそうで、代打で解析に当たりました。

IMGP4722





















写真は回収から6ヶ月が経過しているのも関わらず、中で生存していたニセセマルヒョウホンムシ。
介錯してあげましたが、今までずっと腹ペコのままだったのかと思うとちょっと気の毒でした。
回収したモニタリングトラップ類は、なるべく早くチェックするようにしましょう。


なお、大きなゴキブリなど、とどめを刺すのが気持ち悪い虫の場合、トラップごと冷凍庫に入れましょう。


前田









害虫を冷気で凍殺するので殺虫成分は不使用。
床面に現れる害虫に瞬間凍殺ジェット這う虫用



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

January 13, 2016

ハラジロカツオブシムシ

たまにトラップに捕獲される、ずんぐりとした甲虫。
これはカツオブシムシの仲間です。

IMGP4712


















カツオブシの名の通り、鰹節など魚を乾燥させたもの、また干し肉など乾燥した肉類からも発生します。
自然界ではミイラと化した動物の死骸を食べ、土に還す役割も持ちます。

IMGP4710



















いくつかの種類が存在しますが、ゴロンと転がしてお腹が白ければハラジロカツオブシムシです。
細かい白い毛が密生しているために、このような色合いに見えます。
分かりやすいので、同定作業の際に苦戦することがなく助かります。


前田











ヒメマルカツオブシムシ用のフェロモントラップでは、本種は捕獲できませんので注意が必要です。
発生源の除去と燻煙剤の利用などで対処しましょう。燻煙剤バルサンPCジェット

tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

January 12, 2016

これは、何の鱗でしょうか?

IMGP4700

















ざらざらとしていて恐竜のようです。



IMG_1248

















正解はヤモリでした。
一見表面が滑らかそうな彼らも、しっかり鱗がついているのです。


前田








ヘビなどの爬虫類に効果的。忌避剤モグラ・ヘビ・ムカデZ



tojiyan at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 11, 2016

再生

実験中に見つけた、どこか違和感のあるチャバネゴキブリ。

IMGP4688





















前足を顕微鏡で観察すると、腿節の先にかなり短い脛節と爪があります。
過去に切断されたものが再生したのかもしれません。
これは少しうらやましい。


前田









ゴキブリによく効きます、ブラックキャップ

tojiyan at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 07, 2016

カワウの集団

カワウがねぐらで群れているのはよく見かけますが、集団で飛ぶのはあまり見たことがありません。

IMGP5212


















なので、個人的には、ちょっと見慣れない珍しい光景。


前田












鳥にとっても見慣れない物体、そして視覚にも作用します。
鳥類忌避剤バードフリー



tojiyan at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

January 06, 2016

カンムリカイツブリ

正月に史跡狭山池の周辺を歩きました。

IMGP5204


















水質改善試験の一環として、かなり池の水が抜かれており、撮影スポットは大幅に減少。
しかし、池の中央にはいつも通りたくさんのカワウがいました。

IMGP5194カワウ若鳥

















その中に紛れている頭部の白い個体。
若鳥かと思いましたが、弊社バードマスター足立さんによると婚姻色の出た個体とのこと。

IMGP5203カンムリカイツブリ

















そして目を凝らすと、その白っぽいものの中に、えらく首の長いのがいます。
なんとなくネッシーみたいで、どう考えてもカワウとは異なります。
これはカンムリカイツブリと呼ばれる種類で、冬になると他の水鳥同様に全国のため池で見られます。

IMGP5198



















近くにいた別の個体はコイみたいな魚を捕食していました。
正月早々、お頭つきです、なかなかいい食生活をしています。


前田












お正月も休まず効果を発揮します。鳥類忌避剤バードフリー



tojiyan at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

January 05, 2016

冬のクロバエ

正月三箇日もあっという間に過ぎました。
そろそろ運動しないといけないと思い、カメラ片手に自宅の庭に出てみると。

IMGP5242


















クロバエが飛んでいました。
彼らは冬季でもふつうに屋外で見られます。
また食べ物のにおいの他に熱にも反応するため、飲食店の厨房付近ではこの時期でも注意が必要です。


前田









クロバエなどに効果絶大!フライマグネット!!
(においが非常に強いので、屋外で御利用ください)


tojiyan at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

January 02, 2016

書き初め

某日、とある実験のためにムース機を使用しました。
駐車場に泡をまき散らすことになるため、誰もいない方が都合がいいです。
なので土曜日に一人、寒風吹きすさぶ中寂しく泡を吹いていました。

IMGP4490余ったムースで描いただけ(ふざけてない)


















そして実験終了、ムースがちょっと余りましたので、駐車場に書き初めをしてみました。
「施工機材で遊ぶんじゃない」と言われますが、これも思い通りにムースを施工するための訓練です。
でも、現場やお客様の所でやっちゃ駄目ですよ。


前田









ムース状の殺虫剤で配管の中のコバエもしっかり駆除!コバエ用ムース


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 01, 2016

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

IMGP1370




















本年は、猿のように躍動感のある一年になるといいですね。

IMGP3265
















そして、たまには何かに腰かけて一息つけるくらいの余裕があると嬉しいですね。



本年も弊社スタッフ一同、どうぞよろしくお願い申し上げます。



tojiyan at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)