虫ムシ日記

August 12, 2017

迷子

時折、会社の中に虫が迷い込んできます。

P7270451



















ある日、トンボのような虫がいると言われ、その日の晩に見つかりました。

P7270454



















正体はやはりイトトンボでした。
主食はコバエ類などの飛翔昆虫、このまま部屋にいても餓死するだけですので外へ逃がしてあげましょう。
なお、見た目に反して加速力に優れるため、舐め切って素手で捕まえようとすると思わぬ苦戦を強いられます。


そういう訳で、倉庫から虫取り網を引っ張り出して2〜3分追いかけ回す羽目になりました。


前田







イトトンボに任せるよりも一度にたくさん始末できます。屋内のショウジョウバエ対策にコバエがホイホイ


tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)

August 11, 2017

フルニコチノイド

タバコの灰皿に何かいる、と言われたので駆けつけてみました。

P8020489




















蓋をどけてみると、確かに何かいる・・・

P8020495




















なんとなくヒメグモっぽいクモが巣を構えていました。
ニコチン満点っぽいこんな環境でよく生きてられるものだと感心します。
ところで、そんな過酷な場所に獲物となる虫は飛んでくるのでしょうか・・・?


もうちょい巣を作るとこ考えや、君。


前田





ネオニコチノイド系殺虫成分でコバエ類を確実に駆除!ショウジョウバエ対策にコバエがホイホイ
台所やゴミ置き場のゴミ管理(蓋つきのゴミ箱、ポリバケツなどで保管する)も同時に行えばより効果的!


tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)

August 09, 2017

まだまだドクガに注意

とある地下通路の入り口にて。

IMGP2632


















近くに森があるせいか、コガネムシやらセミやらいろんな虫が落ちています。
カブトムシがいないか探しまわっていたところ・・・

IMGP2633


















壁に目を向けたところで何かが付着しているのに気が付きました。

IMGP2634


















迂闊に触れると大変なことになるドクガでした。
まだしばらく活動が見られると思いますので、お盆休みの最中も気をつけて下さいね。

IMGP2895


















なお、その下に落ちていたスズメガらしき蛾。
こういうバカでかい種類は大概毒がありませんので安心です。


前田











大型の蛾類にも効果的。ハイパーガジェット



tojiyan at 08:00|PermalinkComments(0)

August 07, 2017

すごいねこみみ

残念ながらタイトルから期待されるような記事ではございません。
あらかじめお詫び申し上げます。

IMGP8994




















さて、炎天下の現場帰り、サクラの木の下で1本の枝を見つけました。

IMGP8995




















この枝ですが凄いんです、なんと勝手に伸縮しながら歩いていくんです。

IMGP9002




















おまけに正面から見ると、これまた見事なねこみみです。
これは恐らくトビモンオオエダシャクの幼虫だと思います。
手の上に乗せると妙にもそつきますが、毒はありませんので興味のある方は是非愛でてあげて下さい。


前田








ねこみみではなくネコノミにお困りの場合、室内ではフマキラーND-03がお勧めです!


tojiyan at 08:00|PermalinkComments(0)

July 07, 2017

注意報!チャドクガ

近所のスーパーまでお昼ご飯を買いに出かけた帰りのこと。

P6270387



















会社の玄関付近の壁に何かついていました。

P6270388



















やばい、奴が来た。

P6270391



















あまり出会いたくないチャドクガでした。

P6270392



















用心して周りにも目を配ると・・・いた、もう一匹。
このように黒っぽい個体とベージュっぽい個体の2タイプが存在します。

P6270394



















ところで彼らの何が問題かと言うと、体に毒針毛と呼ばれる細かな毛がたくさん付着している点です。
これに触れるとしばらくしてから猛烈な痒みに襲われることになります。
さらに厄介なのは、殺虫剤を浴びて暴れ回っている時に毒針毛を周囲にばら撒く恐れがあることです。

P6270397



















ということはつまり、抵抗を許さず一発で仕留める必要があります。
そこで使用したのはこちら、残量あとわずかで使い切っても心が痛まないハチの巣駆除ムースのあまり。
本当はチャドクガ防除剤(用途は幼虫用なんですけどね・・・)などを使うのがいいのかもしれません。

P6270399



















さて、ではいざ実戦投入へ。
初弾は大きく左に外れましたが、第二射で直撃を浴びせました。
そして結果はご覧の通り、チャドクガも毒針毛も泡状の殺虫剤でうまく封じ込めることができました。

P6270401



















続いて2匹目、すぐ真横に当たったせいで、びっくりして傍のポストへ逃げられてしまいました。
慌てず第二射で命中させましたが、泡の表面にはおびただしい体毛が。
この中に毒針毛が含まれているのかな、と想像しながらしばらく眺めていました。

P6270402



















ただ仕上がりがちょっと悪い・・・これは後で怒られるかもしれません。
これなら泡が霧状に薄く出るコバエ用ムースの方が命中させやすかったかな・・・でも用法外だしな。


なお、チャドクガ防除剤を使う場合、30〜40分で固着剤(アクリル樹脂)が硬化を始めます。
固まって取れなくなる前に、ヘラなどで削ぎ取ってしまうのがいいと思います。
さらに使い捨ての手袋で着脱も簡単なニューデリカユース手袋などで防護していただくのも手堅いです。

CIMG4311



















なお、ドクガとは異なりチャドクガは年に2回発生します。
秋頃に再び出現しますので、油断は禁物です。


前田



tojiyan at 16:00|PermalinkComments(0)

June 24, 2017

シロアリにクロアリに・・・

トラップを検定していた時のこと。

CIMG4244




















ヤマトシロアリの羽アリが引っ掛かっていました。

CIMG4246




















そして同じ現場に設置されていた別のトラップにはクロアリの羽アリが捕獲されていました。

さらにここ最近はヒアリ、アカカミアリのニュースでもちきりです。
弊社にもちょこちょことお問い合わせが届くようになりました。

図1















そこで、弊社川端さんお手製ヒアリ特集なる資料がこの度完成いたしました。
営業担当者より訪問の際にお配りさせていただこうと思いますが、ご希望の方は是非お問い合わせください。


前田



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 19, 2017

夜のノシメマダラメイガ

実験のために雄だけでもいいのでノシメマダラメイガが必要になりました。
そして閃いてからは早かった、フェロモン剤SPTabの不良品と破損したフライマグネットの空きボトル。
残骸だろうと何だろうと、武器になるならそれでいいのです。

IMGP2219


















そしてそれらを組み合わせて出来上がったのがこちら、ノシメマダラメイガ生け捕り用フェロモントラップ。
会社から帰ったばかりの夕方から自宅のベランダに仕掛けておきました。
そして、夜のマラソン練習から帰ってきて、洗濯物を取り入れようとした時のこと・・・なんか影が映ってる。

IMGP2220


















つまみあげて見ていると・・・羽ばたいてるのがいっぱい!
って、コラ、出てくるんじゃない。

IMGP2223


















よくよく考えれば夜行性の蛾類なんて珍しくも何ともありませんが、彼らも夜間に結構捕れるんだなと感心。


前田










主に食品工場などでモニタリング調査に使用するフェロモントラップです。
フェロモンルアー(メイガ用)
捕獲して駆除というよりは、今建物の中で発生しているかどうかを察知するためのツールとしてお使い下さい。


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 08, 2017

ムネアカオオアリ

そろそろクロアリの相談が増えてくると思います。

P5140303

















その中でも胸部が赤く、体長も1センチ近くになる大型のものがいればムネアカオオアリの可能性があります。
雑木林で見かけることの多い種で、一般に倒木など腐朽した木材に営巣します。
しかし山間部の別荘や旅館、ログハウスで本種が木部の隙間から出てくるという相談が時々あります。
その場合、建材の腐朽部を掘り進んで営巣していたというケースが多いです。

P5270357



















これはお客様からいただいた、シロアリの営巣後に本種が巣喰っていた建材の一部。
シロアリのように木材を餌にする訳ではありませんので、家屋に直接的な害はありません。
しかし、このように他の木材害虫の巣を再利用し、新たなアリの問題を引き起こすこともあります。

P6070373



















ところで、そういった壁の中や床下一面に潜むアリを駆除する場合、どうすればいいでしょうか?
巣の入り口の周りなどにベイト剤を設置するのも理想的です。
でも中には、なるべく早く一気に個体数を減らしたいという声もあるはず。
そんな時に便利な薬剤について明日はメールマガジンも交えて御紹介したいと思います。


前田










何となくですが、大型のアリ類は粒状の餌の方がよく食べるような気がします。
クロヤマアリなどちょっと大きなアリ対策に顆粒状のアリ用ベイト剤、アンツバスター


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 07, 2017

ヒゲナガゾウムシの仲間

一日に何度も往復する、本棟と研究開発棟を結ぶ階段。

P6050356



















その踊り場の水抜き穴に紛れて黒っぽい何かがいる・・・?

P6050357



















なんだ、クモの死骸か・・・。
お気の毒に。

P6050359



















そのすぐ横に、細長い何かが。


CIMG4104



















たぶん、ヒゲナガゾウムシの一種と思います。
2〜3種候補に挙がりますが、そこまで細かく調べるのはちょっと困難。
図鑑でも生態の記載が少しある程度でよく分かりませんが、少なくとも人に対して危害は加えません。


どうでもいいことですが、ヒゲナガという割にはそこまで触角は長くないような気がします。
また、ゾウムシという割に象の鼻を彷彿とさせるような長い口吻はありません。
分類上仕方がないのかもしれませんが、ちょっと本人も納得がいかないネーミングではないでしょうか。


前田








ヒゲではなく、ノズルがながくなが〜く伸びて、木の高いところにいる毛虫も駆除することができます。
高いところにいる毛虫駆除でお困りでしたらケムシがコロリ アースガーデンB


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 06, 2017

シバンムシの顎

某日、シバンムシ類の同定を担当させていただきました。
貯穀類からの発生であれば、タバコシバンムシかジンサンシバンムシの可能性が高いです。

CIMG4094



















でも、そのままだとどちらの種なのか特定することは難しいので、触角の形を見ましょう。

CIMG4092



















先端3節が大きいのはジンサンシバンムシです。

CIMG4097



















ついでに観察したシバンムシの顎。
これでお菓子とか茶っぱとか素麺をガリガリ齧るのでしょう。
彼らがカブトムシサイズの昆虫でなくてよかったと思う瞬間。


前田










ジンサンシバンムシのモニタリングにはハイレシスジンサンシバンムシ用
タバコシバンムシのモニタリングにはニューセリコ


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)