食べ物の好み外来種問題

January 19, 2007

ネズミの交通事故

1月も半分以上が過ぎましたね。
今年でついに入社4年目を迎えるのですが、まだまだな私。日々勉強です。

先日、社長に渡されて読んだ本・・・
「安心して住める ネズミのいない家」(講談社)
著者の谷川力さん(イカリ消毒蝓
ネズミの粘着トラップについてこのような例えをしていました。


 『粘着トラップはいわば、ネズミが交通事故にあうようなもので、
  粘着トラップが車であると考えればよい。
  車の量が多ければ事故にあいやすいし、少なければ事故は起きにくい』

いかに粘着シートの上を通過させ、ネズミを転ばせるかが重要なポイントだそうです。

なるほど〜 

納得。本を読んでてネズミが粘着トラップにひっかかるイメージが・・・☆

自分の場合(経験)でイメージしたら こういうことかな(?-?)

 床に教科書やプリント、化粧品、テレビのリモコンなどが散乱した自分の部屋で、、
 CDを踏みかけそうになってギリギリかわしたら、その横に置いてあった鏡を踏んで割ってしまった
みたいな。 (注,これは学生時代の話で、今は結構片付けています^^;)


とまあ、こんな話はどうでもよくて・・・
とりあえず、ネズミの粘着シートを設置する際(特にクマネズミやドブネズミの大型ネズミが対象の場合)は
それなりの数量をしかなければならない、その必要性を再確認!


谷川さん、勉強になりました。m(_ _)m  <戸島>



tojiyan at 21:16│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
食べ物の好み外来種問題