避暑地色とりどり

August 06, 2013

アリの採り方

現場に行ったり、薬剤試験をしている時にちょくちょく必要になるアリの同定。
そして、それより先に問題となるのが標本として持ち帰りたいアリの集め方です。
捕獲は難しいのでセロテープでひっつける方法もありますが、後で剥がすのも大変。


そこで、いい方法がないか試してみることにしました


今回使った道具は刷毛とアルコール(エタノールなどで可)の入ったスクリュー管の2つです。
IMGP4628



















普段は弊社の作業室で機械類の整備をされている磧本さんからお借りしてきた刷毛。

IMGP4631



















これをアリの体の真上からエイッ!とかぶせましょう。
すると、どうでしょう?


IMGP4633



















刷毛の毛の間にアリがきれいに挟まります。
・・・時たま挟まらないこともありますが。
あと、大型のアリだと同じようにうまくいくかはまだ不明です。

IMGP4634



















もたもたしていると逃げられてしまいますので、早々とスクリュー管に投入してしまいましょう。

ただし、大量捕獲には向かないのが難点です。


前田


野外のアリ対策にムシクリンアリ粒剤

tojiyan at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
避暑地色とりどり