September 2016

September 30, 2016

カメムシ対策

事務所で仕事中の某日曜日、櫻井さんも途中から出社されました。
車を入れるべく会社のガレージの鍵を開けようとした時、ふと目についたのはこちら。

IMGP7318



















ガレージ横の柱に、カメムシがしがみついていました。

IMGP7319



















死骸もちらほらあります。

IMGP7320



















やたらとカメムシが目につきますが、一体この近辺には何があるのでしょうか?

IMGP7322



















そのまま上を見上げると・・・これか!
夜になると煌々と灯りをともす看板、この光に誘引されたものが朝になって柱や壁面にひっついたのでしょう。
ということは、この周りの壁面にサイベーレ0.5SCをぶっかければ、来たものを片っ端から駆除できます。

IMGP7323



















なお、窓ガラスに液剤噴霧はちょっと不向き。
そんな時は窓ガラス用殺虫剤PGガードが効果的です。


プロ野球はもうすぐクライマックスシリーズですが、カメムシの飛来もこれからクライマックスです。
そろそろホームベースのような形をした連中に対する守備固めをしておきましょう。


前田


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

September 29, 2016

キンモンガ?

おそらくキンモンガと思います。

IMGP8695キンモンガ


















何となくチョウチョのようにも見える変わった蛾です。
逆に蛾のように見えるチョウチョもいます。
両者には特に明確な区別点がないというのが実情のようです。


前田










蛾が飛来してきてほしくない場所に噴霧しておきましょう。ガ ハイパージェット



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

September 28, 2016

モフモフの幼虫

イタドリの葉の裏に隠れていました。

IMGP8697


















たぶんヒトリガ科の一種の幼虫でしょう。
あったかそうやね君。


前田










フサフサと生えたステンレスの針でネズミを近寄らせません。
ネズミの侵入防止対策にチューモアブラシ



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

September 27, 2016

窓際に?

誰もいないはずの土曜日の事務所。
どこからともなく、ジジジ・・・という音が聞こえてきます。

CIMG3023




















蛍光灯のどれかがおかしい・・・という訳ではなさそうです。
天井についている監視カメラからアラートが出されている・・・という感じでもない。

CIMG3026




















そしてそのうち空が晴れてきたので、明るい環境で仕事しようとブラインドを上げると・・・
何だ、君か。

CIMG3029




















さっさと出て行ってくれ。


前田














蛍光灯の交換の際に、うっかり落としてしまっても飛散防止膜がついているので被害は最小限。
虫が寄り付きやすい紫外線をほぼ100%カットする防虫ランプ、ワンランプ



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

September 26, 2016

地面に?

公園の地面の上を飛び跳ねる何かが。

IMGP8692


















クルマバッタモドキでした。

IMGP8692


















拡大してもう一枚。


前田














たまにバッタが捕獲されていてリアクションに困ることがあります。
徘徊性昆虫のモニタリング調査に調査用トラップ


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

September 25, 2016

桜の葉の上に?

公園に植えられている桜の木。

IMGP8687


















何かいないかな・・・。

IMGP8683


















いた!
蛾のようですが、奇抜すぎて名前が分かりません。


前田











建物外壁に飛来する蛾の対策にガ ハイパージェット



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

September 24, 2016

秋の野山に!!

秋の山は栗拾い、キノコ狩り、紅葉狩りと楽しいことがいっぱいです。
しかし、それと同時に危険もいっぱいなので、常に周りの状況に神経を尖らせる必要があります。

IMGP8762


















特にスズメバチは未来を託す新女王バチを育てるため、秋になると餌集めに奔走します。
その中でも集団で狩りをするオオスズメバチはミツバチや他のスズメバチ類の巣を襲い、幼虫を餌にします。
そしてそれを知ってか、他のスズメバチも極度の警戒態勢を敷き、非常に神経質になりはじめます。

IMGP4287


















さらに厄介なのは、彼らの巣が茂みや地中、橋の下など非常に分かりにくいところにあることです。
そうと知らずに、彼らの巣の近くでドカドカ歩きながらガサガサと栗拾いをしてみましょう。
鬼の形相をしたスズメバチが次々と飛び出してきます。

IMGP8531


















こちらに悪気はないので「話し合いたし」と言いたいところですが。

IMGP8532


















残念ながら、どんな言葉もサインも彼らには通用しません。


となれば、もはや速やかに逃げるのみ、ぼやぼやしていると文字通りハチの巣にされます。
そう考えると、秋の野山は茂みなど身動きがとりにくい場所は極力避けた方がいいと思います。
また、護身用にハチ用スプレーを携行するのも手堅いです。


前田










小さいので携行・取り回しがしやすいハチノックS
大量に噴霧できる訳ではありませんが、咄嗟の防御に威力を発揮。



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

September 23, 2016

路肩に?

道路の路肩に目を遣ると・・・。

IMGP8724


















あんた、木の枝じゃないな。

IMGP8727


















トゲナナフシでした。
なお、英語でナナフシはスティックインセクト。
なんて捻りのない・・・。


前田








粘着糊のついたスティックで、植木鉢にプスプス刺して使います。
クロバネキノコバエの捕殺にハエとり棒(園芸用)



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

September 22, 2016

イタドリに?

何の変哲もないイタドリ。

IMGP8732


















その茎の上に何かが3匹くらいくっついています。

IMGP8733


















アオバハゴロモでした。

IMGP8736


















指に乗せてもう一枚。


前田












庭木の消毒にトレボンMC



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記 

September 21, 2016

葛の葉に?

秋の七草のひとつ、葛。
下の写真の葉っぱの部分が葛です、白い花はイタドリ。

IMGP8738


















その葉の上に何かいる・・・。

IMGP8739


















セスジツユムシでした。

IMGP8741


















フラッシュを焚いて、もう一枚。


前田







葛から大量に発生したマルカメムシが、ベランダや家の壁に殺到してきた・・・!
そんな時はコレ、サイベーレ0.5SC




tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)虫ムシ日記