ゴキブリ

June 25, 2020

ゴキのアベック

今年入社してくれたぴちぴちの桝井さんがブログを書いてくれることになりました。先日記念すべき第1報が!

ゴキブリ雨あられの洗礼を受けたようです。強く生きて・・・
今後はどんな話題を書いてくれるのか。一般的な話題を提供してくれるのか。例に漏れず(?)マニアックになってしまうのか。お楽しみに!


昨日で6月の基礎ウェビナーが終了しました。3回開催しましたが、毎回40名ほどのご参加を頂きました。ありがとうございます。
チャットでの質問も活発で有意義なセミナーに出来たんじゃないかなと思います。
(大変でしたが...汗)

頂いた質問の中に、ゴキブリのオス・メスの見分け方について、というのがいくつかありました。
P6241020
こちらチャバネゴキブリのオス(左)とメス(右)です。背中側から見ると違いがわかりにくいのですが、オスのほうが細身です。また腹部が長く、翅から先端が見えることもあります。

P6241018
こちら腹側のオス(左)とメス(右)。腹部の先端の形を見ていただくと、オスは細長く先端に行くにつれてとがる様な形をしています。メスの腹部の先端は丸くなっています。
これはクロゴキブリなどでも同じように識別できますので、是非観察してみてください。


■□■ 捕虫紙の虫クイズ! ■□■ 
前回の子はこれ
P5261037
見たい形態がいい具合に見えない。

とはいえ慣れてくるとこの状態でもちゃんと識別できます。
kurobane-wing
見える範囲で翅脈を出してみます。「Yの字」の一部と「H字」 の一部が見えますか?
そうです、この子は「クロバネキノコバエ科」です。過去の記事に詳しく書いていますので、参考にしてみてください!


今回の子はこちら
P6251020
全体的に赤っぽい黄色をしていますね。翅脈は・・・ごちゃついてよくわからん。
考えてみてください!

川竹

tojiyan at 11:49|PermalinkComments(0)

June 23, 2020

ご挨拶

みなさま初めまして、新入社員の桝井と申します。
4月に入社し、ついにブログを書くことになりました!
虫も薬剤もまだまだ勉強中ですが、どうぞよろしくお願いします!

先日、コロナも落ち着いてきたということで初めてチャバネゴキブリの現場に連れて行ってもらいました。
調査トラップを置いて、ゴキブリがよく潜んでいる場所を教えてもらったのですが、、、
潜伏場所を探しているときになにかがポトッと頭に落ちてきました。
頭を振って振り落とすと、なんと!チャバネゴキブリが!!
「ギャー」と騒いで安全そうなところに逃げてから天井を見てみるとほかにも何匹かちらほら、、
P6170252-1


ゴキブリに困っている現場だったらよくあることなのか、他の人は私の反応にびっくりしていましたが、なんとか初現場を終えることができました(笑)
皆さんも頭上には注意してくださいね。
桝井




tojiyan at 17:56|PermalinkComments(0)

January 15, 2020

業務の合間にゴキブリフレッシュ

今更このブログに必要な注意喚起なのかわかりませんが、今回はゴキブリ画像注意です。

おしごと疲れた!一服したい!
そんなときは気分転換にお茶やお菓子を食べたり、建物の外に出たりするとリフレッシュされますよね。
環境機器ならではの気分転換方法がこちら。

IMG_20200115_100105
大量飼育しているワモンゴキブリちゃんたち。おー、今日も元気ですね!
蓋を開けると一斉にケージの奥の方に逃げ出す様子も可愛いですね!

IMG_20200115_100212
動物と触れ合うことで癒やし効果となる「アニマルセラピー」、これもその一環でしょう。
やたらと指を囓ってくるなあ、と思ったらご飯が空っぽでした。メンゴメンゴ!

IMG_20200115_100248
蓋を開けたすぐは人の指を怖がって近づきませんが、しばらくして落ち着くと好奇心が勝るようです。指を気にして自ら登ってきます。

IMG_20200115_100304
続々と登ってきます、実に可愛らしいですね!

以上「ゴキブリフレッシュ」のすゝめでした。
この後「そんなんしてるのはお前だけじゃい!」と怒られる


ゴキブリと共存したくない方に、「プロ用水性ゴキブリ駆除剤」。忌避効果もあります
 
川竹

tojiyan at 10:32|PermalinkComments(0)