ヒメマキムシのカビ毒ペストビジョンonテレビジョン

June 06, 2018

カブトムシかじり虫

先日お客様との会議の途中で食用カブトムシの話になりました(なぜ!?)

タレントのイモトがカブトムシをバリバリたべて「虫の中で一番くさい!」と言っていましたが、
果たして実際はどうなのか。百聞は一見にしかず、さらに一食にしかず。
通販のちからでどこからでも色んなものが買える今日このごろ。
ならば実際にやってみよう!ということで、Amazonでポチりました。

ここからは虫食いレビューになりますので、苦手な方はご注意ください。





Image uploaded from iOS
来ました。原材料「カブトムシ、塩」以上。ちゃんと賞味期限も書いてあります。
なぜか全部メスですね。

iOS からアップロードされた画像
塩でどうしたものかは分かりませんが、封を開けるとすでにくさい・・・
(二重包装されているにもかかわらず!)

Image uploaded from iOS (1)
食べました。
・・・くっさい。簡単に言うと土臭い。どことなく甲殻類の風味もありますが、ただただくさい。
以前ゲンゴロウを食べたこともあるのですが、そっちは程よい香りで美味しく頂けました。
カブトムシはテンションの下がる味、食べた社員は口々にくさい、まずい、とゲンナリ。
テレビのリアクションはあながち大げさなものでは無かったようです。
次はもう少し美味しい虫を食べたいですね。



読者の大半が引き返したであろうタイミングで宣伝です。
この度弊社はAWSサミット大阪で講演させていただきます。
(現在すでに参加申し込みは終了しているようです。)
AWSとはAmazon Web Servicesのことで、通販のAmazonがてがけるウェブクラウドサービスの事例やテクニックなどをお披露目する講演会です。
現在Pest-Visionという、捕虫器やネズミを24時間監視して、虫の増加やネズミの出現を自動で知らせてくれるサービスを開発中です。
このサービスのAIなどでAWSを利用しています。
これによって虫の同定作業やネズミの定期点検にかかる時間を節約でき、空いた時間でよりレベルの高い施工や報告書を提供できたり、他の業務に時間を充てることもできます。
今後の開発に乞うご期待!

tojiyan at 16:43│Comments(0) 虫ムシ日記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ヒメマキムシのカビ毒ペストビジョンonテレビジョン