虫ムシ日記

April 09, 2018

人工物すきすきタカラダニ

先週くらい、そろそろ出てくるかなと思い会社のベランダを覗くと早くもたくさん出現していました。
タカラダニ」です。
タカラダニはダニ目ケダニ亜目タカラダニ科に属する、赤く目立つダニです。

P4090040
胴体だけなら1ミリほどの大きさ。

IMG_20180406_130516
一番多くタカラダニが居た場所。特にパイプの上や金属部分で多く歩いていました。
バイアスがかかっているような気もしますが、タカラダニは人工物の上でよく見かけます。
そしてなにより、普通に屋上で定着しているのです。

タカラダニは赤く目立つため異物混入として問題になることがあります。
外部侵入対策が有効ですが、屋上にも居ることを頭に置いて対策を立ててください。
シャッターや扉周りに薬剤を散布するほか、天井の隙間、壁のひび割れ、ダクトなどからも侵入してくる場合があるので、隙間対策が必要となります。
それでも侵入をゼロにすることはとても難しい虫になります。

タカラダニは主にイネ科花粉を食べるようで、あちこち徘徊しているのは餌を探していると考えられます。
他にユスリカなどの昆虫類を食べるようですが、ベランダで捕獲したタカラダニはユスリカやゴキブリに手を付けませんでした。
ダメ元で小麦粉や酵母などを与えてみましたが、見向きもしません。
飼育するのは大変そう。


ここで、よくタカラダニに間違われそうな赤いダニたちを集めてみました。
専門家に怒られそうな絵と説明ですが、ご容赦。
akake
「アカケダニ」
山の中でよく見る大きな赤い塊。
表面は細かい赤い毛が密生していて絨毯にしたら気持ちが良さそうです。

takara

「タカラダニ」
表面に細かな毛は生えているものの、アカケダニほど大きくズングリムックリしていない。
一番の特徴は足の先が太くなっているので靴下を履いているように見えます。
くびれがあることも多い。ボン・キュッ・ボン

hamori

「ハモリダニ」
ハダニを食べてくれる肉食性のダニ。
絵には書いてませんが足の毛が目立つ種が多い、気がします。
獲物を追うためか、なにげに機動性が高い。


ha
「ハダニ」
赤っぽいものから褐色ぽいものまで。
体に模様があるものが多い。
体長1ミリに満たないものもおり、さらに微小。
英名ではスパイダーマイトとあり、名前の通り植物上に糸を張って暮らしています。
農業害虫です。


タカラダニ対策には、幅広く効果のあるサイベーレをお試しください。
水で薄めて散布「サイベーレ

tojiyan at 11:14|PermalinkComments(0)

April 03, 2018

目立たないけど忘れないで

先日目黒寄生虫館のブログにて「新種のダニ」の記事が紹介されました。

 カタツムリに寄生するダニで和名が「ワスレナカタツムリダニ」とのこと。
寄生虫館の職員さんが発見したようです。

「周りにたくさん居るのに誰にも気づいてもらえなかった。もう忘れないでね!」
という願いを込めて、ワスレナ(勿忘)と名付けたようです。


ワスレナといえばワスレナグサ。
語源をググると、中世ドイツのロマンチックな伝説が出てきます。
「私を忘れないで!」という意味があるようで、英名でも「forget-me-nots」となっています。
ちなみにワスレナグサ属Myosotisは「ハツカネズミの耳」を意味するようです。
小さく可愛らしい感じがよくわかります。


もう一つワスレナシリーズ。
ワスレナグモという蜘蛛がいます。ジグモの仲間で土中生活をします。
プリプリとした体つきと、大きな牙が特徴です。
このクモもワスレナカタツムリダニと同じように
「目立たないけど周りにたくさん居るから忘れないでね!」
という意味のようです。
名付け親の愛を感じます。


先日東京出張に行った際。
東京営業所は目黒駅近くにあるので
「目黒と言ったら寄生虫館ですよね!」
と言ったところ誰からも賛同が得られなかった川竹でした。


そんな虫、一刻も早く忘れたい!な方々へ
ナメクジやカタツムリに効果あり、有機JASにも対応「ナメトール
クモの巣も防止、マイクロカプセルで長持ちする「カメムシ・クモスプレー

tojiyan at 10:21|PermalinkComments(0)

March 07, 2018

虫シーズンスタート

ある日、家で消費期限が切れた焼き魚を食べていると、

IMG_20180305_205747

「おっす、おらユスリカ!よろしくな!!」
と言わんばかりにユスリカのオスが皿の上に。

この土日は非常に暖かく、虫たちも湧きたっておりました。
2018年3月6日は「啓蟄(けいちつ)」です。
啓蟄とは節分や冬至などを含む二十四節気のうちの一つで
「冬ごもりをしていた虫が出てくる」という意味になります。

休日に大阪城公園に行ったら、お堀からユスリカの蚊柱がたくさん立ち上っていたので、
ああいよいよだ…!と思った矢先の異物混入事件。
窓の隙間から部屋の中へ入ってきたのでしょう。
外部侵入を防ぐのはなかなか難しいのですが、
窓へ紫外線フィルムを貼ったり網戸の網目を細かくしたり、
窓に隙間が出来ないようにブラシなどを取り付けるといった対策が考えられます。

薬剤による対策であれば、
ガラスに噴射するだけでOK、楽ちんスプレータイプ
虫コナーズスプレーガラス用(速乾性)
PGガード(ディート入りのスプレー)
をお試しください!


 ***** セミナーのお知らせ *****
例年通り「春季 PCO・TCOレベルアップセミナー」を開催いたします。
3月17日〜、福岡、仙台、名古屋、東京、大阪で開催。
無料でご参加できますので、ぜひご応募ください。
応募はこちら
 

川竹


tojiyan at 12:17|PermalinkComments(0)

February 27, 2018

虫inガラス?

とある日。

部屋のガラス製オブジェを取り囲み
「異物混入や!異物混入や!」
 と盛り上がっていたので見せてもらいました。

IMG_20180227_172313
これの透明な羽根の付け根部分にある・・・

IMG_20180227_172257

これ!

黒い筋が見えます。確かに脚がまだら模様のユスリカに見えますね。

でもきっとこれ、「ガラス中の気泡」だと思われます。
ガラスの中に混入した不純物が熱せられ、ガスが出るといった原因があるようです。
虫ではないですが、一応「異物混入」にはなるんでしょうか。


こんな感じで、パッと見で虫にしか見えないものも、調べてみれば虫じゃなかった、紛らわしい!
というケースがよくあります。
例えば、植物の繊維片がうまいこと縮れて虫に見えたり、
プラスチックの塊や何かしら変形した食品などが多いです。
特に僕らは普段から虫を見ているので、色々なものが虫に見えたりしてしまいます。
もはや病気ですね !

ちなみにガラスは「すごく硬い(粘度の高い)液体」になります。
 ですのでこの気泡もゆっっっっくりとガラスの中を上へと登っていきます。
果たして、虫っぽい泡は一体いつになったら脱出できるのでしょうか。


ガラスの中の虫は退治できませんが、表面につく虫の防除や忌避にはこれ!
「PGガード」http://www.mushi-taiji.com/hisyo/products/pg.html


川竹 

tojiyan at 17:43|PermalinkComments(0)

February 02, 2018

初めてのドローン

先日大阪に行ってドローンを飛ばしてきました。
虫やネズミの生息調査とかに使えるかも??

IMG_20180202_153444















大阪市福島区、JR野田駅で降りて少し歩いたところにあるドローンスクールジャパン。
場所はちょっとわかりにくかったです。

ドローンネスト株式会社さんが運営しており、スクールだけでなくドローン関連のコンサル業務も
手がけているとか。

IMG_20180202_153244















今回飛ばした機体。赤い方が前で白い方がお尻です。

IMG_20180202_153236















いざ発進!!

操作は基本的に2本のジョイスティック。右手で左右移動上昇下降、左手で前進後退機体回転。
慣れない操作に最初はシドロモドロしてしまいましたが、これはなかなか楽しい!

IMG_20180202_153312















スクールにはこんなカッコイイ機体も。カメラアングルもグリグリ動きました。

今回の練習機体はGPSをOFFにしていたため、ホバリングさせるだけでも一苦労。
GPSをONにすると、機体がひとりでに自分の位置を保つように調整するようです。
なので手放しでもホバリングしてくれるという。
最近のセンサーすごい!


ちなみに「ドローン」はハチの羽音や雄バチを意味する言葉です。
プロペラから出る音はかなり大きく、クマバチを彷彿とさせました。


ますます高まるドローン需要、乗り遅れるな!


それではこれにてドロンっ

---------- 
来年のハチ対策に備えて、【ハチノックVスプレー】
http://www.mushi-taiji.com/hachi/products/hachiknock-v.html 

tojiyan at 18:42|PermalinkComments(0)

January 11, 2018

新年のご挨拶

2018年初投稿です。
本年も社員一丸となって、みなさまのお力になれるよう頑張ります!


さて、
みなさま初めまして。
この1月に入社しました川竹と申します。
今後伊藤、前田とともにこのブログを盛り上げていきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。


先日、滋賀県長浜市にある「海洋堂フィギュアミュージアム」に行きました。
IMG_20180108_141740


 








 








門には大きな恐竜が!
10年前にも一度行っているのですが、ミュージアムが引越ししたみたいですね。
歩いてすぐの距離ですが。

海洋堂さんは動物や昆虫などの精巧なフィギュアを出しています。
例えば、
IMG_20180108_140813




















「カイコ」
イモコレ!というシリーズからいろんな種類のイモムシキーホルダーが発売されています。
中にワイヤー?が入っているので、グリグリ動かすことができます。

IMG_20180108_135414




















「イモムシ」
(ナミアゲハ5齢幼虫)←齢期まで記載とは、素晴らしい
全長230mmの大満足サイズ

IMG_20180108_135935




















「ヘビケラ」
架空の生物です。風の谷的な世界の腐海に住んでるあいつですね。

以前発売されていた「衛生害虫シリーズ」も良い出来でした。
写真はありませんが、「イエノミ」が個人的に傑作です。


見て触って楽しめるフィギュア。展示会用や社内外の教材としても役立ちそうです。



tojiyan at 14:36|PermalinkComments(0)

December 13, 2017

そろそろシーズン終了?

お昼御飯を買いにいった時のこと。

IMG_0640




















壁に何かいる・・・。

IMG_0641



















カメムシですが今日は2種類います。

IMG_0643



















まず右に緑色したやつ。

IMG_0642



















それに左には茶色のやつ。なんか色合いがマーブルチョコみたい。


このところカメムシ類のお問い合わせが届きません。
そろそろ冬眠のために屋内へ押し寄せてくる、というのも落ち着き始めたのかもしれませんね。
ただ、家の中でうろうろしているものがいましたら、瞬間凍殺ジェット(這う虫用)でやっつけましょう。
火気厳禁ですので、暖房の使用が多いこの時期は使用前に火の元の確認をお願いいたします)


前田




tojiyan at 23:00|PermalinkComments(0)

November 29, 2017

ポケットの中の清掃

現場へ行く時に必須のPASUMOの残額が少なくなってきました。
お昼に駅前へ行く用事があるので、ついでにチャージしてきましょう。
IMG_0621



















そう思って引き出しを開けると、所定の位置にあるはずのPASUMOがありません。
物を管理するのが下手だな・・・。

IMG_0619



















そんな時は前回現場へ行った時のことを思い出しましょう。
この時期は防寒具を着て出ていきますので、そのポケットが怪しいでしょう。
特に私の場合は胸元のポケットにしまう癖があるので、まずはそこからチェック。

IMG_0620



















案の定、一発で見つかりました。
車や自転車の鍵も同様に気をつけたいですね。

IMGP6969




















ところで作業着を洗濯していると、ポケットの中に少しずつ糸くずなどが溜まってきます。
それと同様に、食品工場や飲食店でも営業していると部屋の隅や機械の中に汚れなどが溜まってきます。
そのまま放置しておくと貯穀害虫や食品害虫などの温床となりますので、定期的な清掃を心がけましょう。

IMGP1396

















ところがどっこい、巾木の隙間や壁の中など掃除したくてもできない場所もあると思います。
そんな時は即効的な成虫駆除と幼虫の発生予防の効果を併せ持つファーストキルNの施工がお勧めです。
掃除しても次の日には小麦粉が積もり、シバンムシの発生が止まらないという現場にももってこいです。


もうすぐ年末大掃除の時期ですが、ちょっと清掃の手が届かない害虫の発生源があれば是非どうぞ。


前田










設置してもあまり目立ちません。ムシポンポケット2


tojiyan at 15:00|PermalinkComments(0)

November 28, 2017

壁の虫

最近、寒くなってきたせいか色んな壁の上で虫の姿を見かけます。

IMG_3975




















ある日は石垣の中。

IMG_3977



















トゲナナフシ。

IMG_3976



















そしてそのすぐ隣にコカマキリ。

IMG_0369



















そして某日、アパートの玄関にて。

IMG_0371



















蛾の仲間。

PA120962



















果ては会社の研究開発棟。

PA120968



















チャタテムシのような何か。

IMG_1245



















ところで、壁虎と書いてヤモリのことを指す場合もあります。
家の壁やガラスの上をヒタヒタ歩き、そこにいる昆虫を捕食するというありがたい存在です。
反対にヤモリが多くて困る、という場合は、飛翔昆虫対策から始めるといいのかもしれません。


前田









ヤモリに任せるよりも効果的!屋外の飛翔昆虫の捕殺にMC8200


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)

November 27, 2017

省エネカレー

某日、いかにエネルギーを節約しながらカレーを作れるか、無駄にチャレンジしてみました。
なお、初挑戦なので種目はレトルトカレーの部、です。

IMG_0537



















炊飯器のスイッチを入れてから競技スタート!
無駄に気分を盛り上げます。

IMG_0538



















まずはお茶を沸かしましょう。

IMG_0539



















なお、私は社内ではネズミ防除の担当ですが猫舌です。
なのでお鍋に張った水の中にピッチャーごと入れて冷ましておきましょう。

IMG_0540



















鍋の水が十分に温まったところでコンロに火をつけて、沸騰したら卵を入れて茹で卵に。

IMG_0573



















茹で卵が出来上がったら卵だけを取り出して、代わりにレトルトカレーのパウチを投入。
省エネカレーの完成です。

IMG_0541



















ところで、炊飯器の釜や皿といった洗いものはどうするのか?

IMG_0550



















レトルトカレーを温めたお湯が適度に冷めていたので、それを使って濯ぎ、最後に軽く洗剤をつけて洗うだけ。


次はレトルトではなく一から作るカレーで挑戦しようと思います。


前田












カレーのレシピ並みに配合の極意があると思います。ネズミ駆除にエンドックス
食パンの角切りに混ぜてもよく食べてくれます。



tojiyan at 15:30|PermalinkComments(0)