虫を氷殺やっかいな幼虫

January 29, 2007

ペット

飼育箱僕はシロアリを卓上で飼っています.
結構癒し系な子たちで見ていると心が癒されます.
上がネバダオオシロアリ,下がヤマトシロアリの二世帯住宅です.
というか二種類住宅ですかね!?

シロアリちゃん達は何もしていないのに「ポトッ」っと落下したり,
隙間に挟まって数時間の間もがいてたり・・・
色白ぽっちゃりでなかなか可愛いヤツラです^^

ヤマト本来,シロアリというと蟻道を作ってその中を移動し,外気にさらされないようにしていますが,
こういった狭い密閉された容器で飼っていると全く気にしない??のかほとんど出たままのむき出し状態.光も全く気にしませんね!!って職蟻(働きシロアリ)は目がないかぁ

←ヤマトシロアリ.いつも外でたむろ.

しかし,容器の蓋をあけると超パニック状態.みんな一瞬で隠れてしまいます.特にヤマトシロアリは臆病者で,一度隠れてから再び出てくるまで少し時間がかかります.

ネバダ一方,ネバダオオシロアリはかなりワイルドで20秒ほどはパニックになりますが,その後,蓋を開けっ放しでも結構平気にウロチョロウロチョロしとります.
水をあげるとがぶ飲みしに来るのもまた可愛いですね♪ (川端)

←水を飲むネバダオオシロアリ.



tojiyan at 21:10│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 金井和光   February 27, 2007 17:39
5 学生時代にシロアリの共生原生動物の研究をしていて、そのままシロアリ防除剤の開発をしているメーカーに就職。シロアリとの付き合いは長かったです。(20年くらい)でもその事業が他社に売却されて今じゃ医薬品の仕事をしています。シロアリの話がとっても懐かしかったです。学生時代はイエシロアリの巣を3つ飼育していて研究に使うシロアリの飼育に苦労しました。温度・湿度の管理が必須なのでかなり大きな大学の飼育室でしたが。
シロアリ駆除でもIPMが普及しているのですか?(セントリコンは日本でも成功している?)業界からもう5年も離れてしまって浦島太郎状態です。
2. Posted by 川端   March 01, 2007 09:16
イエシロアリは温度・湿度管理が重要ですね.私の飼っているヤマト・ネバダ・カンザイは比較的ほったらかしでも問題ないようです.気まぐれに水を与えている程度ですね.
シロアリ駆除ではまだまだIPMの考えは遅れています.施工後5年間保証ってのがありますので,定期点検・管理のスタイルは取り入れられ難いのかもしれません.しかし,アメリカなどでは積極的に取り入れられています.

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
虫を氷殺やっかいな幼虫