針のついた羽アリイラガの幼虫

September 10, 2017

広がるヒアリ注意喚起の輪

某日、櫻井さんに同行させていただき出張へ行ってまいりました。

IMG_0347



















今は曲りなりにも社会人となって眺める、学生時代に見慣れた光景。
その延長線上で活躍の場をいただいていることに改めて感謝。

IMG_0349



















近鉄特急はたぶん初めての乗車。
途中で資料を1点作り忘れていることに気づき、手早く作成しているうちに名張を過ぎ、津を越えました。
駅を降りてから櫻井さんと合流、そしてお客様の研修会にて講師を担当させていただきました。

IMG_0353



















最近セミナーでの調子が悪く、とうとう私の講師人生も終わりかと思いましたが本日は大丈夫だったようです。
さて、その帰り道、サービスエリアで見つけたのはこちら、忍者風の愛嬌あるタヌキ。
狐狸だけに化けるのはうまそうですが・・・果たして俊敏に走ったり、壁をよじ登ったりできるのか疑問。


なお、一般家庭の床下や天井裏に動物が入り込んだような物音がするとの相談がたまにあります。
基本的にタヌキは天井裏ではなく床下が中心とのこと(アライグマは天井裏、床下どちらもOKらしいです)。
また、外で一ヶ所に糞をまとめてする習性を持ちますので、それもタヌキであると推定する際の役に立ちます。


IMG_0354




















また、こちらは環境省から出されているポスターでトイレの入り口に貼ってありました。
見つけた時の連絡先や刺された時の対処法などが記載されており、心強いですね。
まだ不明な点も多いヒアリですが、こうして少しずつ注意喚起の輪が広がっていくのはいいなと思いました。


弊社からも今後、色々と情報発信をさせていただこうと思います。
さて、そこで早速ヒアリのセミナー情報です、京都大学生存圏研究所様の主催するシンポジウムがございます。
日時は10月10日(火)、場所はキャンパスプラザ京都(JR京都駅徒歩3分)です。
詳しくは下記のURLをご覧いただければと思います。
https://supervolans.wixsite.com/fireantkyoto2017


前田



tojiyan at 07:00│Comments(0) 出張・学会レポート 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
針のついた羽アリイラガの幼虫