April 12, 2017

春に発生する小さなダニ

昨日に続き、春になると家屋周辺で増え始める小さな虫の特集です。
今度は体色や体液が赤いばかりか、外見も間違いなくダニ、吸血する種ではないかと心配になります。
しかし、ダニだったけれど人に危害を加えるものではなかった、そんな種類もいます。

IMGP7630



















そろそろ問い合わせが来そうなのがこちら、園芸害虫として有名なハダニの仲間です。
元々は植物にひっついて寄生生活をしていますが、春先には植物を離れて家の中に侵入することも。
家の中に入って来たものは掃除機で吸ってしまいましょう。

IMGP5836

















次はこちら、ゴールデンウィークの頃から梅雨の時期にかけて目立つ赤いダニ。
家の中に入ってくることは少ないと思いますが、外壁、犬走り、駐車場など屋外ではあちこちで見られます。

IMGP7949




















正体は未だ不明な点も多いタカラダニです。
薄気味悪い姿をしていますが、昆虫に寄生するものや花粉などを餌にする種が中心。
体液に触れるとかぶれる可能性があるとも報告されていますが、そこまで恐れる種ではないでしょう。

IMGP6590



















それでも駆除が必要な場合、対策として徘徊が見られる場所へサイベーレ0.5SCの利用が推奨されます。
手軽に済ませたい場合、ハンドトリガータイプの防虫スプレーエコライダーを直接噴霧する手もあります。
作業時間と施工面積に合わせて使い分けていただければと思います。


ただし、園芸植物や樹木の上にへばりついているダニに対してはこれらの薬剤は使用できません。
代わりに水道水を吹き付けて洗い流してしまいましょう。


前田



tojiyan at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字