June 12, 2017

June 12, 2017

速報!捕虫器フライヘルの実力

累々と積み重なる検体、それらを一掃するための休日、部屋の中から唯一聞こえる殴り書きの音。
一人だけなので冷房を入れるのも憚られ、代わりに涼を取るために窓を全開。
その途端に来た突風、紙吹雪の如く乱れ飛ぶプリント、響き渡る罵声・・・開発棟に殺伐とした空気が漂います。

CIMG3933



















そんな中、ようやく出ました!皆様から好評をいただいておりますフライヘルの弊社試験速報です!
これまで色々なお店の方にご協力いただいて、どんな現場でどんな虫が捕獲されるのかを調べてきました。
本日は、とある食品販売店様で捕獲された虫についてご紹介したいと思います。

CIMG4027



















試験期間は8日間で設置台数は3台、お店の方の邪魔にならないところへひっそり設置させていただきました。
そして、いそいそと回収して顕微鏡の机に座ると・・・み、見にくい。
そうです、捕獲された虫が目立たない、なので少々人目に触れてもあまり気にならないのが利点です。

CIMG4026



















さて、いよいよ本題に入りますが、まず多く捕獲されていたのはこちら、クロバネキノコバエ科です。
8日間、合計3台を動員した結果、なんと捕獲数は110匹、全体の3割以上を占めていました。
前回、本科の対策にフライヘルを提案させていただきましたが、その根拠として十分ではないかと思います。
(2017年6月2日掲載 クロバネキノコバエ対策withフライヘル

CIMG4045



















続いてはこちら、チョウバエ科です。
こちらは合計93匹、全体のほぼ3割を占めていました。
個人的にはちょっと意外な結果でしたが、本科に対しても有効であることが分かります。

CIMG4051



















そして3位に輝いたのはノミバエ科。
置いてある場所により若干捕獲数にばらつきがありましたが、合計72匹を捕獲しました。
これは彼らがちょくちょく現れる飲食店に設置してもいい結果が得られそうですね。

CIMG4078



















あとは細々とした捕獲ですがショウジョウバエ科。
レストランのドリンクバー周辺をブンブン飛び回っていることもあります。
そこへたどり着く前に捕獲できるようドリンクバーを取り囲むように配置してもいいかもしれません。

CIMG4083



















捕獲されている数以上に多く感じたユスリカ科。
外部からの侵入が多いので、その場合店舗や施設の入り口、前室に設置するとよさそうです。

CIMG4085



















どうして捕れたのだろうと首を捻ったヌカカ科。

CIMG4086



















冬場に目立つ中型のハエ、トゲハネバエ科。
タフなイメージがありましたが、ばっちり捕獲できています。

CIMG4053



















もはや何か分からないハエの仲間。
少々大きい種類でも捕獲には問題なさそうです。

CIMG4129



















また、どうして捕れたのか分からないノシメマダラメイガ。
偶然だと思いますが、今回は2匹を捕獲。

CIMG4135



















風船のような翅というところしか同定の根拠がありませんが、タマバエ科らしきものも餌食に。

CIMG4137



















花の害虫、アザミウマも御覧の通り。
本物の植物と間違えたのかな?

CIMG4128



















そして君まで捕まる必要はなかったのにな、というハエトリグモ類。
餌に目が眩んだのか、それとも着地点が悪かったのか、かわいそうですが仕方なく介錯してやることに。
と、以上が今回捕獲された主な種類でした。

CIMG4039



















さらに他の現場では何故捕まるのか、理解に苦しむようなものも捕獲されております。
これらもデータが集まり次第、弊社セミナー等でご報告させていただきたいと思います。
このように色々な虫が捕獲されるフライヘル、コバエ類等でお困りの現場がございましたら是非ご検討下さい!


前田



tojiyan at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)商品情報