February 21, 2017

February 21, 2017

新商品・蚊専用の捕獲器

冬なのに公園や植え込みの周りでは小さな虫が活発に飛翔して蚊柱をつくっていることがあります。
蚊柱と銘打ってはいるものの、その正体はユスリカなので吸血をしたり感染症を媒介することはありません。
しかし、ゴールデンウィーク前後からヒトスジシマカに関する問い合わせが増えてくると思います。

CIMG2299



















対策としては、まずボウフラの発生源となる水たまりを探すことです。
具体的には雨水桝や墓地の花立て、空き缶や古タイヤの中に溜まった水などが挙げられます。
そして、掃除によりそれらの発生源を無くす、もしくは薬剤を施工するなどの対策が効果的です。

IMGP2051




















とは言え発生源対策をしても、新たな蚊がどこからか飛んできて吸血被害が無くならないという悩みもあります。
中でも幼稚園や学校の運動場、あるいはオープンテラスのカフェや野外イベント会場がそうだと思います。
蚊取り線香などで対応するにも限度がありますので、他にも何か手だてが欲しいところです。

IMGP1014



















そこで今回ご紹介したいのがコチラ、ドイツ生まれの蚊専用捕獲器「BGセンチネル2」です。
ぱっと見た感じ、蓋のされたバケツのような印象ですが、95日間で3707匹もの蚊を捕獲した優れ物です。
・・・はい、数えるのは大変でした。

P2200014




















さて、このBGセンチネル2はサクショントラップ(吸引式トラップ)に分類されます。
なので本体内部にはファンがついており、これを高速回転させることで周りの空気ごと蚊を吸い込みます。
なので機構としてはMC8200などに似ています。

P2200012




















ただ、本体上部にある吸い込み口は面白い造りになっています。
まず内部の吸引ファンが回っている間は、写真のように蓋が半分開いた状態になります。
一方で吸引ファンが止まれば蓋もパタンと閉じるように出来ており、これで捕獲した蚊を逃がしません。

P2200009




















ところで蚊の捕獲と言えば、ドライアイスなどの二酸化炭素の発生源を用いるのが普通です。
しかし、BGセンチネル2は専用の誘引ルアーを用います。
有効期間は約半年、蚊のシーズンを通してしっかり役割を果たしてくれます。

P2200015




















なお、本機はご覧の通り縮めてコンパクトにすることができます。

P2200017




















そのため、使わないので倉庫で保管したい時や、本機を持ったまま移動したい時もストレスがありません。


さらに詳しく知りたい方は是非弊社営業までお問い合わせください。
また、春のレベルアップセミナーでも紹介予定ですので、セミナーの方もどうぞよろしくお願いいたします。


前田




環境機器株式会社・春期レベルアップセミナー参加申し込みはこちら








tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)商品情報