商品情報

September 13, 2020

コウモリ対策のシーズンとアイテム

皆様、お久しぶりです。旧担当者の前田が、また少しお邪魔するよ。
今日は、最近気になることがあるから・・・筆をとらせてもらいました。
最後までお付き合いいただけたら、嬉しいです。


■アブラコウモリの問題

P9070075






















これは去年の写真、場所は弊社開発棟のベランダ。
ここに、珍しい落し物が、あったんだ。

P9070078






















最初は・・・落ち葉とか、何かのゴミとか、そんなものに見えた。
窓と網戸の間に挟まっていた何か。

P9070084






















でも、ほどなくして目に映った手足と、そこから広がる膜状の翼。
その正体はイエコウモリとも言われる、アブラコウモリの死骸。
天寿を全うしたのか、それとも無念の死か・・・それは、分からない。

P9070081






















ところで、普通の人なら卒倒してしまうこんな物も、僕らにとっては貴重なサンプル。
捕獲した宇宙人や、鹵獲したロボットみたいに・・・この子には申し訳ないけれど、
観察対象としての興味は尽きない。
ハツカネズミ並みに小さな頭、翼をたたむとコンパクトな体・・・侵入経路として
注意すべき隙間のサイズなど、実物を見ることで想像できることは多い。

写真_コウモリ1






















そんなアブラコウモリに関する相談が、今年は多い気がする・・・皆様のところは
どうでしょうか?
もちろん、吸血はしないし、蚊とか羽虫を大量に食べてくれる良い面もある・・・
だけど「軒先にぶら下がっていて不気味」や「糞を落とす」、「天井裏に住み着く」
といった問題は見逃せない。何か、手を打たないと。


■やるなら今しかない

IMGP5748




















ここで注意したいのは、アブラコウモリは夏に繁殖期、冬は冬眠シーズンに入ってしまうこと。
つまり「屋根裏に住み着いているもの」を「追い出して、侵入経路を塞ぐ」という作戦。
これが、夏と冬には思うほど通用しないから・・・今年のチャンスは、もうこの秋だけ。
やるなら、今しかない・・・!


■状況に合わせてアイテムを選ぶ

PB130076 (640x480)





















では、具体的にどんな方法・どんなアイテムが効果的だろう?弊社の答えは、バードフリー
コウモリがとまる場所へ直接塗る、または上の写真みたいにフックで掛けて吊るしておくと
近寄って来なくなる・・・さらに、隙間があっても侵入を阻止することもあります。
なお、この写真、弊社社員の実家で施工した事例・・・あの人にわざわざ喧嘩を売りに行く、
そんなコウモリたちの気が知れない。


DSCF0075






















でも、バードフリーは独特のにおいがあるから・・・あまりにおいが無いもの、
そして通気性を確保しつつコウモリの侵入だけは防ぎたい、そんなこともある。
こういう時は金網を張ってカバーする、それでいいかもしれない。


CIMG5562




















通気性を気にせず、あくまで頑丈さを求めるなら、ホームセンターで販売されている
パンチングメタルも便利。
でもこのパンチングメタル、アルミ製だと切ったり曲げたり、加工が簡単な代わりに
錆の問題が気になってしまう。
一方でステンレス製のもの。これは加工が少し大変になるというデメリットがある。
どうしよう・・・?


PB010692






















そこで試したいのがアルミ製パンチングメタルとマウスストッププレミアムのコンビ。
上の写真みたいに、まずパンチングメタルの裏側にマウスストッププレミアムを塗る。
そしてそれが終わったら、今度はビスなどを使って壁に固定しよう。

PB010696






















さて、次はこのパンチングメタルの表面にもマウスストッププレミアムを塗布する。
こうすることで、「加工しやすいアルミ製パンチングメタルを基礎にする」一方で、
その表面をマウスストッププレミアムで保護し、錆びによる劣化をなくす・・・
こんな方法も、ありだと思う。

PB010703表面に塗布して施工完了






















これが処置終了後の写真。マウスストッププレミアムは2日で表面が硬化するから、
その後は上から色を塗ったりして、違和感が無いようにすることもできる。
市販のパテに比べると、ちょっと高価かもしれない。でも、ネズミからの攻撃にすら
耐える実績があるから・・・本当に信頼性のあるもので隙間を塞ぎたい、そんな時は
是非一度、試してみてください。


少しお喋りが過ぎてしまったかな・・・今日はここまでです。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また、いつかここでお会いできれば、幸いです。

前田


tojiyan at 08:00|PermalinkComments(0)

September 10, 2020

うんか注意報!

9月になったらいきなり秋めいてきました。急な気温変化で風邪などひかぬよう気をつけたいところです。とはいえコロナ対策で風邪もひきにくくなった気がする・・・?手洗いうがいは重要ですね。

IMG_20200908_120545

IMG_20200908_120616

こちら弊社看板。夜間は明かりが付くため、細かい虫も寄ってきます。それを狙ってクモが巣を作り、ちょっと汚くなってしまってますね。
この時期では「キイロシリアゲアリ」がたくさん飛来するのですが、よく見てみると別の虫でした。

P9098929
こちら「ウンカ」でした。トビイロウンカかな?
ウンカは稲を吸汁して、坪枯れという被害を出すため重要な害虫として扱われます。
各自治体の病害虫防除所からウンカの発生予察警報も発令されているようで、極めて重要な害虫であることがよくわかります。
ウンカの一部は中国大陸から九州方面に向かって、南西風に乗って遥々飛んでくることもわかっています。驚きの行動ですね!

稲につくウンカは自治体の推奨する農薬で。壁や光に寄ってくるウンカはサイベーレ、サイベーレエアゾールで対処しましょう!





部屋に入ってきたウンカにはキッチン虫スプレーなどでもOKかと思います。今とても売れています!


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回の答え合わせ
P5261049
なんとも無機質な表情の子。こちらは「ヨコバイ」です。
今回紹介した「ウンカ」の親戚ですが、ウンカのような棍棒状の触角がなく、あまり目立たないこと、頭の先が丸っこく、目が飛び出ないくらいで両サイドについていること・・・という特徴があります。
ヨコバイも農業害虫としてしられますし、小さな「ヒメヨコバイ」などは細かい隙間から建屋内に侵入してきますので、問題になることもあります。

P5261039
今回のクイズはこちら。仰向けで捕まっています。お腹が細くくびれている・・・一体何でしょう?

川竹

tojiyan at 11:46|PermalinkComments(0)

September 04, 2020

ペストビジョン受賞!

先日アップした「ハチの巣駆除ムース」の動画。なかなかのヒットを頂きましてありがたいです。


アクセス傾向を見ると
  スズメバチ エアガン
  蜂の巣 火炎放射
  スズメバチ 火炎放射
といった検索ワードがズラリ・・・おだやかじゃないわね

先月愛知県にて、エアゾールタイプの殺虫剤に火をつけてハチを駆除しようとしたら、周辺の工場と倉庫が丸々燃えてしまった、という事件がありました。タイミング的にこのニュースの効果もあったのだと思います。
特にエアゾールを扱う際は「火気厳禁」でお願いしますね!


さて、現在社運をかけて開発しております「ペストビジョン」が日本自動認識システム大賞のフジサンケイビジネスアイ賞を受賞しました!!


AIを駆使して、ライトトラップにつく虫の名前(科レベル)と数を自動的に解析してユーザーにおしらせするシステムです。以前ちょっぴりバズった下記の記事が見やすくてオススメです。

捕虫紙を持ち帰って虫を計数する「S型」は販売中です。
またライトトラップに捕獲された虫をリアルタイムで認識する「F型」は販売に向けて実戦投入中です。乞うご期待ください!



■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回はこちら
P5261043
こちら「カゲロウ」です。カゲロウというと2つありまして、こっちは正真正銘?のカゲロウ。もう一つはウスバカゲロウが属する「アミメカゲロウ」というグループです。同じカゲロウという名前がついていてややこしいのですが、系統はかなり違うのでご注意ください。
ちなみに写真のカゲロウは眼が出っ張っています。これを「ターバン眼」と呼び、カゲロウのオスに特有の形態です。
カゲロウの特徴は、大きな前翅、長い腹部、長い尾毛を持つものも多い。といったところかと思います。

今回のクイズはこちら
P5261049
全体が透明でわかりづらいですが、下が頭です。ちょっと難易度高め?考えてみてください!

川竹

tojiyan at 11:31|PermalinkComments(0)

July 06, 2020

蜂の巣は泡攻めじゃ!

このご時世あまり遠出もできず、自炊が多くなってきました。
こんなときは今まで気になっていたお取り寄せグルメに手を出してみるのも面白いものです。
IMG_20200522_193016
通販で購入したラーメン、黒く浮いているものはコオロギです。異物混入じゃないですヨ?
2種類のコオロギからブレンドされた出汁スープ、このために開発されたコオロギ醤油、コオロギ練り込み麺、この宣伝文句でお腹いっぱいですがB級グルメ(ゲテモノ料理?)に留まらずその一歩先へ進み味の追求が感じられる逸品でございました。美味しかったです。
「なんちゅうもんを食わせてくれたんや・・・」
ちなみに通販はアナウンスされて数日で即完売になったようです。早々に購入していたので僕は余裕でした^皿^


読者が間引かれたところで(ちゃんとした)商品紹介です!

多くの方にご愛用頂いていた「ハチの巣駆除ムース」が復活しました!

泡でハチを駆除できるスプレーです。
ハチの巣の対処にはスプレーを持ちながら、まず周囲のハチを減らしつつ隙を見て巣の出入り口にスプレーを突っ込んで噴霧します。
周りには巣から飛び出たハチや仕事から戻ってきたハチがウロウロしているため、別にスプレーを持って周囲にも噴霧するか、アシスタントがサポートする必要があります。
人も必要で、噴霧量も多くなってしまいます。

ハチの巣駆除ムース」なら、遠くからムースを巣の出入り口に噴霧するだけ。
・中のハチや周りのハチは攻撃してきた対象がわからず、防衛フェロモンも出さないため興奮状態になりにくい
・泡には触って効果が出る薬剤と揮発して効果が出る薬剤が含まれる
・巣の中に充満した薬剤が中のハチを駆除
・「こりゃたまらんザマス!」と出てきたハチは泡が待ち構えているので、薬剤&窒息効果で駆除

というように、これまでの常識を覆す製品となっております。まずは動画を是非ご覧になってください!もちろん、相手は危険なスズメバチなので防護服の着用をお忘れなく。


虫退治ドットコムでも販売スタートしました!
防護服の取り扱いもしておりますので、是非お問い合わせください。

食用にする場合は薬は使っちゃダメです


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回の子はこれ
P6251020
「チャタテムシ」でした。ヒメチャタテの仲間で良いと思います。
チャタテムシには翅の無い種と翅のある種がいるのですが、どちらも菌類を好んでエサにします。
経験上ヒメチャタテは水や結露の多い環境でよく発生するイメージがあります(食肉加工工場は特に多いです)。
見るべきポイントは翅の模様がグニャグニャとしていること(説明になっていない!)、この写真ではわかりにくいのですが、顔が三角形になっていること。身近な虫で例えるとカマキリみたいな感じ・・・かな?
「ファーストキル」や「天然除虫菊ドライスプレー」なんかで対処してみてください!





今回の問題はこれ
P6251018
よく見るあの子ですが、捕虫紙に捕まるとよくわかんないことになることが多いです。
慣れればカンタン♪考えてみてください!


川竹

tojiyan at 13:29|PermalinkComments(0)

July 03, 2020

月下の攻防・羽アリの襲来と駆除方法

皆様、お久しぶりです、かつてこのブログを担当させていただいておりました前田です。
今はもう川竹君と桝井さんに「任せた」と「もはや敵うまい」という思いで退いております。
しかし今日はその掟を破り、「この時季特有の害虫」についてご紹介させていただきます。
しばし、お付き合いいただければ幸いです。


【羽アリが出た】

IMGP9778 (640x427)
























弊社の所在地である大阪では、昨日の晩からアリの羽アリが多数出現し始めました。
羽アリとは皆様もご存知の通り「その巣で誕生した次世代を担う新女王と雄アリ」です。
人に例えるならば、さしずめ「親元を離れる新成人たち」といったところでしょうか。


【大きな新女王と小さな雄】

IMGP9813 (640x427)
























この「親元とも言うべき元々の巣」を離れる行事はどのアリも年に1度とされています。
毎年その時季がやって来ると、彼らは巣を一斉に飛び立ち、そして新天地を目指します。
そしてその最中に新女王と雄が交尾を行うことから、これを「結婚飛翔」と呼びます。
この時、体の小さい羽アリと大きな羽アリを目撃しますが、その内の大きい方が新女王です。

IMGP9791 (640x427)
























小さい方の羽アリ、雄アリの姿は上の写真の通りで働きアリや新女王と少し異なる姿です。
なお、この結婚飛翔で新女王は一生分の精子をためこみ、その後地面に降りて巣作りを始めます。
その一方で、雄は交尾後に死んでしまう運命にあり、新女王と添い遂げることはできません。
何となく雄アリの姿が「簡易量産型」に見えるのは、その短命さ故かと勝手に想像しています。


【夕暮れに飛び・光を目指す】

Image from iOS (3) (640x480)



























さて、この羽アリたちは夕暮れから飛び始めることが多く、また光に誘引される習性を持ちます。
よって、目撃する時間帯は夜間、場所は玄関の常夜灯周りやアパートの廊下などが一般的です。
他に一般家庭ではベランダの窓ガラス、コンビニではガラス張りの部分全面にも飛来します。
見た目の不快感が問題ですが、それ以上に工場では異物混入の原因にもなるため侮れません。


【年に何度か遭遇する】

P9130662 (640x480)



























なお「羽アリを飛ばすのは年に1度」とはいえ「種類によってその時季が異なる」ことには注意。
例えば、羽アリを「夏に飛ばす」のか「秋に放つ」のかは、その種類次第ということになります。
写真のキイロシリアゲアリは秋の初め、小さなサクラアリは冬の足音が聞こえる頃です。
つまり、羽アリと対峙する機会は年に複数回あることを覚えておきましょう。


【駆除は外壁での攻防】

CIMG8140 (640x480)



























では、そんな羽アリに対する対策ですが、キーワードは「彼らが飛来しやすそうな場所」です。
例えば電光看板や外灯、窓周りの外壁、他にはベランダなど夜間明るく目立つ場所が該当します。
そこに例えば「殺虫剤を処理した場所に触れる」ことで効果を出す殺虫剤を散布しておきます。
つまり、分かりやすくいうところの待ち伏せ作戦です。


CIMG8149 (640x480)



























やがて日が落ちて空に照り輝く月、てるづきが現れた頃に羽アリたちも動き出します。
ほどなくして写真のような外灯周りの外壁へぼつぼつと飛来し、取り付き始めるのでしょう。
・・・残念だったね、そこはサイベーレ0.5SCの守備範囲だ。


【窓ガラスへ散布できる新兵器】

P2260265 (640x480)



























そして今年に入って待望の新商品「サイベーレエアゾール」が販売開始となりました。
窓専用の殺虫剤で、窓ガラスおよびサッシ、周囲の壁面へ容易に散布することができます。
これで今まで殺虫剤散布が難しかった窓辺を守り、より死角の無い対策が可能となります。
壁面など広範囲の施工が得意なサイベーレ0.5SCとコンビネーションを組ませると理想的です。
なお、私はこの組み合わせを当初はサイベーレ姉妹、後にダブルサイベーレと呼んでいます。


P3020219サイベーレエアゾール噴霧3分後(水滴なし) (640x480)



























窓ガラス用殺虫剤には「ガラスは曇らせない」ものの「べたつきが残る」ものもあります。
また、そのべたつきに虫の死骸や土埃がついて、窓の美観を損ねるケースも目にします。
しかしサイベーレエアゾールは速乾性なので、べたつきが残らないさっぱり仕上げです。
加えて「ガラスを曇らせない」ことはもちろん、「数分でにおいが消える」のも魅力です。


【羽アリに対するサイベーレエアゾールの効果】

図1


















今朝実施したばかりの試験データですが、これはサイベーレエアゾールの羽アリへの効果です。
サイベーレエアゾールを噴霧した場所に羽アリを歩かせ、死亡するまでの時間を示しています。
他の殺虫剤と同様に「即死という訳ではない」ですが、即効性に優れていると言えるでしょう。


【新しいページのご紹介】

図2 (640x358)




















さて、最後に弊社の新しいページ「虫博士ドットコム」をご紹介させていただきたいと思います。
これは過去にいただいたお問い合わせを元に、各害虫への対処法をQ&A形式でまとめています。
今後もどんどんコンテンツを充実させていく予定ですので、どうぞ定期的に御覧下さい。
私にとっても執筆しなければというプレッシャーと記事を増やすモチベーションに繋がります。


振り返れば、皆様からたくさんお電話をいただき、私自身も大きく成長させていただいた10年。
時に対策を間違えご迷惑をおかけしましたが、それでも変わらずご相談をずっといただきました。
そんな経験を詰め込んだこのページが少しでも皆様の役に立ち、恩返しになれば幸いです。
また今後も不明なことがあれば、どうぞこの環境機器を頼って下さい。


前田









皆様とはまた「虫退治本店ブログ」と「虫博士ドットコム」でお会いできれば嬉しいです。
そして次回からは安定の昆虫食・たまに真面目な記事も書く現担当者と、現場の経験も積み
成長著しい期待の新人
が綴るブログにご期待・ご声援をどうかよろしくお願いいたします。



tojiyan at 10:30|PermalinkComments(0)

June 10, 2020

チョコを食べて育ったノシメは美味しいのだろうか

前回アップした日が6月4日の「虫の日」だったのにすっかりスルーしてました。
毎日が虫の日なので全く意識をしていませんでした。
IMG_20200515_121507
虫ばかり見ていると、普段の風景の中からもつい虫を探してしまいます。こちら変哲もない弊社階段踊り場(窓辺の虫はムシしてもらって。。)
わずかに壁にポツンとついた黒い点。

IMG_20200515_121457
よく見ると「ノシメマダラメイガ」でした。

IMGP0515
熨斗目(のしめ)とは着物の模様のことで、「熨斗目 着物」で検索するとこの翅によく似た柄が出てきます。幼虫が乾燥食品を食べるため精米工場や穀粉原料加工工場、貯蔵倉庫、お菓子工場などで大発生して大きな問題となることがあります。

IMGP2585
幼虫は白くプリプリした体と褐色の頭をしています。美味しそう。
一般に目に付きやすいのが終齢幼虫で、蛹になる場所を探すために放浪の旅をすることが知られています。お気に入りの暗い物陰を見つけると糸を吐いて蛹になります。このとき製品に潜伏してお客様の元へ届き・・・というケースが多いです。

メイガ対策にはこんなラインナップがあります!
天然物由来の有効成分を使った「天然除虫菊ドライスプレー」

ノシメマダラメイガ専用!フェロモンで捕獲するトラップ「ガチョン」

幼虫にも効く「ファーストキルN」




■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
前回の子はこれ
P5261047
全体的に華奢な感じです。大きさも3ミリ無いほど。こちら正解は「タマバエ科」です。
翅が長さに対してほんの少し幅広く、触角が数珠状であることで区別できます。が、難しいことも多いです。詳しくは過去記事を見てみてください



今回の子の翅脈はこんな感じでした。
tamabae-wingvein
比較的シンプルな感じ。タマバエ科の中でもTHEタマバエといった印象をもつこの翅脈のタイプ。翅の真ん中に1本目立つ脈(R5脈)が長く走っているのが特徴です。

お腹が赤いのは・・・何ででしょう?タマバエは血を吸うような虫ではありません。幼虫は植物上に虫こぶを作ったり、菌を食べたりするものが多いようです。


さて本日の問題はこちら
P5261035
翅脈が独特ですね。是非考えてみてください!


川竹

tojiyan at 15:32|PermalinkComments(0)

May 26, 2020

動画更新情報!

いきなり暑くなり、ムシムシとした感じになってきました。

さて動画情報です。

「噴霧器GS006の使いかたご説明」
 
多くの方にご愛用頂いている噴霧器GS006。実は結構お問い合わせを頂いているのです・・・。
お問い合わせの殆どは間違った使いかたやメンテナンス不足からくるものです。
使いかたあっているのかな?など疑問に思われましたら、まず動画で確認をお願いします。

過去にも記事をあげています。ご参考にどうぞ。



動画その2。「バードフリー ハトがいやがる動画」

バードフリーのネバネバがついたハトが嫌がっている様子がよくわかります。
物流倉庫の屋根のふちなどにお試しください!


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■
唐突にはじまったクイズコーナー。捕虫紙に捕まった虫を愛でるだけのコーナーです。初回はジャブでいってみましょー
P5261051
こちらは何でしょうか?
うーん、ハエ!いやいや、科レベルでお願いします。
・・・正解は次回の記事で。

川竹

tojiyan at 11:58|PermalinkComments(0)

May 18, 2020

お洋服おいしいです!

すでに暑さを感じるくらいの天気になりました。
虫たちも元気に飛び回っております。

この時期よくお問い合わせがあるのはこの子「ヒメマルカツオブシムシ」
IMGP1601
ややこしい名前ですが、カツオブシムシ科の中のマルカツオブシムシ亜科に属します。
テントウムシではありません汗
この時期には成虫が。もう少しすると幼虫がよく見られるようになります。幼虫はこちら
IMGP9378
小さな毛虫のようにみえます。お尻には槍状毛と呼ばれる毛があり、威嚇の際にぶわっと広げる行動がみられます。見つけたら鉛筆などでつついてみてください。

カツオブシムシは家屋害虫として知られており、パスタやお菓子など乾燥食品や、セーターなど衣類の繊維を食害して小さな丸い穴をあけます。僕のセーターにも穴を開けられましたが、他の人にばれないように着ればいいやと着続けています(去年ばれました泣)

 同じカツオブシムシ科でよく見られるのが「ヒメカツオブシムシ」です。ヒメマルと名前がよく似ていますので混同注意です。
IMGP0113
全体的に黒色をした地味な虫です。幼虫はこんな感じ。

IMGP1830
ヒメマルとは違って細長いエビフライみたいな格好をしています。

餌はヒメマルと同じく乾燥食品や衣類の繊維質を好みます。


家の中にカツオブシムシが発生したときには、まず餌となる食品やホコリなどの掃除が大切!
その上でこちらの商品をお試しください。

「キッチン虫スプレー」除虫菊を絞った天然成分を使用。アルコールベースなので跡残りもなくお部屋で安心してお使いいただけます。
(アルコールベースにつき火気厳禁)


「ファーストキルT」一度ボタンを押すと全量噴射されるタイプ。空間に広がり隙間にも薬剤が浸透。
成虫にも幼虫にも効果のある成分なので、屋根裏やお部屋全体などにお使いいただけます。


ヒメマルカツオブシムシ専用フェロモン誘引トラップ。これだけでは駆除が難しいので、カツオブシムシの発生源を探すのに役立ててください
(ヒメカツオブシムシへの効果は期待できません)


川竹

tojiyan at 14:02|PermalinkComments(0)

May 11, 2020

レベルアップウェビナーはじまります!

ゴールデンウィークはカレンダー通りいただけたのですが、外出もできず帰省もできず、ひたすら家の中で過ごしていました。「旅行に行ったつもり貯金」ではありませんが、今まで気になっていた商品を通信販売を利用していくつかお買い物をしました。
コロナ禍で大変な中であっても物流が動いてくれているので、とても助かります。コンビニもスーパーマーケットも開店してくれているので不自由なく生活ができます、働いてくださっている皆様には日々感謝です。

さて、今月はレベルアップ「ウェビナー」があります。基礎セミナーに続いて、毎年恒例のレベルアップセミナーもウェブで受講できるウェビナー形式で発信を予定しています。
まだご参加承っていますので、お早めに下記よりお申し込みください!




動画更新情報です。
ペストビジョンS型の動画その2です。報告書機能などが付きました!

最後の方で「S型VS顕微鏡対決」があるのですが、顕微鏡でかかった時間は勿論リアルな数字です。
もっと早く出来ると思ったのですが汗
日々の捕虫紙検定業務に追われているそこのあなた!捕虫紙を見るのも楽しいものですが、単純作業はAIに任せて、浮いた時間を別の業務に充てたり残業時間の削減が見込まれます。是非お問い合わせください!


川竹

tojiyan at 11:26|PermalinkComments(0)

April 27, 2020

赤胴ダニ之助

4月も終わりが見え始めました。この頃になるとどこからともなく現れるのが、この赤い子たち。
P4050045
コンクリートの上なんかでせわしなく動き回っています。タカラダニというダニの仲間で特にこの時期外を歩き回っているのは「カベアナタカラダニ」という種と思われます。赤く目立ちますが特に悪事は働きません。子供の頃はよく潰して遊んでいました・・・

実験用にプラカップに集められたタカラダニたち。よく見るとフタとカップの隙間に入り込んでいます。密です!密!
IMG_20200427_185547

P4270212
隙間は隙間でも、やたら集まっている場所があります。お互いに寄り添い合っているのか、ジャストフィットな隙間だからみんな集まっているのか・・・タカラダニのみぞ知る。タカラダニの味噌汁。

赤く目立つので、製品に混入してクレームになることもあるというちょっと困ったやつら。
花粉を主に餌としているようですが、よくわかりません。
ちなみにタカラダニがタカラダニを食べている様子が観察できました。
普段から共食いするのか、閉じ込めていた極限状態だから見られたのかはわかりません。



タカラダニ対策には「サイベーレ」がオススメですよ!

水で希釈して家の周りや屋上なんかに散布してみてください。

窓から侵入するケースもよく知られます。サッシに散布すると侵入防止が見込めますが、窓に散布すると跡が残る可能性があります・・・
そんなときにはサイベーレエアゾールをオススメします!


タカラダニについては2年前にも記事を書いています。


サイベーレエアゾールはこちらの記事と動画もどうぞ




川竹




tojiyan at 19:43|PermalinkComments(0)