基礎梅林へ

February 24, 2012

雪?

今年から本格的にショウジョウバエの大量生産を始めました。

IMGP7218

これが飼育装置の外観。チョウチョ用の飼育ケージを流用。かつてはコムラサキやジャコウアゲハが舞っていたケージも今やショウジョウバエ数百匹のおうちに早変わり。便利な物です。

IMGP7219

中にはバナナで作った繁殖用の培地と大量のショウジョウバエ。最近個体数が減ってきたので、たくさん育つように培地を多くしました。

産卵された培地

すると培地の上にうっすらと白いものが。粉雪が降ったかのようです。カビが生えたのかなぁ…そうなると培地を交換する羽目に。先週換えたばかりなのになぁ。

ショウジョウバエの卵

ところが実はこれ全部、ショウジョウバエの卵だったのです。現在ストックしているショウジョウバエのメンバー数は少なく見積もって100名少し。そいつらが一斉に産卵するとこんなことになるのか!

冬場でも餌と温度が保たれていればこのようにコバエ類の発生をみることがあります。これからは気温が上がってきますので、発生量は少しずつ増えてくるのでは、と思います。シーズン前にモニタリングトラップの粘着シートやランプの点検・補充をされてはいかがでしょうか?交換用捕虫紙・ランプはこちらから


前田




tojiyan at 21:40│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
基礎梅林へ