商品情報

September 13, 2017

蚊専用捕獲器「BGセンチネル2」の実力

お昼に空を見上げると、白い雲を背景に無数の黒点となって浮かびあがるのはトンボの群れ。
そして夜帰宅すると、自室の白い壁に浮かぶのは飛蚊症ではなくヒトスジシマカの姿。
そんな蚊を次々と捕獲してくれる「BGセンチネル2」の試験データがまとまりましたのでご紹介します。

なお、BGセンチネル2の概要については過去の記事をご覧いただければと思います。
(新商品・蚊専用の捕獲器 http://blog.mushi-taiji.com/archives/2017-02-21.html

DSCN3056小鳥



















試験は関東地方にある公園の一角をお借りし、4月末から1ヶ月に2回の頻度で実施中です。
稼働時間は一晩だけ、そして翌朝に捕獲された虫たちを足立さんが回収し、後日私が検定するという流れ。
前田の検定、略して「まえけん」と足立さんにおだてられながら激励いただき、今日も顕微鏡机に座ります。

CIMG4255




















さて、そうして進められた試験の結果、今のところ非常にたくさん捕れているのがこちらのヒトスジシマカ。
特に7〜8月は雨が降らない限り、一晩で200匹以上を捕獲するという驚異的な実力を見せつけました。
これを電源につないで1ヶ月回すとどうなるのか、きっと検定をする私の目が回るほど捕れるでしょう。

CIMG4256




















そしてイエカの仲間もよく捕獲され、初夏は一晩で50匹以上という日もありました。
ヒトスジシマカより少ない印象を受けますが、これは両者で生息環境が異なるためだと思います。
イエカが多い現場であれば、絶大な効果を発揮してくれるはずです。

P5060146



















なお、これからの季節はもう蚊がいないので、設置しても無意味ではという声もあるかと思います。
そんな時に思い出していただきたいのが地下ピットなどから発生するチカイエカです。
冬も活動し吸血被害をもたらす厄介な相手ですので、BGセンチネル2で一網打尽にしてあげましょう。

CIMG4516



















ところで蚊専用の捕獲器を謳いながら、他にも様々な飛翔性昆虫が捕獲されます。
そう多くはありませんが、「お前は蚊じゃないだろ!」と言いたくなるユスリカも見つかります。

CIMG4510



















飛翔力が弱くファンの吸引から逃れられなかったのか、時にはタマバエ科の姿もあります。

CIMG4511



















また、同じ吸血性の昆虫であるためか、ヌカカ科も少数が捕獲されます。

CIMG4471



















種類によっては体色が薄茶色で、アカイエカの死骸に混ざっていると間違いそうになるキノコバエ科。
翅に毛が無い、脚部の付け根(基節)が全て密着しているなどの差異がありますが、注意が必要です。

CIMG4472



















他にはコマユバチかヒメバチかよく分かりませんが、小型のハチが出てくることもあります。

CIMG4257




















小さい蛾の仲間も多くはありませんが、毎回必ず1匹は捕れているイメージがあります。
なお、個人的にメイガを誘引するフェロモンを中に入れて稼働させるとどうなるか?と考えることがあります。
もちろん捕れるのは雄ばっかりですが、現場によってはちょっと面白いことになりそうです。

CIMG4475



















余談ですが、こいつは吸い込まれないだろう、というサイズの蛾が入っていて首をひねることもあります。

CIMG4477



















さらに強引に蛾のつながりでいくと、チョウバエ(moth fly)が捕れることもあります。
ただ、これまで見た中では少数派です。

CIMG4258




















なお、このBGセンチネル2にはオプションパーツが用意されており、LED灯を増設することもできます。
そうなると写真のようなゴミムシ類やコガネムシの仲間まで捕まるようになります。

CIMG4478



















そして現在検証中のオプションに、遠隔で蚊や大きい虫、小さい虫の捕獲数を把握できるものがございます。
(本年度のペストロジー大会にて石川博士から発表を予定しております)
その大きな虫センサーに引っかかったのがこのカネタタキ、鐘ではなくセンサーのスイッチを叩いてくれました。
今後もどんな虫が捕獲されるのか、楽しみではあります。


前田



第33回日本ペストロジー学会大会の詳細についてはこちらhttp://www.pestology.jp/index.html









tojiyan at 05:00|PermalinkComments(0)

September 08, 2017

続・フライヘルの捕獲試験

みなさまから、その奇抜な見た目と確かな効果で好評をいただいておりますフライヘル。
夏の酷暑と周囲の冷ややかな視線にもめげず、お盆休みもなりふり構わず試験を続けました。
そしてそのフィールド試験の結果がまとまりましたので、ご報告させていただきたいと思います。

CIMG3941



















今回も主に野菜を取り扱っておられるお店の方にご協力いただき、試験を実施いたしました。
なお、過去の試験やフライヘルそのものの概要につきましては下記の記事をご覧いただければと思います。

・新商品・フライヘル
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2017-02-14.html
・クロバネキノコバエ対策withフライヘル
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2017-06-02.html
・速報!捕虫器フライヘルの実力
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2017-06-12.html
・日曜日のフライヘル
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2017-06-18.html


さて、どんな虫がどのくらい捕れたのでしょうか?下記の通りです。

P9070642



















今回、総捕獲数1位に輝いたのはこちら、ノミバエ科でした。
なんと358匹で全体の8割を占めておりました。

P9070644



















次は前回と同様に2位の座をキープ、チョウバエ科でした。

P9070654



















そして前回4位から3位、プロ野球ならBランクからAランクに躍り出たのはショウジョウバエ科でした。

P9070652



















他には少数ながらユスリカ科の姿もありました。

P9070658



















前回捕獲数で首位の座を勝ち取ったクロバネキノコバエ科は一気に4位まで後退。
5〜6月から一気に失速した形となりました。

P9070663



















他にはコバチ類の姿もありました。

P9070666



















メイガ類を含め、蛾類もある程度捕獲されるようです。

P9070649



















シバンムシ類もおそらく偶然とは思いますが捕獲されました。

P9070646



















そして「お前まで捕まってどうする!?」と言いたいクモの仲間。
普段は生ける捕虫器として活躍してくれますが、うっかりフライヘルにも捕獲されてしまうこともあります。

P9070636



















おまけ、今回の謎の虫枠です。
どうして捕まったのかはおろか、そもそもどこから湧いてきたと聞きたいハサミムシの仲間。
1匹だけの捕獲でした。

P9070637



















それと分かりにくいですがシミの仲間もこの通り。
状況からして、たぶん思いきってダイブしたのではないかと思います。


さて、このように色々な昆虫が捕まるフライヘル、ですが我々もつかまることがあります。
というのは試験中、お店に来られるお客様からも「なにこれ?」というご質問をいただくこともあります。
その都度説明をさせていただくのですが、「なるほどウチにも欲しいな」という有難いコメントをよく頂戴します。

葉っぱはおろか、開発したスタッフや試験を担当するスタッフの個性も尖ったフライヘル。
皆様にもぜひ、色々な現場でお試しいただきたいと思います!


前田



・・・数々の苦難を乗り越え、珍獣を見るような子供の視線に耐え、着々と試験現場も増えております。
続報にもどうぞご期待ください。


tojiyan at 05:00|PermalinkComments(0)

September 07, 2017

スミラブ粒剤とスミラブS粒剤

殺虫剤は色々な種類がありまして、選択肢が多いというのは使う側にとってありがたいお話です。
しかし、見た目や名前が酷似しており、何が違うのか分からないというケースもちょくちょくあると思います。
今回はそんなスミラブ粒剤について簡単に解説したいと思います。

P9070633



















スミラブには「粒剤」と「S粒剤」があり、いずれも蚊の幼虫、つまりボウフラの防除に利用されます。
ボウフラの防除なので、使用方法は彼らが生息している水中への投下となります。
そして、有効成分がすぐに溶けて拡散するのがS粒剤、一気に溶けず徐々に放出するのが粒剤です。

「どっちがどっちだっけ?」というのはよくある話、なので語呂合わせで覚えていただければと思います。
すぐ溶ける」、「さっと溶ける」のSなので「すぐ溶ける粒剤」、「さっと溶ける粒剤」のS粒剤。
そうでなければ、ゆっくり溶ける普通の粒剤です。

正しい覚え方なのかはさておき、ご参考になれば幸いです。


前田



tojiyan at 16:00|PermalinkComments(0)

September 04, 2017

お知らせ:サイベーレ0.5SCの容器について

弊社営業担当者からご案内をさせていただいておりますのでご存知の方も多いと思います。
このたび、不快害虫用殺虫剤サイベーレ0.5SCの容器が変更となりました。

P9040558



















従来品(左)と新パッケージ(右)との比較。
容量は従来の1.8リットルから900ミリリットルになりましたが、2本セットの販売ですので実質変わりません。
(虫退治ドットコムでは1本からの御注文も承っております)


使用方法も効果も従来と変わりませんので、安心してご利用いただけます。
むしろ個人的には取り回し、持ち運びが便利になってますます良くなった気もします。
そして、これからの季節は特に下記の害虫の駆除にお勧めです。

IMGP4868

















■カメムシ類
これからの季節、玄関やベランダに飛来して扉や窓の隙間から侵入します。
10月頃から目立ち始めますので、その時期に合わせて散布していただくとよいでしょう。
屋外でも1ヶ月ほど効果が持続しますので、10月・11月に1回ずつが目安かなと思います。

IMGP4742




















■キイロシリアゲアリ
9月頃に羽アリが発生し、主に夜間に窓やその周りの壁面へ付着します。
また外灯など照明の周りの壁にも集まり、それらが時々屋内へ侵入することがあります。
そういった場所へサイベーレ0.5SCを散布すると、屋内侵入する個体数を減らすことができるでしょう。
(窓ガラスには窓ガラス用殺虫剤PGガードの散布が推奨されます)

IMG_2792




















■バッタ・コオロギの仲間
個人的には駆除しなくていいと思うのですが、工場では異物混入の原因にもなりますので対策が必要です。
犬走りなど建物の外周に現れ、また植木鉢やコンクリートブロックの下などに潜みます。
そういった場所へあらかじめ散布しておくと効果的です。


P9040561



















■具体例:照明の周り
弊社の渡り廊下にある照明です。
本日の様子を撮影してみました。

P9040562



















まず照明の下に何か虫が付着しています。

P9040563



















クサカゲロウでした。

P9040564



















そして、照明の上の天井。
散布がちょっと面倒な場所ですが、何かが付着しています。

P9040559



















たぶんオオホシカメムシです。

P9040565



















他にもいろんな虫が集まっていたらしく、クモの巣にはアブラムシやユスリカ、蛾類などが捕獲されています。


このような場所へどうぞご活用いただければと思います、ばっちり効果が出るはずです。


前田


tojiyan at 10:00|PermalinkComments(0)

July 07, 2017

注意報!チャドクガ

近所のスーパーまでお昼ご飯を買いに出かけた帰りのこと。

P6270387



















会社の玄関付近の壁に何かついていました。

P6270388



















やばい、奴が来た。

P6270391



















あまり出会いたくないチャドクガでした。

P6270392



















用心して周りにも目を配ると・・・いた、もう一匹。
このように黒っぽい個体とベージュっぽい個体の2タイプが存在します。

P6270394



















ところで彼らの何が問題かと言うと、体に毒針毛と呼ばれる細かな毛がたくさん付着している点です。
これに触れるとしばらくしてから猛烈な痒みに襲われることになります。
さらに厄介なのは、殺虫剤を浴びて暴れ回っている時に毒針毛を周囲にばら撒く恐れがあることです。

P6270397



















ということはつまり、抵抗を許さず一発で仕留める必要があります。
そこで使用したのはこちら、残量あとわずかで使い切っても心が痛まないハチの巣駆除ムースのあまり。
本当はチャドクガ防除剤(用途は幼虫用なんですけどね・・・)などを使うのがいいのかもしれません。

P6270399



















さて、ではいざ実戦投入へ。
初弾は大きく左に外れましたが、第二射で直撃を浴びせました。
そして結果はご覧の通り、チャドクガも毒針毛も泡状の殺虫剤でうまく封じ込めることができました。

P6270401



















続いて2匹目、すぐ真横に当たったせいで、びっくりして傍のポストへ逃げられてしまいました。
慌てず第二射で命中させましたが、泡の表面にはおびただしい体毛が。
この中に毒針毛が含まれているのかな、と想像しながらしばらく眺めていました。

P6270402



















ただ仕上がりがちょっと悪い・・・これは後で怒られるかもしれません。
これなら泡が霧状に薄く出るコバエ用ムースの方が命中させやすかったかな・・・でも用法外だしな。


なお、チャドクガ防除剤を使う場合、30〜40分で固着剤(アクリル樹脂)が硬化を始めます。
固まって取れなくなる前に、ヘラなどで削ぎ取ってしまうのがいいと思います。
さらに使い捨ての手袋で着脱も簡単なニューデリカユース手袋などで防護していただくのも手堅いです。

CIMG4311



















なお、ドクガとは異なりチャドクガは年に2回発生します。
秋頃に再び出現しますので、油断は禁物です。


前田



tojiyan at 16:00|PermalinkComments(0)

July 02, 2017

乾燥ナメクジ

また後日ご報告したいと思いますが、前回ご紹介した蚊捕獲器BGセンチネル2のデータがかなり集まりました。
(新商品・蚊専用の捕獲器 http://blog.mushi-taiji.com/archives/2017-02-21.html
蚊以外にも様々な飛翔性昆虫が捕獲されますので、検定後は冗談抜きで飛蚊症になるのでは、と思います。

CIMG4330



















ところで飛翔性昆虫に紛れて混入していたこの物体。
タイトルにもある通りナメクジが数匹紛れ込んでいました。
恐らくたまたま侵入したものが脱出できずにそのまま死亡したのでしょう。

CIMG4331



















たぶん出番はないと思いますが、万が一の時のために写真を残しておきましょう。
頭を右下にした状態で撮影していますが、真ん中あたりに特徴的な黒い筋模様が見えます。

CIMG4333



















萎びているため表面は縦方向に皺がたくさん走っています。
昆虫のように触角が無い、足が無い、気門らしき穴もない、体毛すら無いというのが特徴かと思います。
梅雨の時期はお問い合わせが多くなりますので念のため。


前田










そんなことよりも、さっさと駆除したいという場合はコレ。
置くだけ簡単、ナメクジカダン(家の周りや玄関などに使用)
撒くだけ簡単、ナメトール(農薬なので畑地の周などに使用)


tojiyan at 12:00|PermalinkComments(0)

June 18, 2017

日曜日のフライヘル

誰も開け閉めしてないはずやでぇ〜。

CIMG4196




















金曜日に掃除もきちんとしとりまんがな〜という玄関。

CIMG4199




















ぎょ〜さん何か落ちとるでぇ〜。

CIMG4198




















よ〜さん死んどりまんがな〜。

CIMG4200




















くそ、もうこうなったら置くしかあらへん。

CIMG4201




















しっかり捕まえてや〜、君ら。


飛翔昆虫に困ったら、是非フライヘルをお試しくださいね!

CIMG4191




















最近また変なの捕れたで〜。

CIMG4194




















とうとうチャタテムシまで引っかかった。

CIMG4192




















だからなんで捕まるのや君ら。


なお、弊社基礎セミナーにて簡単にですがこれまでの捕獲事例についてご紹介させていただきます。
残すは大阪会場と東京会場となりましたが、東京会場は好評につきもう一つ大きな部屋に変更いたしました。
なので、まだまだお申し込みを受け付けております。皆様のご参加をお待ちしております。


前田














tojiyan at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 12, 2017

速報!捕虫器フライヘルの実力

累々と積み重なる検体、それらを一掃するための休日、部屋の中から唯一聞こえる殴り書きの音。
一人だけなので冷房を入れるのも憚られ、代わりに涼を取るために窓を全開。
その途端に来た突風、紙吹雪の如く乱れ飛ぶプリント、響き渡る罵声・・・開発棟に殺伐とした空気が漂います。

CIMG3933



















そんな中、ようやく出ました!皆様から好評をいただいておりますフライヘルの弊社試験速報です!
これまで色々なお店の方にご協力いただいて、どんな現場でどんな虫が捕獲されるのかを調べてきました。
本日は、とある食品販売店様で捕獲された虫についてご紹介したいと思います。

CIMG4027



















試験期間は8日間で設置台数は3台、お店の方の邪魔にならないところへひっそり設置させていただきました。
そして、いそいそと回収して顕微鏡の机に座ると・・・み、見にくい。
そうです、捕獲された虫が目立たない、なので少々人目に触れてもあまり気にならないのが利点です。

CIMG4026



















さて、いよいよ本題に入りますが、まず多く捕獲されていたのはこちら、クロバネキノコバエ科です。
8日間、合計3台を動員した結果、なんと捕獲数は110匹、全体の3割以上を占めていました。
前回、本科の対策にフライヘルを提案させていただきましたが、その根拠として十分ではないかと思います。
(2017年6月2日掲載 クロバネキノコバエ対策withフライヘル

CIMG4045



















続いてはこちら、チョウバエ科です。
こちらは合計93匹、全体のほぼ3割を占めていました。
個人的にはちょっと意外な結果でしたが、本科に対しても有効であることが分かります。

CIMG4051



















そして3位に輝いたのはノミバエ科。
置いてある場所により若干捕獲数にばらつきがありましたが、合計72匹を捕獲しました。
これは彼らがちょくちょく現れる飲食店に設置してもいい結果が得られそうですね。

CIMG4078



















あとは細々とした捕獲ですがショウジョウバエ科。
レストランのドリンクバー周辺をブンブン飛び回っていることもあります。
そこへたどり着く前に捕獲できるようドリンクバーを取り囲むように配置してもいいかもしれません。

CIMG4083



















捕獲されている数以上に多く感じたユスリカ科。
外部からの侵入が多いので、その場合店舗や施設の入り口、前室に設置するとよさそうです。

CIMG4085



















どうして捕れたのだろうと首を捻ったヌカカ科。

CIMG4086



















冬場に目立つ中型のハエ、トゲハネバエ科。
タフなイメージがありましたが、ばっちり捕獲できています。

CIMG4053



















もはや何か分からないハエの仲間。
少々大きい種類でも捕獲には問題なさそうです。

CIMG4129



















また、どうして捕れたのか分からないノシメマダラメイガ。
偶然だと思いますが、今回は2匹を捕獲。

CIMG4135



















風船のような翅というところしか同定の根拠がありませんが、タマバエ科らしきものも餌食に。

CIMG4137



















花の害虫、アザミウマも御覧の通り。
本物の植物と間違えたのかな?

CIMG4128



















そして君まで捕まる必要はなかったのにな、というハエトリグモ類。
餌に目が眩んだのか、それとも着地点が悪かったのか、かわいそうですが仕方なく介錯してやることに。
と、以上が今回捕獲された主な種類でした。

CIMG4039



















さらに他の現場では何故捕まるのか、理解に苦しむようなものも捕獲されております。
これらもデータが集まり次第、弊社セミナー等でご報告させていただきたいと思います。
このように色々な虫が捕獲されるフライヘル、コバエ類等でお困りの現場がございましたら是非ご検討下さい!


前田



tojiyan at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 09, 2017

アリをまとめて駆除!インパスSC

昨日の記事でもお伝えした通り、クロアリの中には建材の中に営巣するものもいます。
そんな時、薬剤を壁の中や窓枠の隙間へ直接噴霧して駆除できないか、という意見もあると思います。
では何を利用すべきか?建材に用いるとは言え、用法用量よりシロアリ用薬剤はまず利用できません。

P6070372



















そこで今回ご紹介したいのがこちら、不快害虫用殺虫剤のインパスSCです。
原液はピーナッツクリームのような茶褐色ですが、希釈すると琥珀色をしたきれいな液になります。
ネオニコチノイド系の殺虫剤であり、さらに甘いものを好むアリの習性を考慮して天然糖類を配合しています。
アリは足に味覚があるので散布面を歩くと思わず舐める、そして経口で殺虫成分を取り込ませる仕掛けです。

IMGP4488

















撒き方は、巣の入り口や巣の中には水で200倍に希釈して散布します。
家屋の壁の中や天井、床下に営巣するアリを駆除する際は、この用法用量がお勧めです。
また、アリがちょくちょく徘徊している場所は最大で1,000倍くらいに薄めてもOKです。
公園全体や建物の外周をカバーできるため、たくさん撒く場合にぴったりです。

IMGP3151




















ところで、イエヒメアリやアルゼンチンアリは繁殖力が旺盛で、1つのコロニーあたりの個体数も膨大です。
さらに広範囲に生息するため難防除種とされていますが、その駆除の時こそインパスSCの出番でしょう。
写真はアルゼンチンアリの現場で奮戦中の西尾リーダーで、徘徊の多いところへの散布シーンです。
そしてこの現場でもそうでしたが、アルゼンチンアリには確かな駆除実績があります。

CIMG9218



















なお、アルゼンチンアリと言えば、御存じの通り人工物の陰に隠れて営巣していることもあります。
写真のような放棄されたマットやベニヤ板の裏、古タイヤの中などは格好の潜み場所です。
そのような個体数の多い場所へは200〜300倍に希釈して散布していただければと思います。

IMGP4742




















他には、窓枠や柱の隙間から羽アリが飛び出してくるという相談がそろそろあるかと思います。
そんな時、羽アリを駆除した後に、彼らが出てきた隙間の中へインパスSCを噴霧しておきましょう。
羽アリ対策と巣の駆除をまとめてすることができるはずです。
毎年アリ対策にちょっと困っている・・・という方は是非一度お試しください。


前田



tojiyan at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 02, 2017

クロバネキノコバエ対策withフライヘル

デスクの上にある電話とポケットの中の社内携帯が同時に鳴り響くこともある季節となりました。
忙しいと勘違いや物忘れが増え、私に至っては5月末で上半期が終了すると誤記する始末。
(1〜6月が上半期、7〜12月が下半期なんですけどね・・・)

IMGP8620


















ところで害虫に関しても一時の話題となった後、そのまま取り上げられずに忘れ去られるものが多いです。
セアカゴケグモ、ツマアカスズメバチ、デング熱とヒトスジシマカ・・・最近はそんなにテレビで見かけません。
そしてそれは数年前、給食センターや旅館など様々な施設で問題になったクロバネキノコバエ類も同様です。

IMGP9759




















クロバネキノコバエ類は体長が2ミリ程度で体色は黒色や茶褐色という非常に目立たないコバエです。
慣れないうちは蚊やユスリカとの区別も難しいですが、触角が糸状であることや胸部の形状で判別できます。

IMGP9765




















また、翅脈は独特の模様をしておりますので、顕微鏡を通して観察すると確実に同定することが可能です。
会場や日程はまだ調整中ですが、8月の弊社基礎セミナーでコバエ類の同定ポイントを企画しております。
クロバネキノコバエについても紹介する予定ですので、どうぞご期待下さい!

IMGP5184




















さて本題に戻りますが、彼らは腐葉土や肥料といった有機物から発生します。
つまり基本的に屋外から発生し、飛来侵入する典型的な種です。
きちんと窓や扉を閉めていても、体が小さいため侵入を完全にブロックするのが困難です。

IMGP9088




















そして屋内に侵入したものが商品の中や包装紙の隙間へ落下し、異物混入事故に繋がることが問題です。
特に数年前は全国各地で大発生し、給食センターでは調理が一時的に取りやめとなる事態に発展しました。
また、旅館では窓際などを中心に侵入個体の死骸が散乱し、クレームになるなどの被害もありました。

IMGP9432




















成虫は光に誘引されるため、夕暮れから照明周りの壁面や窓ガラスへ多数の個体が飛来し始めます。
その後、扉や窓の隙間、換気口などから屋内へ侵入します。
なので対策としては、照明を防虫仕様のものにする、窓ガラスに防虫フィルムを貼るなどが挙げられます。
さらに照明や窓ガラス周辺の壁面へサイベーレ0.5SCなどを噴霧しておくのも効果的です。

CIMG3933



















ただ、それでも屋内へ侵入する個体数をゼロにするのは至難の業ですが「そこを何とか!」という声もあるはず。
そこで弊社が御提案したいのがこちら、「出た!!」と叫んだ方もいらっしゃるかと思いますがフライヘルです。
一番詳しく解説できるのは産みの親である石川博士ですが、概要は過去に御紹介させていただいた通りです。
(2017年2月14日掲載 新商品:フライヘル )

CIMG4027



















既にいろんな現場で設置試験をさせていただいており、どんな種類が捕獲されるのかを現在調査中です。
中には「なんで捕まるねん!」という虫もいますが、結果がまとまったら御報告させていただきたいと思います。
さて、このフライヘルでクロバネキノコバエを捕獲することは出来るのでしょうか?

CIMG4026



















結果はご覧の通り、しっかり捕獲することができました。
まだ2〜3週間の設置ですが、それでもかなりの数が確認されました。
では「どこへ設置するか?」、それは玄関の周りなど侵入経路となるところでしょう。

CIMG4028



















ただ、悩みがあるとすれば一つ、フライヘルの捕虫紙は真っ黒です。
人目につく場所に置いても捕獲された虫が目立たないというのが最大の特長です。
しかし同定検査をする私には、それはもう見にくくて見にくくて・・・同定要員の本領が試されました。
(そこで黄色の捕虫紙の取り扱いも始めました!詳しくは営業担当者までお問い合わせください)

IMGP5188




















なお、屋内に置かれた観葉植物の肥料から発生する場合もあります。
そんな時は受け身の対策になりますが、植木鉢に粘着糊のついたスティックを挿して捕殺する方法もあります。
自作する手もありますが、面倒な場合はハエ取り棒を利用すると簡単です。
(2013年4月8日掲載 クロバネキノコバエ対策の一工夫 )


前田


tojiyan at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)