September 14, 2017

高槻市のショウリョウバッタモドキ

某日、実験のためのサンプル集めに行ってまいりました。

IMG_0386



















サンプル集めと言っても、虫取り網を担いでトコトコ歩き、会社近くの公園や原っぱで虫取りをするだけ。
昆虫学を専攻した者にとって最高の待遇です。

IMG_0385



















また、社内のメンバーが誰も居ないのをいいことに、採集活動がしばしば横道に逸れることも。
久しぶりに大物をゲットしましたが、この手の種類は誤同定をやらかしたトラウマから自信がありません。
詳しい図鑑は会社にありますが、忙しくて調べる時間が無いと言い訳して、そっと釈放してやりました。
私の掌を蹴って跳び、ゆうに10メートルは行ったでしょうか、見事なジャンプが網膜に焼き付いて離れません。

IMG_0376



















その帰り道、今度はエノキの木の上。

IMG_0377



















なんか一ヶ所だけ葉っぱの色が違う・・・。

IMG_0379



















ハラビロカマキリでした。

IMG_0387



















さて、そうして1時間ほど採集活動に励んだのですが、まだちょっと数が足りません。
という訳で会社にライトトラップを一晩設置し、強引に誘引・捕獲することに。
今回は捕虫紙を外した状態のジーナススペクトラコンパクトPro644を光源として使用しました。

P9140696



















そしてその翌朝、期待した虫が来ているか確認したところ・・・予期せぬシルエットを確認。
なんと思わず奇声を上げそうになったショウリョウバッタモドキでした。
環境の好みにうるさい種類ですが、こんなところで捕獲されるとは驚き。


これはサンプル集めと称して、もう少し生息調査に出かけてみるしかないようです。


前田



tojiyan at 08:30│Comments(0)虫ムシ日記 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字