April 13, 2017

ガラスの飛散リスクを除去

このところ疲れているのか、よく手が滑って物を落とします。
例えば干そうとしていた洗濯物を落としたり、毒餌皿をつかみ損なって食パンを床にぶちまけたり、などなど。
そして先日は台所で食器を洗っていた時にやってしまいました・・・。

IMGP1390

















今まで色々なものの盛りつけに使っていたガラスの鉢、洗剤で手が滑って鍋にぶち当たりました。
きれいに割れてくれたのが救いですが、割れ目を合わせると破片が一つ見当たりません。
他の食器に付着していたりすると大変ですので大慌てで探すことに。

IMGP1394

















探すこと10分、食器を乾かすトレーの底でようやく発見、これで一安心です。
ところで食品工場ではガラス製品の破損事故が起きれば甚大な異物混入事故に直結します。
そういった事情から全ての破片が確認されるまで工場の稼働が再開されないなんてこともあります。

P1030496フッ素(8週)



















とりわけ蛍光灯はどんな建物にも備え付けられており、また必ず交換する時がやってきます。
あってはならないことですが、交換の際にうっかり床に落としてしまう可能性もゼロではありません。
そんな時、転ばぬ先の杖になってくれるのが飛散防止カバーや飛散防止皮膜が付いたランプです。


万一事故が起こった場合の手間・損失を考慮すると、配備しておいて損はなさそうです。


前田








◇◆◇◆◇ 関連商品 ◇◆◇◆◇

・虫の好む波長の光(紫外線)をカットすることで虫を寄せ付けにくくした蛍光灯ワンランプシリーズ
(飛散防止皮膜付き)
・蛍光灯に取り付けるカバーであり、紫外線カットと飛散防止機能を付与するバンガード
(蛍光灯のサイズをご確認ください)


tojiyan at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字