November 21, 2017

寒くなっても捕れます!屋外の飛翔昆虫

会社の周りにちょっとライトトラップを仕掛けてみました。

PB211333

















真っ黒なユスリカばかり捕れると思っていたところ、普通に大きなユスリカが捕獲されていました。
また、黒は黒でもクロバネキノコバエ科も一緒に捕まっていました。

PB211335

















近くに大きな側溝があるせいか、チョウバエ科も少なくはありませんでした。

PB211336

















これも大きな側溝から発生しているのでは、と考えられるトビケラの一種。

PB211340

















ユスリカ科と紛らわしいヌカカ科の一種。

PB211338

















捕虫紙に捕まり始めると、いよいよ秋の終わりを実感するアブラムシの有翅虫。
夏季までは翅の無いタイプが中心で、雑草とかの上にびっしりついているのをよく見ます。
それがこの時期になると冬眠のため長距離への移動能力を持つタイプになります。

PB211337

















あとは捕虫紙検定の担当者にとって冬の風物詩とも言えるトゲハネバエ科。
比較的大型なので同定はさほど難しくないと思います。


このように寒くなったからと言って虫が全然飛んでいない訳ではありませんのでご注意ください。


前田










スタンダートなライトトラップだと思います。ムシポンMPX-2000












tojiyan at 11:30│Comments(0)虫ムシ日記 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字