February 14, 2017

February 14, 2017

新商品・フライヘル

まだまだ寒さが厳しく、虫の発生とも無縁な日々が続きます。
しかし弊社では実験用に飼育されているショウジョウバエが、たまに部屋の中に迷い込むことがあります。
これがパソコンのモニターにとまると結構うっとうしいのですが、むやみに殺虫剤を乱射する訳にもいきません。

P2140006




















そんなこちらの事情を知ってか知らずか、我がもの顔で部屋の中を飛び回るコバエたち。
どうにか懲らしめる方法はないでしょうか・・・?

P2140007




















そこで活用したいのがこちら、害虫駆除業者様専用の販売ですが、フライヘルというコバエ用捕獲器です。
「ただの人工植物やん!」という見た目ですが、コバエ駆除を考慮した工夫が詰め込まれた一品です。
では早速その特徴を簡単に紹介したいと思います。

P2140008




















まずツンツンと尖がった葉(?)の部分ですが、実験より明らかになったコバエ類が好む形状を採用しています。
また、表面には昆虫を即効的にノックダウンさせるネコニコチノイド系化合物が塗布されています。
なので、まずコバエ類が好んでとまる、とまったら速やかにノックダウン、ということになります。

P2140009




















「じゃあノックダウンした虫はどこに落ちるの?」という疑問が湧きますが、それはこちらです。
人工植物の下には円形の粘着紙が設置されており、落下したコバエ類をここでキャッチします。
これでノックダウンした虫があたりに散らかる恐れもありません。

P2140010




















また、粘着紙は黒色をしているので捕獲された虫が目立ちません。
人工植物っぽい外見と相まって、まさかこれが捕獲器とは誰も思わないでしょう。
つまり、置き場所を選ばない捕虫器とも言えますね。

P2140011




















さて、この捕虫器フライヘルについては春のレベルアップセミナーでも紹介予定です。
そして昨日からセミナーの受付も始まりました。
皆様のご参加をお待ちしておりますので、是非よろしくお願いいたします。


環境機器株式会社2017年春期レベルアップセミナー申し込み


前田



tojiyan at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)商品情報