July 2016

July 30, 2016

ご飯のにおい

本日、土用の丑の日です。

IMG_1700




















スーパーのお魚コーナーでは、ウナギのかば焼きが所狭しと並べられています。
それを思い出しながら焼きかまぼことかを食べてると、何となくそれっぽく思えてきます。
また、小話「うなぎの嗅ぎ賃」ではありませんが、においを嗅ぐだけでも食欲がかき立てられます。


そして、ご飯のにおいに反応するのは昆虫も一緒です。
害虫であれば、そんな虫の習性を利用した商品もあります。
台所に多いショウジョウバエを対象とした場合、コバエがホイホイがお勧めです。


前田



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 29, 2016

倉庫の中に?

害虫の生息調査は、周りに人がいなければ地面に這いつくばって行うのが一番だと思います。
と言う訳で、ほふく前進のまま倉庫のパレット下を覗いてみると・・・。

IMGP6986




















流石にもう家主は死んでしまったようですが、立派なクモの巣が残されていました。
こんなところまで辿り着いたことと、そこで餌にありつけて成長できたことに驚き。
クモの生命力も大したものです。


前田














クモがよく巣を張ったり歩き回っていたりする場所に噴霧します、カメムシ・クモスプレー
巣や他のゴミをきれいに取り除いてから外壁などへ噴霧するのがコツです。



tojiyan at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

July 28, 2016

スクミリンゴガイの卵塊

某日、野外実験と称して会社の近所の公園へとぶらぶら出て行きました。

IMGP6908



















帰り道、道端の排水溝をのぞくとピンク色の塊がちらほらとありました。

IMGP6912



















拡大するこんな感じ、おそらくジャンボタニシことスクミリンゴガイの卵塊と思われます。
稲の害虫としても知られ、また侵略的外来種ワースト100にもランクインしています。
彼らに罪は無いですが、手の届くところにある卵塊は水の中に蹴落としてしまいましょう。


前田









野菜に危害を加えるナメクジにはこちら、農薬登録のあるナメトール
塩をまき散らすよりもスマートで効果的!


tojiyan at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

July 27, 2016

後ろめたい

床置きトラップにダンゴムシが捕獲されていました。

IMGP3037



















周りに黄色い粒がいっぱい。

IMGP3038



















よく見てみると、全てダンゴムシの赤ちゃん。
つまり捕獲されていたのは子供連れのお母さんダンゴムシ。
こういう時、何故か微妙に後ろめたい気分になります。


前田








ムカデやダンゴムシを近寄らせにくくする効果もあります。
徘徊性害虫用殺虫剤ムシクリン ムカデ用エアゾール
もちろん、直接かければ殺虫効果もあります。



tojiyan at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 26, 2016

ゴキブリの季節

最近、外でやたらとゴキブリを見かけます。
先週の土曜日は飲食店の立ち並ぶ道路で成虫1匹、駅前の通路で幼虫1匹。
翌日はスーパー手前の道路で成虫の死骸が並んで2つ、月曜日は会社前の道路と下駄箱で死骸が1つずつ。

IMGP4128


















お客様からもお店に出るチャバネゴキブリではなく、家に出るクロゴキブリの相談が相次いでいます。
そんなことを思いながら帰宅すると、アパートの玄関を歩いていた方が突如妙なステップを踏み始めました。
その足元を見ると走り去る黒い影、心の中の絶叫が聞こえてくるかのようです。

IMGP8443



















なぜ彼らが急に増え始めたかと言うと、どこかで大量発生したものが逃げ出したから・・・ではありません。
元々野外で生活していることと、夏になると交尾相手を探して活発に活動することが理由です。
意外に思われるかもしれませんが、公園の茂みや森の中にも彼らはゴロゴロ生息しています。


なので、この時期は外から家の中に入ってくるゴキブリにも対応する必要があります。
家の周り全体に薬剤を施工できれば理想的ですので、広範囲への散布に適した液剤がお勧めです。
ゴキブリに効果のあるエクスミン乳剤と噴霧器のセットもございますので、この機に是非どうぞ!
(※魚に対する影響がありますので池や水槽付近では御使用を控えて下さい)


前田

tojiyan at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

July 25, 2016

虫とりGO!

ポケモンGOが日本でも実装されました。
友達がゲームボーイで赤と緑をやっていたのを横で見ていたのが小学校の高学年。
そう考えると技術の進歩にただただ驚くばかりです。

IMGP6937



















そして私はいくつになっても虫とりGOです。
夏真っ盛りですので、スマホと虫捕り網を持ってバーチャルとリアルの採集を楽しむのもいかがでしょうか。


前田










お店の中に入ってくるコバエ類対策にムシポンポケット2


tojiyan at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 24, 2016

放浪記・渡らない鳥

太陽がだんだん西に傾きはじめました。
色々と記憶に残ることが多かった舞鶴をそろそろ出発しなければなりません。
少し離れがたい想いもありながら、海沿いの道路を自転車でとばしました。

IMGP8041


















帰路の途中、地下通路で見つけたマラソンのポスター。
これに参加するために、またココに帰ってこようかな。

IMGP8050


















そして、もう少しで商店街に入るというところで見かけた、いやにクチバシが黒いホシハジロ。
冬になると日本にやってくる渡り鳥ですので・・・何か間違っている気もします。
念のため弊社の鳥人、足立さんにも確認してもらいましたが、やはり正解とのこと。

IMGP8047


















こちらはそのすぐ横を泳いでいたオオバン。
これは留鳥という場合もあるので、特に問題はなし。


羽を怪我して飛べないということでなければいいのですが、渡らないものもいるのかもしれません。
何にせよ、こういう定説と異なるものを発見すると、ちょっと嬉しいですね。


前田










鳩や雀がベランにも渡って来にくくなくなります。鳥類忌避剤バードフリー



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記 

July 23, 2016

放浪記・呼ぶ声

時計の針は12時を回りましたので、本来の目的地へと軌道修正。
途中レンタサイクルで自転車をお借りし、安全運転で走り抜けていきました。
しっかりお手入れがされた自転車は走っていて気持ちがいいです。

IMGP7919


















ところで、ココ舞鶴港には北海道に向かうフェリーが就役しています。
昔は片道38時間、現在は36時間程度に短縮されたと聞きます。
そして今からそう遠くない昔、もう一つの大事な船が長い旅の果てに辿り着いた港でもありました。

IMGP8059


















そんな歴史を語り継ぐ、舞鶴引揚記念館へと今回は足を運びました。

IMGP8064


















ここではあまり詳しく触れませんが、曖昧なままだった事実をしっかり知る機会となりました。
心は少し重いですが、有意義な時間であったと思います。

IMGP8063


















記念館の傍にある丘の上へと行く途中、道案内するかのように私の先を走るニホントカゲ。
青空とヒグラシの合唱が、ごくありふれた夏の風景を醸し出します。

IMGP8070


















そのありふれた景色の端々に、諦め切れなかった願いがたくさん残されたままです。
あと少しでお盆を迎え、帰省の時期になります。
「おかえり」の言葉のある場所が、あって当たり前じゃないこと、それは忘れないようにしたいです。


前田


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記 

July 22, 2016

放浪記・機雷処理

一応の目的はあるものの、ついつい横道に逸れてしまう一人放浪の旅。
それでも最終的には予定通りに物事が進むあたり、ある意味でうまく時間調整ができているのかもしれません。

IMGP8035


















さて、2年前にも訪れた舞鶴の町。
かつて海軍の基地があっただけに、今もその名残が町のあちらこちらに見られます。

IMGP7910


















また、時折発見される機雷の処分を担当する掃海艇およびその隊員の熟練度はピカイチと言われています。
先の大戦後、多くの犠牲を払いながらも培われてきたその技術は今日にしっかりと伝承されています。

IMGP7897


















ところで、これからお盆休みに突入し、海へ遊びに行かれる方も多いと思います。
そんな時に気をつけたいのがこちら、今日も機雷よろしくプカプカ浮かんでいたクラゲ。
こればっかりは泳いでいる最中に防ぎようがありませんので、海水浴場の情報をこまめにチェックしましょう。


前田












水底に沈んだままゆっくりと有効成分が溶け出し、長期にわたりボウフラを駆除します。
蚊の幼虫駆除にスミラブ粒剤「SES」


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記 

July 21, 2016

放浪記・鶴の橋

3連休の最終日は海の日でした。
気分的に海の見える町で過ごしたいということで、日帰り放浪の旅に出かけました。

IMGP7796


















個人的に、何となく町の雰囲気が似ているなと感じます。
敦賀から西へおよそ80キロ、2年前に訪れた舞鶴へもう一度足を運びました。

IMGP7797


















まだ朝の9時ですが道路にある気温計の表示は既に30℃、暑い。
セミの声はクマゼミに加えてニイニイゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシと多種多様です。

IMGP7931


















最寄駅であるJR東舞鶴駅から真っ直ぐ北へ向かうと舞鶴港、そしてその先にクレインブリッジが見えます。
元々は舞鶴発電所の工事用道路であり、その後は町の交通を支える市道として活躍しています。
なお、クレインとは英語で「鶴」の意、ということでデザインは2羽の鶴をモチーフとしています。

IMGP7883


















そんな中、存在をアピールするようかのように突っ立っているカワウ。
地名に負けないよう頑張ってます。


前田









自宅のベランダが舞鳩や舞雀になっている方にお勧め!鳥類忌避剤バードフリー


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行記