2022年もよろしくおねがいします。わんわん埼

January 17, 2022

ワラジムシじゃないよ

2022年も始まったばかりなので、真面目な記事にします!

冬場は虫が少ないので、問題になりやすい虫が限られる季節かと思います。
中でも「そもそもなにこれ?」レベルの問い合わせが多いのがこちら。
IMGP1193
みなさんご存知でしょうか?ワラジムシと間違えられることも多いですが、ワラジムシは昆虫ではなく脚がたくさんついています。写真の子は太い触角に、3対の脚があります。
こちら「オオワラジカイガラムシ」という名前の昆虫です。

カイガラムシというと樹木に付くガムが固まったみたいな謎の生き物を連想されるかたもいらっしゃいますが、このオオワラジカイガラムシは頑丈な脚で歩きまわります。冬季には幼虫が集団で越冬する様子も見られるので、気味悪がられることも多いです。

定番になりつつある、サイベーレをお試しください!

ただし、木や草花などにあつまった虫には使えません。おうちの壁やコンクリート面などの虫にお使いくださいませー

■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回はこちら
P4210127
真ん中の虫ですがみなさんわかりましたか?
クロバネキノコバエ特徴
こちらクロバネキノコバエ科のハエです!オオワラジカイガラムシと同じく、冬場でも少し見られる虫です。大きさも1〜2ミリくらいのものが多いので、窓の隙間などから侵入してくる厄介な虫です。
クロバネキノコバエという名前がついていますが、翅はたいして黒くないです。翅の模様(翅脈)で見分けましょう!
詳しい解説はこちらの記事でどうぞ!



今回はこちら。
スクリーンショット 2022-01-17 111607
なかなかマイナーな虫なのでわかったあなたはすごい!

川竹

tojiyan at 11:20│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 虫ムシ日記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2022年もよろしくおねがいします。わんわん埼