出張・学会レポート

November 18, 2019

きときととやま

11月14〜15日にペストロジー富山学会がありました。
富山といえば、そう!

IMG_20191114_192218

IMG_20191114_192133
ハンバーガーだ!!

IMG_20191113_234411
カレーライスだ!
20191115_132140
タコスだ!!!富山とはいったい。

もちろん富山ならではの料理もいただきました。
IMG_20191114_182546
大会の懇親会にて氷見の寒ブリ解体ショー!ウマウマ!

20191114_005535

IMG_20191114_005236
富山ブラックラーメン!初日の4次会にて、とき既に1時。眠いのも仕方ないねzzz


実は仕事もしていました。ブース展示をさせていただきまして、商品をずらりと並べご紹介。
商品が多すぎてレイアウト考えるだけで体力使いました、皆さんペストビジョンステーション型は
触っていただけましたか?
IMG_20191113_150343



IMG_20191114_165236
各講演も興味深い内容がたくさんありました。
五箇先生の密度濃いお話に圧倒されっぱなし。こちらはロックリバーへ遠乗りしそうなスライド。

PB140928
ブライアン先生による講義。同時通訳つきです、通訳しんどそう・・・

IMG_20191114_202837
14日の夜は若手談話会でワイワイ盛り上がりました!みなさん元気過ぎる。

あ、ちなみに僕も口頭発表をさせていただきました。
ハリアリが体内時計ではなく周りが明るいときに飛来するらしいということが、ペストビジョンを
使ったリアルタイムモニタリングで分かりました。という内容でした。
他の種の昆虫でも同じく観察してみたいですね。私、気になります!

川竹

tojiyan at 19:39|PermalinkComments(0)

October 22, 2019

海外出張記:世界の動向と弊社の現在地

みなさまお久しぶりです、前担当者の前田でございます。
今年の8月から虫退治本店ブログを新たに担当させていただいておりますが、
本日は特別にこちらへ戻って来させていただきました。
そんな今回は、先週実施された海外出張の様子をお届けしたいと思います。
道中のよもやま話ばかりですが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

【舞台はサンディエゴ】
PA170086 (640x480)



























さて、今回の海外出張の目的は毎年アメリカで開催されるPest Worldに参加することです。
このイベントでは世界各国から害虫駆除業者、防除資材商社、そして薬剤メーカーなどが
一挙に集まり、大規模な展示会やセミナー、シンポジウムが開かれます。
つまり、世界の駆除業界の動向や新商品の有無を探る上で大切な情報収集の場となります。

図1 (640x473)



























なお、開催都市は毎年異なり、今年はカリフォルニア州のサンディエゴが会場となりました。
大雑把に言えば西海岸でメキシコとの国境付近、具体的には上の地図の通りです。
アクセスについては私の場合、サンフランシスコ空港で一度乗り継ぐという方式でした。

IMG_1905 (640x480)



























そして今回は営業部より小林リーダー、開発部より前田の2名が派遣メンバーに選出されました。
サンフランシスコ空港で合流、サンディエゴ空港の外で現地の方に写真を撮っていただき
まずは社内へ無事到着したことを報告。
この後タクシーでホテルへ移動、荷物を降ろした後は情報収集を兼ねて散策へ出ることに。

IMG_1921 (640x480)



























散策の途中、小林リーダーの発案により立ち寄ったタコスのお店。
メニュー表には英単語がびっしり、おまけにオーダーのシステムもよく分かりません。
そこで「タコスを食べたいのですが種類が多くて選べません。お勧めはありますか?」と
店員さんへ質問し、指さしていただいたものを注文。
大変美味しく、また親切に対応して下さった店員さんの笑顔も忘れられませんでした。

IMG_1929 (640x480)



























夕方には片山社長夫婦、野藤さんとも合流、初日の食事会に連れて行っていただきました。
その途中に道路で見つけたのはワモンゴキブリの幼虫、カメラを構えたまま追いかけましたが
ピットの中へ逃げ込まれてしまいました。
その後も屋外で見かけるのはワモンゴキブリばかりで、クロゴキブリの姿はありませんでした。


【弊社の出張は朝練から】
Image from iOS (1) (640x480)



























ところで、弊社の独特な文化の1つとして上位に上げられるマラソン部。
滞在中も何かの合宿よろしく毎朝10キロ前後の朝練からスタートします。
日頃の練習不足が祟りながらも、からりと晴れた空の下、潮風に吹かれながら
海沿いを走ることは大変気持ちの良いものでした。

IMG_1936 (640x480)



























その道中で見られるのが道端に置かれたネズミ用のベイトステーション(毒餌を入れておく箱)。
ここアメリカでは珍しいものではなく、毒餌の配置・点検の日時や緊急連絡先が書かれたメモも
添えられているなど管理もしっかりされています。
勿論、全て海外に倣えば良いというものではありませんが、例えば日本でも畜舎・鶏舎の外周で
毒餌を配置する場合には大いに活用できると思います。
弊社でもベイトステーションは各種取り扱っておりますので、検討中の方は是非ご相談下さい。


【会場の展示内容は例年通り】
PA170085 (640x480)



























いよいよ本題に移ります、今回の出張における最大の目的、企業展示ブースの訪問です。
受付で入場券を受け取ったのち、片っ端からブースを回り、どんな商品があるかをチェック。
質問の受け答えは全て英語なので相当厳しい対応となりますが、同じ分野であることは救い。
質問の仕方を変えるなどして乗り切ります。

PA170203 (640x480)



























写真はブロック状に固められたネズミの毒餌で、恐らく毎年展示されていると思います。
このあたりは品揃えがさほど変わってないなぁというのが率直なところです。

PA170125 (640x480)



























こちらは害鳥対策に利用されるスパイクで、デザインにはメーカーごとの差異がありますが、
原理的には大きく変わりません。
他のブースに関しても毎年展示されているとの報告がある、または似たり寄ったりなものが
展示されていることが多く、不遜な言い方ながらも各メーカーともに次の一手を打つことに
苦労している様子が伺えました。


【害虫駆除業界にも迫るIotの波】
PA170124 (640x480)



























そんな中で目を引いたのが「モノをインターネットに繋ぐ」Iot技術を駆使した商品です。
例えば写真の圧殺式トラップの場合、罠が作動すればインターネットを経由して管理者へ
「罠が作動した=ネズミが捕殺された」という情報を知らせてくれます。
通信の仕組みが異なるものの同じような商品は他にも見られ、「点検の手間を省略」や
「即時対応が可能」という点で管理の効率化・精度向上に貢献するのは間違いないでしょう。
そしてこれらの展示は今後も世界の害虫駆除業界において、Iot技術を生かした商品開発が
ますます過熱・加速していくであろうことを確信させるものでした。


【弊社だって負けてはいない技術開発】
図3 (640x358)





















このような世界の技術進歩を目の当たりにし、大いにプレッシャーを感じた出張になりましたが、
しかし圧倒されてばかりでもありません。
弊社もまた同様に、Iot技術およびAIを駆使した害虫管理システム「ペストビジョン」について
これまで開発を進めてまいりました。
目下、捕虫紙に捕獲された飛翔昆虫の自動カウント・自動同定を行う「ペストビジョンS型」、
そしてカメラで撮影した映像をAIで解析し、ネズミの有無を完全自動かつ高速で判定する
「ペストビジョンR型」がロールアウトしています。
手前味噌で恐縮ですが、それでも弊社が自信を持って開発してきたこれら開発商品について
今後ともどうぞご期待いただければと思います、よろしくお願いいたします。


【昆虫食も最先端?】
PA180326 (640x480)



























なお、当ブログ担当者の川竹君も昆虫食については最先端を行っているのではと思います。
今回の会場で展示されていた食用コオロギ程度では足りず、機会を見つけては様々な食材に
チャレンジしております(多少閲覧注意ですが、例えば以下の記事など)。
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2019-10-03.html
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2019-08-06.html
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2019-03-20.html
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2018-11-13.html
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2018-08-10.html
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2018-07-12.html
http://blog.mushi-taiji.com/archives/2018-06-06.html

彼の昆虫食に対する飽くなき探求心についてもまた、ご期待いただければ幸いです。


前田


tojiyan at 17:30|PermalinkComments(0)

September 24, 2019

フードセーフティジャパン2019でした

遅くなりましたが、東京ビッグサイト青海展示棟で開催されました
「フードセーフティジャパン2019」無事終了いたしました!

Image from iOS (8)

Image from iOS (10)

IMG_20190911_095514

IMG_20190911_102935
(フライヘルチームのインテリアが回を増す毎に増えていく!)

「ペストビジョン」と「フライヘル」をメインでご紹介させていただきました。
お忙しい中お越しいただきましてありがとうございました!



さてセミナー情報です。
年二回の「レベルアップセミナー」の日程と内容がホームページに掲載されました。



最新商品の情報を大公開いたします。今回は広島でも開催しますよ!
是非お時間みつけてお越しください!

川竹

tojiyan at 18:44|PermalinkComments(0)

July 23, 2019

ベーカリーセムコと大雨と素数大富豪

現在東京ビッグサイト青海展示棟B館にて、「P&Bジャパン」が開催されています。
環境機器もブース出展しておりますよ!

iOS の画像


iOS の画像 (1)

DSC_0599

P&Bジャパンはパンの展示会、ですので我々もパン屋さんになりました。
「ベーカリーセムコ」です笑
メインは「フライヘル」、写真のように、パンの近くにおける数少ない防虫対策グッズとして
ご紹介しております。においや光などで余計な虫を引き寄せることもなく、飛んでいる虫に
「休憩場所」を提供して捕獲する新しいコンセプトの商品です。

展示会は月〜水まで開催です。昨日も多くの方にご来場いただきました。

川竹は月曜のみの登板で、夜には新幹線で帰りました。が、静岡で発生した豪雨の影響で新幹線動かず。
諦めて品川で降りて宿泊しました。予想外のハプニングにびっくりです。
豪雨にあわれた皆様、大丈夫でしょうか。



ブース設営は日曜日の午後からだったので、午前中は科学技術館で開催された「博物ふぇすてぃばる」
に参加していました。生き物系をはじめ、科学全般の本、アクセサリー、標本などのグッズ即売会です。
今回初参加でしたが、とても良かったです。午後も居たかった(小声)

博物ふぇすてぃばるにて、「素数大富豪」の体験会がありましたので僕も挑戦。

DSC_0200
素数とは、1と自身以外で割り切れない数です。1,3,5,7,11,,,です。
例えば6は2や3で割り切れるので素数ではありません(合成数です)。
「素数を数えて落ち着くんだ・・・」


トランプの大富豪は、「3」が場に出たら4以上(4〜13,1,2,ジョーカー)を上に重ねていき、
手札を先になくしたプレイヤーが勝者となる定番の遊びですね。
この大富豪に素数要素を加えて、
・場に出せるカードは素数のみ
「3」は出せるけれど、「4」は出せない
・場に出た以上の素数を出さないといけない
「5」が出ていれば、「7」「11」「13」が出せる
・「10」「1」と出すと101になる
101は素数なので場に出せる。カードの順番を逆にすることも可能ですが、「110」は素数ではないので
場に出せない
・場に出ている枚数と同じ枚数でしか場に出せない
「10」「1」が場に出ていたら、自分もそれ以上の素数を2枚のカードで作って場に出す

というルールがあります。素数以外を出すと、出した枚数分のカードを山札から引きます。
(今回のお試しではペナルティ1枚のみ)
実際にやってみると、これが難しい。うっかりしていると3の倍数だったり、これは素数でしょ!
と思って出しても17の倍数だったり。わかるかー!
また、手札すべてを場に出して巨大素数を作ることもできます。
同時に判断も難しいので一か八かの戦法です。
今回僕は手札4枚で「115513」を出して辛くも勝利しました。完全に運です汗

「博物ふぇすてぃばる」また次回も参加したいな。



フライヘルウィンドウの動画アップしました。
ショーウィンドウの足元にコバエの死骸がたくさん!毎日掃除も面倒!
そんなお悩みにお応え致します。窓際のハエなどをこっそり捕獲します。
お問い合わせは環境機器まで。


川竹

tojiyan at 13:54|PermalinkComments(0)

July 03, 2019

ぶ〜ん蚊祭

6月29日と30日に、東京にて蚊の祭典「ぶ〜ん蚊祭」が開催されました。名前(笑)
Image from iOS (4)

Image from iOS (1)

Image from iOS (3)
いたるところに蚊のオブジェが!

環境機器もこの企画に協賛&ブース出展しており、僕もスタッフとして参加しました!

Image from iOS (2)
会場は蚊を学ぶ、蚊と遊ぶ、蚊と闘う、蚊を探るのコーナーに分かれており、
僕たちは闘うコーナーでした。

Image from iOS (6)
環境機器ブースでは。蚊をにおいで捕獲するBGセンチネル2シリーズを展示しました。
BGルアーという誘引剤をお客様に嗅いでいただいたのですが
・汗っぽい匂い!
・新橋の匂い!
・おっさんの匂い!(直球すぎる)
など色んな感想をいただきました。汗がさらに発酵したような匂いがします。

従来主流だった捕獲用トラップは炭酸ガスボンベやドライアイスを用いたものでしたが、
ボンベの設置に制限がある、ドライアイスは長持ちしない、といった問題点があります。
BGセンチネルのルアーは1シーズンは余裕で持ちますので、こういった問題もクリアできます!
さらにセンチネルの中にドライアイスを入れることでさらにパワーアップさせることもできます。
裏技ですが。

IMG_20190629_150930
環境機器ブースの隣には、「金魚やメダカがボウフラを食べる!」として、金魚が泳いでいました。

図1
1日に数回「金魚 ボウフラもぐもぐタイム」が実施され、毎回大勢の人だかりで
大変なことになっていました。初めはボウフラを初めて見たからか、金魚も若干食べるのに躊躇して
いましたが、1日目の後半には「ボウフラ=うまい」を学習したのかモリモリ食べていました。

またホールでは学術発表や落語、クイズ大会、そして「蚊の歌」コンサートがありました。
シンガーソングライターのyosuさんが今回のために作った「蚊の歌」3曲のお披露目、
聞いてから頭から離れません。

Image from iOS (5)

そんなこんなで楽しかったぶ〜ん蚊祭、お越しいただいた方ありがとうございました!


BGセンチネル2について、専用ウェブサイトや過去記事も御覧ください。
専用ウェブサイト
新商品・蚊専用の捕獲器
蚊専用捕獲器「BGセンチネル2」の実力

川竹

tojiyan at 12:16|PermalinkComments(0)

May 07, 2019

ラマダーンなう

Panas sekali!とっても暑い!
乾季に入って一層暑くなったインドネシアからお届けしています。
 
昨日からラマダーンが始まりました。イスラム教の風習のひとつで断食を30日間行います。
断食と言っても全く食べられないわけではなく、太陽の沈んでいるときなら食べてもOKです。
ですので、朝ごはんは3時や4時に起きて食べ出します。
今朝もホテルが賑やかしく、一度起きてしまいました。
朝食はサラパンと言うのですが、この時の「早朝食」をスフールと呼ぶそうです。
日中はほとんどの飲食店もお休みです。中にはこっそり営業しているところもありますが。
コンビニは通常営業していましたので、食料調達に困ることはありません。

陽の出ているときは飲み食い禁止。タバコも禁止。
ですので、大体の人はお仕事のやる気低下です。。。

夕方にモスク(お祈りを捧げる場所)から放送されるアザーンを合図に、断食が解かれるそうです。
夜にはいつも以上に通りに人が出て、賑やかな様子です。
皆で同じ大変さを味わい、夜には集まりの場として機能している感じです。 

断食は健康にいぞ!と言う人もいれば、早朝や夜に「食いだめ」して、昼はぐったりするのは
健康にも社会的にも良くないのでは?と言う人もいました。急な断食は良くないと言いますし。

20190503_171815
ネズミの穴。小さな手で器用に穴を掘ります。


お部屋の穴はマウスストップで塞ぎましょう!
商品紹介・マウスストッププレミアム





川竹 

tojiyan at 18:11|PermalinkComments(0)

May 06, 2019

スラマッシアン!インドネシア(その2)

ただいまインドネシアのカリマンタン島にきています。
前回記事はこちら 

Kopernikというインドネシアに拠点を置くNPO組織が進めているプロジェクトの一つ
「田んぼのネズミ問題」をサポートすべく単身はるばる来ております。

が、すでにKopernikの予定していた仕事と日程が終了したため、僕一人残されて現在サバイバル中です。

20190505_081608
街からフィールドまでは距離があるため、毎日バイクの後ろに乗って通勤しています。袋はお弁当。

20190505_125717
こちらが田んぼ。空が広いです。
インドネシアは主食がお米なので、日々の食事もさほど違和感なく過ごせます。
日本のお米よりも若干パサつく感じがありますが、いわゆるタイ米ほどではないです。

20190505_133819
今日は稲の収穫と脱穀作業がありました。収穫は鎌を使って手作業でしたが、田植えと脱穀、
精米は機械だそうです。ここは赤道直下、灼熱の太陽のもとで大変な作業です。
現地の人は慣れているのかと思いきや、休憩のたびに、
「パナース!(あつーい!)」
「パナースパナース!(暑い暑い!)」
「チャペー(疲れたー)」
という会話が多く、やっぱりきついんだなというのがよくわかります。

ネズミは登熟した稲が好きなようで、稲を茎ごと刈り取り、巣に持ち帰って穂についた実を食べます。
20190502_084843
バナナも食べられました。

これを解決するには!・・・どうすればいいんでしょ。うーん。


バナナといえば(マジカルバナナではなく)、インドネシアではあちこちでバナナが生えています。
他にも珍しい果物がたくさんありまして、
20190503_123519
超巨大な「ジャックフルーツ」、インドネシア語では「ナンカ」と呼びます。

20190504_094205
「ロンガン」、現地では「レンケン」。食べやすく、かなり美味しいです。

20190505_085720
今回初挑戦、「サワーソップ」現地では「シルサック」。初めて聞きました。

20190505_085912
バンレイシの仲間ですが、でかい。繊維質っぽい見た目ですが、噛み切れるのであまり気になりません。
酸っぱい独特な味がします。あんまり大量に食べるものではないかな。

 
もうしばらく滞在予定。そろそろラーメンが食べたい!
でもインドネシア料理もなかなか美味しいんです。
20190429_195041
ナシゴレン、ブブールアヤム、ミーバクソ、チャプチャイなどなど、周辺の国の料理も混じって
どれも食べ応えのある料理です。

20190428_152730
中でも炭火で焼いたサテ(串焼き)は絶品。ピーナツソースがうまい!


サテ、今日もインドネシア語を勉強してから就寝します。
文法はとっても簡単ですが、やはり単語を知らないと話せません。
スラマッティデュール。 

tojiyan at 02:00|PermalinkComments(0)

May 01, 2019

スラマッパギ!インドネシア第二弾

スラマッパギ、12月に引き続き、インドネシアに来ています。
前回の記事はこちら

今いるのがここです
スクリーンショット 2019-04-30 21.21.27
カリマンタン島のサンガウというところ。
関西空港→成田空港→ジャカルタ国際空港→カリマンタン島スパディオ空港→車で移動してサンガウへ
という移動経路。待ちも含めて2日半かかります。。

20190429_173108
ホテルの近くにはカプアス川が流れています。インドネシア最長の川で、1,143kmだそうです。 
日本の千曲川(信濃川)が367kmらしいので、スケール感の差がすごい。
 
現地の方(チューさん)に舟を出してもらい、カプアス川を堪能しました。

20190429_170903
空も広いです。近年増えてきたパームオイルツリーと青空。

 20190430_170640
もうすぐ乾季だそうですが、夕立も度々。

20190429_092135
インドネシアはフルーツでも有名です。様々なフルーツが各店で並んでいます。
手前の奇妙なフルーツはサラックです。味は独特ですが、何個か食べると病みつきになります!

20190430_172846
ならではの、ドラゴンフルーツジュース。氷入りはお腹を壊す恐れがあるので、
暑い中でも我慢して常温でいただきます。

20190430_091924
農業用品店には殺虫剤やスプレイヤーが並んでいます。興味深い。

20190429_141135
最後にトイレ事情。ちと汚いですが、ホテルのトイレはこんな感じです。
だいたいシャワーと隣接しているので、床がベタベタ。 
さらにトイレの片隅には別のシャワーが付いています。用を足した後、シャワーでお尻を洗って終わり。
トイレットペーパーがないことも多いため、常にカバンに一つ入れておきましょう。
シャワーならまだ狙いがつけやすいのでいいのですが、水溜めと手桶しかないところもあり、
なかなかうまく洗えません。洗うのは左手、というのがマナーです。
握手や物を渡す、手で食べる場合は右手で、汚い系は左手というルールがありますので、
現地に行かれる方はご注意ください。 


GWだからと言ってバカンスではなく、仕事で訪問しています。
どんな仕事なのかは、また近いうちに。。。

と書いてるうちに「令和」に変わった!今後とも環境機器をよろしくお願いいたします!


川竹 

tojiyan at 00:03|PermalinkComments(0)

December 14, 2018

スラマッパギ!インドネシア

スラマッパギ!なぜかインドネシアにいる川竹です。
マラソンを走りきれなかった罰ゲームというわけでは無いのですが、社長から
「インドネシアの農家がネズミで困っているみたいだから行ってきて」という無茶ブリ特命を受けて、
はるばるカリマンタン島(ボルネオ島)までやってきました。 
カリマンタン島はオランウータンなどでも有名な、自然豊かでとても広い島です。 
日本では見られない景色もたくさん見てきました!

PC130074
赤い大地!舗装されてない道路も多く、建物の中まで全体的に砂っぽいです。

PC120029
巨大な積乱雲。インドネシアは乾季と雨季の2シーズンがあり、今は雨季。
ほぼ毎日スコールに見舞われます!

調査地までの道のりもなかなかに険しいです。
PC120023
 ぬかるんだ細い道をバイクに乗って進みます。ひええ!

PC120024
これも道。ひええ!

こんな感じで、たっぷり冒険をしてきました。
 
調査地は田んぼやゴムの木園。
PC130063
こちらゴムの原料。幹に傷をつけて真っ白な樹液を集めます。
原料に雨水が入り込むことで品質が下がってしまうのが問題になっているようです。

IMG_20181212_150032
これが本題?のネズミの穴。畔に穴を掘って稲を食害しています。夜行性のようで、姿は全く見られず。

調査地から戻った後は、
PC120011
PC130104
フルーツを食べたり(上はランブータン、下はドリアン。とても美味しいです!)

PC130090
モスク(イスラム教徒がお祈りをするところ)を訪れたり 

PC130042
 
PC140127
インドネシア料理を満喫したり

PC120013
虫を撮ったりしました。
滞在は5日ほどでしたが、貴重な体験をたくさんさせていただきました。

それではそろそろ飛行機に乗って帰国します、フライト長いなあ。 


野ネズミにはこちらの商品を!
メリーネコ
クマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミなど屋内ネズミにはこちらの商品を!
エンドックス」「ダンクローデンG

川竹 

tojiyan at 15:15|PermalinkComments(0)

December 03, 2018

ペストロジー鹿児島

かしこま鹿児島!

1129日、30日に鹿児島県でペストロジー学会が開催されました。

毎年のイベントで、環境機器もブースで出展しました。 
 
DSC_0029

DSC_0043

DSC_0035

 学会は企業展示と口頭発表、ポスター発表などがあり。貴重な勉強の機会です。
学術的な勉強も当然ながら、現場での疑問を逃さないこと、さらに「とにかくやってみた!」という
姿勢が大切だなと思いました。

 若手談話会も多くの方にご出席いただけました。今後ともまたよろしくお願い致します。

DSC_0051
夜は鹿児島の料理に舌鼓!

DSC_0054
DSC_0059
名物「シロクマ」も忘れてはなりません。めちゃ可愛い!

鹿児島遠征組はそのまま沖縄へ。そう、毎年恒例になっている那覇マラソン!
今年は暑いらしいぞ!ひええ 


川竹 

tojiyan at 13:00|PermalinkComments(0)