April 20, 2017

加賀温泉郷マラソン・完走編

観光に食事、そして金箔や蒔絵といった伝統工芸品が素晴らしい金沢。
その地で目標こそ違えど、各々が思い描いた金メダルを目指してランナーたちはひたすらゆきます。
加賀温泉郷マラソンはいよいよ終盤戦に差し掛かりました。

IMGP8729



















ほぼ3キロおき、場所によっては1キロごとに設置していただいたエイドステーションのおかげで快適な走り。
しかし、良すぎる天気は強烈な日差しとなって、じわじわとランナーたちの体力を削ってゆきます。
誰もがオーバーヒート寸前でもがく中、目の前に奇妙な景色が広がりました・・・トンネル?

IMGP8737



















普段なら自転車はおろか、堂々と真ん中を走ることなどありえないトンネル。
長く続く緩やかな下り坂にひんやりとした風、ここで一気に復活したという方も多かったのではと思います。
奥へ進むにつれ力強く地面を蹴る音が増え始め、トンネルの中いっぱいに響き渡りました。

IMGP8739



















トンネルを抜ければゴールまで残すところ数キロ、他に誰かいないか探そうとするゆとりが出てきます。
そんな時、折り返し点から帰ってきた川端さんとすれ違いました。
写真にポーズを決めて下さるあたり、まだまだ余裕そうです。

IMGP8742



















そのすぐ後には野藤さんが走っておられました。
三浦さんもこのあたりにおられるとの情報をいただき、みんな一緒という安心感が出てきました。
ポケットからipodを取り出してペースを上げ、いよいよ追い込みに入りました。

IMGP8756



















気持ち的には1キロ6分半くらいで走っているつもりだったのですが、思うように速度は上がらず。
ただ、40キロの時点で残りあと1時間。
もう這い回ってもゴールまで帰って来れます。

IMG_0125



















その40キロ過ぎで三浦さんと再会、お互いに完走間近ということを喜びつつ記念撮影。
お疲れ様です、そしてあともう一息です!

IMG_0127



















そして私も一枚記念に撮っていただきました。
なんか4の数字がいっぱい、かなり不吉ですが案外幸せの4だったのかもしれませんね。

IMG_0130



















そして走り続けること5時間半ほど、無事にトラックまでたどり着きゴール。
昨年のリタイアの無念を晴らしました。

IMG_0131



















そしてなんと素晴らしいことに今回は全員完走、一人のリタイアも出ませんでした!
まさに完封勝利です、みなさん打ち上げのお酒と箸が進みます。
いやいやお疲れ様でした!!

IMGP8764



















さて、全員無事帰還したところで最後の虫ネタです。
窓ガラスに・・・?

IMGP8766




















かなり大きなユスリカが数匹、でもこれといった実害はありません。
どうしてもいう場合、窓ガラス用殺虫剤PGガードがお勧めです。
さて、翌日からはまた仕事ですが、筋肉痛を我慢して頑張りましょう!!


100万石とは言わないけれど1石ほど欲しい前田



tojiyan at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字