虫ムシ日記

October 03, 2019

虫食べたり飲んだり塗ったり

最近真面目な記事ばかりだったので、この辺でみなさんお待ちかねであろう、虫食べるやつをば。
一度こういうキャラが立ってしまうと、自分から動かずとも周りの方からネタをいただけるので
とても有り難いですね!笑泣

■ コオロギのトマトカレー
「枚方で売ってたよ」とお土産にもらったコオロギカレー

IMG_20190808_123359

IMG_20190808_123901
中身は変哲もないレトルトカレーですね、脚が見えている気がしますが。

IMG_20190808_123933
かき分けると、コオロギが!ぷりぷりとしたお腹の食感、少し歯ごたえのある脚。
若干これらの食感が喧嘩してましたが、カレーとしてはまあまあ美味しい。
レトルト感があったので、できたてはもっと美味しいんだろうなあ


■ コオロギOTSUMAMI
「咲くやこの花館で売ってたよー」とお土産に頂いたスナック
IMG_20191003_093602

IMG_20191003_093629
コオロギのスナックです。味は4種類あったとか。カナダ産コオロギですね、カナダではコオロギを
パウダー状に加工してプロテイン用途で販売しているというニュースを聞きました。

IMG_20191003_093729
中身です。一見何か分からない謎の塊が出てきますが、よく見るとコオロギの胴体です。
こちらはカレー味ですので、まずカレー粉の美味しさが口に広がります。その後に皆さんご存知の
乾燥コオロギのあの味が広がります。ビールやウィスキーなど、たしかに酒のツマミに良いかも。


■ タガメサイダー
わざわざこのためだけに、大阪アメリカ村にあるビレバンで購入してきました。
中身は無色透明の液体、プシュッと開けた瞬間青りんごの心地よいフレーバーが周囲をつつみます。

IMG_20191003_104530

IMG_20191003_104616
「タガメエキス(砂糖、塩漬けタガメ)」というパワーワード。
口当たりは爽やかで、まさしく青りんごのような感じ。あとから鼻に抜ける感じが、少し葉っぱの
えぐ味を感じるので好みが人によって分かれそう。
昆虫食で有名な「TAKEO」さんの実店舗ではさらに濃厚な「めっちゃタガメサイダー」が実食できる
ようです。これは気になりますね!


■ カタツムリの美容パック
「韓国のお土産、らしいよ」と恐る恐る渡されたモノ。おそらく女性事務員さんの間で回り回って
僕の元にたどり着いたのでしょう。。

IMG_20191001_152739
ハングルはさっぱりですが、大きく描かれたカタツムリと「Snail」がすごくアピールしてきます。
初めての美容パックがカタツムリになってしまいましたが、早速家に帰って実践しました。
まず洗顔をして中に入ったドロドロの顔面パックをピタリ・・・。

IMG_20191001_225935
Oh..閲覧注意です(遅い)

20分くらい付けたままにしてました。終わって顔を洗うと・・・おお!肌がぷるぷるになっている!
・・・気がする。
カタツムリのネバネバが良いのでしょうか、そのまま顔面を這わせるのはやめた方が良さそうです。


以上、最近仕入れた虫ネタでした。
IMG_20190912_085045
おまけ。今年も仕込まれた鮒寿し。楽しみです!

川竹

tojiyan at 11:13|PermalinkComments(0)

September 04, 2019

展示会はじまります!

日曜日に新しく始まった仮面ライダーを見ていたら、なかやまきんに君(腹筋崩壊太郎)が
怪人になって人々を襲いはじめました。しかしこの怪人、なんと既に絶滅した昆虫の化石種
Kujiberotha teruyukiiをモチーフにしたそうです。なんてマニアックな...。
種小名の「テルユキイ」は香川照之氏に由来しているようです。
最後は(原点回帰で)バッタの力でライダーキックしてましたし、いよいよ昆虫ムーブメントきてますね!
今後はゼロワンといえば仮面ライダーか、キカイダーかで世代が割れそうです汗
テレビでは悪い虫怪人をキックでやっつけていましたが、現実では殺虫剤でやっつけましょう。


さて、この度展示会に出展いたします!
9月11〜13日に東京ビッグサイト青海展示棟にて開催されます「フードセーフティジャパン2019」に
ブース出展予定です。
ビッグサイトの本棟ではなくお隣の東京テレポート駅近くの青海展示棟です。お間違えの無いよう。



ブース番号はG1-22です。ペストビジョンやフライヘルを中心に、商品紹介をさせていただきます。
気になる方は、是非お時間みつけてブースまでお越しください!

去年のフードセーフティジャパン記事です


川竹

tojiyan at 10:44|PermalinkComments(0)

May 24, 2019

カブトムシはじめました

この度、みんなのアイドル「カブトムシ」が成虫になりました!
IMG_20190522_182334

IMG_20190522_183001
 子供の頃、虫といえばカブトムシ、クワガタムシでした。
今ではハエやミリ単位の甲虫などを追いかけて、顕微鏡を覗いてニヤニヤする始末。
それでもやっぱりカブトムシはカッコイイです。

ハチ博士伊藤くんが虫採りついでに見つけたカブトムシの幼虫を放置していたら、
立派な成虫になったとか。たくましい。

カブトムシとは別で、めでたく成虫になった子たちもいます。
P5240083

IMG_20190524_104919

クロバネキノコバエです!たくさん生まれました泣
土の入ったケージからはクロバネキノコバエが発生しやすいため、不織布などでバリアーするのが
良いです。もともと土の中に卵や幼虫がいた可能性も大いにありますが。
ムシのケージだけでなく、植物の鉢植えからも大量発生することがあります。

クロバネキノコバエを捕獲するには。ライトトラップが効果的ですが、結構ハードルが高い。
個人的におすすめなのが、「カモ井の粘着式ハエ取り」。昔ながらのトラップですが、よく効きます!

img-01
ぶら下げて使う粘着紙です。コバエは垂直面に止まりたがる習性があり、それを巧みに
利用しています。

さらにフライヘル(過去記事)もクロバネキノコバエなどのコバエによく効きます。

ぜひお試しください!


6月に大阪・福岡・名古屋・東京にて基礎セミナーを実施致します。
「薬剤の基礎知識」と「ゴキブリの生態と防除」についてです。
PCOの基礎として、ぜひ抑えておきたいポイントですね!
詳細やお申込みはこちらからお願いいたしますっ!

なお、僕はゴキブリの方で講師をさせていただきます。温かい目で応援お願いします汗


IMG_20190524_113138
飾る絵も次第に虫寄りに。虫曼荼羅入荷しました。

川竹

tojiyan at 11:20|PermalinkComments(0)

April 02, 2019

春、虫蠢く季節

4月に入り、桜も次第に見頃になってきました。
と思えば雨が降ったり寒くなったり。桜もツボミに戻ってしまうのでは?

さて、現実逃避に2階にあるベランダに出たところ、立派なコケが生えていました。

P4020022
もう数週間でタカラダニが出る季節です。
ゴールデンウィーク前後に大発生する赤いダニ、目立つので異物混入として要注意な虫です。
タカラダニは建屋の屋上に定着していることが知られており、花粉や小さな虫の死骸を食べて
暮らしているようです。

壁の部材間にできた隙間やひび割れに産卵します。コケには産卵しないそうですが、
幼虫はもう居るだろうと思いレッツ観察!

P4020017

P4020018
コケ拡大。
小さなツボミのようなものが集合しています。

P4020011
いました、赤いダニ

P4020015
ティッシュの上へ。脚が3対でまだ幼虫です。タカラダニでしょう。
(成長すると脚が増えるのです!)

P4020021
水に浮かべると観察しやすいです。
靴下を履いたような足先がチャーミングですね。

タカラダニは扉・窓・シャッターなどの出入り口から、また屋上からも侵入してくる厄介な
相手です。上記のような出入り口や屋上にサイベーレなどの残効性のある液剤を。
隙間を物理的に埋めていくことも効果的です。

おまけ。コケから出てきた線虫?にょろにょろ



☆お知らせ☆
次の元号「令和」が発表され、日本が新しい時代へと切り替わる雰囲気が感じられます。
そんな中「虫退治ドットコム」も装いを新たにリニューアル致しました!
無題
担当者紹介ページ」はまだリニューアルされていない様子。
弊社スタッフの若かりし時代の顔が見られるのは虫退治ドットコムだけ!
今後共なにとぞ、よろしくお願い致します!


tojiyan at 17:13|PermalinkComments(0)

March 20, 2019

昆虫自販機きたー!

気候も春めいてきて、動植物が出現を「そろそろか?」と伺っているようです。

各地で開催しましたレベルアップセミナーも盛況で終えることが出来ました。
みなさん矢口先生の「トコジラミしおり」はGETできましたか?

さて、最近社長が会社紹介のたびに、カブトムシを食べる川竹を紹介しているようで
「環境機器=ゲテモノ食いの集まり」に見られてしまう!というお叱りの声を頂いてしまいました。
大変申し訳無いな、と思いつつ・・・今回も虫食レポートです!!!


■虫食その1
IMG_20190306_154543
3月はじめの展示会FOODEX JAPANに出展していた「コオロギラーメン」!
こんなに広い食の展示会なら、ひとつくらいこういうのがあるだろう、と探していたらやっぱり!
試食もしていたのでトライ。若干エビ殻出汁の風味のある煮干し系、と思いました。
このコオロギラーメン、各地で養殖したコオロギをブレンドしているそうで、
コオロギ養殖場が複数箇所あるのか・・・というのがまずオドロキでした。


■虫食その2
IMG_20190311_204757
また出た、サソリ串あげ!
この3月に入社した比留川さんの研修、と言う名の歓迎会、と言う名の罰ゲームでサソリやコオロギを
食べに行きました。
殻をバリバリ噛み砕いて食べますが、なかなか噛み切れない。防御力の高い食べ物です。
味は結構複雑なので説明しづらいのです。ぜひご自分の舌で確かめてみてください!!

IMG_20190311_205628
比留川さん、サソリパワーで東京営業部でも頑張ってくださいっ


■虫食その3

IMG_20190317_130256
珍しい自販機があるという噂を聞きつけ、昆虫食調査班(独り)は堺市へ出向きました。
浅香駅から歩くこと15分ほど。スーパーマーケットの駐車場内、接骨院に隣接してありました!

IMG_20190317_115831
「昆虫食自販機」!!熊本に第1号が出来たと聞いていたのですが、いつの間にか大阪に
進出していたとは。

IMG_20190317_115900
製品ラインナップ。バッタ、コオロギ、サゴワーム(ゾウムシ)、コオロギプロテイン。
(う、高いぞ・・・と思いながら)サゴワームとコオロギプロテインを購入。
コオロギプロテインはチョコと抹茶がありました。抹茶の色は商品によって、カイコの糞から
抽出した成分を使っているらしいですね。これもそうかな?

IMG_20190317_120544
お買い上げ。プラケースにオモリと一緒に入っています。

IMG_20190317_115845
製品が軽いと”ガシャコンっ”と落ちてこないのでオモリを入れてるんですね、なるほど。


IMG_20190318_204227
サゴワームの中身。カブトムシと同じシリーズですね。タイ産。
あれ?見た目はドライプルーンのような、ちょっと想像と違うぞ・・・
サゴヤシの油を蓄えているのか、全体的に脂っこいです。
半分に割ると脂が白く冷え固まっている。
味は・・・カブトムシより美味しかったです汗
社長は一切手を付けませんでした笑

製品そのままで食べると臭みがすごいので、オリーブオイルで炒めてみました。
環境機器じるしのオリーブオイル、めちゃ美味しいんですよ!(虫食レポで宣伝することじゃない)
熱が通ると臭みが軽減され、食感もサクサクとしてだいぶ食べやすくなりました。
しかしもうちょっと美味しくなると良いなあ・・・。今度は自前で採ってこねば。


以上虫食レポでした。





クライオナイト動画を2本アップロードしました。
低温の炭酸ガスで氷殺!ドライアイスは時間が経つと昇華しますので、施工跡もきれいです。
ぜひお試しください。

川竹

tojiyan at 17:40|PermalinkComments(0)

March 15, 2019

標本針を投げると円周率になる

今日は3月14日、そう円周率の日ですね!!!!
というブログを書いていたら日付が変わって3.15になってしまいましたが。

円周率とは3.141592...と無限に小数点以下が続く数です(無理数という分類に入ります)。
どんなサイズの円であろうと、直径と周の長さには一定の比率で変わらないことが
古くから分かっており、その割合が円周率と呼ばれています。
ギリシャ文字で書くとπ(パイ)です。

円周率は円だけでなく、波、電気をはじめ、アインシュタインの一般相対性理論、量子力学など
世界のあらゆる場所で潜んでいる不思議な数です。

ひとつ面白い実験がありまして、
IMG_20190315_092209
針と針の長さよりも広い間隔の平行線を書いた紙を用意します。

IMG_20190315_092241
紙めがけて針をポイポイポイっと投げます。
針が平行線と交わる確率は「(2 × (針の長さ)) ÷ (π × 平行線の間隔)」である!
これをビュフォンの針と言います。
今13本投げて9本交わっているので、9÷13≒0.69
針の長さなどで求められる計算上の確率は約0.50。うーん、13回の試行では全然足りないようです。
逆に、針を大量に投げることで未知の数πを推定することもできます。
あまり精度は良くないと言われていますが、こんなところにも円周率は隠れているのですね。

IMG_20190315_092250
みんな大好き志賀昆虫針。僕は0番と3番をよく使います。


川竹




tojiyan at 09:46|PermalinkComments(0)

January 23, 2019

ユーチューバー?

この度
環境機器株式会社YouTubeチャンネル
を開設致しました!

商品の使い方はもちろん、虫の動画も陰ながら投稿していきたいと思いますので、
なにとぞよろしくお願い致します。

まだ投稿数は少ないのですが、例えばこんな動画


フライヘルに止まったハエがブブブブ‥と落ちていく動画。
やはり静止画よりも動画のほうがインパクト大ですね。
フライヘルって何?という方はぜひこちらのページに
新商品・フライヘル
速報!捕虫器フライヘルの実力
フライヘル特許とりました!

動画作成、と言ってもロゴ貼り付けたりするだけですが、はaviutlというフリーソフトを
使っています。フリーなのに大抵の編集はできてしまうのでとても便利ですね。

目指せ”誘虫バー”!


ネズミ・その他動物対策用に、
メールで画像や動画が届く!暗視カメラ「ハイクカムSP4G」

川竹

tojiyan at 18:46|PermalinkComments(0)

January 07, 2019

仕事はじめ、虫はじめ

改めまして、明けましておめでとうございます。
今年も虫を追いかけたり、虫を食べたり、旅の報告をしたり、たまに商品を紹介したりしていきます
ので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


さて新年早々虫の世界にどっぷり浸りましょう。
弊社屋上のとある場所で、冬にも関わらず大量に発生していたショウジョウバエです。
PC071143
うーん、ザ・ショウジョウバエって感じですね。
ショウジョウバエの名前は「猩々(ショウジョウ)」という架空の動物に由来します。
猩々は赤い姿をしており、お酒が大好きです。能やお祭りにも登場し、赤い姿をしています。
ショウジョウバエもお酒が大好きで眼が赤い!
アルコール分に強く誘引され、腐敗・発酵物をペロペロします。

PC071145

PC071147
翅脈確認。ショウジョウバエ科の種を調べるには論文などをあたらねばなりませんが、
便利なウェブサイトがありますので、同定マシーンにかけてみました。

ショウジョウバエ同定結果
ショウジョウバエに学ぶ生物多様性と環境」より。
結果は「Drosophila lutescensに近い」とのこと。調べてみるとキハダショウジョウバエ
当たっているかはわかりませんが(汗)、自動同定技術は偉大ですね!

PC071151
こちら、ショウジョウバエの脱皮殻。

P8200696
これがノミバエの脱皮殻(過去記事参照「さなぎのなかみ」)。
違いがわかるでしょうか。ノミバエはトゲのような角がありますが、
ショウジョウバエはナメクジの目玉のような角になっています。

PC071153
角先端アップ。さらに細い管が数本出ています。前気門が伸びたものだそうです。

PC071156

PC071157
蛹の裂け目はこんな感じでした。
ショウジョウバエは額嚢(がくのう)を膨らませて蛹から脱出します。
一方でノミバエは
額嚢を持たないグループです。
知れば知るほど面白い、ハエの世界。


1545979261376
昨年最終日にみんなで食べた手作り鮒寿司、今まで食べた中で一番美味しかったです!
鮒寿司とショウジョウバエに何の関係が・・・?ゴニョゴニョ

過去記事も御覧ください
雪?(ショウジョウバエの卵がたくさん)
蛹(ノミバエやニセケバエなどの蛹紹介)



ショウジョウバエに圧倒的な捕獲力「業務用コバエがホイホイ
ノミバエやチョウバエの捕獲にはライトトラップなどをお使いください。

川竹


tojiyan at 11:53|PermalinkComments(0)

January 01, 2019

あけました2019


2019nenga

2019年、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様にとって、充実した佳き1年になりますようお祈り申し上げます。


今年はイノシシ年、対策には「JJボア」をお試しください。
畑などの周りにグルリと散布してくださいませ。

川竹 

tojiyan at 00:30|PermalinkComments(2)

November 26, 2018

モフモフしてる意味って

お昼ごはんの帰り道、地面を歩くモフモフを発見

PB260119
モサモサのモフモフ。クマケムシとも呼ばれるヒトリガの幼虫です。
毒は無いので、触ることも出来ます。癒やされますね!


PB260117
ぶれてますが、顔と腹。腹脚がキュート!

しかし悲しいかな、この子をよく見てみると

PB260115

PB260113
白いゴマ粒がついています。
ハエに卵を産み付けられているようです。
この立派なモフモフは寄生者から逃れるためにも一役買っているはずなのですが、
現実はこの通り、”やられるときはやられる”ようです。

虫を始め生き物の世界では「寄生」が我々の思う以上にポピュラーです。
今回のように卵がついていたり、ダニがかぶりついていたりすることも多いです。
寄生された虫を1頭部屋に侵入させてしまった場合、
それが何頭にも増えて現場を汚染する要因になるかもしれません。

冬だからといって、ゆめゆめご油断召されるな、
侵入防止対策、出来ていますか?

■粘着トラップならダニなどの寄生者も一緒に捕まってくれます。
ライトトラップ」「床置トラップ

■侵入対策用粒剤
シャットアウト」「クリーンショット

とびらの開け締めを減らす、隙間に閉塞部材を取り付ける、といった物理的な対策もお忘れなく☆

川竹

tojiyan at 13:57|PermalinkComments(0)