プライベートな旅行記

September 03, 2017

砂時計

某日、時間をやりくりして鳥取まで出かけました。

IMGP2429

















そのおかげで、たまに高槻駅や車庫で見かける訳の分からなかった車両の正体がようやく分かりました。
今回の旅で行き帰りにお世話になった特急「はくと」。
他の特急に比べると、先頭車両の形状が少し変わっているなと感じます。

IMGP2430

















ホームから改札へ抜けるまでのところには因幡の白兎に因んだウサギの看板。
疲労が祟ったのか、白兎ほどではありませんが、こちらも体のあちこちから赤黒いものがのぞいています。
一度きちんと休みを取って早いとこ塞いでおかなければなりません。

IMGP2578

















さて、今回の目的地はちょっと遠いので、駅前のレンタサイクルで自転車を借りてくことにしましょう。
手入れが行き届いており乗り心地は快適、回れ回れーっと変速機を最速にしてかっ飛ばしました。

IMGP2581

















橋長305メートルの鳥取大橋を越えて進路はやや東へ。
全体的に雲が多く、撮影にはやや不適ですが熱中症の恐れがないことはありがたいです。

IMGP2582

















カーブが続いたところで方向感覚が逆転し、道を間違える。
まぁこれも思い出のひとつです。

IMGP2587

















途中のコンビニで水分補給を行いながら地図をもう一度確認、つま先は地面を蹴ってペダルの上へ。
下り坂に差し掛かったところで変速機をガリガリッと2度鳴らして加速、同時に帽子の鍔が風を鋭く切り裂く音。
信号のところで左に曲がり、直後の上り坂を目いっぱい上がれば見えてきました、「鳥取砂丘」の看板。

IMGP2590

















大学一回生の今頃にクラブの合宿で遊びに来て以来十数年ぶり、私一人、帰ってきました。
砂時計の砂が流れるに流れて、とうとうここまで来たかと思うと、感傷でではなく面白可笑しくて震えます。
あの時の同級生の中で、未だ飽きもせず虫に関わる世界で生きてるのは私くらいなものでしょう。
そう思うと、こうしてお役目をいただいていることにもっと感謝しなければならないと反省の念も湧きます。

IMGP2598

















では、その思い出いっぱいの砂丘へ足を踏み入れてみましょう。
すると10メートルも歩かないうちに、橋本さんからいただいたマラソンシューズは早くも砂だらけ(すんません)。
後で道路に出てからズボンの裾をつかんで振ると、足首周りからも砂がばさばさと出てきました。
なんか映画「The Great Escape」のワンシーンみたい(トンネルの土を捨てるとこ)。
帰り際に「Good Luck」と言われ、思わず「Thank You」と返さないよう気をつけなければなりません。

IMGP2599

















そしてしばらく行くと目の前にそびえ立つ砂の壁が。
周りの皆さんが果敢にチャレンジされているのを見れば、やるしかありません。
手前から加速して猛烈に駆け上がりました。

IMGP2600

















一歩踏み出すたびに砂にめり込む足、崩れ落ちる砂の壁、靴に流れ込む砂。
蟻地獄にはまるのもこんな感じなのかな、と想像します。

IMGP2602

















それでも、てっぺんまではそう遠くない。
途中で10秒休憩、そしてまた駆け上がりました。

IMGP2603

















てっぺんからの景色がこちら、人がまるでゴマ粒のようなのです。
一応疲労感を上回る達成感はあります。

IMGP2604

















そこから沖を眺めると、鳥取港に午前中艦内を見学させていただいた護衛艦「いなづま」と「さみだれ」の姿。
一般公開が終わると呉に帰港するのか、それとも新たな任務に出られるのか、どうぞお気をつけて。


なお、一般公開で艦内見学をさせていただく時に私がほぼ毎回するのが艦内の防虫対策の質問。
クルーの方によって「業者の方にお任せですね」とか「煙を発するものを見たことがある」など様々。
今日は、「滅多に見ないけど食材など物資に付着したであろう虫なら見たことがある」との回答でした。
付け加えて「補給所で綿密に検査しているから滅多にありませんけどね」とも。
こういうやり取りは色々な声が聞けるので毎回楽しいのです。

IMGP2625

















ところで「おいおい、これは『虫取りの・・・』だろう!?砂丘の虫はどうした!?」という声も聞こえてきます。
そうです、一応探したのですが時間をやりくりした過密スケジュールのため、どうにもなりませんでした。
なんとなく砂漠のイメージもあるゴミムシダマシらしき虫を発見しましたが、残念ながら死骸でした。

IMGP2626

















ただ、帰り道で見つけたのがこちら、鳥の羽。
どうせキジとかそんなんだろうと思いつつ、念のため弊社の鳥人足立さんへ鑑定をお願いしました。
すると、同定に関するURLだけ送られてくるという分かりにくい優しさが返ってきました。


「薄情な」と呟きつつ調べてみると、もしかしたらハイタカなどの尾羽かもしれないとのこと。
「しまった、拾って帰ればよかった!」と後悔しつつ、まぁこれも鳥撮ということでよかったかなとも思います。


前田









最初は設置した周りに足跡や羽が落ちているかもしれませんが、そのうち来なくなります。
鳥に不快感を学習させて寄り付かなくさせる鳥類忌避剤バードフリー


tojiyan at 17:00|PermalinkComments(0)

June 28, 2017

出張の足跡・国産の・・・

スーツでリュックの中にはノートパソコン、首から一眼レフカメラをぶら下げた何とも残念な姿の土曜日。
成田山まで来たということで新勝寺へと足を運んでみました。

IMGP2333


















帽子を持ってくるのを忘れてしまいましたが、途中まではほどよく雲がかかっており快適でした。
そして帰る頃にちょうど晴れてくれましたので、写真を撮るには格好の条件でした。
誰が仕組んでくれたのか分かりませんが、ありがとうございます。

IMGP2330


















こちらも帰りに撮った一枚。
思ったほど混雑せず、行き帰りもスムーズでした。

IMGP2285


















途中にあった池(?)で見かけたクサガメの群れ。
もちろんミドリガメの姿もありましたが、こんな風にクサガメが山積みになっているのを見るのは久しぶりです。
外来種だらけになってない場所もあるんだな、となんか一安心。

IMGP2297


















ひととおり境内を回ったところで庭園へ。

IMGP2301


















ちょっと葉っぱが虫食いにあっているところが逆にいい味を出しているアジサイ。
そういえば、もうとっくにアジサイの花の時期だったなと今頃思い出しました。

IMGP2305


















このところ忙しかったので、時間が止まったように感じます。

IMGP2307


















お茶飲みながら、一日中座っていたいですね。

IMGP2309


















遠くの方から聞こえてくる大気を震わすスズメバチの羽音、甲高い小鳥の声。
池では時々コイが波音を立て、そのたびに水面が少し歪んで、また元通りに戻ります。
なんかこんなのんびりしてていいのかな、と戸惑うばかりです。

IMGP2318


















池のほとりで見つけた、ムラサキシジミか何かと思われるチョウの残骸。
力尽きて墜落したのか、それとも外敵に襲われたのか、そのどちらとも分かりませんが心中いかばかりか。

IMGP2338

















さて、そろそろ帰ろうと思っていたところ、急激にお腹が減り始めました。
そういえば、朝ごはんを食べてなかったことに今頃気が付きました。
帰りの電車まで時間がありますので、何か食べていくことにしましょう。

IMGP2339


















それにしても、いいにおいだなぁ・・・。
においだけでご飯が食べられそうな気がします。

IMGP2335


















わぁ〜、すごいなぁ〜。

IMGP2336


















おいしそうだなぁ・・・。

IMG_3681




















そういえば、ここ3週間ほど資料作成に夢中でほとんど休みを取ってなかったなぁと思い出しました。
長かったセミナーも一旦終わりましたので、ここいらで打ち上げとしましょう。
たまにはおいしいものを食べて、また次回も頑張ります。


前田



tojiyan at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 27, 2017

出張の足跡・干支

どう頑張っても大阪へ帰るのが20時を超えるため、東京出張の後は実費で関東に滞在させていただきました。
その分、夕方はホテルで仕事をこなすことに。

IMGP2227


















そして翌日は土曜日、私用ではまだ行ったことのない千葉へと足を運びました。
千葉駅から大雑把に見て針路を北へとり、目指すは成田山。
なお、「なりたさん」です、「なりたやま」ではありません。

IMGP2231


















駅から北へ延びる参道沿いで見られる干支にちなんだ石像たち。
まずは馬。

IMGP2234


















そしてヘビ。

IMGP2235


















サル。

IMGP2245


















羊。

IMGP2247


















酉。

IMGP2250


















牛。

IMGP2253


















寅、でしょうか?
何故か頭の中に浮かんだのは漫画太郎先生のイラスト。

IMGP2256


















兎。

IMGP2257


















辰。

IMGP2261


















犬。

IMGP2246


















猪。

IMGP2239


















そして最後はこちら、ネズミです。
米俵にしっかりとしがみついているポースが可愛らしいですが、現場では洒落になりません。


近くまでお越しの際は、是非一度ご覧になられてはと思います。


前田



tojiyan at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 11, 2017

太古の息吹

少し肩の凝る記事が続きましたので、本日は力を抜いたお話です。
蒸し暑い日が続きますので、画面を見ながらひんやりしていっていただければと思います。

IMGP2008


















さて、これは南極調査船「しらせ」から持ち帰られた南極の氷です。
この前の東京みなと祭りで展示されていたものです。
見るだけでなく、素手で触らせてもらったりもできます。

IMGP2009

















普通の氷と比べて白っぽくて透明度が低いのは、中にたくさんの空気が存在しているため。
降り積もった雪が長い時間をかけて氷になるため、隙間に空気が閉じ込められているのです。
展示担当の方によると、数十万年も昔の大気ではないかとのこと。


その氷の一部を入れたプラスチックカップへ耳を当てればパチパチという音が聞こえます。
これは氷が解けて、中の空気が永い眠りから覚めたという合図。
燦然と輝く太陽の下、涼やかな風と共に太古の息吹を感じる一瞬です。


前田










解き放たれた極寒の冷気が害虫を襲う!ムカデなどの徘徊性害虫に瞬間凍殺ジェット


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 04, 2017

船の防鼠対策?

本日は写真が一枚だけの一球勝負です。

IMGP2103





















いろんな船の係留ロープの上にある、丸い板・・・何でしょうコレ?






ネズミ返し、らしいです。
ホントに?
信じるか信じないか、それは貴方次第です。


前田










丸めてパイプに巻き付けて、ネズミ返しに早変わり。チューモアブラシ


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 03, 2017

性別はどっち?

6月になると梅雨、そして夕立やらゲリラ豪雨という有り難くない単語が並び、傘や雨具が必須です。
また、木曜日の晩はとてつもない雷雨となり、何かを閃いたかのように窓の外が光っぱなしでした。
その中で出来上がった無駄にマニアックな記事・・・本日は適当に読み飛ばしていただければ幸いです。

IMGP1923


















さて、舞台は先週の東京みなと祭に戻りますが、写真はむらさめ型護衛艦「いかづち」のマストです。
その左舷側に翻っている国際信号旗をそのまま読むと「RIKAKO」となります。
これはこの艦艇の愛称・・・ではなく、この日のイベントで一日艦長を務められた方のお名前でした。

IMGP8467


















ところで母船、母艦など船に関する用語には女性を連想させるものが散見されます。
事実、船舶をさして「She」と表現することもあり、人格は女性であるとする見方も多いです。
これには幾つか説があり、どれが正解かは分かりませんが、何となく海の「Sea」由来ではなさそうです。

IMGP3432


















ただ、いろんな船の名前を見てみると、ちょっと疑問が湧くことも。
さらに王子様や将軍、大統領の名を冠するものもあり、いよいよ「!?」となります。
たぶん、国や時代によって認識が異なるのでしょうね。

CIMG0118



















さて、ようやくここからが本日の本題ですが、生き物の世界にも性別にちょっとした変化を見ることがあります。
例えばクロアリやアシナガバチ、スズメバチは普段全て雌なのに、特定の時期だけ雄が出現します。
余談ですがクロアリ類は、そろそろ新女王と雄アリが羽アリとなって飛び出すので注意が必要です。

P5140519

















また、虫ではなく軟体動物ですがカタツムリやナメクジは雌雄同体です。
どちらの役割も果たすことができますが、1匹だけでは繁殖できず他個体を必要とします。
そういえば、そろそろナメクジの対策もしなければなりません、お困りの場合はこちらをどうぞ

ミヤマクワガタ




















なお、ごく稀に本当は雄雌別々のはずなのに、体の半分が雄で残り半分が雌という個体が出現します。
これは専門用語で雌雄モザイク、もしくはギナンドロモルフと呼び、特殊なケースと言えます。
一部のチョウやクワガタなどでこれが見つかったというニュースを聞いたことのある方もおられると思います。

P5300366



















そして今年ニュースでも取り上げられた通り、ワモンゴキブリは雌だけで繁殖する場合があります。
この雌だけで増えることを単為生殖と言い、アブラムシなどでも見られます。
また恐るべきオオトカゲとして知られるコモドドラゴンも単為生殖が可能と言われています。


どうしてこのような繁殖形態が誕生したのか、生き物の世界にはまだ分からないことが多く残されています。


前田










性フェロモンで雄だけを捕獲します!メイガ類のモニタリング調査にシンライン(メイガ用)



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 31, 2017

東京みなと祭・消防ページェント

今日で上半期が終わりますが、もう既にキャンプ用品のお手入れが終わっている方もいらっしゃると思います。
楽しい思い出で埋め尽くしたい夏休みですが、時には思わぬアクシデントに見舞われることもあります。
そんな時に頼りになる方々の実技演技を今回拝見させていただきました。

IMGP1716

















主役は消防艇と・・・。

IMGP1785

















消防ヘリコプター。
そして忘れちゃいけない消防隊員の皆様。

IMGP1739

















まずは消防艇の放水砲を使った一斉放水。
船舶の鎮火のみならず、沿岸部の火災にも対応が可能です。

IMGP1749

















続いて消防ヘリの展示飛行。
かなり近くまで来てくれるので迫力満点。

IMGP1777

















さて、一通りの紹介が済んだところで、いよいよ実技演技です。
状況は船舶火災、乗客が止むなく船外への脱出を行ったという想定で行われました。
すべきことは海中に落ちた方の救助、そして船舶の消火です。

IMGP1781

















とりあえず船外に脱出、海上にて救助を待つ人、という想定で何名かが飛びおります。

IMGP1807

















そして早速駆けつけた消防艇と隊員さんたち。
足にフィン、口にはシュノーケルを装備。

IMGP1816

















一人が泳いで救助に向い、残ったメンバーで引き揚げるというチームプレー。

IMGP1818

















無事、救出完了。

IMGP1830

















消防艇が描く無数の航跡。
泡立つ海面、船尾から吹きあがる飛沫が懸命な作業を物語ります。

IMGP1799

















説明を聞き逃してしまいましたが、ジェットスキーの登場シーンも。
消防艇が入り込めない場所での活動に威力を発揮しそうです。

IMGP1850

















そして消防ヘリによる救助者の移送作業。

IMGP1857

















まずは消防艇の甲板上へ。
無事降下されました。

IMGP1858

















何事もないようにしれっと消防艇上でホバリングを続ける消防ヘリ。
操縦されている方の腕の凄さを実感する瞬間です。

IMGP1861

















そして、担架に乗せて再びヘリまで戻ります。
正確にきびきび行動される姿は実に頼もしいです。

IMGP1876

















さて、最後の放水による鎮火作業。
これにて一件落着です。


ところで万が一、海で事故に遭遇した、もしくは目撃した場合は海上保安庁へ連絡することになります。
意外と知られていませんが、その際は電話の118番で通報が可能です。
110番、119番と合わせて海の118番も覚えていていただければと思います。
また5W1Hではありませんが、いつ・どこで・誰が・どんな風に、という状況もお伝えいただければと思います。


前田









また、家で害虫が出現し困っているという時は、是非弊社までお問い合わせをいただければと思います。
この際も、どんな虫が・いつ頃から・どこで・どんな被害を、をお伝えいただきますとよりスムーズです。



tojiyan at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 30, 2017

東京みなと祭・浚渫船内をゆく

気が付いたら積もっている机の上のプリントや同定依頼の検体、誰のものか分からない実験サンプル。
物の行き来が激しいほど、出ていくものも溜まるものも増えていきます。
そして定期的に掃除しろとの指示をいただきますが、それはミスなく作業をする上で大切なことです。

IMGP2048

















さて、ここからが本題ですが、港の底にも少しずつですが土砂が堆積していきます。
そのままにしておくと事故の元になりますので、定期的に土砂を吸い出してきれいにする必要があります。
そんな港の掃除機の役割を果たすのがこちら、浚渫(しゅんせつ)船なのです。

IMGP2018

















中に立ち入ることはもちろん、なかなか見かける機会もありません。
本日は一般公開がされていますので、見学に行ってみました。

IMGP2032

















入ってすぐのところから一枚、向こうにレインボーブリッジ、頭上には満船飾の旗がはためいています。
視線を下に降ろすと吸い込んだ土砂をため込む泥倉があり、そして船底にはドラグアームが伸びているはず。
その先にある、掃除機のヘッドにあたるドラグヘッドが海底に固まった土砂を粉砕しながら吸引します。
なお、回収された土砂は、埋立地などへと持ち込まれ利用されるとのこと。

IMGP2015

















そういった海の安全を陰で支える人たちの活動を知るいい機会となりました。


IMGP6580エアーの吹き出し口




















ところで害虫駆除の過程で定期的に掻き出し清掃を行わなければならない場所があると思います。
それはそう、チョウバエやノミバエの発生源にもなるグリストラップです。
表面が油の塊などでいっぱいにならないうちにきちんと掃除をしましょう。


そして清掃の時に細かな隙間など完全に汚れを除去し切れない場所もあると思います。
そんな時こそ発生予防の効果があるコバエ用ムースの出番です。
お困りの方は是非一度お試しください。


前田



tojiyan at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 29, 2017

東京みなと祭・護衛艦内で学ぶマネジメント

〽月火水木金、働いた〜さらに先週は土日も働きました、月月火水木金金
強制や罰則ではなく志願しての連戦連投、おかげで仕事の予定に少し余裕ができました。
終わりの見込みがついたのでもう大丈夫、この月末は僕の自由時間です。

IMGP1580

















という訳で、眠いけど走りました、乗り込みました、6時の電車。
眠いけど辿り着きました、名前がちょっと縁起の良い「勝どき」、そこから歩いて晴海埠頭を目指します。
天気は予報通り晴れ、風がやや強く、まるでご褒美をいただいたかのような気分です。

IMGP1582

















さて今回の目的はコレ、毎年この時期に晴海埠頭で開催される東京みなと祭です。
2年前にも足を運びましたので、今日が2回目の参加です。

IMGP1584

















植物検疫のブースが見たかったのもありますが、珍しい船舶の一般公開にも興味が惹かれます。
さらに護衛艦が一隻来ていましたので吸い寄せられるように受付へと歩を進めました。

IMGP1948

















護衛艦のマストに掲げられた国際信号旗。
第二代表旗以下、ウィスキー・エコー・リマ・チャーリー・オスカー・マイク・エコーの並び。
それらの頭文字だけを合わせると「WELCOME」、つまり「ようこそ」と受け取ってよいのでしょうか。

IMGP1693

















そういうことなら早速中を見学させていただきましょう。
手荷物検査を済ませ、こけないように気を付けながらタラップを駆け上がりました。

IMGP1637

















船上は全体的にネズミ色、床は揺れたり滑ったりするのを考慮してか、結構ざらざらしているところもあります。
また、段差のあるところには黄色と黒色の縞々テープを貼って注意喚起がされています。

IMGP1646

















誰もぶつけたりしませんよ、というところにもメッセージボードがあります。
他のものとデザインや材質が違う気がするので、もしかしたら今日限定のものなのかもしれませんね。

IMGP1959

















ちなみにそのメッセージボードの上には内火艇があります。
乗員の上陸や船体周りの細々とした作業に利用されるものです。

IMGP1648

















そこから少し視線を落としてすぐ傍の壁を見ると、内火艇の揚げ降ろしに関する注意書きが。
救命胴衣や安全帽、命綱など安全管理に関する単語が目につきます。

IMGP1971

















また、数ヶ所に設置されている救命ブイ。
隣にあるオレンジ色の筒とセットになっており、着水するとこの筒が発光する仕組みになっています。
(確か着水時にくるんと回転し、それが合図で発光が始まるはず)

IMGP1981

















ちゃんと内蔵電池を交換した時期が明記されています。
いかに厳しく訓練されているとはいえ、人である以上は咄嗟の時に正しい判断が難しくなる場合もあります。
その時、落ち着いて行動できるよう、当たり前のことを装備品の傍に明記している、と聞いたことがあります。


こういうものを見学した後でふと普段の自分の業務を振り返ると、色々反省すべき点が見えてきます。
現場に行く時に必要な装備の準備、毎回完璧かと問われれば絶対年に1回はミスがあるはず。
原因はやはり「いつも通りで大丈夫」という慢心と、きちんと確認リストを作成していないことでしょう。
入社より7年あまり、もう一度初心に帰らないといけないなと思います。

IMGP2181

















それだけでも今日は収穫だったと、レインボーブリッジの向こうへと去っていく雄姿を見ながら思うのでした。


IMGP1987

















ところで話は少し飛びますが、弊社セミナーのお申し込みをただいま受け付けております。
(6月はゴキブリ防除と薬剤の基礎知識の2題です)
「火気厳禁の薬剤は何だっけ?」や「魚に悪影響の出るものは?」など基礎的な内容についても解説します。
復習の場としてご活用いただければと思います、興味がございましたら是非お越し下さいませ!


前田



tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 10, 2017

クマバチのテリトリー

お昼が近づくにつれ上空を覆っていた雲にところどころ切れ目が見え始めました。
日差しが強くなってきた中、次の目的地へと移動を開始しました。

IMGP1514

















ところで、ここ長岡京には町の中にタケノコのオブジェがいっぱいあります。
後で調べてみたところ、古くからの特産品であるとのこと。

IMGP1478

















お土産屋さんを覗いてみても、お菓子から竹細工に至るまで何でも揃っています。
なかなかユニークで見ているだけでも面白いです。

IMGP1480

















ただ見ているだけでは味は分かりませんので、1ついただくことにしましょう。
3種類ありましたが、胃もたれを考慮して1つで我慢。

IMGP1516

















さて、そうして次に向かったのがこちら、長岡天満宮から歩いて20分ほどのところにある乙訓寺です。
「おとくに」です、「おつくん」じゃありません。

IMGP1535

















弘法大師ゆかりの寺、と書かれていましたが、牡丹の花でも有名だそうです。
牡丹と言えばピンク色というイメージのある私にとっては黄色や赤、紫のそれは新鮮でした。

IMGP1553

















花びらが非常に大きいので、マクロレンズでははみ出してしまうこともしばしば。
光の加減などを見ながら位置を変え距離を変えながら撮影に没頭しました。

IMGP1550

















そんな中、頭上をぶんぶん飛び回っていたのがこちら、クマバチです。
たぶん雄の個体で縄張りを主張しに来ていたのかもしれません。
体も羽音も大きいのでびっくりさせられますが、基本的に何もしてきませんのでほったらかしておきましょう。


前田














大きなクマバチの絵が目を引くハチ用殺虫剤スーパーハチジェットプラス
軒先に巣を作ったアシナガバチにも有効です。


tojiyan at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)